おーっと! 今度は摘み立てのフレッシュオリーブが届きました by糸島

皆様こんにちは!

 

 

福岡で、海を見ながらワンちゃんと

 

 

 

一緒に結婚式ができる

 

 

 

リゾートホテルの婚礼支配人兼

 

 

 

成功率100%、福岡No1

 

 

 

プロポーズ仕掛け人のなおくんこと

 

 

 

山下 直の2015年10月23日、

 

 

 

金曜日のブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログでは、糸島野菜のピクルス

 

 

 

をご紹介しました。

 

 

 

 

 

 

そうこうしていたら、シェフが

 

 

 

 

おーい!なお君、ちょっといいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大体、何か珍しいものが入ったり、

 

 

 

びっくりするほど美味しい野菜が届いた

 

 

 

時なんかは必ず呼びに来てくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんちゃってですが、

 

 

 

ブロガーの特権です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これ見てください。 摘んだばかりの

 

 

 

 フレッシュオリーブです」

 

 

 

 

 

IMG_1505

 

 

 

 

 

IMG_1507

 

 

 

 

 

 

 

 

なおくん:「これどうするんですか?」

 

 

 

シェフ :「漬けて、アミューズ

 

 

 (お食事前のおつまみみたいなもの)

 

 

 で出します」

 

 

 

 

 

 

なおくん:「これ、食べれます?」

 

 

 

シェフ:「いいですよ 食べて・・・

 

 

      (ニヤリ)」

 

 

 

 

 

 

 

なおくん:「パクっ・・・」

 

     「ぎょえーっ!!!

 

 

     何ですか?この渋味!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリーブにはかなりの灰汁があり、

 

 

 

それが渋味となっているとのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1509

 

 

 

 

苛性ソーダ(劇薬です☠)の水溶液に

 

 

 

漬けてオリーブのあくを取り除き、

 

 

 

苛性ソーダの成分を3日間

 

 

 

毎日水を変えながら抜いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

更に塩水に数日漬けこみ、オイル、

 

 

 

ヴィネガー、香草を合わせた

 

 

 

マリネ液に漬けて、約1週間位で

 

 

 

食べれるようになるんだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェフ曰く、

 

 

 

『オリーブは摘んでしまうと、その瞬間

 

 

 

 からどんどん灰汁がまわり、劣化が

 

 

 

 はじまります。

 

 

 

  ですから、フレッシュオリーブを

 

 

 

  美味しく食べれるようにするには

 

 

 

  【摘み立て】が条件なんです。

 

 

 

  摘んだばかりのものを、その足で

 

 

 

  持ってきてもらえるように

 

 

 

  お願いしていました。

 

 

 

  なおくん、わかるでしょ?

 

 

 

  ボク達は、今それがやれる環境に

 

 

 

  あるんです。

 

 

 

  これって、凄いことなんです。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだよね。

 

 

 

 

 

 

 

改めて考えると、それって凄い価値。

 

 

 

 

 

 

 

 

今、ホテルマリノアリゾート福岡の

 

 

 

レストラン「ブルシエール」では、

 

 

 

ディナータイムの時のみ、この

 

 

 

アミューズを提供しています。

 

 

 

 

 

IMG_1517

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南フランスで栽培されたオリーブを

 

 

 

漬けたもので輸入品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはこれでとってもおいしく、

 

 

 

農薬使用も極限まで控えた栽培方法で

 

 

 

 

オリーブを育てて作られる、

 

 

 

優秀な商材なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし日下部シェフは、これを地元の

 

 

 

食材で手作りし、レストランで提供

 

 

 

したいと、ずっと考えていたとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『少しずつです。

 

 

 

 一歩一歩、ボクがこの地で

 

 

 

 やらなければならないことが

 

 

 

 やれてきています』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シェフはこうして出来あがった二次製品

 

 

 

を、生産者へ届け、食べてもらって

 

 

 

います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【あなたたちが心血注いで育てた命

 

 

 

こんな風に大事に仕上げています】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というメッセージを込めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、この人凄いな・・・

 

 

 

 

灰汁抜き中
灰汁抜き中

 

 

 

 

 

 

 

 

大事に育てられ、大事な料理へと

 

 

 

昇華している途中のオリーブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクに、食べてと訴えかけています。

 

 

 

仕方ないなー(違うか?)

 

 

 

 

 

 

 

★福岡で愛犬と過ごすウェディングフェア予約はこちら 
https://www.marinoawedding.jp/fair

★ワンちゃんとの挙式は電話でのお申込みもOK。
092-895-5522
★ウエディングのサイトもぜひご覧下さい!
https://www.marinoawedding.jp/
★幸せいっぱいのパティーレポートも見てね!!

2 thoughts on “おーっと! 今度は摘み立てのフレッシュオリーブが届きました by糸島”

  1. 生オリーブなんて、初めて拝見しました!!灰汁抜きまで自家製でされるなんて、感動です。

    ところで、灰汁抜きって苛性ソーダを使うんですね。実は、完全無添加の手作り石けんの製作と販売をしているのですが、石鹸作りでも苛性ソーダは欠かせない材料なんです。無添加の手作り品に欠かせない、苛性ソーダ。不思議な共通点を発見し、嬉しくなって思わず投稿してしまいました。

    自家製オリーブの食べごろになりましたら、ぜひディナーの予約を入れさせて頂きます♪楽しみです!!

    1. 通りすがりの司会者様

       

      返信遅くなり申し訳ありません。

      苛性ソーダ、劇薬☠ですから取扱いは大変ですよね~

       

      オリーブ、いい感じに仕上がっております。

       

      いつでもご予約お待ちしております!!

       

       

      なおくん

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>