皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

8月24 木曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”749号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、みな様

 

 

 

【健康】ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みにボクは

 

 

 

まずまずの健康だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これといった既往症も無いし

 

 

 

今すぐ、何か気がかりなことも無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この”健康”の定義って

 

 

 

実はものスゴク深いものがあるって

 

 

 

ご存じでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”WHO世界保健機関”って

 

 

 

聞いたことがある人は多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

WHO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィキペディアでは、

 

 

 

”人間の健康を基本的人権の一つと捉え

 

 

 

 その目的達成の為に設立された

 

 

 

 国連の専門機関”と書いてある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとお堅いイメージがあるけど

 

 

 

世界的にきちんとその存在意義が

 

 

 

確立された組織だってのは解るよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのWHOが、実は”健康”ってどういうことかを

 

 

 

定義した一文を見る機会がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにはこう書いてある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「健康というのは病気じゃないということではない。

 

 

 

仕事に満足し、家庭に憂いなく、

 

 

 

いつでも前向きの姿勢で何事にも取組めるような

 

 

 

精神および肉体状態にあることをいう。」

 

 

 

 

 

 

 

健康

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

コレ、中々ハードル

 

 

 

高くないですか?

 

 

 

 

 

 

 

ハードル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、よくよく考えてみると

 

 

 

本来こういう事なのかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな気にもなってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

充実した仕事、家庭、気持ち

 

 

 

その三拍子を揃えるのは

 

 

 

このご時世、そう簡単じゃないかも

 

 

 

しれないけど、要は健康の定義と

 

 

 

”幸せ”はスゴク似てて、

 

 

 

その幸福感の中に健康も存在するんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな、自分が幸せだって

 

 

 

認識したいと思い生きてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココロとカラダのバランスを保ち

 

 

 

健やかに暮らせるよう

 

 

 

簡単じゃないからこそ、

 

 

 

努力しなくちゃって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も、これからも

 

 

 

皆様が健康でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

幸せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

8月23 水曜日の

 

 

 

なおくんブログ”748号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて皆様、今日のテーマ

 

 

 

「泊食分離」っていうワード、

 

 

 

ご存じでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この言葉と考え方、実は随分前から

 

 

 

懸念され、検討されてきた

 

 

 

ホテルや旅館など、

 

 

 

宿泊業界の業界用語。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の夏、8月16日に

 

 

 

お役所である観光庁が、

 

 

 

”今後増える外国人旅行者や

 

 

 

長期滞在者の増加を鑑み

 

 

 

利便性を向上させるために

 

 

 

『泊食分離』のモデル地区を指定する”

 

 

 

って発表し、報道されてから最近よく

 

 

 

見聞きするようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

yjimageYQK7F1B2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「泊食分離」って、簡単に言うと

 

 

 

ホテルみたいに料金面で

 

 

 

宿泊と食事を分けること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本、温泉旅館とかは

 

 

 

1泊の宿泊費の中に、夕食と朝食の

 

 

 

2食がセットになってるのが

 

 

 

ほとんどでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを、宿泊費と食事代を

 

 

 

完全に分けることにより、

 

 

 

旅館に泊まりながら外で食事ができれば

 

 

 

旅館の文化に触れつつ、食事の選択肢も

 

 

 

自由になり、食事に拘らない人にとっては

 

 

 

費用も安上がりで、長期滞在者も増えたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、旅館の稼働率が上がると見込み

 

 

 

観光庁が動き出したって訳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこの施策、旅館業界は

 

 

 

あまり歓迎してないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純に考えたら、そりゃそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、売上が下がるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

机上では、もし食事ナシだとしても

 

 

 

客数が増えれば売上をカバーできるんじゃ

 

 

 

って思われるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、稼働率が上がるって保証は

 

 

 

どこにもなくて、仮に上がったとしても

 

 

 

今みたいに外国人観光客が未来永劫

 

 

 

増え続けるなんてことも考えにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもボクは何より

 

 

 

旅館の持つ独特の文化が

 

 

 

廃れてしまうことに懸念を持つんです。

 

 

 

 

 

 

 

1旅館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、温泉旅館の

 

 

 

あのゆったりとした時間の流れや

 

 

 

極端だけど、”上げ膳据え膳”の

 

 

 

何もしなくていい贅沢って

 

 

 

独特なものがあると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、四季折々の旬を感じる

 

 

 

純日本食をゆっくり食べながら

 

