カテゴリー別アーカイブ: 今想うこと

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

11月9日 金曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,151号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日の立冬を迎え

 

 

 

ぼちぼちボク達の廻りでも

 

 

 

忘年会シーズンに入る頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡でも

 

 

 

昨年同様、沢山の忘年会の

 

 

 

お問い合わせをいただき

 

 

 

人気の日は、泣く泣く

 

 

 

お断りしなくちゃいけないとこも

 

 

 

あるくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい忘年会になるように

 

 

 

お料理の内容も色々

 

 

 

検討しているところですヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、福岡県ではまた

 

 

 

飲酒運転によるアホみたいな事件が

 

 

 

起きてましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元学校の校長先生とかも歴任した

 

 

 

立派な教育者であるはずの人の

 

 

 

起こした事故。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸いにも物損で

 

 

 

人の命を奪うとか怪我をさせたとか

 

 

 

そこまでは無いようですが

 

 

 

同乗してた人に罪を着せようとしてたりとか

 

 

 

何となく悪質性も見えるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、理由、状況はどうあれ

 

 

 

未だに飲酒運転が無くならない

 

 

 

その現状にホント呆れてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何であれほど”ダメだ”って言われてたり

 

 

 

人生を棒に振った人が報道されてる中

 

 

 

それでもやることに理解できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『オイラは大丈夫』って

 

 

 

思うんだろうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それとも、公共の交通機関や

 

 

 

タクシーを使うことで、

 

 

 

『お金がもったいない』って

 

 

 

思うんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が一のコトを考えれば

 

 

 

どっちが非効率か理解できない

 

 

 

余程のアホが多いってこと

 

 

 

なんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その年の嫌な事や憂さを晴らし

 

 

 

翌年いい年になるように

 

 

 

みんなで願い集まる忘年会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表現は乱暴ですが

 

 

 

飲んで乗るヤツは

 

 

 

参加すんじゃねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家で細々飲んでな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも、忘年会には

 

 

 

参加するエチケットがあることを

 

 

 

忘れず、節度を持った年の瀬を

 

 

 

迎えてくださいね♪♪

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

10月24日 水曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,137号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つい先日、ボクのひとつ上の

 

 

 

兄貴の誕生日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は便利なのかどうなのか

 

 

 

態々”電話する”という行為を省き

 

 

 

メールやラインを含む、SNSとかで

 

 

 

『誕生日おめでとう』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、一応心で思ってることが

 

 

 

伝えられる時代になった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

声くらい聴いてもいいんだろうけど

 

 

 

何となく、”ボク、あなたのこと忘れてないよ”

 

 

 

その気持ちは届いてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兄貴にメールを一本送り

 

 

 

『ありがとう』の返事を見て

 

 

 

『多分、元気なんだろうな』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えつつ、

 

 

 

ちょっとだけ安心する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、自己満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなとき、フッと

 

 

 

お袋のことを思いだした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お袋も、兄貴のこと

 

 

 

思い出してんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達兄弟、年子で

 

 

 

お世辞にも全然大人しくもなく

 

 

 

やんちゃなクソガキだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

育てるの、本当に大変だったと

 

 

 

思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い頃はよく考えたこともなかったけど

 

 

 

人間はこの世に生を受け、

 

 

 

すぐに自分の力で生きていける

 

 

 

動物じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生れた直後なんか、廻りが

 

 

 

全力でサポートしないと

 

 

 

多分一日だって生きられないはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の野生動物なんかは

 

 

 

数分で自分の足で立ち、

 

 

 

歩き始めたりするのにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が自分の力で

 

 

 

生きていけるようになるまで

 

 

 

ボク達は沢山の人に

 

 

 

支えてもらったんだって

 

 

 

今だから思える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのにガキの頃は

 

 

 

親の小言をウザいと思ったり、

 

 

 

周りの大人に反抗的だったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が全て正しくて、

 

