皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月18日 月曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”864号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時々このブログでも触れる話題。

 

 

 

 

 

 

 

『老後』についてなんだけど

 

 

 

ボクはかなり昔、まだ20代前半の頃

 

 

 

 

 

 

”老後を考え始めた時点で、既に老人である”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな言葉を本で目にして、

 

 

 

『イヤだ、ボクはまだまだ老けこむ訳に

 

 

 

いかないし、いつまででも若くいるぞ!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、あまり先のことや

 

 

 

未来の心配事は、考えないようにしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、もはや40代中盤に差し掛かり

 

 

 

あと30年後を想像すると

 

 

 

ボクは70代半ば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医学の進歩を勘案すると

 

 

 

まだわかんないけど、余命は平均的に考えて

 

 

 

あと10年あるかどうか、みたいな感じかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、運悪く70歳を前に

 

 

 

死んでいる可能性だって十分ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きている間に孫の顔ひとつ

 

 

 

見届けることができないかもしれない、

 

 

 

 

 

 

 

ふと、そんなことを思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分はそれほど遠くない将来、必ず死ぬ」

 

 

 

これがまぎれもない現実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐らく30年後、この世界は

 

 

 

今とは大きく異なったものに

 

 

 

なってるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達だって30年前、

 

 

 

今の世の中を想像できなかったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それに、生きていたとしても

 

 

 

きっと問題は山積みだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

70歳になれば自動的に

 

 

 

年金が受給できるなんて

 

 

 

まずありえない。

 

 

 

 

 

 

75歳ですら怪しいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことはきっと、

 

 

 

ボク達世代は70歳、いや

 

 

 

80歳になっても働かざるを得ないって

 

 

 

ことになるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だとしたらみなさん、

 

 

 

良く考えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

65、70を過ぎて、定年退職とかで

 

 

 

会社からお払い箱になっても、

 

 

 

自分で自分の食いぶちを稼げるように

 

 

 

なっていないと、かなりヤバいってこと。

 

 

 

 

 

 

 

老後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この問題は、現在40代前後の

 

 

 

ボク達世代にとって、

 

 

 

必ずやってくる危機なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからボクは、今の若いスタッフには

 

 

 

その時必要とされる人材になってないと

 

 

 

必ず後悔する。

 

 

 

 

 

 

”未来は常に、今行ったことの結果なんだ”

 

 

 

ってよく伝えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イマイチ ピンときてないようですが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと、準備は早ければ早いほど良い。

 

 

 

今の常識は未来では非常識かもしれない。

 

 

 

様々な人と共に老後まで働くことを楽しもう。

 

 

 

 

 

 

 

 

それが現実に向き合うって

 

 

 

ことだと思うんだけどなぁ~

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月17日 日曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”863号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマス・イブまで

 

 

 

あと丁度一週間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街もクリスマスムードで

 

 

 

いつにもまして華やかな雰囲気になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

Xmas

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは意外と、この時期の

 

 

 

街の雰囲気、好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、意味はないけど

 

 

 

ワクワク、ふわふわしませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもクリスマスって、

 

 

 

自分が何かをするかっていうと

 

 

 

基本、ホテルでお客様の為に

 

 

 

楽しい想い出を提供してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、これからもずっとそうに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それはそれで楽しいし

 

 

 

ボクは人を楽しませることで

 

 

 

自分も楽しいと思える感覚を

 

 

 

持ってるタイプなんだろうから

 

 

 

多分、この仕事が天職なんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアのレストランでも

 

 

 

今年もクリスマスディナーを

 

 

 

22日から25日まで営業します!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お蔭様でクリスマス期間の予約は

 

 

 

22日と25日以外は

 

 

 

全席満席をいただいております。(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンセル待ちでご迷惑をおかけしてる

 

 

 

お客様、ご希望が叶うか解りませんが

 

 

 

もう暫く、お待ちくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスのレストラン営業、

 

 

 

楽しみだなヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんはどんなXmasを

 

 

 

過ごされますか?

