カテゴリー別アーカイブ: 今想うこと

結婚式は明るいカツアゲ・・・  じゃない!!

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

3月28日 火曜日の

 

 

 

なおくんブログ”600

 

 

 

記念号です!!

 

 

 

 

 

 

yjimageVTUGIPGX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近ネット上で話題になった

 

 

 

聞き捨てならないトピックがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「結婚式が嫌い、行きたくない」

 

 

 

ってもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも、センセーショナルな発言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「めかしこんで3万持ってこいってさ、

 

 

 

やってること明るいカツアゲじゃね?」

 

 

 

 

 

 

yjimageGYPCCLE3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコメント、かなりインパクトが

 

 

 

あった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご祝儀は高い…でも

 

 

 

「出さないわけにはいかないでしょ」

 

 

 

っていう、義理とのせめぎ合いが

 

 

 

そうさせてるみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、女性とかはご祝儀だけじゃ

 

 

 

ないし、着るものやヘアメイクなども

 

 

 

結構かかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

適齢期だったら、年に何回も

 

 

 

結婚式に呼ばれるだろうし、その都度

 

 

 

同じ服着ていく訳にも、イカンからね。

 

 

 

 

 

 

yjimage4DUEZWTE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他は、『欠席するにも気を遣う』

 

 

 

って意見もある。

 

 

 

 

 

 

yjimageJYOEOM9H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心からお祝いしたい気持ちは

 

 

 

あるものの、でも金額がデカい。

 

 

 

 

 

 

だから、本音としてはもう少し

 

 

 

安ければいいのにって思うらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん。。。

 

 

 

そんな意見、全体からみると

 

 

 

一部なのかもしれないけど、

 

 

 

この仕事で生業を立ててるボクから

 

 

 

すると、やっぱり残念なこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって、結婚式の費用対効果が

 

 

 

感じにくいってことでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご祝儀払って、特別楽しい

 

 

 

訳でもないし、マズくはないにしろ

 

 

 

特別ウマい飯が食べられる訳でもない。

 

 

 

 

 

 

 

引き出物だって、別に欲しいもの

 

 

 

って訳でもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解ります。

 

 

 

解りますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね、その効果ばかりを狙う気持ちも

 

 

 

どうかと思う反面、そう思わせてる

 

 

 

この業界の責任の方が大きいと思う。

 

 

 

 

 

 

yjimage8RRFJU0S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしても、廻りを見渡すと

 

 

 

通り一辺倒の、型にはまった結婚式

 

 

 

ばかりで、何回も出席すると、

 

 

 

「あー、次は色直しか・・・」とか

 

 

 

完全にネタバレしてる。

 

 

 

 

 

 

 

どこ行っても、特別代わり映え

 

 

 

しないってことよね。

 

 

 

 

 

 

yjimagePGG1UKJD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、効率よく1件の結婚式を

 

 

 

”こなし”、次の結婚式を実施する為に

 

 

 

披露宴会場って空間を回転させるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスで考えれば、空間の有効活用は

 

 

 

然るべきだと思うけど、そればっかり

 

 

 

考えてたら、オリジナリティがあり、

 

 

 

特別感を感じる演出とか披露宴って

 

 

 

どうしても制限される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理だって、今や調理技術じゃなく

 

 

 

調理機器さえ整ってれば、一定の

 

 

 

レベルの料理は出てくるし、

 

 

 

真空パックされてる料理を買ってきて

 

 

 

開けて盛るだけって式場も珍しくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極端に言うと、ちょっとの知識や

 

 

 

ある一定のレベルさえあれば、

 

 

 

型にはめてるからこそ、

 

 

 

そこそこのものは出来ちゃう時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、その”そこそこのレベル”

 

 

 

大きな問題があると思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、カップルさんからすると

 

 

 

一生に一度の特別な日だし、

 

 

 

列席する側からすると

 

 

 

貴重な休みを削り、時間と大金を使い

 

 

 

参列する

 

 

 

日常じゃあないんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな”特別”じゃなきゃダメな

 

 

 

イベントなのに、何時の頃からか

 

 

 

提供する側とされる側の温度差に

 

 

 

大きく乖離が出て

 

 

 

”そこそこ”でOKになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、消費者もバカじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目や口が慣れてくるし、

 

 

 

情報もどんどん溢れてくれば

 

 

 

”そこそこ”じゃ満足しなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも式場側は、そんな急激な時代の流れ

 

 

 

についていけずに、自分達の都合で

 

 

 

”そこそこ”のレベル提供を続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、コスパ悪いって思うよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、ボク達マリノアウェディングは

 

 

 

約2時間半の披露宴に参列する

 

 

 

んじゃなく、結婚式は”過ごすもの”

 

 

 

として捉えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別な日だからこそ、

 

 

 

時間に追われることなく、

 

 

 

優雅に楽しく過ごせば

 

 

 

それだけ想い出も増えるって、

 

 

 

とってもシンプルな考え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって、スゴイ価値だと思うんだけど

 

 

 

伝えるの、中々難しいんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

招待する側のご両家が願うのはきっと

 

 

 

「参列して良かった、来て楽しかった」

 

 

 

って思ってもえる、幸せな結婚式のはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

列席する側だって、折角行くなら

 

 

 

楽しく美味しく、いい式だったって

 

