カテゴリー別アーカイブ: 今想うこと

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

5月27 土曜日

 

 

 

 

なおくんブログ”660号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日、明治が長年にわたり

 

 

 

販売していきたスナック菓子

 

 

 

”カール”を中部地方以東での販売を

 

 

 

中止するってニュースが流れました。

 

 

 

 

 

 

 

yjimage840ZR622

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポテチショックに引き続き

 

 

 

カールショックや・・・・

 

 

 

 

 

 

 

yjimageAKOP1DVC

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発表によると、「チーズあじ」と「うすあじ」

 

 

 

のみが西日本限定で販売されるらしく、

 

 

 

「カレーあじ」などは8月生産分を最後に

 

 

 

この世から姿を消すことになるという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、ガキの頃、

 

 

 

よく食べたなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

チーズ味が好きだった。

 

 

 

テレビCMも、インパクトあったよなぁ~

 

 

 

若い子は知らんかもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいうものの、カールの売上って

 

 

 

最盛期では190億円もあったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

でも今は60億円位に落ち込んでて

 

 

 

売上低迷の理由は、消費者の人気が

 

 

 

コーン菓子よりもポテト菓子に

 

 

 

移行したからなんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど。

 

 

 

判らんでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、ガキの頃は食べたけど、

 

 

 

恐らく過去20年位

 

 

 

食べてないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっちかって言うと、

 

 

 

ポテト菓子の方が好きだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、SNSのフリーマーケットアプリ

 

 

 

メルカリに、早速カールが出品される

 

 

 

事態になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、自由と言えば自由だし

 

 

 

多分冗談のつもりだと思うんだけど

 

 

 

「カールチーズあじ」が、1袋

 

 

 

11万円オーバーで出品されてるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカー希望小売価格の

 

 

 

実に850倍。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカじゃなかろーか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カレーあじ」の製造は中止になるけど

 

 

 

カール自体の販売は継続されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーにも、

 

 

 

まだちゃんと売ってますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今日あたり

 

 

 

食べてみようかな。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少年時代の味がするんだろうか(-_-)

 

 

 

 

 

 

yjimageBMXDBRRJ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

5月17 水曜日

 

 

 

 

なおくんブログ”650号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、ちょっと最近気になってることを

 

 

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『結婚式を挙げる式場を決めました。

 

 

 

でも、本当にそこで挙げてよいのか

 

 

 

後悔しています。

 

 

 

どうしたらよいでしょうか。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この文章の意味解ります?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクがここ1年位の間に、

 

 

 

こんなご相談を頂いた回数、

 

 

 

延べで、10件を超えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一生に一度の結婚式(違う場合もあるけど)

 

 

 

どこで挙げようか、色々検討する中で、

 

 

 

ボク達のホテルも候補に挙げてくださり、

 

 

 

でも最終的に、違う式場に縁を感じられ

 

 

 

ボク達としては、少し残念だけど、

 

 

 

ステキな結婚式を挙げて、幸せに

 

 

 

なってくれればいいなって願い

 

 

 

送り出したお客様から、

 

 

 

数日から数週間後、

 

 

 

こんな相談を受けるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時には、既に他の式場で

 

 

 

お申込みを済ませた後に、

 

 

 

”何か違うぞ・・・”って思ったり

 

 

 

本当に良かったんだろうかって悩み、

 

 

 

クチコミサイトとかを見て、

 

 

 

ココなら相談に乗ってくれそうだってことで

 

 

 

お越しになられる方もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時、ボクが感じるのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『目の前のお二人、

 

 

 

今どんな気持ちなんだろう』

 

 

 

 

 

 

ってこと。

 

 

 

 

 

 

yjimageKKJE26XT

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来さ、結婚が決まって、

 

 

 

これまでお世話になった方々を招き

 

 

 

感謝を伝え、お披露目しよって思い

 

 

 

その時間と空間を、一生忘れられない

 

 

 

想い出にするために、ワクワクするだろうし

 

 

 

楽しみでもあり、言ってみれば

 

 

 

超ハッピーで、最高の気分のはず。

 

 

 

 

 

 

yjimageZ41830SA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに、そんな二人が

 

 

 

沈んだ表情で目の前に居る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時には、新婦様が泣きだしちゃうことも。

 

 

 