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月16日 土曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”862号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒く乾燥した日が続き、

 

 

 

ボク達のホテルでも、

 

 

 

体調不良に見舞われるスタッフが

 

 

 

ちらほら出てきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここんとこ忙しかったりしたし、

 

 

 

気温の乱高下で、バランスを崩したりするからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ、早く良くなったらいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて皆様、

 

 

 

一日に何回位、手を洗います?

 

 

 

 

 

 

 

手洗い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手洗いをするシーンは

 

 

 

一日を通して、食事の前後

 

 

 

トイレの後、帰宅したときなど

 

 

 

色んなタイミングがあると思うんだけど

 

 

 

ボクは特に冬になると

 

 

 

異常な位、手を洗います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、風邪やウィルスの予防って

 

 

 

だけの理由じゃなくて

 

 

 

何か手の匂いが、他の季節に比べて

 

 

 

埃っぽい感じがしてイヤだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのニオイが気になって、

 

 

 

多い時で何十回も手を洗います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そのお蔭かどうかは不明ですが

 

 

 

冬の時期にあんまり風邪とかを引きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の秋にちょっと引いたけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、当然手洗いは

 

 

 

ウィルス除去にはかなり効果的で

 

 

 

しっかり実行することで

 

 

 

感染リスクを軽減できる。

 

 

 

 

 

 

 

ばい菌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

科学的にも立証されてるから

 

 

 

やるに越したことありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、これもホントかどうかわかんないけど

 

 

 

男性に比べて女性の寿命が長いのは

 

 

 

水仕事で女性が男性よりも手を洗う機会が

 

 

 

多いから…

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてことを聞いたことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっこう前のハナシだから

 

 

 

まだまだ「家事は女性の仕事」みたいな

 

 

 

意識が強かった時代だとすれば

 

 

 

そうかもだし、その当時は

 

 

 

「手を洗うと寿命が延びるんか?」って

 

 

 

印象深く思ったなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、その説が正しいのかどうか

 

 

 

わかりませんが、清潔に保つことで

 

 

 

寿命が延びるなら、絶対立った方がいいよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってなわけで、皆様

 

 

 

しっかり手洗い、励行しましょうね!!

 

 

 

 

 

 

 

手洗い

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月15日 金曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”861号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日で12月も半分が過ぎました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も残すところ、あとわずかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、奥様がお休みの日になると

 

 

 

少しづつ大掃除を初めているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチン周りや換気扇など

 

 

 

いつもはボクが担当する場所を

 

 

 

今年は何やら、

 

 

 

スチームで頑固な汚れを落とせる

 

 

 

クリーナーなるものを深夜のテレショップで見て

 

 

 

衝動買いして、どうしても試してみたかったみたい。

 

 

 

 

 

 

 

こんなやつ
こんなやつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

効果の程はよくわかんないけど

 

 

 

まずまず、キレイになってたかな。

 

 

 

 

 

 

 

②クリーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そうこうしてると

 

 

 

ほんと、大晦日まであっという間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家の中での大掃除もまだ残ってるし、

 

 

 

ホテルの中も、どこかで時間を見つけて

 

 

 

みんなでやらなくちゃ(・_・;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、年賀状も

 

 

 

手つかずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう書きました?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様もお忙しいかと思いますが

 

 

 

今年のうちにやれること、

 

 

 

やり残しがないように

 

 

 

頑張ってくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月14日 木曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”860号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学生を対象にした

 

 

 

”マナーに関する意識調査”って

 

 

 

コラムがネットに出てて、

 

 

 

今時の大学生の63%が

 

 

 

食事中にスマホをいじり、

 

 

 

 

 

 

 

スマホ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

58%が授業中に黒板を

 

 

 

スマホで撮影するって

 

 

 

調査結果が出てました。

 

 

 

 

 

 

 

授業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、今ドキと言えば今ドキ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事中のスマホイジリは

 

 

 

どうかと思うけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企業でも、会議でスクリーンを

 

 

 

使ったりした場合、その画像を

 

 

 

メモを取らずにスマホで撮影するって光景も

 

 

 

珍しくなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、時代は変わりましたよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達が学生の時、

 

 

 

ノートを取らずに、スマホで撮影するなんて

 

 

 

そんな時代が来るなんて、

 