 

 

感じたいはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったら、ボク達に任せてくれた方が

 

 

 

いいに決まってる。

 

 

 

 

 

 

理由は、効率とかは2の次で

 

 

 

想い出に残る結婚式にしたいって

 

 

 

全員が思ってるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リニューアルを機に、まだまだ楽しい

 

 

 

結婚式にできるはずって

 

 

 

チームみんなで考えてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カツアゲみたいな結婚式、

 

 

 

ありますよ。確かに。

 

 

 

 

 

 

それは認めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そんな結婚式だけじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

それも、声を大にして言いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、結婚式業界全体が

 

 

 

早く、この危機的状況に気づいて

 

 

 

コストパフォーマンスの回復に

 

 

 

尽力する必要があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、ボク達も含めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

病院の在り方を考える その②

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

3月26日 日曜日の

 

 

 

なおくんブログ”598です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログの続き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮膚科に行って、ギャルみたいな

 

 

 

受付嬢にタメグチ且つ、

 

 

 

目も見てもらえず、

 

 

 

30分待たされた挙句、ちゃんと

 

 

 

保険証出して名前まで書いたのに

 

 

 

番号で呼ばれ、気付かずに怒られ

 

 

 

いよいよ受診。

 

 

 

 

 

 

yjimageAGKMHWF4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診察室に入ったら

 

 

 

ボク以外の患者さんが5人位

 

 

 

輪になって座ってて、その真ん中の

 

 

 

デスクに、ドクターらしき婆さんが

 

 

 

鎮座してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

婆さん先生が座ったまま、

 

 

 

「あー、あなた、足??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり忙しそうに見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5人いっぺんに診察してるんだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク:「あー、ボクですか? イヤ

 

 

 

足よりむしろ、首回りがかゆ・・・」

 

 

 

 

 

Dr:「ズボンの裾上げて!!」

 

 

 

 

 

ボク:「ハイ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足を1秒くらい遠目にチラッと見て

 

 

 

Dr:「お風呂入って、掻いたね?」

 

 

 

 

 

ボク:「ハイ」

 

 

 

 

 

Dr:「掻いたらダメやろが!」

 

 

 

 

 

ボク:「デスよね・・・(心の声)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言ったとたん、もう違う患者さんに

 

 

 

話しかけてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、おっかない看護婦さんが

 

 

 

ボクの足に乱暴に軟膏を塗り、

 

 

 

赤外線みたいな機械を1分位あて

 

 

 

「はーい、免疫力をあげる注射をします」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーっ!!

 

 

 

1秒しか見てないし、ボクの何を

 

 

 

診察して注射なんかすんの?

 

 

 

 

 

 

注射

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に、注射してほしくないし。

 

 

 

ただ、原因が何で、今後何に注意し

 

 

 

どうすればいいのか知りたいし

 

 

 

そもそもこの症状、病名あんの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の中でそんなことがぐるぐる回る。

 

 

 

でも、声に出す訳じゃないけど。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言われるがままに、地味に痛い

 

 

 

注射を打たれ、今後どうすんのかって

 

 

 

思ったら、どうやらおしまいみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流石に、

 

 

 

「あの・・・ 首周りが・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dr:「先に言わんねっ!!」

 

 

 

 

 

ボク:「スイマセン」

 

 

 

 

 

(問診にも書いたんですけど・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足と同じように乱暴に軟膏を塗られ

 

 

 

変なボロい機械を1分当て

 

 

 

ハイおしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一体なんだったんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待合室で暫く待ち、再びギャルに呼ばれ

 

 

 

軟膏2種と、何故か免疫力を高める

 

 

 

らしい、飲み薬を貰いお会計。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度も目を見てもらえず、

 

 

 

〆て、3,000円を超す診察費。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最後の最後まで

 

 

 

ボクのこの症状は何なのか

 

 

 

何の説明も無いまま帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家に帰り、普段ならほぼ見ない

 

 

 

診療報酬のレセプトを見てみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

処置料・・・

 

 

 

 

 

あの乱暴に塗り薬を塗られたヤツか?

 

 

 

だったら自分で塗るわい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投薬料・・・

 

 

 

 

 

 

頼んでない注射のことか?

 

 

 

ボラれた気分満載。ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医学管理加算・・・

 

 

 

 

 

 

何のこっちゃ。

 

 

 

ボクの何を管理したと言うのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪ひいて病院行った時、

 

 

 

「うーん。。かぜでしょうねぇ」

 

 

 

って言われる確率はかなり高いと

 

 

 

思ってて、もうちょっと

 

 

 

マシなこと言えんのか? 

