カテゴリー別アーカイブ: 今想うこと

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

8月21日 火曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,076号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週末、テレビで

 

 

 

”となりのトトロ”がやってましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、今回の放送で

 

 

 

16回目らしいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクが初めて”トトロ”を観たのって

 

 

 

実は今から約10年前くらいで、

 

 

 

メジャーになって随分経ってから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1988年の封切だから、今から30年前の

 

 

 

中々古い映画と言っていい。

 

 

 

 

 

 

 

ボクだって、14、5歳のクソガキだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて見た時、

 

 

 

「こんなにいい映画だったんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

率直にそんな感想を持ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから今回で、多分3、4回目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日も、何となくテレビが付いてて

 

 

 

ただ眺めてたんですが、いつの間にか

 

 

 

最後まで見はまってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの映画、見るたびに

 

 

 

全く違う感想を抱かせてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”トトロ”の時代背景は

 

 

 

昭和30年頃の田舎が舞台。

 

 

 

 

 

 

 

唱和

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも生まれてませんしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、封切りから30年経った今でも

 

 

 

大人から子供まで、根強い人気を誇るのは

 

 

 

 

 

 

 

「もしかしたら、本当にどこかにいるかもしれない・・・」

 

 

 

 

 

 

 

子供だけではなく、かつて子供だった大人にも

 

 

 

そんな期待を抱かせるような

 

 

 

ワクワクを与えてくれて、

 

 

 

そして、昔の生活の

 

 

 

不便だけど、ほのぼのとした情景を

 

 

 

リアルに表現し、一方で

 

 

 

現代が便利さと引き換えに失くしたモノ

 

 

 

それらを考えさせてくれる。

 

 

 

そんな魅力があるからなんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてみた10年前と比較したって

 

 

 

この間に生活はさらに便利になり、

 

 

 

通信機器や家電の進化はめざましい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


携帯はガラケーに代わって

 

 

 

スマホが普及し、現金を持ち歩く必要性も

 

 

 

どんどん減少している。

 

 

 

 

 

 

 


掃除機も、ロボが自動で

 

 

 

部屋中を掃除してくれるし、

 

 

 

エアコンに至っては、部屋にいる人の

 

 

 

体温までセンサーが感知し

 

 

 

快適温度を保とうとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まさに至れり尽くせりな時代です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

「そこまでしていただかなくても・・・」

 

 

 


時折、そんな戸惑いも隠せません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お父さんの帰りを待ち

 

 

 

雨降りに傘を持ち迎えに行きます。

 

 

 

バス停ではあやとりをしながら待ち

 

 

 

その間に”トトロ”と遭遇します。

 

 

 

 

 

 

 

ととろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今なら、LINEひとつで連絡を取り

 

 

 

待ち時間ゼロのオンタイムで迎えに行き

 

 

 

仮に交通事情で待ったとしても

 

 

 

その間は多分スマホいじり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は確かに、何もかもが便利だけど

 

 

 

何か一抹の寂しさも覚えるんだよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな映画を観ると

 

 

 

日常が少し気忙しく感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の便利さに慣れ過ぎて、この生活を

 

 

 

手放すことはできないかも知れないけど

 

 

 

時々は、テレビやパソコン、スマホもOFFにし

 

 

 

時間に追われることがない日が

 

 

 

あってもイイよなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、ウチの娘ちゃん、

 

 

 

昔は「めいちゃん」そっくりだって

 

 

 

思ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明るく快活で、人見知りもせず

 

 

 

感情をそのままぶつけてくる

 

 

 

ホント、子供らしい子供でした。

 

 

 

 

 

 

 

めい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが今では、

 

 

 

他人からの見た目とか、

 

 

 

廻りがどうだとか、そんなことを

 

 

 

随分気にするようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、これもひとつの

 

 

 

成長なんだろうな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久し振りに”トトロ”と出会って考えたのは

 

 

 

大体そんなことです。

 

 

 

 

 

 

 

とと

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

8月17日 金曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,072号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログの続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰しも確実に、平等に来る老後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを考えるとき、ボク達

 

 

 