 

 

多分誰も想像してなかったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学の先生の中には、それを

 

 

 

良しとしない人もいるようですが

 

 

 

学生のほとんどは、授業の内容を

 

 

 

スマホで調べながら理解を深めたり

 

 

 

ノートを取るより写真の方が正確だから

 

 

 

合理的だって思ってるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代の変化と共に勉強の仕方も

 

 

 

変わるんだなって改めて思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホと言えば、ウチの中3の娘ちゃん

 

 

 

今はスマホを持ってません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散々欲しがってはいたけど

 

 

 

ウチの方針で、買い与えないって

 

 

 

決めてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来、『欲しけりゃ自分で働いて買え』

 

 

 

そんなスタンスだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、もはや高校生でスマホNG

 

 

 

時代的に無理があるなって感じてて

 

 

 

高校入学で、スマホ”貸与”はOKを出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで”貸与”ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、自室での充電は禁止とか

 

 

 

パスワードの公開とか、SNSの使い方とか

 

 

 

その他様々なルールを決めた上で、

 

 

 

もし1つでも、1回でも守れなければ

 

 

 

即解約という条件付だけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっとモメるだろうな(・_・;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、夕べ娘ちゃんが

 

 

 

『ねー、卒業式の日にスマホ買いにいくの?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな質問をしてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ウルセーよ・・・

 

 

 

 そもそも、そんな先のこと

 

 

 

 今決めなくてよくねー?

 

 

 

 

 そんな事より、勉強しろや』※心の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったけど、

 

 

 

『そーねー。。。』

 

 

 

くらいで流してやった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと欲しくてたまんないんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、娘ちゃんが大学生になったら

 

 

 

今の”マナー感”なんて、もっと

 

 

 

常軌を逸するレベルになってるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラムを読んでて考えたのは

 

 

 

そんな近い将来のことでした。

 

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月13日 水曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”859号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝出勤中に、ラジオで流れてたんですが

 

 

 

人は1日に凡そ、9,000回も

 

 

 

物事を判断しながら生きてるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、気が付かないうちに

 

 

 

人は”判断疲れ”ってものも起こしてて

 

 

 

判断することが一時的に増えると、

 

 

 

疲れによりその判断が

 

 

 

にぶることがあるんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9,000回か・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多いように感じるけど

 

 

 

でも実は、1日生活しているだけで

 

 

 

例えば朝起きて、

 

 

 

『今日は何を着ようかな』

 

 

 

これもひとつの判断だし、

 

 

 

『朝ごはん、何たべよう・・・』

 

 

 

これも判断だって言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、一つの判断って

 

 

 

とっても貴重なのかも知れないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある、会社の社長さんは

 

 

 

同じスーツを7着同時に仕立てて

 

 

 

それを1週間、毎日着まわすらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その理由は、貴重な一つの判断を

 

 

 

『今日、どのスーツ着ようかな』ってことで

 

 

 

使いたくないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、ボクも尊敬する

 

 

 

メジャーリーガーのイチロー選手は

 

 

 

シーズン中になると、ほぼ毎日

 

 

 

同じ行動を取るって聞いたことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝は必ずカレーを食べて

 

 

 

自宅から球場まで行くルートも必ず一緒。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

球場でのトレーニングも

 

 

 

いくら前日の疲れが残ってても

 

 

 

必ず同じメニューでこなし

 

 

 

打席にはいってからのフォームもスタンスも

 

 

 

必ず一緒。

 

 

 

 

 

 

 

イチロー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも、打席では1球1球、

 

 

 

瞬時に色んな判断を要求されるから

 

 

 

いつもの自分が、時と場合でブレないように

 

 

 

同じように準備をするって言ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、ここまでくると

 

 

 

次元を超えちゃう気がするけど

 

 

 

このいわゆる”ルーティーン”確立する

 

 

 

ってことは、余分な判断を減らし

 

 

 

いつもの自分のスタンスを保つことに

 

 

 

おおいに役立ってるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、ボクの”ルーティン”って

 

 

 

何かなぁ。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝起きたら、必ず

 

 

 

自分で挽いたコーヒーを飲む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ位かもしれないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは何か、”ルーティーン”って

 

 

 

ありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ!