 

 

 

って思ってたけど

 

 

 

何も言われないってどうよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんって、当然ながら

 

 

 

医療には疎いし、専門的な事言われても

 

 

 

判らないこと、多いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、だからって何も言われないのも

 

 

 

不安になるし、知りたいって思う

 

 

 

患者だっている訳だし、ボクのような

 

 

 

健康体の人からすると、病院は非日常。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日勤めてる、病院勤務の人は

 

 

 

日常のことなんだろうけど、

 

 

 

だからこそ、その日常にマヒせず

 

 

 

無知な人にこそ丁寧に、

 

 

 

優しくなった方がいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクだって、年間に沢山の

 

 

 

結婚式のお手伝いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、当の新郎新婦様からすると

 

 

 

一生に一度の尊い日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”いつものように”って気持ちじゃなく

 

 

 

”最高の日になるためのベスト”

 

 

 

を尽くそうって、いつも思ってる。

 

 

 

 

 

 

yjimageVJRDBP70

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、医療の現場も

 

 

 

大変なんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、ホスピタリティの語源である

 

 

 

病院のことをブログに書いたばかり

 

 

 

だったから、余計に感じるのかも

 

 

 

しれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真のホスピタリティを感じる病院、

 

 

 

見つけるのに苦労するよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、人の振り見て我が振り直せる

 

 

 

お休みの日の出来事でした。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

親の死を再び考える

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

3月23日 木曜日の

 

 

 

なおくんブログ”595です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はちょっと”死”について。

 

 

 

 

 

 

yjimageQELPJLCY

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイオイ、何か穏やかじゃないねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう感じた方もいらっしゃるかも

 

 

 

知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも違うんです。

 

 

 

ボクの生業でもある結婚式にも

 

 

 

ちゃんと繋がる、おめでたい話でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、自分の親の死を

 

 

 

真剣に考えなければならない時期に

 

 

 

来てるってことを感じています。

 

 

 

勿論年齢的に。

 

 

 

 

 

 

yjimage81Q9O6SK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、オヤジは既に天国に逝き

 

 

 

もう20年位になるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おふくろも、まだまだ元気だけど、

 

 

 

65もとうに過ぎ、順当にいけば

 

 

 

確実にボクより先に死ぬ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オヤジの時もそうだったけど、

 

 

 

その時が来たらきっと、メチャクチャ

 

 

 

悲しいだろうなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

随分前だからおぼろげだけど、

 

 

 

オヤジの葬式の時、ボクの兄貴と

 

 

 

ボクが喪主だったから、残されたボク達

 

 

 

子供目線で説いてくれた、お坊さんの

 

 

 

説教が、確かこんな内容だったと

 

 

 

記憶してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”人はこの世に生を受けたからには、

 

 

 

その命を返さなければならない時が

 

 

 

必ず来る。

 

 

 

 

 

 

 

だから、順当にいけば

 

 

 

親の最期を見届けるというのは

 

 

 

子供にとって宿命のようなもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

それはそれは、悲しいことかも

 

 

 

しれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、人はその悲しみを背負うことで

 

 

 

人の痛みを知り、人に優しくなれる。

 

 

 

そして、その悲しみを乗り越えることが

 

 

 

出来た時、人として大きく成長する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供にとって親の死というのは、

 

 

 

親がその身をもって教えてくれる、

 

 

 

最後にして最大の教えなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、我々はその思いに

 

 

 

しっかりと向き合い、受け止めなければ

 

 

 

ならないんですよ”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

思い出して書いてるだけでも

 

 

 

深いね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、マンガの”一休さん”の

 

 

 

モデルにもなった、一休禅師も

 

 

 

有名な言葉を残してる。

 

 

 

 

 

 

一休さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”親死 子死 孫死”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

字だけ読むと一瞬、みんな

 

 

 

死んじゃってるって忌み言葉に

 

 

 

見えるけどそうじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この言葉が、逆だったら

 

 

 

どうだろう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”孫死 子死 親死”

 

 

 

 

 

 

 

この順番だったら、子孫繁栄なんて

 

 

 

あまり考えられないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この一休禅師の言葉の解釈は、

 

 

 

順番通りに死ねるというのは

 

 

 

当然に見えるけど、その逆に

 

 

 

親より子が早く死ぬことは、

 

 

 

それ以上の親不孝は無いって

 

 

 

言われる位不幸なこと。

 

 

 

 

 

 

 

だから、この順番通りにそれぞれが

 

 

 

長い生きして、頂いた寿命を

 

 

 

全うできたってことは幸せなことなんだ

 

 

 

ってことらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚って、全てがそうではないけど

 

 

 

次の子孫へと繋がる大事な過程。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、死と生の循環として

 

 

 

結婚ってもとても密接に

 

 

 

関係してて、ある意味結婚は

 

 

 

死ぬための準備一つなのかも

 

 

 

知れないなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、どうして急に、こんな内容の

 

 

 

ブログを書こうと思ったんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば今日、彼岸明けだったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オヤジのことも、たまには思い出せ

 

 

 

ってことだったんだろうなヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

お彼岸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

若者の電話嫌いがヤバいらしい…その②

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

3月20日 月曜日の

 

 

 

なおくんブログ”592です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログの続き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の若者は、ちゃんとした

 

 

 

電話に出る事自体、かなり苦手に

 

 

 

なってるって話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつて、ほとんどの家庭で

 

 

 

家庭電話が普及してた時代、

 

 

 

家の電話(イエデン)って、家族全員で

 

 

 

シェアしてた。

 

 

 

 

 

 

yjimage6X89NY62

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにかかってくる電話は、

 

 

 

お父さんの仕事関係の方だったり、

 

 

 

お母さん宛てのご近所からとか、

 

 

 

親戚からとか、その他営業の電話もあり

 

 

 

自分宛ての電話って、何分の一

 

 

 

かの確率。

 

 

 

 

 

 

yjimageHW8R29MJ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、自分が出るときって、

 

 

 

誰からの電話か解らないから、

 

 

 

ちょっとは構えて電話に出るよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敬語も丁寧語も使ってたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、昔は日常的に自分宛以外の

 

 

 

電話に対する訓練ができてたってこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、昨今の携帯電話の普及により

 

 

 

家電がある家庭がどんどん減少しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと同時に、まず自分宛て以外の

 

 

 

電話に出る機会も消滅します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更には、出たくないイヤな営業電話や

 

 

 

番号非通知は無視!