普通のサラリーマンは、仕事を

 

 

 

”定年退職”する日が

 

 

 

やがてやってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、誰もが60代になっても

 

 

 

そのままバリバリ第一線で働けるわけでは

 

 

 

ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必要とされるかされないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その違いはどこにあるかっていうと、

 

 

 

その時まで、どれだけ真剣に

 

 

 

仕事と向き合えて、”蓄積”してきたものを

 

 

 

自分の付加価値としてどれだけ

 

 

 

提供できるかどうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに限るんだろうと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう人って、おのずと

 

 

 

自分で道を切り開く力を持っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人は、逆に廻りが放っておかない。

 

 

 

それが必要とされるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の強みをわかってて、

 

 

 

お客様や周りの期待を裏切らない

 

 

 

いわゆる、パフォーマンス力が高い人は

 

 

 

今後もいくらでも食べていける時代だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に言うと、自分で道を切り開く力を

 

 

 

若い時にちゃんと身につけておかないと

 

 

 

50代、60代になってからも活躍するのは難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮に65歳で定年を迎え

 

 

 

退職金をいただき、老後に備える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、65歳を過ぎても

 

 

 

必要とされ、ある程度の収入を

 

 

 

以降5年間得られれば、多分

 

 

 

生涯収入としてはそっちの方が多いし

 

 

 

何より必要とされるって

 

 

 

嬉しくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけに、ある程度の年齢になっての

 

 

 

働き方はそれまでと比べ、拘束される度合いも

 

 

 

多少低下するかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということは、従来よりも自由度も高く

 

 

 

自分に合った働き方を実現する

 

 

 

チャンスといえるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、重ねて書きますが

 

 

 

そんな好機も、今頑張ってないと

 

 

 

やってこない。

 

 

 

余程のラッキーが無いかぎりね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生の頃、社会に出る為に

 

 

 

勉強が必要だって、頭でわかってても

 

 

 

腹落ちまではしなかった。

 

 

 

 

 

 

 

今思えば、もうちょっと勉強しとけばって

 

 

 

やっぱり後悔してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後悔先に立たずってことだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生の頃より、分別もつく大人ですから

 

 

 

今頑張らないと、将来苦労する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今も昔も、そこは変わらないんだってことを

 

 

 

認識しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも含めて。

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

8月16日 木曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,071号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは最近

 

 

 

特に、60歳を過ぎたあたりの自分が

 

 

 

どうなってるかをイメージすることが

 

 

 

よくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはやっぱり

 

 

 

企業で言う【定年】を少なからず

 

 

 

意識してるからだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が望もうが望むまいが

 

 

 

時間は必ず過ぎ、ボクは確実に

 

 

 

年々歳を取る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、日々”死”近づいてるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは避けようもない現実で

 

 

 

超セレブにも、そうじゃない人にも

 

 

 

全人類に平等に与えられた運命。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、日本における会社勤めの

 

 

 

いわばサラリーマン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平凡かも知れないけど

 

 

 

家族も持ち、ある程度責任もある

 

 

 

仕事を任され、日々そこそこ楽しく

 

 

 

生きている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その会社勤めも

 

 

 

一生涯、延々とやれるかっていうと

 

 

 

そうじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、医療の発展と

 

 

 

健康寿命の長期化っていう

 

 

 

現代の流れからすると

 

 

 

元気で動ける期間は昔と比べ

 

 

 

圧倒的に長くなってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将来的に、企業から

 

 

 

”必とされなくなってたら…”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えて今を生きてる人

 

 

 

そんなに多くないと思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、体は元気で頭もハッキリしてる

 

 

 

自分が”定年”を迎えた時、

 

 

 

本当に仕事がなければ

 

 

 

想像を絶する虚無感に襲われるんじゃ

 

 

 

ないかって思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時折テレビとかを見てても

 

 

 

それはそれで大事な仕事だと思うけど

 

 

 

定年後の仕事と言えば

 

 

 

清掃作業員とかドライバー、

 

 

 

ビルの管理人、警備員といった

 

 

 

現業系が多く、それには何だか

 

 

 