 

 

 

yjimageVEWWZVX7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式って、カップル(ご両家)と

 

 

 

式場が同じ目標を持って

 

 

 

一緒に創って行くもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、式場の雰囲気とか見てくれも

 

 

 

確かに大事だけど、それよりももっと

 

 

 

大事なものがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カップル(ご両家)の想いに

 

 

 

本気で寄り添ってくれるプランナ―が居るか。

 

 

 

 

 

 

yjimage8RRFJU0S

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そのゲストとプランナーの想いを、

 

 

 

ちゃんと理解し、受け止め、

 

 

 

カタチに変えられる柔軟性を持てる

 

 

 

式場(会社)かどうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが備わってない式場を

 

 

 

不幸にも選んでしまった時

 

 

 

お客様が相談に来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、本当に罪だなって思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、よその式場が罪ってことよりも

 

 

 

ボク達を候補に挙げてくださったとき、

 

 

 

何故もっと、その重要性や価値を

 

 

 

お伝えできなかったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”ボク達と一緒最高の結婚式を創ろう”

 

 

 

て、何故もっと思い切り

 

 

 

背中を押してあげられなかったのか。

 

 

 

 

 

 

yjimageT09XFK5H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしてあげることによって、

 

 

 

単純に、悩んだり、後悔してしまう

 

 

 

カップルさんが減る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけでも、ボク達を選んでくださる

 

 

 

意義があるのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、結婚式を正式に申し込む時って

 

 

 

申し込み金が必要で、その金額は

 

 

 

式場にもよるけど、大体

 

 

 

10万円から20万円位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、一度申し込むと

 

 

 

そのお金は、いかなることがあろうとも

 

 

 

基本、返ってこない。

 

 

 

 

 

 

yjimageUPKJCE2K

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様は、自分の貴重な時間を使い

 

 

 

式場を選ぶ努力をするのに、

 

 

 

もしちゃんと選べなかったら

 

 

 

その後、経済的にも精神的にも

 

 

 

ダメージを受ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、こんなことって

 

 

 

オカシイと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達は、幸せのお手伝いをしているはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式従事者が、幸せなであるはずの

 

 

 

カップルを悩ませたり、後悔させては

 

 

 

本末転倒ではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考え、ボク達はこれからも

 

 

 

常に正直に、正しいことを

 

 

 

正確に伝える力を養っていかなければ

 

 

 

いけないなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、このブログを読んで

 

 

 

少しでも違和感を感じたり、後悔している

 

 

 

カップルさんがいたら、なおくんに

 

 

 

遠慮なく相談してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100%円満解決できるかわからないけど

 

 

 

お二人に寄り添い、

 

 

 

ボク達にできることは全部やります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、これから式場を

 

 

 

検討されるお客様は

 

 

 

是非、後悔が無いように、

 

 

 

見た目だけでは

 

 

 

決めちゃわないでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度決めた式場をキャンセルするって

 

 

 

できれば無い方が幸せだと思うから。

 

 

 

 

 

 

 

キャンセル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

5月7 日曜日

 

 

 

 

なおくんブログ”640です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日でGWも終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この連休中、行楽などで

 

 

 

色んな想い出を作られた方

 

 

 

お仕事が忙しかった方、様々だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、連日結婚式の本番があったり

 

 

 

結婚式をご検討されるお客様の

 

 

 

お下見があったりと、結婚式一色の

 

 

 

ゴールデンウィークでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて、結婚式に携わる仕事は

 

 

 

ホント、人間らしい仕事だなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、異なる家庭環境や背景を持った

 

 

 

二人と、2つの家同士が、

 

 

 

親戚付き合いをスタートさせるけじめの日で、

 

 

 

ご両家のお父様やお母様をはじめ

 

 

 

本人同士はいいとして、遠近はあるけど

 

 

 

各親戚が初めて顔を合わせたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人と人との出会いを紡ぐ

 

 

 

特殊な日だって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、100人の列席があれば

 

 

 

100人全員が、一緒に笑い、泣き、感動する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、同じ空間が同じ感情に

 

 

 

染まることって、そうそうあるもんじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の感情が一気に交差する場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが結婚式で、その当日も

 

 

 

式場をどこにするのかを選ぶ準備段階でも

 

 

 