 

 

滅多に飲まない日本酒を愉しむ。

 

 

 

 

 

 

 

2旅館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、日本人だなって

 

 

 

ふと気付いたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに割高感はある部否めないけど

 

 

 

それを含めて旅館の良さが

 

 

 

そこにあるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、個人的にもあまりに人気で

 

 

 

混雑してる旅館は好きじゃないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のんびりできねーぜ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

話しを戻すと、まだ懸念もあって

 

 

 

一部の地方や過疎地域の旅館では

 

 

 

将来的に”泊食分離”に移行しなければ

 

 

 

経営が成り立たなくなる

 

 

 

そんな可能性もあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その理由は慢性的な”人手不足”。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、食事を提供したくても

 

 

 

地域にいい料理人がいなかったり、

 

 

 

サービスを行き届かせる、気の利いた

 

 

 

中居さんが居なかったりして、

 

 

 

人材が確保できないばかりに

 

 

 

サービスが提供できない時代が

 

 

 

やってくる恐れもある。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、旅館業を営む宿は年々減少し

 

 

 

10年前には6万軒だったものが、

 

 

 

今では4万軒ちょっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうちのほぼ半数が、

 

 

 

人手不足に悩む家族経営の

 

 

 

中小宿だって言われてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうした宿は今後、

 

 

 

少しずつ廃業に追い込まれ、

 

 

 

あと10年もすれば旅館は

 

 

 

2万軒くらいにまで減少するとも

 

 

 

言われてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、過疎地域から旅館の灯が

 

 

 

消えた時、観光客を受け入れる余力が減る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その結果、需要はより集客力のある

 

 

 

地域に建つホテル型の宿に流れるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅館から食事が消えた時、

 

 

 

料理自慢じゃなく、「ハードの良さ」なんかが

 

 

 

宿選択の基準になり、やっぱり

 

 

 

より大きな資本の業態が優位になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解ります?   この循環。

 

 

 

 

 

 

 

 

地方の中小企業から

 

 

 

都心の大企業へと

 

 

 

宿泊業の軸が移る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると

 

 

 

国が進める”地方創生”とは

 

 

 

真逆の結果にならないかね?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様はどう思われますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、「泊食分離」を進める宿が

 

 

 

あってもいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、本当に必要なのは

 

 

 

ホテルみたいに自由度が高い旅のみを

 

 

 

国が推進する、そんな単純な問題じゃなく

 

 

 

旅の質を高めていけるような取り組みを

 

 

 

日本としてやっていければ

 

 

 

いいのになって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は今、ホテルマリノアリゾート福岡は

 

 

 

ホテル業界としては異質の

 

 

 

”逆泊食分離”を検討してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチに泊まってもらう場合、

 

 

 

必ず朝食も食べてもらおうって取組です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、”売上があがるから”じゃなく

 

 

 

その方が”お客様にとって幸せ”だって

 

 

 

思うから、トライしようと考えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都心に近い海辺のリゾートで

 

 

 

喧騒から離れ、体の中からキレイになれる

 

 

 

無農薬の野菜を食べ、こだわりの

 

 

 

ミルクとパン、コーヒーの温かい香りに

 

 

 

包まれる。

 

 

 

 

 

 

 

yjimage1Q06QFK6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それもこのホテルの価値だとすれば

 

 

 

提供しなければ逆に申し訳ない。

 

 

 

 

 

 

 

そんな想いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年位から

 

 

 

できたらいいなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

8月22 火曜日の

 

 

 

なおくんブログ”747号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚して、赤の他人同士が

 

 

 

一つ屋根の下で暮らす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、色んなコト(事件・事故)が

 

 

 

起きるのは必至です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性は家族を養う守る為に日々

 

 

 

仕事に精を出し、

 

 

 

女性は留守を守り、子供でもできれば

 

 

 

かなり重労働と言える子育てと

 

 

 

家事の両立を強いられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな日常の中で、夫と妻の意見が

 

 

 

衝突したり、お互いがお互いの

 

 

 

苦労や苦悩を理解し合えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな些細なズレから、

 

 

 

夫婦不仲なんてことに発展するって話

 

 

 

良く聞きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今日は、ほんの少しでも

 

 

 

夫婦仲が保てる、ボクも実践してる

 

 

 

ちょっとした気遣いと心遣いを

 

 

 

若い旦那さんや、これから結婚を控えた

 

 

 

男性にご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはいたって簡単。

 