違和感を覚えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現業系が悪いってことじゃありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、これまで培ったキャリアを生かし

 

 

 

周囲から慕われつつ

 

 

 

第一線で働いている人も居る中で、

 

 

 

その世界からなぜ「引退」し

 

 

 

別の世界で働く姿を思い描かされて

 

 

 

しまうのかってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかすると、定年後は

 

 

 

現業系の仕事しかないと

 

 

 

誤解してる人もいるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、自分のキャリアを生かしつつ

 

 

 

やっぱり必要とされたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為には

 

 

 

今頑張っとかなきゃ

 

 

 

そんな人生はやってこない

 

 

 

そんな話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どう思います?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだピンと来ない人も

 

 

 

いるかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前のボクも

 

 

 

そうだったし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで

 

 

 

明日はもうちょっと

 

 

 

その辺のことを深く掘り下げて

 

 

 

書いてみたいと思います。

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

8月13日 月曜日 お盆の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,068号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期、観光地に出向き

 

 

 

夏の想い出を作られる方も

 

 

 

多い事と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、皆様も経験があると思うんですが

 

 

 

観光地とかに車で出かけて困るのが

 

 

 

駐車場の問題。

 

 

 

 

 

 

 

駐車場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

充分に台数確保できてればいいのでしょうが

 

 

 

そうでもない所もあったり、

 

 

 

そんな時、駐車場に車を停める為だけに

 

 

 

延々待たされたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ、かなりイライラしますよね(@_@

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光地だけじゃなく、例えば

 

 

 

初詣の神社とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、車の混雑があらかじめ予想されてる場合

 

 

 

その付近の駐車場料金を異常に高く

 

 

 

設定されてることもしばしば。

 

 

 

 

 

 

 

 

この付近だと、ヤフオクドームの

 

 

 

イベント開催時とかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通なら1時間200円~400円

 

 

 

だったりするところが、

 

 

 

1回3,000円とかに跳ね上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ、『仕方ないなぁ…』と思う反面

 

 

 

心の奥底では

 

 

 

『クソっ! 足元見やがって!』って

 

 

 

どこかしら思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最近、東北は青森県で

 

 

 

尋常じゃない駐車料金を設定して

 

 

 

問題になったケースがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東北3大祭りのひとつに数えられる

 

 

 

青森ねぶた祭り。

 

 

 

 

 

 

 

ねぶた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも一度、見に行ってみたいなって

 

 

 

思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのねぶた祭りが開催された

 

 

 

8月2日~7日にかけ、付近の

 

 

 

コインパーキングが

 

 

 

【1時間あたり5千円】の利用料金を設定し

 

 

 

気付かずに駐車した利用者が

 

 

 

高額請求を受けるなんてことが

 

 

 

続出したようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には6~7万以上払った人もいたとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祭りの期間中は例年、

 

 

 

近隣の駐車場は軒並み満車になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

『空』の表示を見て、

 

 

 

「うひょー! ラッキー!!」

 

 

 

そう思い、料金の看板には目もくれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多少高かったとしても、そこは

 

 

 

駐車場の一般常識の範囲内だって

 

 

 

多分誰もが思うはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祭りを見てから車に戻り

 

 

 

少し仮眠を取って出発!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったところに、請求

 

 

 

75,000円!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣く泣く、1,000円札を75枚用意し

 

 

 

それがスルスルと機械に飲み込まれていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場を後にしつつ

 

 

 

「青森、二度と来るかっ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしボクがその人の立場だったら

 

 

 

かなり憤慨するだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理会社に文句言うかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繁忙期の多少の出費増は

 

 

 

ある程度覚悟する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、”常識の範囲内”って

 

 

 

アルと思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その常識の範囲も

 

 

 

個人差はあると思いますが

 

 

 

皆様も、”思い込み”には注意し

 

 

 

納得の上で、色々判断するように

 

 

 

しましょうね!ヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

8月12日 日曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,067号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

サマータイム制度導入の

 

 

 

メリット、デメリットを

 

 

 

ボクの私見で書いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

では皆さん、

 

 

 