 

 

 

ボク、毎日ブログ書くってのも

 

 

 

ルーティンですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと続けられればいいなぁヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月12日 火曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”858号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年の瀬の風物詩といえる

 

 

 

『今年の漢字』が今日、

 

 

 

京都の清水寺で発表されましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもこの時期になると

 

 

 

ホント、年末やなぁ~って思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この”今年の漢字”は、1995年から始まり

 

 

 

今年で23回目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな候補の中から

 

 

 

『北』

 

 

 

選ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

北

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞いた直後は、『えっ? 何それ』

 

 

 

って思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選出の理由は、どうやら

 

 

 

海道の台風直撃連発で、

 

 

 

じゃがいもの確保が困難になり

 

 

 

日本の国民的お菓子『ポテトチップス』が

 

 

 

販売中止になったり

 

 

 

 

 

 

 

じやがいも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『九州部豪雨』が九州地方を襲ったり

 

 

 

何より、朝鮮のミサイル問題で

 

 

 

国民の安全が脅かされたりと

 

 

 

 

 

 

 

ミサイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かと”北”が目についたってことなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去、方角を示す字が選出されたことはなく

 

 

 

初めての事らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク個人的には

 

 

 

アメリカのトランプ大統領の初来日で

 

 

 

朝鮮の拉致被害者家族と面談したとき

 

 

 

拉致問題について改めて考えさせられたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様は一年を振り返り

 

 

 

どんな漢字を思い描かれましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月11日 月曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”857号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日テレビで、ヨーロッパの

 

 

 

一般家庭の食事の様子を写すシーンが

 

 

 

流れてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんが腕によりをかけてお料理し

 

 

 

ちっちゃい子はお父さんと

 

 

 

ナイフやフォークを準備して

 

 

 

一生懸命お手伝いしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準備食事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほのぼのとしたいいシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族みんなで一緒に楽しむものだから

 

 

 

みんなで取り組むって、至極当然と言えば

 

 

 

当然の風景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、日本の家庭でよくみる

 

 

 

古くからの風習はというと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんが食事の支度をして

 

 

 

みんなでご飯を食べた後、

 

 

 

子供達はテレビを見たり

 

 

 

お父さんは新聞を読んだり

 

 

 

おのおのが好きな事をして過ごす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして主婦であるお母さんだけは

 

 

 

食事の後片付けを黙々とこなしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和に生きた方は、何となく

 

 

 

イメージできるんじゃないかと思うんですが

 

 

 

比較するとどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代の日本では、多少まだまだ残ってると思うけど

 

 

 

少しづつそんな習慣は廃れてきた

 

 

 

印象はありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、欧米なんかに行くと

 

 

 

今も昔も、そんなお母さんだけが

 

 

 

一人で苦労するシーンはほぼ皆無で

 

 

 

特にヨーロッパでは

 

 

 

先に紹介した通り、みんなで準備して片づける

 

 

 

それが家庭の習慣になってるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共働きの家庭の場合、

 

 

 

仕事が早く終わったほうが食事の支度をし

 

 

 

遅く帰った方が片づけを担当するような

 

 

 

そんなルールがある家庭が多いみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食後の片づけって、どうしても

 

 

 

お腹がいっぱいになって

 

 

 

誰もが億劫になってしまうもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そんな「面倒」なことこそ

 

 

 

家族みんなで行うことで

 

 

 

コミュニケーションも生まれるし、

 

 

 

自然と家族関係もスムーズになると

 

 

 

思うんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純に、日本の昔からの風習って

 

 

 

いいことが沢山あるんだったら

 

 

 

続けていいと思うけど、

 

 

 

古臭いなって感じたら、やっぱり

 

 

 

それは時代にそぐわないんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家も共働きだけど

 

 

 

基本、役割分担がきっちりしてて

 

 

 

ボクは夜の担当で

 

 

 

奥様は朝の担当みたいになってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク的には全く不満はなく、

 

 

 

きっと奥様もそうなんじゃないかって

 

 

 

思ってるんですが、問題は

 

 

 