 

 

 

「今から帰るよ」

 

 

 

「ごめん、今日は遅くなるよ」

 

 

 

なんかの、たった1本の電話やメール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”帰るコール”

 

 

 

”帰らないコール”ってやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰る1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなの当たり前じゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはそう思ってたんですが、実は

 

 

 

既婚者にアンケートを取ったところ

 

 

 

半数以上が”帰るコール”をしてない現状が

 

 

 

あるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、サラリーマンの日常で

 

 

 

深夜残業や突然の飲み会や接待って

 

 

 

付き物かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、だからって帰宅時間すら知らせずに

 

 

 

深夜まで頑張ってみたところで、

 

 

 

これ、実は夫婦の気持ちは

 

 

 

すれ違うばかりなんです。

 

 

 

 

 

 

 

yjimageZ2UJG4V0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、”判らない”から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性からすると、

 

 

 

【そんなのいちいち言わないし

 

 

 

 頑張ってることは察して欲しい】

 

 

 

って思いもあるかも知れないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、よく考えてみて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをビジネスシーンに

 

 

 

置き換えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の取引先の担当者が、

 

 

 

アポイントの時間を過ぎても現れず、

 

 

 

いつまで待っても連絡すらなかったとしたら

 

 

 

どう思うでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yjimageO81M3QFP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何かトラブルでもあったんじゃないか?」って

 

 

 

最初は心配するかもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次第に、「それにしても連絡すら無いってどーよ?」

 

 

 

って思うんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しまいには、

 

 

 

「こんな相手とは信頼関係は築けない。

 

 

 

取引できん!」

 

 

 

なんてことに発展したりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと大袈裟な例だけど、

 

 

 

こんなケースでも1本の電話が

 

 

 

トラブルを最小限に食い止める訳だから、

 

 

 

奥様に「帰るコール」をしない旦那さんは

 

 

 

実はこれと同じような、ビジネスじゃ

 

 

 

考えられない致命的なミスを

 

 

 

日々犯しているってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、こんなミスの積み重ねが

 

 

 

夫婦の距離を遠いものにしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えれば、”帰るコール”なんて

 

 

 

メチャクチャ簡単なことじゃないかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、”帰る・帰らないコール”

 

 

 

今実践してない人がいたら

 

 

 

ダマされたと思って是非、

 

 

 

やってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、もうひとつのポイントは

 

 

「帰れないコール」を送るとき

 

 

 

遅くなる理由が残業なのか、

 

 

 

それとも仕事以外の理由なのか、

 

 

 

そして帰宅時間はいつ頃になるのか、

 

 

 

夕食はどうするのかなど、

 

 

 

帰りを待つ奥様が知りたいポイントを

 

 

 

明確に伝えてあげるのも

 

 

 

思いやりだと思うな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、急にコールを入れはじめて

 

 

 

逆に変な疑いをかけられても

 

 

 

ボクは責任を持てませんので

 

 

 

あしからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃からのスキンシップがあってこその

 

 

 

「帰るコール」かも知れません(・へ・)

 

 

 

 

 

 

 

帰る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

8月21 月曜日の

 

 

 

なおくんブログ”746号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝の新聞で、博多の結婚式場で

 

 

 

食中毒発生のニュースを見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、同じ結婚式業界に生きる者として

 

 

 

被害に合われた方々には

 

 

 

本当に苦しかっただろうと、

 

 

 

お見舞いの気持ちと共に

 

 

 

料理提供施設に対しても

 

 

 

さぞ、心苦しい事故が起きてしまったと

 

 

 

察するところはある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、何よりも優先しなければならない

 

 

 

”安心、安全”を尊守できなかったことは

 

 

 

大いに反省しなければならないし、

 

 

 

対岸の火事として、我々自身も

 

 

 

楽観視できることではないとも思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食中毒自体、本来

 

 

 

あってはならないことではあるけど

 

 

 

ボクは特に、結婚式場で起きた場合

 

 

 

その趣旨と思いを考えた時、

 

 

 

通常の対応とは異なると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食中毒被害に遭われた方々は

 

 

 

全員が被害者ではあるけど、

 

 

 

結婚式を主催した新郎新婦様や

 

 

 

ご両家からすると、自分達の為に

 

 

 

態々来て下さった大事な参列ゲストが被害者になり

 

 

 

主催者として、ある意味加害側に立たされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると、自分達の

 

 

 