 

 

独りよがりなことが多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、ボクの娘ちゃんが

 

 

 

まさにそんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昨夜も自宅で、奥様と娘ちゃんは

 

 

 

ケンカしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口うるさい奥様が

 

 

 

今は嫌いなように見え、

 

 

 

双方をなだめるボクが居る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもの頃、

 

 

 

誕生日って、何かプレゼントを

 

 

 

買ってもらえる日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今思うのは、

 

 

 

自分が生まれた日は

 

 

 

自分の一番の味方である親が

 

 

 

人生で最も苦労した日でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来、感謝以外

 

 

 

ないんじゃないのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身内の誕生日と

 

 

 

我が家の日常が交差することで

 

 

 

”感謝”の気持ちをの大事さを

 

 

 

そろそろ本気で、娘ちゃんに

 

 

 

伝えなきゃいけない時期だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝晩めっきり肌寒くなり

 

 

 

ボチボチ街の木々が

 

 

 

紅めいてくる時期に思ったのは

 

 

 

大体そんなことです。

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

10月20日 土曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,133号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日たまたま見てた

 

 

 

ワイドショー的な番組で想ったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京の超一等地と言っていい

 

 

 

港区は南青山に、児童相談所とか

 

 

 

DV被害者を一時保護する

 

 

 

母子生活支援施設などが入る

 

 

 

「子ども家庭総合支援センター」を

 

 

 

建設する予定に対して、

 

 

 

近隣の住民たちが、

 

 

 

反対してるってニュースを見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに、何で反対意見が

 

 

 

出てるかっていうと、

 

 

 

ちょっと要約しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「高級ブランドショップなどが立ち並ぶ

 

 

 

超一等地のオシャレな南青山に

 

 

 

DVを受けたり、生活に困窮してる

 

 

 

人達が入ってくると、

 

 

 

港区の価値が下がるじゃねーか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほう…

 

 

 

そうですか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも行ったことはありますね。

 

 

 

南青山。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かにお洒落なお店が沢山あったし

 

 

 

環境も便利も良く、人気の街なんだろうなって

 

 

 

思いましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土地代も高く、当然家賃も

 

 

 

高いんだろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、セレブの街って

 

 

 

ことなんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この意見は、港区の職員さんが

 

 

 

近隣住民に対して行った説明会の時に

 

 

 

出たものらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの意見の後、

 

 

 

『よく言った!!』と言わんばかりに

 

 

 

拍手まで起きたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクこの件、ぶっちゃけ

 

 

 

よくわかりませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南青山、住んだこともないし、

 

 

 

そんな家賃の高そうなとこ

 

 

 

これまでもこれからも

 

 

 

きっと住めないし、むしろ

 

 

 

東京に住もうと思ってない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなボクですから

 

 

 

この住民の意見、

 

 

 

判るはずもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、正直思ったのは

 

 

 

南青山に住んでるからって

 

 

 

どんだけなん?  ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

港区の職員さんは、

 

 

 

『全ての機能を集約する為の用地が

 

 

 

ここしか取れず、仕方なかった。

 

 

 

逆に福祉施設があることで、

 

 

 

さらに港区の子供を守っていき、

 

 

 

家族という絆を大事にしたい。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな想いを語ったそうですが、

 

 

 

住民的にはどうしても、

 

 

 

児童養護施設≒”生活困窮者””不良”

 

 

 

っていうイメージがあって、

 

 

 

それがこんな意見に

 

 

 

繋がってるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偏見だと思うがね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、完全否定はしませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域の雰囲気やカラーって、

 

 

 

住民が作る部分も確かにあるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、反対する理由が気に食わない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『こんな地代の高いところに

 

 

 

無理繰り建てるんじゃなく、

 

 

 

もう少し安くて環境がいい場所に

 

 

 

複数建てた方が救済になる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな理由だったら

 

 

 

みんながもっとハッピーな気持ちに

 