中学3年の娘ちゃんは

 

 

 

欧米のちびっこの垢でも

 

 

 

煎じて飲ませたい位何もしてませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べるのが専門で、

 

 

 

お手伝いはほぼゼロ。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなのも、やっぱり古臭い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できれば、子供も自然に

 

 

 

食卓の準備や後片付けができるように

 

 

 

仕向けていくのが

 

 

 

いいんだろうなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご家庭ではどうでしょうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

食事

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月10日 日曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”856号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で言う何なんですが、

 

 

 

最近、以前より自分が

 

 

 

”優しくなった”って思うことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、優しくなったというより

 

 

寛大になれるようになったって

 

 

 

言うべきかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

優しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、仙人じゃあるまいし、

 

 

 

まだまだだって思う部分はあるけど

 

 

 

以前と比較したら、随分身も心も

 

 

 

丸くなったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは”優しさ”には

 

 

 

ざっくり2通りあると思ってて、

 

 

 

まず1つ目は、『困っている人を助ける』

 

 

 

みたいな能動的なもので、

 

 

 

”気遣い”とか”親切心”とも呼べる類のもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”サービス精神”もこれに近いんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう1つは、相手の失敗に対して

 

 

 

”怒らない”といった受動的なもので、

 

 

 

”許す心””寛大な心”なんかが表現されると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンと来ます?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、電車の優先席。

 

 

 

あの席は能動的な優しさで満ちている。

 

 

 

 

 

 

 

優先席

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも含め、普通に若くて健康であれば、

 

 

 

席に座らないとツライ人の気持ちは

 

 

 

正直わからないかも知れないど、

 

 

 

優先席って「あることが当然」って

 

 

 

認識してるから譲ってる(座らない)。

 

 

 

大体の人はそんな感じなんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然そこには思いやりの気持ちも

 

 

 

あると思うけど、思いやりだけに頼ってて

 

 

 

もし、制度的に優先席を作って無かったとしたら

 

 

 

多分今みたいな状態にはなってないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優先席では席を譲るものって

 

 

 

“常識”が広まり、

 

 

 

「思いやり」×「当然の認識」=「席を譲る」

 

 

 

こんな図式で成り立ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、能動的な優しさは

 

 

 

制度や仕組みとかで意図的に

 

 

 

作り出すことすらできてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、受動的な優しさはというと

 

 

 

ボクは”経験の有無”

 

 

 

最も影響するんじゃないかって思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、何に対しても

 

 

 

あまり怒りの感情が湧いてこない

 

 

 

そんなタイプの人は確かにいると思いますよ

 

 

 

 

 

 

 

神

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、大抵の人は

 

 

 

自分に対してマイナスの影響を与える

 

 

 

何かが起きた場合、多少の苛立ちを

 

 

 

覚えたりするよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなときに、単純に怒るんじゃなく

 

 

 

「お互いさまか」とか「しゃあないか」って

 

 

 

思えるかどうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手の立場になるって口で言うのは簡単だけど

 

 

 

経験したこともない人の気持ちを考えるのは

 

 

 

実は中々難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、レストランで注文した料理が

 

 

 

なかなか来ないとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、入りたての店員さんが

 

 

 

注文を伝え忘れてしまったようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな時、もし飲食店での

 

 

 

アルバイト経験がある人は、

 

 

 

悪戯に店員さんを責めることはしないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、自分がアルバイト中

 

 

 

ゼロミスで働けた訳ではなかったりするから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うっかり忘れてしまうことは、誰にでもある。

 

 

 

人間だからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、仕事でのミスって、「うっかり」だけでは

 

 

 

済まされないこともあるだろうし、

 

 

 

許すとか許さないだけじゃなく、

 

 

 

その後のフォローと改善策が求められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを、飲食店勤務の経験が無かった場合

 

 

 

ミスした人の気持ちには当然なれないから

 

 

 

責めたててくる場合もあるかも知れないね。

 

 

 

 

 

 

 

オーダーミス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、人と人とが関わっていく上で

 

 

 

ボクは「お互いさま」の精神は

 

 

 

欠かせないものなんじゃないかって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの場合、今少しだけ寛大になれてる理由は