晴れの門出であるはずの結婚式が

 

 

 

大きく一転してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな不幸な出来事って

 

 

 

あるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ、とてつもない事故なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の食中毒は病原性ウィルスが

 

 

 

原因のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施設として、仮にどんな完璧な

 

 

 

対策を取ってたとしても、

 

 

 

斯様なウィルスの侵入は、

 

 

 

100%防げるかっていうと

 

 

 

そうじゃないかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、結婚式のお料理を

 

 

 

ご両家に成り代わり、

 

 

 

お手伝いさせていただくことって

 

 

 

それだけ責任が重いってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

限りなく、100%予防できる

 

 

 

日頃からの対策と、スタッフ全員の

 

 

 

心掛けも必要だろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、

 

 

 

お客様にも解って欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大量調理の難しさと

 

 

 

その責任の重さを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今の結婚式事情では

 

 

 

ゲストのニーズが本当に多岐に渡り、

 

 

 

それにどこまで柔軟に対応できるかが

 

 

 

選ばれるカギでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時には、色んなものを

 

 

 

”持ち込みたい”ってリクエストもある。

 

 

 

食品を含めてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもその食品に、仮に

 

 

 

万が一のことがあったら

 

 

 

どうなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施設側が責任取れる範疇じゃないけど

 

 

 

それでも、責任だけはのしかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より、責任うんぬんは置いといて

 

 

 

そこに来て下さるゲストに

 

 

 

ご迷惑がかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはご両家も新郎新婦様も

 

 

 

望むものではないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのリスクは、ボクは

 

 

 

結婚式場の責任者として、

 

 

 

絶対に排除しなければならないって

 

 

 

考えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご両家が大事に思う

 

 

 

列席ゲストの安心安全を

 

 

 

守る義務があるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決して、【お持ち込み】≒ダメ

 

 

 

って公式を当てはめてる訳じゃなくて

 

 

 

その”持ち込み”が本当にお客様の為に

 

 

 

なるかってことで判断してるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、安全安心で

 

 

 

いい結婚式は、お客様と施設側が

 

 

 

一緒になって創るもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の食中毒、重篤患者はおらず

 

 

 

皆様回復に向かっているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不幸中の幸いで

 

 

 

少しだけ安心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達も今朝、全社の朝礼で

 

 

 

改めての予防、衛生管理を

 

 

 

再確認しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡での

 

 

 

お食事は、是非安心して

 

 

 

美味しく楽しく お召し上がり下さい。m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

8月20 日曜日の

 

 

 

なおくんブログ”745号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、企業が出すイメージCMやポスターが

 

 

 

”不適切だ”とか、”不快だ”何て言われ

 

 

 

炎上したりすることが増えてきたように思う

 

 

 

今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価値観が多様化している昨今、

 

 

 

企業が訴求したい点が

 

 

 

それを見た消費者の捉える視点と

 

 

 

多少なりの乖離が生じたり、

 

 

 

インターネットやSNSの台頭で、

 

 

 

個人の発信力が強くなったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな背景が、度重なる”炎上”

 

 

 

呼ぶんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

yjimage6O11CXXH

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここんと、みなさんも良く知る

 

 

 

”牛乳石鹸”の広告用ショートムービーが

 

 

 

ネット上でかなりのバッシングを受けてるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

牛乳石鹸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな内容かっていうと、

 

 

 

お父さんが出勤前に

 

 

 

家のゴミ出しをするシーンからはじまる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は息子の誕生日で、妻からは

 

 

 

息子のための誕生ケーキと

 

 

 

プレゼントを頼まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、プレゼントとケーキを手に

 

 

 

帰路につく男性は、仕事でミスをした

 

 

 

後輩を偶然見つけ、飲みに連れて行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

居酒屋では、妻からとみられる着信が入るが

 

 

 

男性はこれを無視。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 飲みを終え、帰宅した男性に対し妻は

 

 

 

「何で飲んで帰ってくるかな・・・」と

 

 

 

呆れた一言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性はそのまま風呂場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

入浴シーンでは、男性は

 

 

 

気持ちを切り替えるかのように顔を洗い、

 

 

 

男性は妻に謝罪。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族は改めて、

 

 

 

息子の誕生日を祝う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、画面には

 

 

 

「さ、洗い流そ」って

 

 

 

牛乳石鹸お決まりのキャッチコピー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは個人的に、特別不快感を感じることも無く

 

 

 

逆に「あー、解るなぁ・・・」

 

 

 

そう思ったシーンもあった位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に、子供の誕生日に

 

 

 

落ち込んだ後輩を連れて飲みに行く

 

 

 

なんて男前のことができるだろうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことも考えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応、ご紹介しますね。

 

 

 

(2分ちょっとの映像です。音が出ますよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかーし!