選ぶカップルさんは、必ず誰か他人の喜ぶ顔を

 

 

 

イメージしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが人間らしいと言わずして

 

 

 

何と言うだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慌ただしかったし、反省も沢山あった

 

 

 

連休だったけど、本当に楽しかったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、もっと楽しくなるように

 

 

 

結婚式のありかたを始め、

 

 

 

色んな展開を計画中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログでも情報をいちはやく

 

 

 

発信していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも

 

 

 

宜しくお願い致しますヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

5月5 金曜日 子供の日

 

 

 

 

なおくんブログ”638です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GWも終盤に差し掛かってきました。

 

 

 

皆様、如何お過ごしでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は子供の日。

 

 

 

 

 

ウィキペディアによると、

 

 

 

”祝日法”ってのがあって、子供の日の定義は

 

 

 

 

 

 

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福を

 

 

 

はかるとともに、母に感謝する

 

 

 

 

 

 

ことが趣旨であるって書いてあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうか。

 

 

 

確かに、子供は未来の宝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな子供が、健やかに育つ環境を

 

 

 

ボク達大人がちゃんと作って行くのは当然で

 

 

 

且つ、母に感謝する日なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん・・・

 

 

 

母ちゃん、元気かなぁー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、2017年の新年正月に

 

 

 

『近々に家族で顔出すよ』

 

 

 

そう、嘘をついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、ダマそうと思ってた訳じゃないけど

 

 

 

まだ実行できてないってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、家族全員のスケジュールを

 

 

 

合わせることは容易じゃないし、

 

 

 

ボクだって、決して暇してた訳じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この数か月間の内のたった1日、

 

 

 

本当に、本当に

 

 

 

調整できなかったんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、できたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お袋もまだまだ元気で、

 

 

 

趣味の社交ダンスもバンバンやってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

電話もメールも、いつでもやれる環境にある。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、順当にいけば確実に

 

 

 

ボクより先に死ぬであろうことが

 

 

 

全然実感できてないし、この便利な環境に

 

 

 

甘んじ、自分に言い訳してるんじゃ

 

 

 

ないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人って、きっとボクだけじゃ

 

 

 

ないだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、子供の日だからこそ、

 

 

 

そんなあなたに、是非見て欲しい

 

 

 

政府が制作したショートムービーを

 

 

 

ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

(※2分位で短いですが、音が出ます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今、社会格差が以前よりも広がり、

 

 

 

色んな背景が複雑に絡み合いつつも

 

 

 

時々ブログでも問題視する

 

 

 

『子供の困窮』なんかも

 

 

 

国がちゃんと考えないといけない

 

 

 

重要課題ではあるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもが「夢」と「必要とされている」という

 

 

 

自己肯定感を持てるように導くことが

 

 

 

大人の責任である一方、

 

 

 

子供にも子供なりの役割がある。

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくら大人になっても

 

 

 

親から見れば、死ぬまで子供。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の子供の日は、

 

 

 

親に感謝し、親を想う日であっても

 

 

 

いいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

4月28 金曜日

 

 

 

なおくんブログ”631です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログの続きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故中高年層が、若者に比べ

 

 

 

キレやすい現状にあるのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクにもよくわからないけど、

 

 

 

精神科の先生が分析した結果、

 

 

 

こんな仮説が立てられるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「長年生きてきた中高年は、思ったよりも

 

 

 

多くの不安を抱え続けている。

 

 

 

頼るべき親もいない、先生もいない。

 

 

 

そして、人は先が見えないと不安になるが、

 

 

 

実は先が完全に見えきってしまっても、

 

 

 

同じくらい不安になる」

 

 

 

 

 

 

 

 

らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういうことかっていうと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばこの先、同じ会社にいたとして、

 

 

 

給料はいくら、お小遣いはいくら、

 

 

 

買えるものはこんな感じ、

 

 

 

奥様とはこんな感じで暮らし、

 

 

 

子供の将来はこう、

 

 

 

そしてそのまま定年を迎え、

 

 

 

いずれ死んでいく…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな見え過ぎた状況では

 

 

 

希望が見出しにくくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常で中高年が心に抱き続けている

 

 

 

不安がいつ爆発するとも知れない

 

 

 

マグマだまりのように心の中に溜まり続け

 

 

 

そして、それが一杯になったところに

 