 

 

 

 

 

yjimageORWMDA0N

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番号を登録さえしてれば、誰だか

 

 

 

判るから、特段緊張することってない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが会社になると、新入社員の場合

 

 

 

自分あての電話はまずかかってこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話の相手がお客様だったり取引先、

 

 

 

納入業者など様々で、一定の丁寧な

 

 

 

対応レベルを要求されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、電話をかけてくる方も

 

 

 

普通の人ばかりなんてこともなく

 

 

 

怒っている人、上から目線の人、

 

 

 

早口で何を言っているか分からない人

 

 

 

本当に千差万別です。

 

 

 

 

 

 

クレーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そもそも訓練されてないから

 

 

 

臨機応変な言葉の使い方もできないし

 

 

 

相手に理解、納得してもらうような説明も

 

 

 

できるわけないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若者だけじゃないんだろうけど、

 

 

 

ボク達人類は、携帯電話の発達により

 

 

 

人間としての能力の一つである、

 

 

 

”言葉を発する”って基本的動作が

 

 

 

退化しているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

yjimage3HY3D35P

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな若者向けの訓練方法は

 

 

 

基本、【解らなくてもいいから

 

 

 

とりあえず出ろ!】です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に判らなければ、誰かに代われば

 

 

 

何とかなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場数を踏むってやつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達ホテルは、とにかく

 

 

 

お客様あってのもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好きとか嫌いとか、得手不得手を

 

 

 

言ってる場合じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の訓練の中で、話し方やトーン、

 

 

 

より使うべき言葉や表現方法、

 

 

 

見えない相手に、どうやって

 

 

 

感情まで伝えるかなんてテクニックを

 

 

 

養っていく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様と接する以上、そこはまず

 

 

 

乗り越えなきゃならない壁だろう。

 

 

 

 

 

 

yjimage0ORDOTET

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lineやメールが主流になってる

 

 

 

現代だけど、お客様は友達じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

始めからSNSとかで、

 

 

 

繋がってないからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の就職活動では、大手の

 

 

 

一流企業とかは、候補学生に

 

 

 

あえて非通知で、電話をかける

 

 

 

こともあるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話でのコミュニケーションが

 

 

 

出来るか否かを見たいみたいなんだけど

 

 

 

電話って、相手の都合を無視した

 

 

 

一方的な通信手段でもあるから、

 

 

 

本当に出られないタイミングもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな判断方法もどうかと思うよね。

 

 

 

 

 

 

yjimage8O6T7IW8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、こんな時代だからこそ

 

 

 

電話のみならず、

 

 

 

コミュニケーションの重要性を感じる

 

 

 

今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

yjimageQ5P40KZQ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

若者の電話嫌いがヤバいらしい…その①

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

3月19日 日曜日の

 

 

 

なおくんブログ”591です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もポカポカ、暖かい一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ、お花見も

 

 

 

楽しみになってくる頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、春と言えば出会いと別れの

 

 

 

季節でもあるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この春、ホテルマリノアにも

 

 

 

フレッシュな新入社員が

 

 

 

入社してくる予定。

 

 

 

 

 

 

yjimageR1WNDHAL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入社式の後、新入社員研修で

 

 

 

ボクも、ウェディング論ならぬ、

 

 

 

マリノアスタイルの結婚式について

 

 

 

何日間か講師を務める予定。

 

 

 

 

 

 

yjimageU2NO4NSV

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に何かを教えるって、結構

 

 

 

ストレスですよね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンジみたいに何でも吸収する

 

 

 

新人に対して、何をどう話せば

 

 

 

一番効果的か、今から頭を

 

 

 

悩ませてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、最近の若者って、

 

 

 

電話がことさら苦手らしいって

 

 

 

噂を聴きました。

 

 

 

 

 

 

電話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それも、友達同士は問題ないけど

 

 

 

それ以外の人と、きちんとした会話が

 

 

 

できなくなってるんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな背景から、電話が鳴っても

 

 

 

出ない新社会人が急増中。

 

 

 

 

 

 

嫌い電話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達ホテル業界でも、電話対応って

 

 

 

かなり重要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクだって、電話に出るとき、

 

 

 

”よそ行きのお母さんの声”バリに

 

 

 

1オクターブ、トーンを上げて

 

 

 

出てるからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電話応対についての講義も

 

 

 

深いところまで進めれば、

 

 

 

一日位【間が持つ】かも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことも考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はあんまり時間が無いので

 

 

 

明日、何故若者が電話対応に

 

 

 

苦手意識を持つようになったか、

 

 

 

ボクの持論も含め、

 

 

 

展開したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

食の安全が揺らぐ

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

3月18日 土曜日の

 

 

 

なおくんブログ”590です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログでも時々触れる

 

 

 

食の安全の問題。

 

 

 

 

 

 