 

 

 

これを見た人達からは、

 

 

 

 

 

 

 

 

”ただただ、不快”

 

 

 

 

 

”子供の誕生日に飲んで帰って、

 

 

何を洗い流すの?”

 

 

 

 

 

”意味不明”

 

 

 

 

 

”もう牛乳石鹸、買わない”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな批判が続々とネット上に踊る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、個人の感想でしょうから

 

 

 

ボクがどうこう言う事はないけど、

 

 

 

逆にそこまで不快感を露わにしなきゃ

 

 

 

ならないレベルなんかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そっちのほうが意味不明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別にいいじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このショートムービーを作った人や

 

 

 

企業には、それなりの想いはある訳だし

 

 

 

見て不快に思った人には、それなりの

 

 

 

捉え方がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただそれだけで良くないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたいかって、

 

 

 

別に声を荒げて、ネット上に

 

 

 

批判を投稿しなくても

 

 

 

いいんじゃないかってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛乳石鹸に特別な恨みがあったり

 

 

 

実際自分の誕生日には、

 

 

 

オヤジが毎年飲んだくれて帰ってきた

 

 

 

なんてトラウマがあるとか、

 

 

 

そんな訳でもないでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の中で思うのはいいとして

 

 

 

それを投稿しようってエネルギーが

 

 

 

ボクにはわかんない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暇なんかな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしても最近の日本って、

 

 

 

みんな(不特定多数)が同じ考えであることが

 

 

 

前提になってて、同じ考えの者同士は

 

 

 

徒党を組み、ちがう意見の者を攻撃する。

 

 

 

こんな流れがあるように感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、みんなが賛成なのに

 

 

 

反対するような「空気が読めない輩」は

 

 

 

厄介者。   みたいなね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意見がちがう=

 

 

 

和を乱す悪者であり、敵なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意見が違うって、”個性”なのにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう思考回路だと、

 

 

 

敵には容赦なく攻撃するし、

 

 

 

「自分が正しいから相手は間違えている」

 

 

 

みたいな極論に走るようになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意見がちがう=敵って考えている限り

 

 

 

何か平行線をたどるし、まともな議論も

 

 

 

できなくて、ただの意見の押し付け合いになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネット上で鼻息荒く、文句を言う暇があったら

 

 

 

多種多様な考え方や視点に興味を持ち

 

 

 

「そんな考えもあるよね」って

 

 

 

謙虚に学ぶ姿勢を持った方がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いますが、いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもあくまで、個人的意見であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

8月19 土曜日の

 

 

 

なおくんブログ”744号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダの西部 アルバータ州ってとこで

 

 

 

13年前に失くした結婚指輪が

 

 

 

意外なところから発見され、

 

 

 

話題になってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、メアリーさんって84歳の

 

 

 

お婆ちゃんの元に戻ってきた指輪のお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

所有する農園で草むしりをしている最中に

 

 

 

ダイヤの婚約指輪を紛失しちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必死にありとあらゆる所を探し

 

 

 

それでも見つからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろめたさもあり、このことは旦那さんには

 

 

 

言えず、バレないように変わりの指輪を買い

 

 

 

息子さんには話してたみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、よくあるシチュエーション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚指輪を失くしたら

 

 

 

そりゃ焦るよね。

 

 

 

 

 

 

 

yjimage9E1632W7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その旦那さん、今から5年前に他界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしてると、つい最近

 

 

 

その当時の農園を引き継いだ息子さんから

 

 

 

失くした指輪らしきものを発見したって

 

 

 

連絡があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがこちら

 

 

 

 

 

 

 

yjimageFZPKPD9Q

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メアリーさが営んでいた農園は

 

 

 

人参畑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yjimageAMA5LD42

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから13年も経て

 

 

 

人参に指輪がハマリ

 

 

 

それを収穫することができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とも素敵な話じゃないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メアリーさんがその指輪をはめてみると、

 

 

 

66年前に夫からもらった時同様、

 

 

 

指にピッタリはまったんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと、先立った旦那さん

 

 

 

本当は失くしたことは知ってて

 