 

 

別の不安が生じると、ついに

 

 

 

不安が溢れ出し、それが”怒り”という

 

 

 

感情となって出現するってことのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

何かよく解らないなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、中高年層にも

 

 

 

”不安要素”って一杯あると思うけど

 

 

 

そんなの若者も多分同じだし、

 

 

 

それが中高年がキレやすい原因に

 

 

 

なるんだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違う先生はこんなことを

 

 

 

書いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「キレる人の心理は、自分より弱者で

 

 

 

怒っても反撃できない人を見つけると

 

 

 

『チャンス!』ってなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その相手がミスとかをした瞬間

 

 

 

『オレの日常の怒りをぶつけよう!』

 

 

 

そんな無意識の構造が働くらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的な例を挙げると、

 

 

 

例えば、サラリーマン中高年にとって

 

 

 

“かわいい後輩”と“いけ好かない後輩”が

 

 

 

いたとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいい後輩が遅刻しても、

 

 

 

「あいつめ、しょうがねえなぁ・・・」

 

 

 

って思う程度なんだけど、逆に

 

 

 

いけ好かない後輩が遅刻すると

 

 

 

「あのバカ、なに遅刻してるんだ!」って

 

 

 

腹を立てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな精神構造。

 

 

 

 

 

解ります?

 

 

 

 

 

 

 

yjimageWQ35W4VS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、後輩の“遅刻”自体は

 

 

 

実は怒りとは関係なくて

 

 

 

いけ好かない後輩を怒るためのアラを

 

 

 

日頃から無意識に探してるってこと

 

 

 

なんだろう。

 

 

 

 

 

 

yjimageB60GQC7T

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、それが見えた瞬間

 

 

 

「待ってましたっ!」

 

 

 

とばかりに怒り、キレるってわけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで、恐らく反撃してこないであろう

 

 

 

駅員や窓口の係員、子どもまでもが

 

 

 

”標的”にされるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えれば、しっくりきませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段駅員にキレてる中高年が

 

 

 

仮に反社会勢力の方のマナー違反に

 

 

 

遭遇しても、多分キレたりしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、自分より強者に対して

 

 

 

単純に『チャーンス!』って

 

 

 

ならないからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、不安の強い人って、

 

 

 

本人が無意識なうちに、どこか

 

 

 

キレる相手や理由を探してるってことが

 

 

 

言えるんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加えて中高年層は、若年層と比較すると

 

 

 

経験や知識も多いし、自分よりも

 

 

 

社会的立場が弱い人が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、弱者に対してキレる割合が

 

 

 

高いんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こんな心の動きは

 

 

 

まず自分では気付きにくいんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精神科医の先生は、中高年が

 

 

 

キレやすくなった原因は、時代背景も

 

 

 

かなり大きく絡んでるって分析してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終身雇用や年功序列制度が過去のものに

 

 

 

なりつつある。

 

 

 

 

 

 

yjimageXDNTLFCD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、年とともに給与や役職は上がらない。

 

 

 

パソコンができなければ無能のレッテルを

 

 

 

貼られてしまう、そんな時代です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、年を重ねれば自然と知識量も増え

 

 

 

質問されたり、それゆえ尊敬もされた。

 

 

 

 

 

 

 

でも今は、知識がものを言わない時代。

 

 

 

知識量でスマホに勝てる人は

 

 

 

存在しないから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにしても、現代の中高年が

 

 

 

充実感や安心感を抱きにくくなっていることは

 

 

 

間違いないんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、ボク達は

 

 

 

常日頃からできるだけ冷静になれるように

 

 

 

自分自身のマネジメントが

 

 

 

今後もっと求められるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるべくなら穏やかに

 

 

 

暮らしたいですからね。

 

 

 

 

 

 

 

yjimage25GM955F

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

4月27 木曜日

 

 

 

なおくんブログ”630です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜のニュースで、東日本大震災

 

 

 

復興対策対策担当大臣の辞任に関する

 

 

 

報道が話題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この大臣さん、記者の質問にマジギレしたり

 

 

 

失言があったりと、割と話題豊富な方でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、記者さんの質問に対して

 

 

 

震えながら激ギレしてたのは印象的だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば近年、駅のホームとか

 

 

 

病院の窓口なんかの公共の場所で激昂し

 