 

 

なれるのに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の反対意見

 

 

 

きっとお金持ちのご意見だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も言いますが、

 

 

 

完全否定してる訳じゃありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余裕がある生活をお過ごしなら

 

 

 

もう少しだけ、気持ちにも

 

 

 

ゆとりと余裕と優しさがあったらいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすれば、南青山を

 

 

 

呆れるくらい、嫌いにならなくて

 

 

 

済みそうですから。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

10月19日 金曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,132号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日でしたが、

 

 

 

朝、新聞の一面記事を見て

 

 

 

目を疑いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”九大病院が2外科を統合へ”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い世代の方は

 

 

 

【ふぅーん…】って思うレベルだと

 

 

 

思いますが、ピンとくる人は

 

 

 

これがどれだけスゴイことか

 

 

 

判るはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この話題、具体的に説明すると

 

 

 

九州大学医学部が持つ病院が、

 

 

 

病院内に二つある外科

 

 

 

”第一外科”と”第二外科”を

 

 

 

統合させるってもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この二外科、一応それぞれが

 

 

 

専門性を持ち別れてる前提ですが、

 

 

 

場合によって同じ疾患を

 

 

 

診療したりしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者さんにとっては

 

 

 

自分はどっちを受診すればいいか

 

 

 

分かりにくいし、近年は

 

 

 

お医者様不足も深刻化してる、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、統合することによって

 

 

 

治療や研究、教育の質の向上を

 

 

 

目指そうってもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、想像に容易い通り

 

 

 

全国的にこんな大きな大学病院って

 

 

 

それぞれの科で

 

 

 

ライバル関係だったり

 

 

 

競い合ってたり、簡単に言うと

 

 

 

水と油みたいな関係らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の伝統やしがらみなんかもあり

 

 

 

統合の動きがあっても、

 

 

 

現実進まないことが多いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それ以上に医師不足が加速し

 

 

 

存続が困難になり相次いで統合する

 

 

 

動きもあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、九大まで…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ、時代も変わってるって

 

 

 

事なんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しがらみに拘り、存続すら

 

 

 

危ぶまれるか、未来を見るか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな選択なんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回統合を進める教授の先生は

 

 

 

「統合により、質の高い治療ができるし

 

 

 

医師も多くの経験を積んで

 

 

 

研究にも生かせる。

 

 

 

九大の医療が

 

 

 

世界の大学に対抗していくための

 

 

 

第一歩にしたい」ってコメントを

 

 

 

出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水と油も、それを繋ぐ役割があれば

 

 

 

一時的にちゃんと混ざる。

 

 

 

ドレッシングみたいにね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界と肩を並べられる程

 

 

 

高度な医療が九州に根付くように

 

 

 

この統合がうまく進むことを

 

 

 

願いたいな♪♪

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

10月18日 木曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,131号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、博多駅にほど近い

 

 

 

ウェディング系の専門学校の

 

 

 

外部講師の大役を拝命し

 

 

 

臨時講師として授業をしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人前でしゃべることって

 

 

 

ボク自身そんなに苦じゃないんだけど

 

 

 

何かを教える(教鞭を取る)って

 

 

 

中々単純じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして学校から指定された

 

 

 

授業の内容は

 

 

 

『ホテル支配人の仕事とは』

 

 

 

というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通にしゃべるなら

 

 

 

多分何時間でもしゃべれるけど

 

 

 

 

 

『具体的に要点を突き、

 

 

 

 学生さん達に興味を持って

 

 

 

 もらえるように面白おかしく

 

 

 

 そして為になる内容』

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなバカデカいハードルが

 

 

 

ボクの脳裏に立ちはだかる。

 

 

 

だって、”授業”だからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えるだけで

 

 

 

めちゃくちゃストレスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも引き受けちゃったしなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな気持ちで臨みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中身は割愛しますが、

 

 

 

やはり、付け焼き刃では

 