食の安全

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、ブラジル産の食肉や

 

 

 

食肉加工品で、衛生基準を満たさない

 

 

 

商品が多数輸出されたって事件が

 

 

 

明るみに出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、食肉製造販売会社が

 

 

 

衛生検査官に賄賂を払ってまで

 

 

 

衛生基準以下の商品を売った

 

 

 

官民の癒着による大規模な不正らしい。

 

 

 

 

 

 

わいろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警察まで動き、逮捕者まで出てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁーっ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな問題が沸き起こるたび、

 

 

 

そんな人ばかりじゃないのは解るけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”儲かりさえすれば、後の事は知らん”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな考えの人や会社が後を絶たない

 

 

 

って事実に嫌気がさしてくる。

 

 

 

 

 

 

yjimageL3S93ED9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラジルって、世界でも有数の食肉

 

 

 

生産国で、日本を含む約150カ国に

 

 

 

輸出してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が国の過去のデータでは、

 

 

 

2015年に日本が国外から輸入した

 

 

 

全鶏肉の約80%はブラジル産。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、日本国内でブラジル産の鶏肉の

 

 

 

供給が止まったら、鶏肉自体が

 

 

 

品薄になって、価格上昇に見舞われる

 

 

 

可能性もあるんだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へーっ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高くなるなら、それはそれで

 

 

 

いいじゃん。

 

 

 

しょうがないもんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、買い物するなら

 

 

 

安いに越したことはないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、安けりゃいいって

 

 

 

問題でもないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな事ばかり気にしてるから

 

 

 

安かろう悪かろうの商品を

 

 

 

無理して売ろうとする輩が出てくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの家の近所のスーパーにも

 

 

 

大量にブラジル産の鶏肉、売ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格帯やグレードって、一般的に

 

 

 

大体3段階に分かれてて、

 

 

 

ブランド銘柄⇒国産ブロイラー⇒輸入品

 

 

 

の順になってると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランド銘柄とブラジル産を比較すると

 

 

 

時として、倍くらいの差が

 

 

 

あったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは決して高給取りでもなければ

 

 

 

高級志向でもないし、

 

 

 

こだわりグルメさんでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、絶対にブラジル産の鶏肉を

 

 

 

買うことはないよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それしか無かったなら

 

 

 

買わないことを選択をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは何故かって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食材の安全性を信用してないし、

 

 

 

そもそも、美味しくないし、臭いから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは、何故ブラジル産の鶏肉を

 

 

 

信用してないかって深部に触れることは

 

 

 

避けるけど、あれを食べ続けてると

 

 

 

確実にろくなことにならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、匂いに敏感な人は

 

 

 

受け付けないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ、薬や抗生物質の

 

 

 

不自然な臭いがする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、チキンナゲットや

 

 

 

お惣菜の唐揚げみたいに加工された

 

 

 

商品は、原産地を明記する規制が

 

 

 

無いから、どこ産のものか、

 

 

 

ぶっちゃけ解らない。

 

 

 

 

 

 

yjimageJUTR1VNI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、食べないように意識してたと

 

 

 

しても、100%回避することって

 

 

 

中々難しいかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時代だからこそ、

 

 

 

安全とは言えないものを

 

 

 

態々自分から摂取しにいく行為は

 

 

 

考えるべきだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラジル産の食肉の信用性が

 

 

 

揺らいでる今、政府は輸出相手国の

 

 

 

大使を集め、事態を説明する

 

 

 

予定みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、ボク的には衛生基準がどうの

 

 

 

こうのの説明の前に、国毎に違う

 

 

 

基準値から見直す必要性もあると

 

 

 

思ってるし、そもそも何で安いのかの

 

 

 

その訳を、消費者は価格のみに

 

 

 

惑わされることなく、ちゃんと向き合う

 

 

 

意識が必要だって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食、4000年の歴史を誇る

 

 

 

アジアの近隣国の食品関係も

 

 

 

どんなに安くても、ボクは

 

 

 

買わないようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口から入れて、体に取り込むものです。

 

 

 

 

 

 

健康って、【今支払う価格以上の価値】

 

 

 

あると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全じゃないって可能性があるものは

 

 

 

摂取を控える意識を持ちましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

売る側だけじゃなく、消費者にも

 

 

 

選んで買う以上、購入責任って

 

 

 

あるんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

子供の受験に改めて想う事

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

3月15日 水曜日の

 

 

 

なおくんブログ”587です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、この春中学3年生になる

 

 

 

娘ちゃんが通う学習塾の

 

 

 

”保護者面談”に行く機会があった。

 

 

 

 

 

 

面談

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクもまぁ、日常は中々忙しく

 

 

 

させてもらってるから、学校をはじめ

 

 

 

斯様な、子供のことについての面談に

 

 

 

あまり出くわすタイミングはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、来年は高校受験を控えた

 

 

 

受験生か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、子供の勉強や将来のことに

 

 

 

あまり口出しする方じゃないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決して無関心って訳じゃないよ。

 

 

 

 

 

 

ボクがどうこう言ったって、

 

 

 

本人の人生だし、決めるのも本人。

 

 

 

そう思ってるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今の実態を把握してないのも

 

 

 

事実だったし、たまたまお休みに

 

 

 

重なったので、奥様に言われ

 

 

 

