今想うこと, 未分類

ターミネーターの世界が現実に・・・

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

11月14日 火曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”831号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は世界的な話題について。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイスはジュネーブで

 

 

 

昨日から開かれている国際会議。

 

 

 

 

 

 

 

国際会議

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争なんかが起きた時、

 

 

 

戦場で兵士に代わって敵をやっつける

 

 

 

「ロボット兵器」の国際的規制をめぐる

 

 

 

初の国連公式専門家会合が始まったって

 

 

 

ニュースを耳にしました。

 

 

 

 

 

 

 

ロボット兵器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、人工知能(AI)などを搭載して

 

 

 

遠隔操作はナシ。

 

 

 

 

 

 

プログラムされた情報を基に

 

 

 

自分の判断で敵を殺傷できる

 

 

 

自律型兵器を対象とするものらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に言うと、ターミネーターみたいな

 

 

 

殺人兵器が、無作為に誕生しないように

 

 

 

規制しあおうねってもの。

 

 

 

 

 

 

 

ターミネーター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、日本を始め

 

 

 

アメリカや中国、ロシア、欧州などの

 

 

 

100カ国以上の代表が参加したようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何だよ。

 

 

 

日本も参加してるんだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、確かに近年、AIの発達で

 

 

 

我々人間が仕事を奪われるって話題も

 

 

 

盛んに言われ始めてて、このテクノロジーの進化は

 

 

 

人間がこれまで進化してきたスピードの

 

 

 

何倍も早い速度で発展してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガキの頃見たあの、

 

 

 

映画”ターミネーター”の世界が

 

 

 

本当に目の前まで迫っていて、

 

 

 

世界の科学者たちがこぞって

 

 

 

懸念を表明してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、半ば信じられない感覚ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テクノロジーの進化で、ボク達人類は

 

 

 

昔と比較し、超便利で快適な生活を手にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、便利さと引き換えに

 

 

 

何かドデカい何かを

 

 

 

失いそうな気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イイ方向だけに発展するって

 

 

 

やっぱり難しいコトなのかなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

AI

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top