今想うこと

最近のTVドラマに想うこと

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月7日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,251号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、”3年A組”ってTVドラマ

 

 

 

知ってます?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最近人気のある俳優さん

 

 

 

管田 将暉さん主演で、

 

 

 

その他も、今日本を代表する

 

 

 

若手の女優さん俳優さんが

 

 

 

沢山出てる、高校を舞台にした

 

 

 

ドラマ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎週日曜日の夜に放送されてて

 

 

 

前回の放送は、全10回中9回目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来週の日曜日が最終回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク、そんなドラマをやってることは

 

 

 

存じておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁度年頃の娘ちゃんが居るし

 

 

 

そのドラマの中でやってる

 

 

 

”準備運動”なるダンスが

 

 

 

人気なんでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ドラマ自体一度も見たコト

 

 

 

なくて、先週の第9回を

 

 

 

たまたまリビングで

 

 

 

娘ちゃんが観てるのを

 

 

 

流し見してました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本、学園ドラマですから

 

 

 

ボク達世代は、”3年B組 金八先生”

 

 

 

が、すぐにイメージできる。

 

 

 

 

 

 

 

yjimage7UUZ0Z58

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそんなほのぼのとした

 

 

 

学園ドラマの風景はそこには皆無。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の時代、当然携帯や

 

 

 

SNSで閲覧できる動画なんかが軸に

 

 

 

物語が進んでいく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ右も左も解らないと言って

 

 

 

過言ではない若者が、そんな

 

 

 

現実社会とネット社会の狭間で

 

 

 

拡散される動画も、真実と

 

 

 

フェイク動画に翻弄され、

 

 

 

何が正しくて

 

 

 

何が間違いなのか

 

 

 

戸惑いながらも

 

 

 

自分と向き合い、生きている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな背景が感じられるドラマ構成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代は変わったんだな。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな所見でしたが、

 

 

 

ドラマの中で、主役の管田さん扮する

 

 

 

先生が、授業で生徒達に

 

 

 

自分の考えを伝えるシーンに

 

 

 

ボクはうかつにも手が止まり

 

 

 

見入ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確か、こんなこと言ってたかな。

 

 

 

 

 

違ってたらゴメンなさいm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”想像力をかきたててよく聞いて欲しい。

 

 

 

 

 

手にナイフを刺せば、当然血が出る。

 

 

 

痛みもともなう。

 

 

 

場合によっては命も奪う。

 

 

 

 

 


当たり前のことだ。
 

 

 

 

 

 

 

 

でも今の社会は、こんな当たり前のことに

 

 

 

気が付く暇もないぐらい

 

 

 

忙しく回り続けてる。

 

 

 

 

 

 


相手に何をしたら傷つくのか、

 

 

 

何をされたら痛むのか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お前達にはそれに気づかない

 

 

 

感情が麻痺した大人には

 

 

 

なって欲しくなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでボクは

 

 

 

『おっ! 中々的を得た

 

 

 

 イイ事言ってんな・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思い、洗い物をしてた手が止まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こんなことも言ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像力を働かさせて、

 

 

 

自分の言葉や行動に責任を持つ。

 

 


決断する前に、少しだけ踏みとどまって

 

 

 

これが本当に正しいのかを問いただす。

 

 

 

 

 


そんな、誰もが分かっているのにできてない

 

 

 

「考えることの大切さ」

 

 

 

みんなには伝えたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文字にしてしまえば

 

 

 

当たり前のことを書いてるに過ぎませんが

 

 

 

これにプロの演技が加われば

 

 

 

間の取り方や、言葉の強弱で

 

 

 

よりリアルな情景と、描写が

 

 

 

鮮明に入ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の若い俳優さんも

 

 

 

演技、上手だなって感心します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの言葉、ウチの娘ちゃんに

 

 

 

ちゃんと理解して欲しいなって

 

 

 

素直に感じたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒にリビングに居た娘ちゃんも

 

 

 

何か泣きながら見てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ所に共感したのかな?

 

 

 

って思ってたんですが、

 

 

 

どうやら違うみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『このドラマ、毎回泣いてるの!

 

 

 

しかも、ちち君と今時の子は

 

 

 

感じるポイントも違うの!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だそうです(+o+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しかし、これだけ便利になった

 

 

 

今の時代、ボク達大人がよく言う

 

 

 

『イマドキノ ワカイモンは・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この台詞に何か、違和感を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに昔は、今と比べて

 

 

 

子供はもっと子供らしかったし

 

 

 

ピュアな目をした子が

 

 

 

多かったように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、時代が追求した便利さと

 

 

 

引き換えに何かを失くしているとすれば

 

 

 

それはボク達大人に

 

 

 

責任があると言っていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

であれば、子供達は

 

 

 

そんな時代で生き抜く術を

 

 

 

自分達で考え、創造し

 

 

 

独自の文化を創り上げていて

 

 

 

言わば時代の犠牲者なのかも

 

 

 

知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時代に、このドラマは

 

 

 

『考える事の重要性』を

 

 

 

ちゃんと伝えようとしてくれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう感じ、じゃあボクは職場で

 

 

 

自分より若い世代に

 

 

 

大事なことをちゃんと

 

 

 

伝えられているだろうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな強迫観念に駆られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、全然できてねーよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう反省するきっかけになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年甲斐も無く、次の最終回が

 

 

 

待ち遠しいボクなのですが、

 

 

 

娘ちゃん曰く、

 

 

 

”最終回でも完結しない”んですって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続編的に映画が制作されるようで

 

 

 

それを見なくちゃいけないように

 

 

 

上手く作られてるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チックショー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがお前らの

 

 

 

やり方かぁー!

 

 

 

 

 

 

 

Page Top