 

 

良い内容の講義なんてできる訳ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『申し訳ないなぁ~…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとそんな事も考えますが

 

 

 

今回、ボクの目の前に集まってくれた

 

 

 

学生さんは、約80名。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに沢山の若い人達が

 

 

 

ウェディングの仕事に興味を持ち

 

 

 

【将来チャレンジしたい仕事】として

 

 

 

考えてくれてるってことが

 

 

 

結婚式業界従事者として

 

 

 

スゴク嬉しく思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ボクのつまんない話を

 

 

 

真剣に聞いてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな輝かしい未来を夢見て

 

 

 

期待を膨らませる若い力、

 

 

 

今後のウェディング業界には

 

 

 

間違いなく不可欠。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一歩足を踏み入れた時

 

 

 

【こんなはずじゃなかった】とか

 

 

 

【思ってたのと違うな】なんて

 

 

 

思われないように

 

 

 

今生業としてるボク達が

 

 

 

未来を創ることも意識し、

 

 

 

この業界を発展させなきゃ

 

 

 

いけないよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の授業、2コマを

 

 

 

受け持たせていただき

 

 

 

一コマ目と2コマ目の休み時間、

 

 

 

チャイムと共に、80人全員が

 

 

 

同じ動きを取ったことに驚いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員が一斉にスマホを見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”サッ”と音がする位、

 

 

 

80個の頭が下を向くんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある意味、スゲー。

 

 

 

”これも時代だな”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思った昼下がり。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

皆様、ご清聴

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

10月16日 火曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,129号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年の10月から

 

 

 

消費税が現行の8%から10%へと

 

 

 

増税されることがほぼ

 

 

 

確実視されてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで何度も検討され

 

 

 

色んな理由で先送りされてきたし、

 

 

 

日本の未来のことを考えれば、

 

 

 

ある程度増税は仕方ないかな…

 

 

 

 

 

 

個人的にはそう思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、本心はなるべく

 

 

 

お金は払いたくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰だってそうだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、国もこの増税には

 

 

 

かなり慎重になってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選挙の前にやるのか後にやるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

それによって、支持政党が変わったりする

 

 

 

非常にセンシティブな問題だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そもそも国民の義務である

 

 

 

納税について、国民は本当に

 

 

 

理解しているのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達日本国民は、国家が

 

 

 

国家として存在しているお陰で

 

 

 

色んな恩恵を被っているのも事実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、それら国家のシステムを

 

 

 

ちゃんと機能させるためには

 

 

 

ある程度のお金がかかることは

 

 

 

意外と忘れがち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一定の年齢になれば、

 

 

 

年金をもらうことができるのも

 

 

 

今の国のシステム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気になっても、医療保険が適用されて

 

 

 

全員じゃないかも知れないけど

 

 

 

大体の人が安心してお医者さんに

 

 

 

診てもらうことができるのも

 

 

 

今の国のシステム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校、中学校で、ちゃんと教育

 

 

 

受けることが保証されているシステム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが成り立つのは、

 

 

 

皆が納めている税金のお蔭。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段の生活に密接すぎて

 

 

 

忘れがちになってはいますが

 

 

 

このシステムは、自然に成り立ってる

 

 

 

訳じゃなく、きちんと整備されてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、今までのままでは

 

 

 

このシステム維持が難しいから

 

 

 

増税というカタチで

 

 

 

国民で協力し合おうってのが

 

 

 

増税の意義。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その辺をもう少し解りやすく

 

 

 

広く正確に説明すれば、

 

 

 

そんなに増税に反対する人は

 

 

 

少なくなるんじゃないかなって

 

 

 

単純に思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世論を見ても、増税賛成派は47%、

 

 

 

反対派は48%と、わずか1%の差ながら

 

 

 

反対派が上回ってるって数字も出てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはやっぱり、

 

 

 

みんなに協力してもらった税金を

 