 

 

キレる中高年が増えているらしい。

 

 

 

 

 

 

yjimageQ9PM7KVQ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな記事やニュースを、ネットやテレビでも

 

 

 

多々見かけるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、それらキレる人達って

 

 

 

一見、見た目も普通で良識がありそうな

 

 

 

男性に多いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

yjimageE8XF6I84

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、もはや中高年に含まれる部類。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い頃、割と血の気が多かった気がする

 

 

 

ボクですが、最近怒ることは多少あっても

 

 

 

キレることってそうそう、イヤ、

 

 

 

ほぼ無いけどな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にそんな中高年、

 

 

 

多いんだろうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと調べてみたんだけど

 

 

 

実際に中高年がキレやすいってことを

 

 

 

照明できるデータって無いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホラね!!

 

 

 

 

 

 

やっぱり感覚値で

 

 

 

ものを言ってるんでしょ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも調べていくと、

 

 

 

全国のJRとか私鉄が

 

 

 

集計したデータに行きついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年夏に発表した

 

 

 

「鉄道係員に対する暴力行為の件数・発生状況」

 

 

 

によると、15年度の暴力行為は述べ792件で

 

 

 

対象者の年齢別にみると、

 

 

 

20代以下は127件(16%)

 

 

 

30代は149件(18.8%)

 

 

 

40代は140件(17.7%)

 

 

 

50代は153件(19.3%)

 

 

 

60代以上は188件(23.8%)

 

 

 

不明は35件(4.4%)って統計が出てた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この数字、意外じゃないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅員さんにキレて喰ってかかる人って

 

 

 

自制心もまだ育ってない、精神的にも未熟な

 

 

 

若者が多いイメージがあった。

 

 

 

 

 

 

yjimageF5XMVBHX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも実態は、40代以上の中高年が

 

 

 

481件で60%を占めてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半分以上が中高年なんだ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

割合別でみると、若い人が起こす事件が

 

 

 

最も少ないくて、最も多い割合が

 

 

 

60代以上だなんて・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何で中高年層の人、

 

 

 

駅員さんにキレるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日改めて

 

 

 

もうちょっと突っ込んで

 

 

 

考えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

4月24 月曜日

 

 

 

なおくんブログ”627です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日読んだコラムに、

 

 

 

「知的な人物かどうか」は、こんなところを

 

 

 

基準に判断したらいいってのを目にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでて、『へー、、、なるほど・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思う部分もあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達は基本的に、「頭が悪い」

 

 

 

とかって言われると、誰だって嫌だよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、単純に”知的”って言っても

 

 

 

ただ単に計算が早いとか、

 

 

 

頭の回転が速いとか色々あるし、

 

 

 

知性が人間そのものの優劣を決めるか

 

 

 

どうかは、それもまた何か違う気がする。

 

 

 

 

 

 

yjimageFRW95QAY

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭だけよく、ズル賢い人が”知的”だって

 

 

 

表現もしっくりこない。

 

 

 

 

 

 

yjimageH4VVH2IX

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも実際、”知的である”って、世の中においては

 

 

 

確実に有利だし、会社とかも知的な人物を

 

 

 

必要としている。

 

 

 

 

 

 

知的

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、知的かどうかを見極める為に

 

 

 

どんなとこに注視すればいいんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっ紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つ目:異なる意見に対する態度

 

 

 

 

 

 

 

知的な人は異なる意見を尊重するが、

 

 

 

そうでない人は異なる意見を

 

 

 

「自分への攻撃」とみなす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二つ目:自分の知らないことに対する態度

 

 

 

 

 

 

 

知的な人は、判らないことがあることを喜び、怖れない。

 

 

 

また、それについて学ぼうする。

 

 

 

そうでない人は判らないことがあることを

 

 

 

恥だと思う。

 

 

 

その結果、それを隠し学ばない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三つ目:人に物を教えるときの態度

 

 

 

 

 

 

 

 

知的な人は、教えるためには自分に

 

 

 

「教える力」がなくてはいけない、と思っている。

 

 

 

そうでない人は、教えるためには相手に

 

 

 

「理解する力」がなくてはいけないと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四つ:知識に関する態度

 

 

 

 

 

 

 

 

知的な人は、損得抜きに知識を尊重する。

 