 

 

人参畑を使い、改めて

 

 

 

プレゼントしてくれたんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

yjimage7E48TF27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メアリーさん、もう二度と

 

 

 

大事な指輪は手元から離さないだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛を感じるお話しでしたヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

yjimageGBSE8HJ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

8月18 金曜日の

 

 

 

なおくんブログ”743号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝の新聞で、かなり気になる記事を見た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の児童相談所が、2016年度に

 

 

 

対応した児童虐待の件数

 

 

 

(あくまで速報値)が、前年度に比べ

 

 

 

18・7%増の12万2578件で

 

 

 

過去最多を更新したってもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、1990年度の集計開始から

 

 

 

26年連続で増加してて、今年は2年連続で

 

 

 

10万件を上回ったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まったく、どういうことなんだ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも九州7県では、福岡が最も多い

 

 

 

4194件で、増加率は何と74・9%。

 

 

 

 

 

 

 

 

全国で3番目に高かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

何と恥ずべき銅メダル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この児童虐待、原因や背景は

 

 

 

本当に多岐に渡り、どこかひとつを

 

 

 

改善すれば何とかなるような

 

 

 

簡単な問題じゃないってことは

 

 

 

充分理解しているつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、減るどころか

 

 

 

年々増加してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただでさえ、少子高齢化と言われ

 

 

 

昔に比べて子供は減ってるのに、

 

 

 

罪もない子供が虐待され

 

 

 

場合によっては命を落とし、

 

 

 

それが年々増えるって、

 

 

 

普通に考えて、オカシくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前にも何度かブログに書いてるんだけど

 

 

 

ボクが何故、結婚式のお手伝いを

 

 

 

ホテルを挙げて頑張ってるかって

 

 

 

その最大の目的のひとつに、

 

 

 

 

 

 

”児童虐待の撲滅”

 

 

 

 

 

 

これを掲げてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【はぁ?   そんなんで児童虐待

 

 

 

 無くなる訳ないじゃん。 関係あんの?】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなご指摘もあるかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、じゃあ誰が児童や幼児を

 

 

 

虐待してしまうことになるかって

 

 

 

統計をとると、夫婦が訳ありで離婚し、

 

 

 

そののちに内縁者になる、後妻や後夫が

 

 

 

手を上げる確率が著しく高いんです。

 

 

 

 

 

 

 

4虐待

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、親である当事者も

 

 

 

虐待に加担してるけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことは、訳あって離婚に発展してしまう

 

 

 

その基を絶つ方が断然いい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々あると思いますよ。

 

 

 

経済的なこと、浮気や不倫、

 

 

 

親族間の問題、性格的なことなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その色々あったことを

 

 

 

何とか乗り越えていけるだけの

 

 

 

結婚式の忘れられない想い出があれば

 

 

 

ちょっとでも危機を乗り越え、頑張れる夫婦が

 

 

 

増えるんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはそう思ってるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、そんな単純じゃないって解ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、結婚式を挙げたカップルと

 

 

 

挙げなかったカップルの離婚率も

 

 

 

圧倒的に挙げてない方が高いって

 

 

 

数値的統計は出てて、ってことは

 

 

 

結婚式が何かの役に立ててるって

 

 

 

ボクは言えるんじゃないかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、決して絢爛豪華じゃななくたっていいし

 

 

 

質素で、近しい身内だけでもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かしら、想い出になる出来事って

 

 

 

必ず心の支えになると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その想い出が、深ければ深い程

 

 

 

なおさら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう信じて、ここ数年取り組んできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、数字は嘘をつきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達の頑張りは

 

 

 

まだまだ足りないってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虐待の内容を見ると

 

 

 

子どもに暴言を吐いたり、無視したりする

 

 

 

”心理的虐待”が最多で

 

 

 

 

 

 

 

3虐待

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次いで暴力などの”身体的虐待”

 

 

 

”ネグレクト(育児放棄)”性的虐待”

 

 

 

続くらしい。

 

 

 

 

 

 

 

2虐待

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、厚生労働省は一昨年

 

 

 

虐待で死亡した子どもは

 

 

 

52人だったと発表した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人数は、無理心中や虐待を苦にした

 

 

 

自殺者は含まれてない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このうち、6割近い30人が0歳児で

 

 

 

身体的虐待により命を落とした子供が35人

 

 

 

育児放棄等で、餓死した子供が12人だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この数字を見て、皆様は

 

 

 

何を考えられますか?