 

 

適正に使うかどうかが問題で、

 

 

 

それも国民が選んだ国会議員さん達に

 

 

 

ある程度委ねなきゃならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると

 

 

 

全て循環してて、

 

 

 

選挙権がある大人が

 

 

 

選挙に行かずして、国の施策に

 

 

 

ガタガタ言っちゃいけないし

 

 

 

もっと興味を持って参加しなきゃ

 

 

 

いけないよなって、こんな時期には

 

 

 

改めて強く考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

増税が敢行されれば

 

 

 

色んな駆け込み需要なんてのも

 

 

 

起きるかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、駆け込みの後には必ず

 

 

 

その反動は起きる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年以降、結婚式をご検討の皆様、

 

 

 

確かに結婚式にかかる費用、

 

 

 

安くないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、だからといって、

 

 

 

『増税前に挙げた方が…』

 

 

 

なんて単純な理由だけで、

 

 

 

時期を選択しないほうが

 

 

 

ボクはいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来て下さる方の笑顔をイメージし

 

 

 

自分達の生活リズムや

 

 

 

サイクルを重視し、無理しない方が

 

 

 

いい結婚式になると思うから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方が、呼ばれる人たちも

 

 

 

嬉しいと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、適齢期の人達は、

 

 

 

来年の秋まで、結婚式に呼ばれる率が

 

 

 

激増するかもしれないからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、先日書いた

 

 

 

東京オリンピックの費用もそうだけど

 

 

 

国には適正な税金の使い方を

 

 

 

切に願います。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

10月14日 日曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,127号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日今日と、結婚式本番で

 

 

 

慌ただしく一日が過ぎました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

程よく心地いい疲れを感じつつ

 

 

 

楽しく、充実した一日を振り返ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で、未来の結婚式を夢見る

 

 

 

カップルさんのお下見にも

 

 

 

沢山お越しいただき、

 

 


ウェディングサロンも

 

 

 

随時満席状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い起こせば数年前、

 

 

 

まだこのホテルをスタートさせた頃から考えると

 

 

 

こんなにお客様にお越しいただき、

 

 

 

結婚式を検討してくださる方が

 

 

 

増えてくださっただけで

 

 

 

本当にありがたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日常に感謝しなきゃなって

 

 

 

最近改めて思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式を検討されるカップルさんに

 

 

 

まずはこのホテルを

 

 

 

知っていただかなくてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ボク達のホテルで働くスタッフは

 

 

 

全国の名だたる一流ホテルで経験を積み

 

 

 

この福岡は西区の地に

 

 

 

集まってきたとはいえ

 

 

 

オープン当時、ホテルのブランドも

 

 

 

浸透していなければ、ホテルとしての

 

 

 

実績もない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知ってもらったからと言って

 

 

 

お客さまに信用してもらえる要素も

 

 

 

あまりない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時代から少しずつ

 

 

 

本当に少しずつ、

 

 

 

経験と実績と信用を

 

 

 

積み上げてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満足するにはまだまだだけど

 

 

 

一流ブランドホテルにはない

 

 

 

お客様に寄り添った、

 

 

 

家族みたいなホテル、

 

 

 

そして、ボク達ウェディングに携わるみんなが

 

 

 

それぞれ、その結婚式に出席するかのような

 

 

 

身近で温かい、一生忘れられない想い出が残る

 

 

 

結婚式をプロデュースする

 

 

 

そんな特別な存在になりたいと

 

 

 

思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

リブランドオープンから4年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にまだまだですが

 

 

 

今の現状が当たり前じゃなく

 

 

 

常に感謝の想いを乗せ

 

 

 

お客様と一期一会の関係性を

 

 

 

築いていくチームにしていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山のお客様の笑顔に囲まれ

 

 

 

『ありがとう』のお言葉を

 

 

 

かけていただきながら考えたのは

 

 

 