冷静に考えてみてください。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


『さあ、サマータイムが

 

 

 

はーじまーるよー♪

 

 

 

今日から、1時間早く起きて、

 

 

 

その分早く寝ましょうねーヽ(^。^)ノ」
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな器用なこと

 

 

 

できます?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社や学校なんかだと、

 

 

 

ある意味決め事として、

 

 

 

1時間早まろうが、遅まろうが

 

 

 

これには従わざるをえませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、サマータイムだからと言って

 

 

 


体に染み付いた体内のリズムは

 

 

 

そう簡単に進める事はできないと

 

 

 

思うんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サマータイムだから、”早く寝よう”

 

 

 


はなかなか難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、慣れるまでに少し

 

 

 

時間がかかると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして慣れた頃には前に戻る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それって、健全な日常生活に

 

 

 

結構支障を来すと思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、一番懸念されるのは

 

 


現代のようなデジタル社会において

 

 

 

コンピュータなどの各種システムの

 

 

 

時間を更新するのに、どうやら

 

 

 

莫大なコストがかかるようです。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔日本で行われたサマータイムだと

 

 

 


「明日からサマータイムだから、

 

 

 

 時計の針を1時間進めといてね」

 

 

 


で済んだんでしょうが、今の現代社会では

 

 

 

そうもいかん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、コトの発端は

 

 

 

東京五輪での猛暑対策のために

 

 

 

検討されはじめたことだと思うんですが

 

 

 

ぶっちゃけ、1時間ぽっち

 

 

 

時間を早めたところでさ、

 

 

 

今の日本の夏、暑いもんは暑くね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


むしろ、どうしても涼しい時にやりたいなら

 

 

 

それこそ時期を変えるか、

 

 

 

競技時間を思いっきり早めりゃいいのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何で国民全体を巻き込む必要が

 

 

 

あるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全世界的に、放映時間とか利権問題とか

 

 

 

色んな大人の事情があるとは思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、国のトップが

 

 

 

このことを本格的に議論し

 

 

 

検討してるってのが

 

 

 

本当に大丈夫か?って思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことより

 

 

 

考えなきゃいけないこと

 

 

 

山程あると思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待機児童の問題とか

 

 

 

少子高齢化とか、年金問題とか

 

 

 

核廃絶の問題とか世界平和とか。

 

 

 

 

 

 

 

無論、国を挙げての一大イベント、

 

 

 

ボクも楽しみだし応援もしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、競技時間を早めたいがためだけに

 

 

 

こんなコストや時間を遣うべきではないと考えるのは

 

 

 

ボクだけではないと思うのですが、如何でしょうか。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

8月11日 土曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,066号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近ニュースなんかでも

 

 

 

時々話題になってる”サマータイム”制度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、2020年の東京五輪に向け

 

 

 

『猛暑対策にサマータイムを導入』

 

 


ってことが本命のようですね。
 

 

 

 

 

 

 

 

 


この制度、実際にやったとしたら

 

 

 

一体どんなメリットがあり

 

 

 

一方でデメリットがあるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この施策、単純に言うと

 

 


夏の時期に、標準時を1時間進める制度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、これが導入された瞬間、

 

 

 

 

 

本当の時間 朝5:00⇒夏時間 朝6:00

 

 

 

本当の時間 朝6:00⇒夏時間 朝7:00

 

 

てな感じで、実際の時間より1時間

 

 

 

先に進むってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、このサマータイムの文化って

 

 


欧米で採用されてて、現在でも

 

 


アメリカ、カナダ、ヨーロッパ各国の一部で

 

 

 

実施されてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカで暮らした経験がある人に

 

 

 

聞いたことがあるけど、

 

 

 

眠たくてちょっと体がだるくなった

 

 

 

なんて声もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かく言う日本でも、

 

 

 

過去に一度だけサマータイムを

 

 

 

実施した事があるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、終戦後占領軍の施政下にあった

 

 

 

昭和23年から26年のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敗戦国の日本としては、有無を言わさず

 

 

 

アメリカから「やれ!」って言われて

 

 

 

やらされたみたいですが

 

 

 

今の日本に根付いてないところを見ると

 

