若者の結婚式離れを考える・・・・その③

皆様こんにちは!

 

福岡で、海を見ながらワンちゃんと一緒に結婚式ができる

 

リゾートホテルの婚礼支配人兼成功率100%、

 

福岡No1プロポーズ仕掛け人のなおくんこと

 

山下 直の2015年10月10日、土曜日のブログ。

 

 

 

 

なおくんブログで、過去2日間にわたって何かを書くということはあったけど、

 

 

 

今回初の連載、「若者の結婚式離れを考える」第3回です。

 

 

 

 

 

 

結婚はするけど、結婚式は嫌だと思っている若い方が増えている。

 

 

 

 

その理由のひとつとして、

 

 

・しきたりや親戚付き合いなど、人間関係が面倒

 

 

 

 

と思っている人が非常に多いようです。

 

 

 

 

 

どう言うことかというと・・・・

 

 

 

「兄弟が結婚するときに、準備で両家の親同士が地域性によるしきたりや

 

 

 常識の違いでもめていた。ばかばかしいと思った」

 

 

 

という声や

 

 

 

「結婚式の準備についてあまりガミガミ言われると、家族や親戚付き合いが

 

 

 面倒に感じるようになってしまい、結婚への憧れが薄れた」

 

 

 

など、自分達以外の、いわゆる【外野】的存在により、意と反する方向に進むことを

 

 

ストレスに感じているようです。

 

yjimageP9ZN5AQX

 

 

 

 

 

何だかんだ言っても、古き良き日本のしきたりとして、

 

 

【結婚】って、家と家とのことであり、二人だけの問題では片づけられません。

 

 

 

 

 

 

 

でも現実問題、当事者二人の意思が随分尊重される時代になったと思います。

 

 

 

 

 

親への挨拶を済ませる前に式場を見て回ったり、挙式のスタイルも決めちゃうなど、

 

 

どんどん準備をはじめるカップルも増えています。

 

 

 

それについては、ボク個人がどうこう言うつもりはないし、

 

 

それが時代の流れでもあるんだろうけど、

 

 

 

 

 

最近少し気になるのは、ご両家のお父様やお母様が結婚式当日、

 

 

 

昔よりも、少しさびしそうにしているような気がします。

 

4055682971_3d305b3650_m

 

 

 

 

 

それは、嫁に出す寂しさとかじゃなくて、あまりにカップル主体であるがゆえに、

 

 

 

披露宴の進行も把握できなくて、自分達も完全にご招待されたお客様のようになっていて、

 

 

 

ご列席してくださったお客様に、【家】としてのおもてなしをしたいけど、

 

 

 

どうしていいかわからないというジレンマ的な寂しさを感じるんです。

 

 

 

 

 

中には、親に感謝を表す意味で、あえてそうしている結婚式もあるんだけど、

 

 

 

多分、親御様の寂しさを感じているのはボクだけじゃないと思う。

 

 

 

 

 

 

時折、カップルさん達にアドバイスするのは、

 

 

 

 

幾つになっても親は子を心配し、不安に思うものなんです。

 

 

些細なことでも構いませんので、今こういう風に進めてるよとか、

 

 

こうしようと思うんだけど、どうかな?と、意見を聞いたり、

 

 

進捗をご説明するなど、できる限りコミュニケーションを取ってください。

 

 

親御様は、相談されれば嬉しいものなんですよ。

 

 

とお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

家庭環境が全く違う2つの家が、結婚という過程の中で、

 

 

新たな親戚付き合いをスタートさせます。

 

 

 

 

 

当然、うまくいくことばかりではないと思いますが、

 

 

 

親は子の幸せを願い、子は親が安心し、喜ぶ顔が見たいと思っています。

 

 

 

これが真理だと思います。

 

 

 

 

 

色んな地域性によるしきたりの違いとかって、確かにあるんだろうと思います。

 

 

準備においても、おもてなしの気持ちを表すために、口出ししたくなるのもわかります。

 

 

 

 

お父様、お母様、ご親族の皆様、

 

 

 

何卒おめでたい席に免じて、少しだけ寛大に見守っていただけませんでしょうか?

 

 

 

当日のお気遣いは、私たちがご両家になりかわり、精一杯おもてなしさせていただきます。

 

 

 

どうぞご安心ください。

 

 

 

 

 

 

 

ご結婚を控えられていらっつしゃるカップルの皆様、

 

 

 

どうか、親御様の立場になって、普段はしないかも知れませんが

 

 

少しだけ甘えて、色んな相談してみてください。

 

yjimageZQ2F24G0

 

 

 

きっと、自分達が気付かない部分でアドバイスがもらえ、

 

 

ご友人達だけではなく、ご親戚の皆様にももっと喜んでいただける、

 

 

いい結婚式になると思います。

 

 

 

 

 

 

この世に生まれてきてくれて、育ってくれたことに対する感謝と、

 

 

生んでくれて、立派に育ててくれたことに対する感謝が入り混じる、

 

 

 

結婚式がそんな場であったなら、

 

 

 

やらなくていいという判断にはならないと思う。

 

 

 

子供のテ

 

 

 

 

結婚式をするとかしないとかを議論する前に、

 

 

 

もっと重要なことがあると思う、今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

さあ、明日はいよいよ連載最終回です。

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

★福岡で愛犬と過ごすウェディングフェア予約はこちら 
https://www.marinoawedding.jp/fair

★ワンちゃんとの挙式は電話でのお申込みもOK。
092-895-5522
★ウエディングのサイトもぜひご覧下さい!
https://www.marinoawedding.jp/
★幸せいっぱいのパティーレポートも見てね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>