ついて行くことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塾の先生に話を聴くと、

 

 

 

大体、家での学習態度や生活態度が

 

 

 

そのまんま出てることがうかがえ、

 

 

 

裏表がないことは解った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、あんまり頑張って

 

 

 

ないのも解る(・へ・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ボクも初めて知ったんだけど

 

 

 

娘ちゃん本人が、自分の意志で書いた

 

 

 

志望校がちゃんとあるようで、

 

 

 

今現在の合格判定も出てた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試験の点数のみで見れば、

 

 

 

【B】判定らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へー・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク的には、意外と悪くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今の高校受験では、

 

 

 

内申点ってのが割と重要らしいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、通知表の点数。

 

 

 

 

 

 

通知表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内申点で見る合格判定は【D】。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありゃ、

 

 

 

これ、無理なんじゃ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塾の先生曰く、点数は取ってるのに

 

 

 

内申点が悪いってのは、

 

 

 

授業態度が余程悪いか、

 

 

 

提出物がちゃんと出てないとか、

 

 

 

忘れ物が多いとか

 

 

 

先生に口答えするとか、生活態度が

 

 

 

悪いとか、そんなことも考えられると。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん・・・

 

 

 

このことを、本人のモチベーションを

 

 

 

上げつつ、どう伝えようか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面談に行ったお蔭で、真剣に

 

 

 

考える機会も得た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも奥様も共働きで、同じ

 

 

 

サービス業だから、時間も不規則。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家を空けてしまう時間帯が長いから

 

 

 

娘ちゃんの話を聞いたり、

 

 

 

現状に向き合ったりする時間も

 

 

 

おのずと短くなり、娘ちゃんは

 

 

 

逆に野放しの時間が長くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一概には言えないけど、その辺も

 

 

 

親の努力で見直しを図ることで、

 

 

 

娘ちゃんの生活も、もう少し

 

 

 

安定するんじゃないのかなとか

 

 

 

色々考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん本人の事ではあるけど

 

 

 

親が少し努力することで、

 

 

 

子供の未来が輝かしいものになれば

 

 

 

それはそれで本望。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来なら、もう自立心も備わり

 

 

 

言われなくても何でも進んで

 

 

 

やっていい頃ではあるけど、

 

 

 

中々難しいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、この1年間ボクは

 

 

 

 

 

 

子どもに関心と愛情を持ちながらも

 

 

 

極力手はかけず、困難な状況に置く

 

 

 

 

 

 

 

この方針で進めようって考えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うまく行くかなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、どんなことがあっても

 

 

 

ボクが代わりに試験は受けられないし

 

 

 

人生も代わってあげられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつかは自立し、自分の力で

 

 

 

生きて行ってもらわなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなるように導いてあげるって、

 

 

 

難しいし大変。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親は子に育てられるって

 

 

 

言われる所以だよなって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験に成功することだけが

 

 

 

全てじゃないけど、やっぱり

 

 

 

成功体験はさせたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年、早咲きの桜が

 

 

 

咲けばいいなぁヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

yjimageB9MH754G

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

50歳の快挙

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

3月14日 火曜日の

 

 

 

なおくんブログ”586です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先月2月26日に50歳の誕生日を

 

 

 

迎えたサッカー界のレジェンド、

 

 

 

キングカズこと、三浦和良選手が、

 

 

 

一昨日、12日のプロ公式戦で、

 

 

 

前半40分、ゴール前のこぼれ球を

 

 

 

押し込み、ゴールを決めた。

 

 

 

 

 

 

かず2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、自身の持つ得点最年長記録

 

 

 

49歳5ヶ月12日を、50歳14日に

 

 

 

記録更新!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジでスゴクないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定番の”カズダンス”も披露したみたいで

 

 

 

スタジアムはさぞ、

 

 

 

盛り上がっただろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントにスゴイと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、この得点が決勝点になり

 

 

 

勝利へと導いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い起こせば、Jリーグ開幕時代から

 

 

 

活躍し、日本のサッカー界を牽引してきた

 

 

 

キングカズ。

 

 

 

 

 

 

Jri-gu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今や、尊敬の眼差しこそ向けるけど

 

 

 

当時はあんまり好きじゃなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、必要以上にカッコつけの

 

 

 

イメージがあったから(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、絶対カッコつけてたって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが今思うのは、キングカズは

 

 

 

わざとやってたんだってこと。

 

 

 

 

 

 

 

yjimageMSZUGO3Z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代を牽引するには、圧倒的な

 

 

 

スター性やパワーが要る。

 

 

 

 

 

 

 

 

それを自ら背負い、

 

 

 

わざと目立ってたんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では、年齢を感じさせない

 

 

 

たゆまぬ努力や厳しいトレーニングが

 

 

 

クローズアップされてるけど、きっと

 

 

 

若い時から何も変わらず、そんな努力は

 

 

 

目立たぬように積んできたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうじゃないと、10代20代の選手と

 

 

 

同じように走り回り、チャンスを

 

 

 

ものにするって、並大抵じゃないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、カズ選手より5歳以上若いボクが

 

 

 

あのピッチに立ったなら、ボールに

 

 

 

触るのはおろか、5分持たずに

 

 

 

息を切らせる自信がある。

 

 

 

 

 

