日常のこと, 未分類

”イクメン”という言葉に感じる違和感

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

11月11日 土曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”828号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、TVの情報番組かなんかで

 

 

 

東京大学を卒業し、就職ののちに結婚。

 

 

 

 

 

 

 

 

自動車メーカーの研究開発についたけど

 

 

 

子供が生まれたのを機に、主夫になった

 

 

 

男性の特集をやってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家事全般をそつなくこなし

 

 

 

子供の送り迎えもバッチリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、頭脳明晰なだけあってか

 

 

 

仕事振りは合理的で手際がイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな旦那さんって、今よく言う

 

 

 

”イクメン”って呼ばれてるヤツなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

イクメン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、企業も男性の育児休暇を推奨し

 

 

 

専業主夫を選ぶ男性も増えてるって聞く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今のご時世、パソコン1台あれば

 

 

 

在宅でも何かと仕事ができちゃう時代だから

 

 

 

別に不思議じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

yjimageOE53VRTO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ボクがガキの頃なんて

 

 

 

実家が鹿児島ってこともあり、

 

 

 

男尊女卑が、まだ若干残る風潮もあったし

 

 

 

”男子厨房に入らず”みたいな、

 

 

 

台所に男が立つなんてみっともないと

 

 

 

されてた時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔と比較すると

 

 

 

ホント、時代は変わりましたよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、”イクメン”って言葉

 

 

 

ボクはどうしてもピンと来ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、ボクは今ドキの人とは

 

 

 

言えない年代にいると思うけど

 

 

 

めちゃめちゃ家事もするし、料理も作る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の世話だって、楽しんでやった方だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃんがまだバブバブの頃、

 

 

 

保育園に持って行くオムツは

 

 

 

布オムツじゃなきゃダメって決まりもあったから

 

 

 

娘ちゃんのオムツは、全部ボクが手縫いしたし

 

 

 

離乳食は、お野菜をベースに

 

 

 

全部手作りしてた。

 

 

 

(冷凍ストックしてたけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変だなって思った時もあったけど、

 

 

 

家族の一員としてやって当たり前だって

 

 

 

思ってたし、奥様もボクと同様に仕事してたから

 

 

 

条件は同じだって思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より、楽しかったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、ボクが地でやってたことが

 

 

 

今じゃ”イクメン”ってもてはやされたり

 

 

 

重宝されてるのに、

 

 

 

どうも違和感を感じるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今現在でも、家での食事は

 

 

 

ほぼ9割、ボクが作ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その代り、そうじは奥様担当。

 

 

 

洗濯物は、干すのはボクで

 

 

 

取り込んでたたむのは奥様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで、自然と役割分担が

 

 

 

できてるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然特別なことだって思わないのに

 

 

 

そんなに重宝されるんなら

 

 

 

ボクは、”イクメンゴッド”かも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

神

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもさ、元気で仕事に行けるのも

 

 

 

少なからず、奥様だったりパートナーの

 

 

 

支えがあるからだし、収入額の

 

 

 

多い少ないなんて、ボクは

 

 

 

関係ないと思うけどな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、奥様の収入の半分は

 

 

 

ボクのお蔭で稼げてるし

 

 

 

ボクの収入の半分は

 

 

 

奥様のお蔭。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったら、完全に平等じゃ

 

 

 

ないでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、どう思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性諸君、毎日料理

 

 

 

何かしら作ってみたらいいよ。

 

 

 

 

 

 

 

難しい料理じゃなくても、

 

 

 

目玉焼きでも何でもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理を作るとき、けっこう

 

 

 

”無”になれたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクにとっては、大事な

 

 

 

ストレス発散の時間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人差はあるんだろうけど、

 

 

 

家事も育児も、

 

 

 

進んでやりたいって思ってる

 

 

 

人もいるんだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top