大体そんなことです。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

10月12日 金曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,125号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本政府が今日の閣議で、

 

 

 

天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う

 

 

 

儀式の詳細を検討する「式典委員会」

 

 

 

の設置を決定したって発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存じの方も多いと思いますが

 

 

 

年明けの4月30日に

 

 

 

天皇陛下は退位され、

 

 

 

翌5月1日に皇太子殿下が

 

 

 

新天皇に即位されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この”天皇陛下が変わる”って経験は

 

 

 

なかなかできるものではないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクが中学校から高校に上がる頃、

 

 


昭和から平成に変わる瞬間に

 

 

 

立ち会った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの記憶では、昭和から平成へと

 

 

 

移り変わった時、何となく国民全体が

 

 

 

喪に服し、自粛ムードで

 

 

 

どんよりした雰囲気だったように

 

 

 

記憶してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今回との大きな違いは

 

 

 

現天皇陛下がご存命だってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから前回みたいに

 

 

 

暗い雰囲気にはならないと思うけど

 

 

 

祝賀ムードってことも無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

では、国民生活に

 

 

 

どんな影響があるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、ボクの仕事に

 

 

 

かなり大きく影響するのは

 

 

 

新天皇即位の日にあたる5月1日を

 

 

 

祝日にしようって動きがあること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


世間はゴールデンウィークの

 

 

 

真っただ中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると、今の日本の祝日法では

 

 

 

 


「祝日に挟まれた両隣の日を休日にする」

 

 

 

 


そう定められてるので、

 

 


そうなると、

 

 

 

4月30日と5月2日が休日となり

 

 

 

結果的に、4月27日から5月6日まで

 

 


最大で10連休になる可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サービス業であるボクの立場で

 

 

 

言わせていただくなら、

 

 

 

稼ぎ時のお祭り状態が10日間も続く

 

 


過去例をみない、すげー

 

 

 

ゴールデンウィークを迎えるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しいような、困惑するような

 

 

 

率直に、不思議な気持ち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この、即位の礼の時の

 

 

 

国民の動向って、どうなるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休みだから出歩くのか

 

 

 

テレビの報道を見るのか

 

 

 

ちょっと見当が付きませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうなるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに、これはあまり

 

 

 

ご存じない方も多いみたいですが

 

 

 

逆に来年は、天皇誕生日が

 

 

 

ナイことになるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成天皇の誕お生日は、

 

 

 

12月23日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、皇太子殿下のお誕生日は

 

 

 

2月23日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月23日は現天皇陛下は

 

 

 

退位してて、2019年2月23日は

 

 

 

現皇太子殿下はまだ即位前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よって、2019年は天皇誕生日に

 

 

 

ありつけないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもまぁ、

 

 

 

ゴールデンウィーク、

 

 

 

これだけ休めればいいか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

ちょっと待って!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことはボク、

 

 

 

ゴールデンウィーク、

 

 

 

10連勤確定なのか?…<(`^´)>

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

10月11日 木曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,124号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前に、

 

 

 

2020年、東京五輪・パラリンピックに

 

 

 

掛かる費用が総額で

 

 

 

3兆円を超えるかも!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな報道が出てましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3兆円越えかぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、全然ピンときません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高いのか安いのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも確か、誘致段階では

 

 

 

既存の施設を活用する

 

 

 

「世界一エコでコンパクトな五輪」みたいな

 

 

 

スローガンを掲げ、誘致に成功したような

 

 

 

記憶もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、実際に公表されてる数字を

 

 

 

調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大会組織委員会が公表した

 

 

 

そもそもの費用の試算は

 

 

 

合計1兆3,500億円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組織委員会と東京都が

 

 

 

6,000億円1兆2,000億円

 

 

 

そして、国が1,500億円

 

 

 

負担する計画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、会計検査院の調べだと

 

 

 

既に国は、約8,011億円を支出してて

 

 

 

予算額を約6,500億円以上も上回ってる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして東京都も、当初の予算とは別に

 

 

 

8,100億円の計上を

 

 

 

見込んでいるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予算のデカさにも全然ピンと来ないけど

 

 

 

この予算オーバー額には

 

 

 

もっとピンと来ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予算って言葉の意味、ご存じですか?