 

yjimageLP0B3O9B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に尊敬します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも負けてられないな。

 

 

 

あんなにはなれないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、まだまだ記録、ゴールを

 

 

 

積み重ねていってもらいたいって

 

 

 

心から応援したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世のオジサマも、キングカズには

 

 

 

これからも沢山の勇気を

 

 

 

もらうことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

かず1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

将来必要とされる人材になるには

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

3月13日 月曜日の

 

 

 

なおくんブログ”585です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログの続き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は必ず歳をとる。

 

 

 

これは、誰しも平等に与えられた

 

 

 

唯一100%確実と言える事実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、人は必要とされることで

 

 

 

幸せを感じる生き物だけど、

 

 

 

こうして今、生き生きと仕事ができて

 

 

 

元気に暮らせてるのは、やはり

 

 

 

家族や仲間に必要とされていて

 

 

 

何かしら”役に立ててる”って

 

 

 

実感が得られるから、伴う幸福感も

 

 

 

感じられてる。

 

 

 

 

 

 

幸せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、いずれ歳を取り、定年を迎える頃

 

 

 

ボク達は今まで通り、会社や仲間から

 

 

 

必要とされるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなってないと、結構ヤバいよって話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来ならば、30数年とかの長きに渡る

 

 

 

労働期間を終え、住宅ローンを支払い

 

 

 

子どもを育て上げ、ようやくホッと

 

 

 

一息付くことができる定年後のはずが

 

 

 

今の日本では貧困生活への入り口に

 

 

 

なろうとしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうした声が聞こえるようになった

 

 

 

背景は、少子高齢化や医療費負担の増加

 

 

 

年金制度を不安視する現状なんかが

 

 

 

複雑に絡み合ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、実際にどの位の老後資金を

 

 

 

蓄えておかないといけないかって、

 

 

 

あまりピンと来てる人が少ない現状。

 

 

 

 

 

 

貧乏老後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このバランスが保たれていないから

 

 

 

老後の生活に苦労する人が多いし

 

 

 

この先もっと、深刻な状況に

 

 

 

陥ることが予想されてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、頼みの綱の”年金”の財源が

 

 

 

枯渇する可能性もあるし、

 

 

 

ポックリ逝ければいいけど

 

 

 

医療の向上によって、簡単に

 

 

 

死ねない時代がやってくる。

 

 

 

 

 

 

 

医療費もかかるよね。

 

 

 

 

 

 

yjimage83X4ZD4K

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなったら、自分の力で

 

 

 

どげんかせんとイカン。

 

 

 

 

 

 

 

当然のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、前置きが長くなったけど

 

 

 

将来必要とされる生き方をしたほうが

 

 

 

イイってことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、仮に65歳で定年したとしても

 

 

 

その先も元気で動ける確率は高い訳で

 

 

 

幾らかにもよるけど、ほとんどの人は

 

 

 

退職金と年金だけじゃ、かなり厳しい

 

 

 

生活になるって統計も出てるから、

 

 

 

だったら働いて稼ぎたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時に、どんな仕事があるのか

 

 

 

また、必要とされるかによって

 

 

 

収入は大きく異なる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし「会社から必要とされる高齢者」

 

 

 

なりたいのなら、選択肢は二つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つは、より高度な専門性やスキル

 

 

 

マネジメント力を身につけること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い人では到底辿り着けない

 

 

 

専門職能を極めるとか、新規ビジネスを

 

 

 

生み出し、成長させる経営能力

 

 

 

備えるとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、自分で道を切り開いて行ける

 

 

 

ってことかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人なら、企業は高い賃金を

 

 

 

払ってでも雇いたいはずだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この道を選択するには、

 

 

 

過去の相当な努力や勉強が

 

 

 

求められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、それができない人は

 

 

 

どうすればいいのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残るもう一つの選択肢は、

 

 

 

難易度が低い仕事や、

 

 

 

マニュアル化された定型的な

 

 

 

仕事をこなすことを受け入れること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去に、部長や課長とかの役職者

 

 

 

だった頃のプライドを捨て、時には

 

 

 

パートやアルバイトと同じ職能レベルの

 

 

 

仕事を黙々とこなす人材になるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

企業からすれば、たとえ単純作業でも

 

 

 

新たな人材を雇って一から教育するより

 

 

 

長く勤めてきて会社や業界のことを

 

 

 

よく知っている人に任せたほうが

 

 

 

コストも安いし安心。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、こっちを選んでも

 

 

 

「企業からある程度評価される高齢者」

 

 

 

になることはできるって言えるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その大前提として

 

 

 

新たな環境で同僚になった人たちと

 

 

 

円滑にコミュニケーションを取ることが

 

 

 

求められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場合によっては、正社員時代に

 

 

 

部下だった人が上司になることも

 

 

 

あるだろうから、そうした変化に

 

 

 

柔軟に対応できる力も必要だよね。

 

 

 

 

 

 

 

プライドだけ高い、頑固ジジイじゃ

 

 

 

ダメだってこと。

 

 

 

 

 

 

老害

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにしても、必要とされないことは

 

 

 

悲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、今そのチカラを

 

 

 

養う必要があるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歳を重ねれば、アタマも固くなる。

 

 

 

柔軟な発想ができにくくなるから。

 

 

 

 

 

 

石頭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、積み重ねてきた経験も

 