 

 

あんまり合わなかったんだろうな。

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、制度導入のメリットとしては

 

 

 

 

①明るい時間を有効に使え、照明の節約になる

 

 


②明るい時間が増え活動時間も増える。経済の活性化に繋がる
 

 

 

③午後の日照時間が増えることによる余暇の充実。
 

 

 

④交通事故や犯罪発生率の低下

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなことが一般的に言われてるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとかな~…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にある機関が行ったシュミレーションでは

 

 

 

午後4時に仕事が終わると、

 

 

 

オフィスの電力需要は10%減るけど

 

 


帰宅後の自宅で需要が増え、

 

 

 

全体では4%前後の増になると発表してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


現在実施してる欧米でも

 

 

 

暑い時間帯に帰宅することで

 

 

 

家庭のエアコン需要が増え

 

 

 

電気使用量が1~4%増えたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

省エネどころか、むしろ

 

 

 

増えてんじゃん…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、早く仕事をスタートさせても

 

 

 

それに比例して、早く終業できる保証なんて

 

 

 

どこにもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純に過重労働になっちゃいそうな

 

 

 

予感しかしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えるとやはり

 

 

 

メリットよりデメリットの方が

 

 

 

多いんじゃないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思えて来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それじゃ次回、

 

 

 

もう少し深く掘り下げて

 

 

 

考えてみたいと思います。

 

 

 

ではまた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

7月16日 月曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,047号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年 ワールドカップが

 

 

 

本日、フランスの20年振りの優勝で

 

 

 

幕を降ろしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のワールドカップは

 

 

 

いつになく、沢山の試合を

 

 

 

観た気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初、あまり期待できないかった

 

 

 

日本代表の意外とも言える快進撃で

 

 

 

面白みがグッと増したんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、番狂わせというか

 

 

 

エキサイティングな試合が多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝戦も見ごたえありましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは正直、半分うたた寝しながら

 

 

 

歓声に起こされつつ

 

 

 

何となく結果を知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準優勝のクロアチアも

 

 

 

初の2位という快挙。

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、世界最大ともいえる

 

 

 

スポーツの祭典。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加国から沢山の感動を貰い

 

 

 

本当に素晴らしい大会だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年後のカタールも

 

 

 

更なる日本の躍進も期待できそうだし

 

 

 

若い世代の成長が楽しみだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このサッカーという競技を通じ

 

 

 

やっぱり世界平和につながればいいなと

 

 

 

改めて思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何はともあれ、感動をありがとう!!!

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

7月11日 水曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,043号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甚大な被害を出している豪雨が

 

 

 

一時的に収束し、それでも各地では

 

 

 

まだ停電や断水など、普通の生活も

 

 

 

ままならない状況下、いまだ行方不明者も

 

 

 

発見されていない所もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、もう福岡も

 

 

 

梅雨明けしてたみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週のはじめ、確かに夏が待ち遠しいとは

 

 

 

書きましたが、こうなると

 

 

 

被災地は今度は暑さとの戦いになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはそれで、かなり大変なんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕べ、ニュースを見てたら

 

 

 

ある地域で、結婚して半年という男性が

 

 

 

奥様が行方不明とのことで

 

 

 

懸命に捜索活動に参加してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この男性の気持ちを考えたら

 

 

 

それだけで何とも言えない気持ちになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしボクがこの男性の立場だったら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悲しいとか、そんな単純な

 

 

 

想いではないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変わり果てた姿で発見され

 

 

 

泣き崩れる男性。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涙なしでは見ることができない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のはるか南の海上では

 

 

 

台風9号と10号に発達しそうな低気圧が

 

 

 

2個同時に発生した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然現象と言えばそれまでですが

 

 

 

こんな時に・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頼むから最小限にとどめてくれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう願う事しかできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

被災地ではボランティアの募集も

 

 

 

満足に進んではいないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何もできない(してない)

 

 

 

自分を顧みて、どう思えばいいんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葛藤するばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

7月4日 水曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,037号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のろのろ台風が過ぎ去った

 

 

 