 

 

 

ミスに対して腹を立てたからって

 

 

 

ミスが帳消しになる訳じゃないし、

 

 

 

怒ればミスがなくなるかっていうと

 

 

 

そうでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、怒れば怒る程相手は委縮し

 

 

 

自分の本来の実力すら

 

 

 

出せなくなる場合もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経験からそれを学んだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクだって若い頃、

 

 

 

やっぱり失敗は沢山しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方的に怒られたこともあったけど

 

 

 

改善策を一緒に考え、丁寧に

 

 

 

教えてもらえることもあったし、

 

 

 

チャンスをもらい、再びチャレンジさせて

 

 

 

もらえることもあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうやって育ててもらった背景があるから

 

 

 

やっぱり後輩の失敗には、『お互い様』の気持ちで

 

 

 

向き合う方がいいなって思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、このお互いさまの精神は、

 

 

 

多くのことを経験した人ほど

 

 

 

持っているものだとも思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くのことを経験した「優しい」人は

 

 

 

世の中にはいろんな人がいて、

 

 

 

何もかも自分の思い通りに行かないってことを

 

 

 

やっぱり知ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから思い通りにコトが運ばなかったとしても

 

 

 

機嫌を損ねるのではなく、

 

 

 

機嫌よく改善を目指す。

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう人が”大人”なんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

大人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年月とともに経験は増え、年齢を重ねる程

 

 

 

大人になるというのは間違いじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、何歳になっても

 

 

 

優しさが身に付かない人もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは性格の問題も多少はあるにせよ

 

 

 

多くの場合は経験の問題、つまり

 

 

 

”どんな人生を歩んできたか”

 

 

 

ってことなのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何もかも、完璧にこなせる

 

 

 

神様みたいな人か

 

 

 

自分のことを全て棚にあげ、

 

 

 

『オレが掟だ』みたいな、ある意味神。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このいずれにも該当しない、

 

 

 

いわゆる普通の人であれば、

 

 

 

経験を積むほど人は優しくなれる。

 

 

 

そんな気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

些細なことで腹を立てているうちは

 

 

 

半人前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分に厳しく、

 

 

 

他人に優しい人でありたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒涛の週末を何とか乗り切り

 

 

 

みんなで反省会をしながら考えたのは

 

 

 

大体こんなことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

yjimage7UUZ0Z58

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月9日 土曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”855号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の夏、実際に起きたお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡県の20歳代の男性職員が

 

 

 

昨年の夏に悪ふざけで

 

 

 

福岡市内の結婚式場に侵入して、

 

 

 

建造物侵入容疑で書類送検されてたってニュースが

 

 

 

飛び込んできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


調べによると、昨年の8月

 

 

 

福岡市内の施設で友人らとバーベキューをしてて

 

 

 

酒に酔った状態で近くの結婚式場の敷地に侵入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋外で記念撮影中だった新郎新婦に

 

 

 

ピースサインをしながら近付き、

 

 

 

写真に写り込もうとしたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

酔っ払い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、新郎新婦様との面識は

 

 

 

ナシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒に酔った勢いだったんだろうし

 

 

 

悪気はなかったと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、やっていいことと

 

 

 

悪いことって、やっぱりある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし自分の結婚式で

 

 

 

そんな輩がワイワイやってきたら

 

 

 

当人もイヤなはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッカじゃないの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして結局、式場側と新郎新婦に

 

 

 

被害届を出されてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的には、その被害にあった

 

 

 

新郎新婦や式場との示談が成立し

 

 

 

不起訴にはなってるみたいだけど

 

 

 

何ともお粗末で、迷惑な話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新郎新婦も、どんな想いで

 

 

 

当日を迎えたかって考えたら

 

 

 

特に新婦はイヤだっただろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達のホテルでは、結婚式当日は

 

 

 

十分にプライベートが確立された

 

 

 

オペレーションを組んでるから

 

 

 

こんなことは多分無いと思うけど

 

 

 

これ、どこの式場のお話なんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとだけ気になる

 

 

 

ニュースでした。

 

 

 

 

 

 

 

BBQ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page Top