 

 

 

と思っちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、どう思われますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この問題、またまたネットでは

 

 

 

かなりヒートアップしてて、

 

 

 

色んな意見が出てるみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなにお金がかかるなら、

 

 

 

いっそのこと辞めちゃえとか、

 

 

 

普通の会社なら何社も倒産してるとか

 

 

 

それだけあったら、

 

 

 

津波や災害被害の人全員の

 

 

 

住宅建てて、熊本城復興して

 

 

 

有り余るぐらいの保育士雇えるとか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、予定通りに行かないことも

 

 

 

多々あると思うし、色々やってるうちに

 

 

 

『これじゃ世界中の人達をお迎えするのに

 

 

 

ちょっと恥かしいから、もう少し整備しようか』

 

 

 

 

なんてこともあると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしやらなきゃやらないで

 

 

 

ネット民は、『日本の恥さらし』とか

 

 

 

好き勝手言うだろうからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ始まってもいない大会なのに

 

 

 

国が見込んでた予算を6,500億円も

 

 

 

オーバーしてるってどうよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それって税金でしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこはメチャクチャ杜撰さを感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク自身、ホテル運営をしていく中で

 

 

 

全て予算通りに行くことなんてないから

 

 

 

そこは一定の理解はする。

 

 

 

にしても、この金額変じゃね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それくらいは判る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク、ちょっと前に

 

 

 

東京オリンピックのボランティアの

 

 

 

無茶な人員募集と、その対価が

 

 

 

合ってないんじゃってことを

 

 

 

このブログで書きました。

 

 

 

http://qq2q.biz/Mplj

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確か募集目標人数、11万人

 

 

 

だったと思うけど、人材確保を

 

 

 

懸念するくらいなら、一か月

 

 

 

30万円くらいバイト代出せばいいのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11万人で、バイト代総額

 

 

 

330億円ですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体予算から見れば

 

 

 

大したコトないような気が

 

 

 

するんですけど。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、イマイチ

 

 

 

何にそんなにお金がかかってるのか

 

 

 

見えませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、楽しみなんですよ

 

 

 

オリンピック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、批判ではありません。

 

 

 

 

不思議なだけ <(`^´)>

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

10月10日 水曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,123号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国版のニュースになってたから

 

 

 

ご存じの方も多いと思いますが

 

 

 

一昨日、鹿児島の動物園で

 

 

 

痛ましい事故がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクが高校生まで育った鹿児島。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも、鹿児島県民なら

 

 

 

確実に一度は行ったことがあるであろう

 

 

 

平川動物園で起こりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

希少価値の高いホワイトタイガーが

 

 

 

飼育員を襲い、亡くなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この動物園、ボクは昔から

 

 

 

大好きな場所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ことさら動物が好きな訳でも

 

 

 

ないんですが、鹿児島市内からも

 

 

 

車で30分~40分くらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼い頃家族で行ったり、

 

 

 

幼稚園や小学校の遠足で

 

 

 

何度も行ったり、沢山想い出が

 

 

 

詰まってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地面積も、日本の動物園の中でも

 

 

 

トップクラスだと思うし、

 

 

 

園全体の創りが

 

 

 

何となく好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コアラも、日本でいち早く

 

 

 

展示したしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな想い出の場所で起きた

 

 

 

今回の事故。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起きたことも確かにショックですが

 

 

 

やはり猛獣は危ないってことを

 

 

 

改めて思い知らされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物園の存在意義は

 

 

 

命の尊とさを学ぶことだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけに、何としても

 

 

 

再発防止を願いたい事件です。

 

 

 

Page Top