今日の福岡。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても暑いですね~(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日時点の昨年同日比で

 

 

 

熱中症で救急搬送された患者さんが

 

 

 

3倍くらいのペースで増えてるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、ボク達がガキの頃からすると

 

 

 

確実に暑くなってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様も、水分補給などはこまめに

 

 

 

くれぐれも熱中症にはご注意くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ワールドカップ

 

 

 

決勝トーナメントから一夜明け

 

 

 

メディアでは侍ジャパンを讃える報道が

 

 

 

広がってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、たまたま目が覚めて

 

 

 

ライブで見てましたが、

 

 

 

本当によく頑張ったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、勝てた試合だと感じてて

 

 

 

もったいなかったなって思ったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、あまり期待されてなかっただけに

 

 

 

ファンやサポーターに与えた感動は

 

 

 

大きかったようですが、ボクは今回の

 

 

 

ワールドカップを経て、日本のサッカー文化って

 

 

 

まだまだ芯から根付いてないんだなって

 

 

 

改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、ファンはそこそこいるけど

 

 

 

圧倒的に”サポーターは少ない”

 

 

 

ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この、ファンとサポーターの違いって

 

 

 

ピンと来ますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に言うと、ファンは一過性のもので

 

 

 

サポーターは、厳しいことも言うけど

 

 

 

どんなことがあっても心から応援してくれる

 

 

 

ゆるぎない存在ってとこでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のワールドカップでは

 

 

 

突然降って沸いたような

 

 

 

にわかファンの多いこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがダメって訳じゃありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなと盛り上がるのはそりゃ楽しいし

 

 

 

自国が世界で活躍するのは

 

 

 

とにかく嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その気持ちも判るし、ボク自身そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはサポーターじゃなく、

 

 

 

あきらかに、自国を応援する

 

 

 

日本のファンの一人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、本当にベスト8や

 

 

 

それ以上を望むなら

 

 

 

もっとサポーターを増やす努力が

 

 

 

日本のサッカー界には

 

 

 

必要なんじゃないかって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、何をすればいいかって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはわかんない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達、ホテルマリノアリゾート福岡も

 

 

 

常にファンではなく

 

 

 

サポーターを作らなきゃって

 

 

 

思考錯誤しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しんどい時こそ支えてくれる

 

 

 

そんなサポーター、大事だと思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その分、サポートしてもらう代わりに

 

 

 

それなりの感動体験を生まなくてはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが相互の感謝につながり

 

 

 

表面的なものじゃない信頼関係が

 

 

 

ホテルとお客様の間に生まれるんだよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盛り上がるのはいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、他人に迷惑かけてまで騒ぐのは

 

 

 

サポーターのすることじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渋谷や道頓堀での

 

 

 

バカ騒ぎを見て考えたのは

 

 

 

大体そんなことです。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

7月2日 月曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,036号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月曜日って、意外とボクも

 

 

 

憂鬱なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去1週間の成果を確認する

 

 

 

大切な週の初日であり、

 

 

 

未来の1週間の動きを決める

 

 

 

大切な日と言ってもイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい歳こいて、若者みたいなコト

 

 

 

言ってますが、管理職といっても

 

 

 

それはそれで、意外とストレスだったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、前向きに頑張らなきゃね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ワールドカップの盛り上がりが

 

 

 

佳境を迎えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選リーグを突破した侍日本は

 

 

 

明日未明の午前3時から

 

 

 

決勝トーナメン第一戦で

 

 

 

ベルギーとの戦を控えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の3時からか…

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、ライブで見ます?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクもできれば見たい気持ちはあるけど

 

 

 

多分、途中で力尽きるのではないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には、明日の仕事を

 

 

 

有給を取ってまで応援するって人も

 

 

 

結構いるようで、そこには

 

 

 

理解を示す会社も多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スゴイね。

 

 

 

 

 

 

 

 

国民的行事みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、できれば勝ってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここんとこ、下馬評では劣勢国が

 

 

 

番狂わせを見せ勝ったりしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

格上だからと言って、

 

 

 

”絶対”負けるとも言えないからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の健闘に期待しましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page Top