 

 

 

 

 

 

 

1虐待

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達にできることって

 

 

 

もっと他にないんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考え、

 

 

 

無力感を感じながらも、何とかしたいと

 

 

 

改めて考えさせられる記事でした。

 

 

 

 

 

 

 

友津

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

8月17 木曜日の

 

 

 

なおくんブログ”742号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若者の”海離れ”が深刻なんて話も聞くけど

 

 

 

それでもシーズン中の海は

 

 

 

中々賑わいを見せる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最近では海水浴客を狙った

 

 

 

置き引きなんかが多発し、

 

 

 

福岡でも被害が出てるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで福岡県警が全国で初めて

 

 

 

水着姿の私服警察官を投入してるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、【海パン刑事(デカ)】

 

 

 

活躍中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、これまでに

 

 

 

窃盗未遂容疑で現行犯逮捕したり

 

 

 

成果も上げてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スゲーぜ、海パン刑事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、地元住民なんかに人気の

 

 

 

あまり大々的に知られてなくて

 

 

 

ライフガードとかの監視員が

 

 

 

少ないところでの被害が多いらしく

 

 

 

警察官達は休日返上で

 

 

 

海水浴客に紛れ

 

 

 

警戒にあたってるんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、パラソルの下に

 

 

 

無防備に置かれた荷物とか

 

 


目にするし、解放感から

 

 

 

警戒心も鈍るからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警察は、貴重品はできるだけ

 

 

 

防水ポーチに入れて身に付けるか

 

 

 

見張り役を立たせて管理することを

 

 

 

推奨してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしボクが海に遊びに行ったなら

 

 

 

確実に”見張り役”に徹するけどな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、警察官も大変だよね。

 

 

 

 

 

 

 

yjimageEAR4Y1TV

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常勤務の時、必要以上に

 

 

 

黒い警察官を見たら、きっとそいつは

 

 

 

海パンデカに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

yjimageRFP9P8X0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後、注意してみておこう(・へ・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンバレ海パン刑事。

 

 

 

市民の平和を守る為!!

 

 

 

 

 

 

 

yjimage59TFK18L

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

8月16 水曜日の

 

 

 

なおくんブログ”742号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜は年に一度、地元で開催される

 

 

 

姪浜精霊花火大会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気が気になってたけど、

 

 

 

何とか花火打ち上げ時間には回復し

 

 

 

問題なく打ち上げられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり湿度が高い中での

 

 

 

花火大会だったけど、この日を楽しみに

 

 

 

ご宿泊くださるゲストも沢山いらっしゃり

 

 

 

ゲストの笑顔に包まれた

 

 

 

ステキな夜になりました。

 

 

 

 

 

 

 

yjimageZIWLT71I

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中でも家族連れのゲストが多く

 

 

 

ちびっこがはしゃぎ、楽しんでくれてる姿に

 

 

 

親御さんも嬉しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり親は、子の喜ぶ姿が

 

 

 

何よりうれしいんだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花火が終わり、笑顔の子供達を見てると

 

 

 

ボクも昔を思い出したりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの笑顔って

 

 

 

花火より素敵だよね。

 

 

 

 

 

 

 

yjimageH4NSFBAC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、同日に毎年開催する、

 

 

 

ファミリーディナーブッフェでは

 

 

 

初となる流しそうめんコーナーも登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも、ちびっこに喜んで貰えないかなって

 

 

 

スタッフが自宅の裏庭から

 

 

 

わざわざ竹を切り出し、

 

 

 

自分達で作ったもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の意味での”自家製”です。

 

 

 

 

 

 

IMG_0885

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、若手スタッフも浴衣を着て

 

 

 

お祭り気分を味わいます。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0886

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かいいよねー

 

 

 

こういうの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年はもっと楽しい事、できないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から来年へ想いを馳せ、

 

 

 

若手スタッフはもう

 

 

 

計画を立ててるみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お盆の連休も落着き、

 

 

 

今日からお仕事って方も

 

 

 

いらっしゃると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんの少し涼しくはなってきたけど

 

 

 

まだまだ暑い夏は続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お体に気を付け

 

 

 

楽しみつつ、頑張って下さいね!

