今想うこと, 日常のこと

若者から見た大人像について考えた件

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

11月13日 月曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”830号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログを書くようになって

 

 

 

ネットを含め、マメに情報収集をすることが

 

 

 

以前と比べかなり増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

些細なことだったりするんだけど

 

 

 

しょうも無い情報も併せて、

 

 

 

やっぱり知識は多少なりとも増える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけでも、ブログを書く意義って

 

 

 

あるんだよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、先日ネットに出てたトピックに

 

 

 

 

 

 

 

『満員電車で、死んだ目をした

 

 

 

 サラリーマンを多く見かけます』

 

 

 

 

 

 

 

サラリーマン②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな印象を受けてる、若者が

 

 

 

結構多くいるってことを知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうですか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、判らんでもないけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に、

 

 

 

『大人には、苦労話ではなく

 

 

 

人生の楽しさを語って欲しい』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな風にも思ってる

 

 

 

中高生を含めた若者もいるみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナルホド・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらを総合的に解釈すると

 

 

 

 

 

 

 

 

”疲れた大人の背中ばかりを見てると

 

 

 

 若者は、未来や仕事に対して悲観的になる。

 

 

 

 大人は、もっと生き生きとして楽しそうな姿を

 

 

 

 見せるべきなんじゃないいか”

 

 

 

 

そんなとこだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今ドキの若い子達は、大人に対して

 

 

 

『疲れてる顔してることが多いから

 

 

 

 楽しくなさそうだ』

 

 

 

 

 

 

そんな風に思うんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かにボクも最近よく思うんです。

 

 

 

若いスタッフには

 

 

 

もっと夢を語らなきゃイカンなって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもですね、ここで大人と言われる

 

 

 

凡そ40歳〜50歳代の中高年は

 

 

 

大変なことも多いし、確かに疲れちゃいるけど

 

 

 

楽しくないなんてことは無いと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも含め、これぐらいの年齢になると

 

 

 

やらなきゃならないことは増えるし

 

 

 

逆に、やれることも増えてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事はもちろん、例えば遊びも、子育ても

 

 

 

色んなことができればできるほど

 

 

 

忙しくもなり、そのぶん疲れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その疲れには反面、

 

 

 

人生を謳歌しているがゆえの疲れもあって

 

 

 

何て言うか、大人になると

 

 

 

若い頃と比べて、”楽しいの質が変わる”

 

 

 

とでも言ういますか、若い頃は理解しにくい

 

 

 

楽しみがあるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝わります?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、修学旅行で行った時の京都と

 

 

 

大人になって訪れた京都では

 

 

 

旅行が楽しいという感覚は同じでも

 

 

 

見るところも感じるところも異なるし

 

 

 

新たな発見があったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神社仏閣なんて、興味もなかったのに

 

 

 

その歴史に触れ、感慨深い気持ちになるのも

 

 

 

大人になってから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、その時その時なりの

 

 

 

楽しみはちゃんとあって、

 

 

 

表面的に疲れが見えるからと言って

 

 

 

悲観するもんでもないと思うんだけどな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、中にはいますよね。

 

 

 

本当に死にそうなサラリーマン。

 

 

 

 

 

 

 

サラリーマン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ、きっと死んだように見せかけて

 

 

 

無駄なエネルギーを消費しないように

 

 

 

じっとしているだけなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ってあげて、

 

 

 

疲れた大人のせいで、自分の未来が

 

 

 

輝かしく見えないなんて他力本願じゃなく、

 

 

 

自分で切り開いて行く思考になって欲しいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、できればボクは

 

 

 

夢を語れる大人で

 

 

 

いたいなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top