 

 

その柔軟発想の邪魔をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤバいと思ったときに、急には

 

 

 

対応できないんですよ。

 

 

 

人間って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ一度の人生です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせなら、ボクは人の役に立ちたいし

 

 

 

人よりも”幸せだ”って実感したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然個人の感じ方次第だけど、

 

 

 

やっぱり、より必要とされるのって

 

 

 

仕事をこなすより、

 

 

 

創り出す前者だって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、もう40代中盤。

 

 

 

 

 

 

 

 

社会人生活も約半分が過ぎ

 

 

 

あと20年しかないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りの活躍できる人生を、

 

 

 

20年で終えるのか、30年に延ばすのか

 

 

 

もし孫がいて、お正月にあげるお年玉が

 

 

 

千円なのか、1万円なのかは

 

 

 

ボク次第ってことなんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その為にはまず、

 

 

 

体が資本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康はお金じゃ買えないから、

 

 

 

まずは普段の生活から、

 

 

 

健康に気をつけることが

 

 

 

一番だって結論で

 

 

 

〆たいと思いますm(__)m

 

 

 

 

 

 

yjimageUD7EP604

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

将来必要とされるには・・・①

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

3月12日 日曜日の

 

 

 

なおくんブログ”584です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログで、人の役に立つ

 

 

 

ってことは、まず軸となる自分が

 

 

 

一番大事だってことを書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書いてて改めて考えるのは、

 

 

 

 

 

 

人は誰かに必要とされたとき

 

 

 

幸せを感じる生き物

 

 

 

なんだなってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、本でも読んだことがあるけど

 

 

 

必要とされるためには、2つの大切な

 

 

 

要素があって、

 

 

 

 

 

”能力””存在”なんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時には両方が作用する場合もあるん

 

 

 

だろうけど、必要とされるときは

 

 

 

必ずどちらかが関係する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば・・・

 

 

 

一概には言えないけど、

 

 

 

会社とかで関わる人とかは、ボクの

 

 

 

能力を必要としてると仮定します。

 

 

 

知識とか、技術とかね。

 

 

 

 

 

能力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、それだけでも必要とされるって

 

 

 

こと自体嬉しいんだけど

 

 

 

認識しなきゃならないことは、

 

 

 

能力には代わりがいるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクじゃなくても、同じような能力

 

 

 

持ってる人がいる場合もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、存在はどうかって考えたら

 

 

 

ボクは世界に一人しかいない

 

 

 

唯一無二の存在。

 

 

 

誰にも真似できないよね。

 

 

 

 

 

存在

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったら、ボクの本当の価値を、

 

 

 

能力から存在に変えることができると

 

 

 

すれば、そこの競争はない。

 

 

 

 

 

 

オンリーワンだから。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもよくよく考えたら、どんな人でも

 

 

 

存在しているだけで、価値があって

 

 

 

その存在価値をどう伸ばすかが

 

 

 

重要だって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢化社会とか、AIの台頭とかが

 

 

 

取立たされる昨今、10年後、20年後

 

 

 

今自分が取り組んでいる仕事が

 

 

 

無くなってる可能性もあれば

 

 

 

年齢と共に、必要とされなくなる

 

 

 

可能性もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

定年退職とかもそのひとつ。

 

 

 

 

 

 

定年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AIに仕事を奪われるかどうかは

 

 

 

改めて書くとして、高齢化社会は

 

 

 

これから先もどんどん加速する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療も発達する一方、少子化だから

 

 

 

これは避けられない事実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の日本の制度である”年金”が、

 

 

 

ボクらが受給資格を持つ位まで

 

 

 

健全に機能しているとは到底思えない。

 

 

 

 

 

 

高齢化社会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことは、今からその先の事を

 

 

 

真剣に考えとかないといけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定年退職時に貰える”カモ”知れない

 

 

 

退職金も、貰える人も居いれば無い人も

 

 

 

いるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高齢化のリスクのひとつでもある

 

 

 

医療の向上に伴う、”死ぬ確率”の

 

 

 

低下も考慮すると、長生きする分、

 

 

 

退職金だけで足りるのか?? オイ!

 

 

 

ってことも不確か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな現実が、そんなに遠くない

 

 

 

自分自身に差し掛かってるってことが

 

 

 

認識できてる人が一体どれだけ

 

 

 

いるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気なうちは元気に働き、

 

 

 

ある程度は自分で稼ぐ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これができれば一番だけど、

 

 

 

その時に自分が、

 

 

 

 

 

 

 

【必要とされる人でいられるか】

 

 

 

 

yjimageRHE87C4N

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、かなり重要だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機械やコンピューターに

 

 

 

仕事を奪われる可能性が高い時代です。

 

 

 

 

 

 

AI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若者よりも、体力も瞬発力も劣る

 

 

 

高齢者です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この、将来的に必要とされる人に

 

 

 

なるって、かなり「狭き門」だって

 

 

 

認識できますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、歳と共に衰えるであろう

 

 

 

能力”勝負ではなく、

 

 

 

自分の”存在”意義を高める

 

 

 

努力が重要だって言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすれば、おのずと

 

 

 

必要とされるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はもう少し具体的に

 

 

 

ボクが考える、”必要とされる方法”

 

 

 

なんじゃないかってことを

 

 

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes