カテゴリー別アーカイブ: 今想うこと

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月18日 日曜日

 

 

 

”なおくんブログ”923号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何を隠そう、今日はボクの

 

 

 

44回目のお誕生日です。

 

 

 

 

 

 

 

誕生日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはやめでたくも何でもないけど

 

 

 

やはりこの世に生を受け、

 

 

 

五体満足に生んでもらった

 

 

 

ボクが親に感謝すべき日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝、家族から”おめでとう”と言われ

 

 

 

お袋からメールが届き、facebookでは

 

 

 

沢山の人達から温かいメッセージを

 

 

 

いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、よくよく考えると

 

 

 

ボクが『おめでとう』って言われるより

 

 

 

『ありがとう』を先に伝えられる

 

 

 

本来、そんな日にしなくちゃいけないような

 

 

 

気がして仕方ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年、自分の誕生日が来たら

 

 

 

進んで”ありがとう”を伝えてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、4月に結婚式を挙げる

 

 

 

新郎新婦様と、収穫ウェディングの

 

 

 

お野菜の定植(植え付け)に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1503

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1509

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この新郎新婦様も

 

 

 

お客様に感謝を伝えたいから

 

 

 

ボク達のホテルを選んでくださった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”おめでとう”を言ってもらうために

 

 

 

結婚式を挙げるんじゃないんだって

 

 

 

そう思っていらっしゃる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この考え方も

 

 

 

誕生日とおんなじだよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴天の中、少しづつ春の気配を感じ

 

 

 

梅のつぼみをみながら考えたのは

 

 

 

大体そんなことです。

 

 

 

 

 

 

 

梅

 

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月15日 木曜日

 

 

 

”なおくんブログ”920号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日16日は、中国で言う

 

 

 

旧正月にあたる”春節”です。

 

 

 

 

 

 

 

春節

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この旧正月の前日にあたる今日から

 

 

 

21日までの7日間、中国を中心とした

 

 

 

アジア諸国でも、国の定める休日として

 

 

 

大型連休になり、訪日客が

 

 

 

異常に増える時期だってのは

 

 

 

皆様もご存じの通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も日本各地の観光地が

 

 

 

訪日客でにぎわうんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、去年軽井沢に研修に行ったとき

 

 

 

丁度春節にあたって、右も左も

 

 

 

中国からの観光客だったのが

 

 

 

記憶に新しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤ、ほんと

 

 

 

文章で書くと、

 

 

 

『へー そうなんだ』

 

 

 

って位にしか伝わらないけど

 

 

 

あれだけ沢山の中国の人を見たのって

 

 

 

上海に行った時以来だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間内でしゃべるのと

 

 

 

ホテルやお店で聞こえる日本語以外は

 

 

 

ほぼ、中国語しか聞こえないって言えば

 

 

 

想像がつくでしょうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今年の春節、

 

 

 

これまでと少し様相が変わり

 

 

 

東京や大阪など、これまで観光客が集まる

 

 

 

大都市より、北海道や田舎を含む

 

 

 

地方都市の人気が高まってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、過去”爆買い”なんて言葉が

 

 

 

流行語にもなった頃、言葉も比較的通じる

 

 

 

首都圏には行き尽くしちゃったようで

 

 

 

今は、地方で”何かを体験する”という

 

 

 

旅行スタイルに移行してるからみたい。

 

 

 

 

 

 

 

バク外

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけに、スマホの翻訳アプリなんかも

 

 

 

どんどん発達してて、田舎でも

 

 

 

そこまで不便を感じにくくなってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本でもそう言われてきたように

 

 

 

”モノ”消費から、 ”コト”消費へと

 

 

 

中国でも変わってきてるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに加え、訪中観光客の本音は

 

 

 

 

 

 

 

『中国人が多いところは行きたくない』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが一番らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外旅行の時、廻りに同じ民族が多いって

 

 

 

安心する要因のひとつじゃないのかなって

 

 

 

一瞬思うけど、確かにボクも

 

 

 

海外旅行したとき、絶対外せない観光地以外は

 

 

 

極力日本人に合わないようなお店や場所を

 

 

 

選ぶような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じような心境なのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡も

 

 

 

明日からはいつもより少し

 

 

 

海外からのお客様が増えそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

折角のお休みで、態々日本を訪れてくださる

 

 

 

海外からのお客様に

 

 

 

出来るだけ楽しい想い出を

 

 

 

沢山作って帰って欲しいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう願っておりますヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月14日 水曜日 バレンタイン・デー

 

 

 

”なおくんブログ”919号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の9日に、韓国はピョンチャンで

 

 

 

冬季オリンピックが開幕して

 

 

 

今日で5日目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビで応援しつつも、最初は

 

 

 

中々メダル獲得シーンが見れませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも12日は、スキー女子ジャンプの

 

 

 

高梨選手や、

 

 

 

 

 

 

 

高梨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピードスケート女子

 

 

 

1500mの高木選手、

 

 

 

 

 

 

 

髙木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男子では、スキー・モーグルの

 

 

 

原選手など、

 

 

 

 

 

 

 

原

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのメダル獲得に

 

 

 

日本中が沸きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビでは、メダルラッシュって言ってたけど

 

 

 

ラッシュではないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いながら、でも

 

 

 

同じ日本人として嬉しかったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、全員が何かしら挫折も経験し

 

 

 

重い重圧に耐えてのメダル獲得。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱスゲーよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今日、ボクが一番応援してた

 

 

 

男子スノーボードのハーフパイプの

 

 

 

決勝でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回大会では銀メダルに終わった

 

 

 

19歳の平野選手の金メダルが

 

 

 

期待されての決勝。

 

 

 

 

 

 

平野

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事中ではありましたが

 

 

 

パソコンで、ライブ中継をちょこっとだけ

 

 

 

見てました。

 

 

 

ちょっとだけね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は、残念ながら前回大会と並ぶ

 

 

 

銀メダルだったけど、

 

 

 

スバラシイ試合だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3大会連続金メダルの

 

 

 

アメリカの選手、本当に強かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今大会で優勝した

 

 

 

ショーン・ホワイト選手は今31歳。

 

 

 

 

 

 

 

ショーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イケメンで、スノボの他には

 

 

 

スケートボードでも才を発し、

 

 

 

選手のみならず、競技自体も主催したり

 

 

 

ミュージシャンとしてもデビューしたりしてて

 

 

 

相当お金も持ってるらしいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、そろそろよくねー?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平野選手が次回大会で

 

 

 

もし金メダルを獲得したら

 

 

 

ショーン・ホワイトが最初に優勝した時と同じ

 

 

 

23歳での優勝で、その4年後は27歳、

 

 

 

3連覇が達成できたとしたら

 

 

 

ショーン・ホワイトの3連覇と同じ31歳と、

 

 

 

新たな歴史を創る上では、

 

 

 

ストーリー性はバッチリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気は早いけど、4年後の北京が

 

 

 

今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今大会で一番関心するのは

 

 

 

映像技術の進歩かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドローンなどを駆使して撮影する

 

 

 

臨場感や躍動感あふれる映像に

 

 

 

見てるこっちが興奮します。

 

 

 

 

 

 

 

スノボ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後も、スピードスケートや

 

 

 

フィギュアスケートなど、目が離せない競技が

 

 

 

目白押しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メダル獲得の目標個数を上回る

 

 

 

日本勢の活躍に期待しましょう!!!

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月11日 日曜日

 

 

 

”なおくんブログ”916号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3連休の中日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨日今日と、ボク達のホテルでは

 

 

 

今月の結婚式ラッシュです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忙しいけど、やっぱり

 

 

 

新郎新婦様やご列席のお客様の

 

 

 

笑顔に触れられるって、楽しいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんなおめでたい日に恐縮ですが

 

 

 

先日、「秋篠宮 眞子様のご結婚に関する儀式が

 

 

 

 すべて延期される」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな衝撃的な情報が

 

 

 

日本中に駆け巡りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時既に、一般の結納にあたる

 

 

 

『納采の儀』まで1か月を切ってた時期。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月4日の大安吉日は

 

 

 

帝国ホテルでの結婚披露宴も

 

 

 

予定されてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この同日、日本中の式場は

 

 

 

多分、眞子様フィーバーにあやかって

 

 

 

多忙を極めるんじゃないかって

 

 

 

密かに思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに、一体何があったんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思う人も沢山居ただろうし

 

 

 

報道では色々噂話も出てるようですが

 

 

 

何より、ご本人たちはさぞ

 

 

 

残念な想いをしただろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般の方の結婚でも、

 

 

 

多少そんなことってあり得るハナシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、皇族の方の結婚ともなれば

 

 

 

色んなしがらみもあるし、

 

 

 

クリアにしなきゃならない事柄も

 

 

 

あるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それらを何とか乗り越え、

 

 

 

執り行われた9月の会見のときは、

 

 

 

日本中が祝賀ムードに包まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、結婚式に携わる者として

 

 

 

テレビ取材を受けた位だったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々あるんだろうけど

 

 

 

恋に落ちた若い二人が

 

 

 

何とか苦難を乗り越え、結ばれたらいい。

 

 

 

 

 

 

 

ガンバレ小室さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言いたいところですが、

 

 

 

そんな単純な話しじゃないんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後の正式な予定は

 

 

 

完全に未定とのことですが

 

 

 

2020年のオリンピックイヤ―を目処に

 

 

 

これまでできなかった準備を

 

 

 

進められるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達一般人とは違うんだって

 

 

 

本当にわかっちゃいるけど、

 

 

 

何とか、時間を見方にして

 

 

 

最良の日を迎える為に

 

 

 

穏やかに過ごしていただきたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう願うばかりです。

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月9日 金曜日

 

 

 

”なおくんブログ”914号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ、年度初めの新学期に向け

 

 

 

進学や入学を控えた子供の制服の

 

 

 

注文や支払いが本格化するシーズン。

 

 

 

 

 

 

 

入学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチも、どこに行くかまだ判らないけど

 

 

 

高校入学を控えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな中、東京の公立小学校の

 

 

 

来年度入学から新しくなる制服が

 

 

 

大きな物議を醸してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何と、公立小学校の制服が

 

 

 

イタリアが生んだ、世界的な高級ブランド

 

 

 

”アルマーニ”のデザイン監修による

 

 

 

高級制服になるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

アルマーニ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてその価格ですが

 

 

 

洗い替えのシャツまで含めると

 

 

 

〆て10万円弱もする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、制服が変更される前は

 

 

 

男子で約1万7千円で、女子で1万9千円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約5倍じゃねーか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これには当然、子を持つ親も

 

 

 

反発を隠せない様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしボクに、この学校に入学予定の

 

 

 

子どもがいたとしたら、多分

 

 

 

大暴れすると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だってさ、私立小学校なら

 

 

 

まだ理解できるけど、公立でしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、この時期子供って

 

 

 

かなり育ち盛りで、1年生の時に揃えた制服が

 

 

 

6年生まで着れるかっていったら

 

 

 

まず不可能。

 

 

 

 

 

 

 

成長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクがガキの頃と比較しても

 

 

 

食生活の変化から、体格も欧米化してるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもガキんちょって、どこでもかしこでも

 

 

 

すぐ座ったり汚したりするでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

泥んこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクがそうだったから

 

 

 

間違いないし、子供って

 

 

 

そうやって大きくなっていくもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪我だってするし、服を汚すだけなら

 

 

 

まだマシで、ボクなんか

 

 

 

何着破いたか解んない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、歩くボロ雑巾みたいな

 

 

 

わんぱく盛りの子供に

 

 

 

高級ブランドの服を日常的に着せて

 

 

 

何をさせたいというのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある父兄さんは、身長120㎝に満たない

 

 

 

我が子に、上着は130㎝、下は140㎝の

 

 

 

大き目のサイズを買ったみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ぶかぶかで可愛そうだと思ったが、

 

 

 

 高いので少しでも買い替えの回数を

 

 

 

 減らしたい。」

 

 

 

 

 

 

 

ぶかぶか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう嘆いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この問題、価格の事もそうだけど

 

 

 

もっと大事なのは、一部の大人の価値観を

 

 

 

子供に押し付けてる感が否めないってとこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この学校の校長先生は、

 

 

 

”学校とは、学問だけでなく、

 

 

 

倫理的な考え方や、集団生活でのあり方も

 

 

 

同時に学ぶ場であると考えている。

 

 

 

『服育』という考えに基づき、

 

 

 

装うものからも学びの機会を

 

 

 

得てもらいたい”

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言い放ち、苦しい導入理由を説明してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『はぁ?』

 

 

 

 

 

 

 

ha

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの親はそう思うだろう。

 

 

 

 

 

 

 

説明になってないもんね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、『服育』ってこと自体を

 

 

 

否定はしませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、各家庭の環境の違いはありとて

 

 

 

親戚の結婚式とか、家庭毎の

 

 

 

イベントなんかでその”服育”とやらは

 

 

 

したらいいし、日々の学校の中では

 

 

 

子供がその年代に経験した方が良いこと

 

 

 

積極的にやれる環境を創ってあげることの方が

 

 

 

大事なんじゃないかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

おにごっこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、あんまり色々言っても

 

 

 

ボクの娘ちゃんが行く訳じゃないから

 

 

 

ここまでにしておくとして、

 

 

 

でも、『何でアルマーニなのか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体型上、ボクは既成品のスーツは

 

 

 

あんまり合わなくて、

 

 

 

それを理由に毎回仕立てておりますが

 

 

 

それでも、小学生が着るアルマーニと比べたら

 

 

 

3着は買えますな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かろうじて、アルマーニブランドの

 

 

 

ネクタイを1本だけ持ってて、

 

 

 

遣えずに大事に取ってあるボクの

 

 

 

最近びっくりしたニュースでした。

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月4日 日曜日

 

 

 

”なおくんブログ”909号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、収穫ウェディングのことを

 

 

 

ブログに書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば収穫の日、

 

 

 

農家さんと立ち話ししてたんですが

 

 

 

近隣で野菜泥棒が頻発しているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

野菜泥棒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクがお伺いした農家さんは

 

 

 

山合いに位置してるんですが

 

 

 

海沿いの農家さんでの被害が

 

 

 

特に多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある農家さんはこの冬、

 

 

 

大根と長ネギなどを栽培してて

 

 

 

昨年末から年始にかけて

 

 

 

長ネギ約40本、大根は3回に渡り

 

 

 

約120本が盗まれたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも気持ち悪いのは、

 

 

 

収穫のタイミングをバッチリ合わせた犯行で

 

 

 

農業に詳しい人物が関わってるんじゃ

 

 

 

なかろうかとの見方もあるんだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに被害の大きさから見ても

 

 

 

”自分で食べる為”の量じゃねーよな。

 

 

 

盗んで売ろうって魂胆か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収穫ウェディングに携わるようになり

 

 

 

感じるのは、

 

 

 

野菜って、ただの”食い物”じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い日も寒い日も

 

 

 

作り手は少しでも『美味しくなれ』って

 

 

 

手塩にかけて『育てる』のも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

被害にあった農家さんも

 

 

 

 

 

 

「一生懸命に育てたのに…。

 

 

 

 盗んだ人は、種をまけば

 

 

 

 勝手に野菜が生えてくるとでも

 

 

 

 思っているんでしょうか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう憤る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は特に、台風や雨の影響で

 

 

 

野菜不足と高騰が問題になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが原因だとしても

 

 

 

ただでさえ一生懸命育ててるのに

 

 

 

夜間の見回りまで強いられたら

 

 

 

農家さんもたまったもんじゃないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

見回り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盗む方も苦しいのかも知れないが

 

 

 

こんな話、聞きたくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクとしては

 

 

 

どうか、もう被害が広がらないように

 

 

 

願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

野菜 盗難

 

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月21日 日曜日

 

 

 

”なおくんブログ”895号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年始まっての大相撲初場所

 

 

 

昨年からの暴力沙汰や

 

 

 

相撲協会の役員人事のごたごたもあり

 

 

 

本業である相撲の取り組み自体

 

 

 

かなり注目度も高かった。

 

 

 

(と思う)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、渦中の白鵬に続き

 

 

 

稀勢の里の両横綱が

 

 

 

休場という事態に追いやられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、原因は”怪我”によるもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク、ガキの頃、

 

 

 

 

 

『どうして横綱って、負けが込むと

 

 

 

 何やら理由を付けて休場するんだろう。

 

 

 

 試合から逃げてるみたいで、

 

 

 

 全然男らしくないよね』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真剣にそう思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

休場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15日間の場所中、

 

 

 

8勝すれば勝ち越しで、

 

 

 

逆に8敗すれば負け越しですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相撲の場所での勝敗は

 

 

 

この勝ち越しか負け越しかが

 

 

 

スゴク大きく出世と印象に

 

 

 

左右される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言ってしまえば、

 

 

 

”横綱に負け越しはあり得ない”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言っても過言ではないくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、横綱で負け越すって

 

 

 

あまり前例がなく、15日間

 

 

 

皆勤して負け越す位なら、

 

 

 

しっかり休んで次の場所で勝つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが横綱に課せられた

 

 

 

使命的なものもあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、先日休場した横綱稀勢の里関、

 

 

 

そもそも体調は万全ではなかったようですが

 

 

 

”観戦に来てくださるお客様のために”

 

 

 

そんな想いが強かったように感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴタゴタした、こんな時だからこそ

 

 

 

なおさらそう思ってたんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、相撲界で言う横綱の

 

 

 

優先順位としては

 

 

 

①出場して勝つこと

 

 

 

②勝てないなら休むこと

 

 

 

③負けること

 

 

 

 

 

 

いずれにせよ、横綱が良いところなく

 

 

 

完敗する位なら休んだ方がいい。

 

 

 

それが伝統文化なんだし

 

 

 

負ける横綱は見たくないという

 

 

 

観衆の心理でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、判るような判らんような・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにしても、

 

 

 

出るも休むも地獄なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、それだけ

 

 

 

”横綱”という立場が強大で

 

 

 

確立されてなければ

 

 

 

ならないんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、日本人が誇れる

 

 

 

相撲界であって欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思えてならない

 

 

 

ちょっとさびしい

 

 

 

初場所の雑感です。

 

 

 

 

 

 

 

相撲

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月18日 木曜日

 

 

 

”なおくんブログ”892号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存じの方も多いと思いますが、

 

 

 

先週の1月13日の土曜日、

 

 

 

早朝から南の楽園、ハワイは

 

 

 

大パニックに襲われた。

 

 

 

 

 

 

 

ハワイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かっていうと、朝8時頃

 

 

 

「弾道ミサイルがハワイに向けて飛来中。

 

 

 

直ちに安全な場所に避難してください。

 

 

 

これは訓練ではありません」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな一斉メールが発信されたから。

 

 

 

 

 

 

 

パニック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにはさすがに、ハワイの地元住民も

 

 

 

観光客もひっくり返りそうになっただろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、この世界情勢ですから

 

 

 

”アジアの某国からのミサイル攻撃だ”

 

 

 

そう瞬時に判断したはず。

 

 

 

 

 

 

 

ミサイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホノルルで開催されてた

 

 

 

ゴルフのメジャー大会も

 

 

 

一時中断したらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁここんとこ、連日のように

 

 

 

某国のミサイル問題がメディアを賑わせ

 

 

 

よく知らないケド、きっとハワイでも

 

 

 

日本と同じレベルの扱いで

 

 

 

危険性は認識されてたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを証拠に、中心部では

 

 

 

大勢の人々がビルの地下などの

 

 

 

避難場所に移動した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも実際、そんな素早い行動を取れた人って

 

 

 

かなりの少数派。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街ゆく大半の人々は

 

 

 

それこそ茫然とその場に

 

 

 

立ちすくんでしまったんだって。

 

 

 

 

 

 

 

茫然

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それもそのはず、

 

 

 

「ミサイルがハワイに到達するのは

 

 

 

発射から約15分後」って言われてて

 

 

 

地元メディアによれば、

 

 

 

この警告メールを受信した人々は

 

 

 

「もはや手遅れ」って思い、

 

 

 

親しい家族や友人に

 

 

 

”別れのメール”を送るのが精一杯で

 

 

 

とても地下や安全な避難場所に

 

 

 

たどり着けないだろうって

 

 

 

諦めた人も多かったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、これが日本で(福岡で)の

 

 

 

有事だったら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えただけでゾッとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクならどうするか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、諦めるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

諦める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイでのインタヴューでは、

 

 

 

車を運転して逃げようと思ったけど

 

 

 

震えてハンドルが思うように

 

 

 

操れなかったって人もいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと大多数の人は

 

 

 

”自分はそんな危機的状況に

 

 

 

遭遇しないだろう”って、

 

 

 

勝手に思い込んでて、

 

 

 

本物の危機に直面すると

 

 

 

手足すら思うように動かせないって

 

 

 

ことなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、よくよく考えると

 

 

 

この問題、ボク達日本人にとっても

 

 

 

大きな教訓なんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年は、Jアラートの誤作動が

 

 

 

報道されてて、誤作動かどうかも

 

 

 

分からない中で、住民に切迫感を

 

 

 

感じなかった。

 

 

 

 

 

 

 

アラート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時思ったのは、ボクも含め

 

 

 

多くの人が根拠もなく

 

 

 

危機的状況を楽観視してるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな状況で、多分

 

 

 

迅速な対応は難しいよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ハワイでの緊急警報、

 

 

 

結局誤報だったんだけど、

 

 

 

地元のテレビ局は通常放送を中断して

 

 

 

緊急速報を流したり、本当に一時

 

 

 

パニック状態に陥った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが日本なら、

 

 

 

そりゃ問題にはなるとは思うけど

 

 

 

結果的に『誤報でよかった』って

 

 

 

安堵して治まり、今後の対策の

 

 

 

検討に移ると思うんですが、

 

 

 

やはりアメリカ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”誤報により精神的被害を受けた”

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな理由で州政府を訴えてやるって

 

 

 

息巻いている人がかなり多いんだって。

 

 

 

 

 

 

 

訴訟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも国民性なんかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今はいつなんどき

 

 

 

何が起こるか判らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからって、ボク達に何ができるかって

 

 

 

それもよくわかんない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただせめて、”自分だけは大丈夫”

 

 

 

そんな無根拠な認識だけは

 

 

 

持つべきではない時代に

 

 

 

なったんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100%安全なところなんて

 

 

 

どこにもないってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

安全

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月17日 水曜日

 

 

 

”なおくんブログ”891号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23年前の今日、

 

 

 

ボク達年代の人なら誰しも記憶してる

 

 


阪神淡路大震災が発生しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地震が起きたのは、朝の5:46分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その当日の朝の報道番組で

 

 

 

首都高速道路が倒壊した映像を見て

 

 

 

ショックを受けたのを今でも覚えてます。

 

 

 

 

 

 

 

阪神

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6,434人という多くの人が犠牲になった震災、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時神戸に住んでた友人に話を聞くと

 

 

 

大きな揺れで飛び起き、

 

 

 

頭の真横すれすれにタンスが倒れて来て

 

 

 