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0880

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

8月15 火曜日の

 

 

 

なおくんブログ”741号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚に価値を感じにくいと思う

 

 

 

若者が増えてると言われて久しい昨今、

 

 

 

今後はさらに晩婚化が進むと

 

 

 

予想されてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、個々にアンケートを取ると

 

 

 

”結婚はしたい”って思う人が

 

 

 

男女ともに、やっぱり多い結果が出てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ何で、結婚はしたいけど

 

 

 

しない人が増えてるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな要因はあると思います。

 

 

 

 

 

 

単純に出会いが無いとか

 

 

 

魅力を感じる異性が少ないとかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以外でも、昔に比べ

 

 

 

人付き合いも希薄になり

 

 

 

若者のコミュニケーション方法も

 

 

 

直接的から間接的へと変わってきて、

 

 

 

インターネットやSNSに頼るのもそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが悪いとは思ってなくて

 

 

 

その時代時代に合った方法で

 

 

 

人は出会いを求めたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、”婚活”なんて言葉も生まれました。

 

 

 

 

 

 

 

婚活

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔も結婚に向けた活動が

 

 

 

無かったわけじゃないけど、

 

 

 

もっぱら「お見合い」か「ご紹介」レベル。

 

 

 

 

 

 

 

お見合い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、現状に危惧した

 

 

 

自治体なんかも動きだし、

 

 

 

「街コン」と呼ばれる

 

 

 

地域活性化も併用したイベントを

 

 

 

打つようになった。

 

 

 

 

 

 

 

マチコン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この”街コン”って、

 

 

 

今も流行ってんのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域差はあると思うんだけど、

 

 

 

少なくとも、わが街福岡では

 

 

 

市民団体や自治体なんかが

 

 

 

”婚活”に力を入れてるとは思えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、この街は全国的に見て

 

 

 

圧倒的に流入人口が多い都市だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、若者が増えてて、

 

 

 

中でも、女子の人口増が目覚ましい。

 

 

 

 

 

 

 

男女比

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地方から見たら、何て羨ましいんだって

 

 

 

思うところあるかもしれないけど、

 

 

 

若者の女子が、男性より圧倒的に多く

 

 

 

表現は悪いが、”女子が余ってる”

 

 

 

状態なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自治体が実施する婚活イベントは、

 

 

 

カップルの成立と、強いては

 

 

 

婚姻件数と出生数の増加、

 

 

 

地方自治体においては、

 

 

 

定住人口の増加みたいな効果を狙った

 

 

 

取り組みだと思うんだけど、

 

 

 

現状の福岡市は、

 

 

 

そんなこと困ってないってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ボクはそれじゃイカンと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国策として、少子高齢化を問題視してる中で

 

 

 

今は困ってない都市だとしても

 

 

 

もっと力を入れ、極端だけど

 

 

 

【結婚したいなら福岡に来い】

 

 

 

位の運動をしてもいいんじゃないか。

 

 

 

 

そんな気がしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何で急にそんなこと書いてるかっていうと

 

 

 

人口が増加してる福岡市ですら

 

 

 

婚姻件数は減少しているから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、結構問題なんじゃないかって思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に、結婚適齢期の子を持つ親に

 

 

 

子に結婚して欲しいかをアンケートしたところ

 

 

 

”絶対に結婚して欲しい”って

 

 

 

思っている親は実に8割もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも、母親より父親の方が

 

 

 

子に結婚して欲しいって想いが

 

 

 

強いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘を持つボクとしても、

 

 

まだそんな歳じゃないけど

 

 

 

判る気はする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてその理由を聞くと

 

 

 

 

 

1、子の幸せを願ってるから

 

 

 

2、子の生活の安定(経済面、健康面)

 

 

 

 

こんな回答です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくつになっても親は子を

 

 

 

心配してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「親の心子知らず」なんて言葉もありますが

 

 

 

子供のためを思って「早く結婚してほしい」と願う

 

 

 

親の心を察することも大切だと思うし、

 

 

 

福岡市でももっと、結婚を促進させる

 

 

 

取り組みが広がればいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてボク達は、お願いするばかりじゃなく

 

 

 

”結婚式の価値”がちゃんと高まるような

 

 

 

努力も続けなきゃいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

随分涼しさも感じるようになったお盆明け。

 

 

 

 

 

 

 

家族のつながりを思い、

 

 

 

そんな心配もしてしまう

 

 

 

今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最期に、全国の独身男性諸君、

 

 

 

結婚するなら今福岡が、

 

 

 

日本一チャンス!

 

 

 

 

 

 

 

チャンス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だと思います。(・_・;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

Page Top