 

 

そうでない人は、「何のために知識を得るか」が

 

 

 

はっきりしなければ知識を得ようとしない上、

 

 

 

役に立たない知識を蔑視する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五つ目:人を批判するときの態度

 

 

 

 

 

 

 

 

知的な人は、「相手の持っている

 

 

 

知恵を高めるための批判」をする。

 

 

 

そうでない人は、「相手の持っている知恵を

 

 

 

貶めるための批判」をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

如何でしょうか・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを読んでみてボクは、

 

 

 

「あー・・・、ボクは決して

 

 

 

知的ではナイな<(`^´)>」

 

 

 

 

 

 

 

 

率直に思ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こう考えると、”知的”であるって、

 

 

 

頭脳が明晰であるかどうかなんて話じゃなく、

 

 

 

自分自身の弱さとどれだけ向き合えるか、

 

 

 

みたいな、メンタル的な話であり、

 

 

 

大変な忍耐と冷静さを必要とするもの

 

 

 

なんだと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、知的な人って素敵ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、将来、

 

 

 

内面的に知的なオジサンに

 

 

 

なれるだろうか?   (-_-)

 

 

 

 

 

 

yjimage4HFSHBXU

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

4月23 日曜日

 

 

 

なおくんブログ”626です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の世界的ニュースに

 

 

 

アメリカと北朝鮮の緊張が頻繁に

 

 

 

報道されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴代のアメリカ大統領は、

 

 

 

北朝鮮がどんなに挑発を続けても

 

 

 

実際に武力行使をすることはなかったけど

 

 

 

今回は空母を進軍させたり、何だか

 

 

 

かなり危険な展開が想定される。

 

 

 

 

 

 

空母

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてこの画像、内閣のホームページに

 

 

 

掲載されているもの。

 

 

 

 

 

 

20170422-00000001-wordleaf-0a75e7b124b9b5944e48444c83e6e2c95

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、国民に対し、避難方法や対策を

 

 

 

呼び掛けるものなんですが、一昨日

 

 

 

国からの要請で、各自治体のHPにも

 

 

 

一斉に掲載されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日本では、緊迫した有事が起きた場合、

 

 

 

「Jアラート(全国瞬時警報システム)」で

 

 

 

全国の自治体を通じ警報を出すシステムが

 

 

 

構築されてるらしいんだけど、

 

 

 

警報発令があった場合、具体的に

 

 

 

「地下に逃げろ」みたいな策を提示してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、この平和な日本において

 

 

 

ミサイル攻撃に備えるマニュアル

 

 

 

みたいなのが、国や自治体から

 

 

 

出されるのって、違和感を感じませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この具体例を挙げると、

 

 

 

 

 

1、近くの頑丈な建物や地下街などに避難する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、近くに適当な建物がない場合は

 

 

 

 物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナニ?  物陰に隠れるって・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、何もしないよりはした方が

 

 

 

イイと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、仮に本当にミサイルが落ちたら

 

 

 

そんなことしてもあまり意味がないと

 

 

 

ボクは個人的に思う。

 

 

 

 

 

 

ミサイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時、自分がたまたま居る場所。

 

 

 

それが全てを決めると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言ってみれば、”運”だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクが最近思うのは、

 

 

 

今、平和に暮らしてることが

 

 

 

いつまでも無条件で、永遠に

 

 

 

与えられたものでは無いってコト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクが感じた違和感は、

 

 

 

こんな可愛らしいチラシじゃなくて

 

 

 

もうちょっと、大々的でリアルに

 

 

 

有事に備える啓発をしなくていいのかな

 

 

 

ってところから来たんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分ボク達国民が考えてるよりも

 

 

 

国が認識してる危険性ははるかに高いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むやみに危機感を煽ったりしても

 

 

 

いいことないし、個人個人が一般的にできる

 

 

 

”ミサイル対策”をメチャクチャしたところで

 

 

 

あまり意味もないから

 

 

 

『一応、お伝えしますね』みたいなレベルに

 

 

 

留まってる気がしてならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達が今価値を感じ、仕事をしてる

 

 

 

結婚式や、ホテルなんかのサービス業は

 

 

 

”平和産業”って言われてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平和な世の中じゃないと、

 

 

 

成り立たない仕事だからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、常日頃から

 