死んでてもおかしくないって体験談を

 

 

 

思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国各地でも追悼イベントが行われ、

 

 

 

震災の記憶を風化させないように

 

 

 

多くの人が祈りをささげているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この日本、

 

 

 

いつどこで大きな地震が起きても

 

 

 

おかしくないと論説する専門家もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな環境に生きるボク達に

 

 

 

今できることって

 

 

 

きっと語り継ぐことが目的じゃなく

 

 

 

その教訓を生かし、もしもの時の

 

 

 

被害を最大限に防ぐことができる

 

 

 

日々の心掛けを持つことなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのために、この日を年に一度でも

 

 

 

悲しみを思い返し、前を向く日だって

 

 

 

思わなきゃいけない。

 

 

 

 

 

 

 

追悼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は全国の一部を除き

 

 

 

久し振りに雨に見舞われた日本列島。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山の人の想いを込めた

 

 

 

涙雨なのかも知れない。。。

 

 

 

 

 

 

 

涙雨

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月14 日曜日

 

 

 

”なおくんブログ”888号です。

 

 

 

 

 

 

 

888

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日今日までの2日に渡り

 

 

 

センター試験が行われております。

 

 

 

 

 

 

 

センター試験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに、ボクが学生の頃は

 

 

 

【共通一次】って呼ばれてて

 

 

 

今でも約50万人を超える方が受験する

 

 

 

国公立大学に一般入試で入るためには

 

 

 

必ず受験しなければならない

 

 

 

最初のハードル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも毎年この時期

 

 

 

大雪とか色んなことで

 

 

 

ニュースになるよね。

 

 

 

 

 

 

 

雪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ、人生を左右される

 

 

 

問題でもあるって注目度も高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、よくテレビなんかでも

 

 

 

受験を控えた学生や予備校?とかの

 

 

 

関連の人が、

 

 

 

「大学受験で人生の7割が決まる。

 

 

 

 そして、センター試験が大学受験の

 

 

 

 7割を決めるから、センター試験は

 

 

 

 人生のほぼ半分を決める」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな類いのコメントを見聞きする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあボク、共通一次

 

 

 

受けてすらいないけど

 

 

 

人生失敗したんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは家庭の事情もあったし

 

 

 

そもそも国立大学を目指せるような

 

 

 

お勉強ができる高校には行ってない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツ校で、3年間ほぼ

 

 

 

剣道漬けの生活でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かといって、剣道を生業とした

 

 

 

人生を送ってるかっていうと

 

 

 

ご存じの通りそんなことない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、もしボクが共通一次を受けて

 

 

 

仮に成功して、国立大学なんて行ってたら

 

 

 

どうなってたんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって誰にもわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、高校を卒業してホテルに就職して

 

 

 

社会で学ぶことの全てが新鮮で

 

 

 

大変なことも沢山あったけど

 

 

 

毎日ホントに楽しくて、充実してて

 

 

 

最高の仲間、先輩たちと出会うことができ、

 

 

 

色んな経験を積むことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時ホテルに勤めてたおかげで

 

 

 

奥様との出会いにも繋がってると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに受験生にとっては、今は

 

 

 

大学受験こそが全てかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それってあくまで

 

 

 

短期的なもので、良くも悪くも

 

 

 

入学、卒業大学の優劣だけで生きていける程

 

 

 

人生甘かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクもまだ人生の折り返し地点も

 

 

 

過ぎてないと思える40歳そこそこだし

 

 

 

大学も行ってない中で

 

 

 

エラそうなことは言えませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも確実に充実してるし、今の段階で

 

 

 

人生失敗だったななんて思わない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ては考え方次第だと

 

 

 

思う訳であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあとにかく

 

 

 

努力の成果を発揮できるように

 

 

 

受験生のみなさんが

 

 

 

悔いなく受験できることを祈念し

 

 

 

エールを送ります!!

 

 

 

 

 

 

 

エール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんばってくださいね!

 

 

 

 

Page Top