 

 

世界情勢にも興味を持ち、

 

 

 

何の足しにならないかも知れないけど、

 

 

 

一人ひとりが、無限ではない平和を

 

 

 

認識し、願う事が大事だと思うし

 

 

 

実際そんな輪が目に見えて広がれば

 

 

 

戦争も起きにくい世の中にならないかなって

 

 

 

甘い考えを持ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だってこの仕事楽しいし、

 

 

 

続けていきたいから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界的に見て、一部の専門家は

 

 

 

『既に第3次世界大戦は始まっている』

 

 

 

という人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前ではないかも知れない

 

 

 

日々の暮らしに、

 

 

 

日々感謝の気持ちを持ち

 

 

 

穏やかな平和を祈りましょう。

 

 

 

 

 

 

yjimagePBZHN70Z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

4月22 土曜日

 

 

 

なおくんブログ”625です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、ピーター・ドラッガーって人

 

 

 

ご存じでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ドラッカー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界でも最も有名な経済学者って

 

 

 

言われてて、その人の本、ボクも何度か

 

 

 

読んだこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日のお休みの日、家を掃除してて

 

 

 

本棚から埃かぶった、この人の

 

 

 

”マネジメント”って本がひょっこり出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社や組織を、どうマネジメントするかって

 

 

 

ベストセラーにもなったビジネス書。

 

 

 

 

 

 

マネジメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、昔読んだなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思いながら、ちょっと

 

 

 

手を止めて読んでみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流し見てると、

 

 

 

・マネージャーとして失格な人の定義

 

 

 

 

という件が目に留まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでて、改めて考えさせられたと同時に

 

 

 

自分がクソガキだった頃を

 

 

 

何だか懐かしく思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、そのクソガキだった

 

 

 

ボクのことを少し書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前職でのお話なんだけど、

 

 

 

ボクは何故か、一般の人から見ると

 

 

 

”若くして出世した”ことがありました

 

 

 

 

 

 

出世

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然過去形です。

 

 

 

 

 

 

 

 

前の会社での話なので(^o^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、今はというと、管理職ではあるけれど

 

 

 

みんなで話し合い、意見を聞いて

 

 

 

できるだけそれを優先させたいと思えるし、

 

 

 

体だって動かして汗もかくし、きついと思うこと

 

 

 

何でもしなきゃならない環境に、

 

 

 

理解した上で身を置いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変だけど、楽しい毎日を送れてる。

 

 

 

色んなことに感謝してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、具体的に前職では

 

 

 

34歳の頃、その会社では過去最年少で

 

 

 

部長職につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”部長”って響き、なんだか

 

 

 

エラそうじゃないです?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、ちょびっとだけ錯覚もしましたよ。

 

 

 

だって、従業員も1,000人を超える

 

 

 

会社だったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上から数えた方が圧倒的に早い序列。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時のボクは、当然

 

 

 

”やらなきゃ”

 

 

 

”がんばらなきゃ”

 

 

 

”結果を出さなきゃ”

 

 

 

そんな意識が強かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就任した初日に、ボクが

 

 

 

部署の仲間に言ったのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ボクのこと、嫌いで結構です。

 

 

 

目的の為に厳しいこと言いますが

 

 

 

その目的達成の為だと認識してください』

 

 

 

 

 

 

 

確か、こんなことだったと思う。

 

 

 

 

 

 

部長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若くて考えも浅く、気持ちが急いて

 

 

 

切羽詰まってたんだと思うけど、

 

 

 

何をエラそうに、『嫌いで結構です』だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今考えれば、ただのアホだったって

 

 

 

反省してますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういうことかって言うと、

 

 

 

就任前後、何かのセミナーか本を読んで

 

 

 

 

 

 

”上司は嫌われることを恐れてはいけない”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう学んだんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『そうか、嫌われたっていいんだ。

 

 

 

成果を上げることが、部署全体の

 

 

 

モチベーションに繋がるんだ。

 

 

 

だったら心を鬼にして、邁進するぞ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そんな考え方の基、

 

 

 

成果なんて中々出るはずもなく、

 

 

 

日々ふれあう人にもまれ、失敗もし

 

 

 

仲間と対話をするようになり、

 

 

 

その考えが間違いだって

 

 

 

割と早く気が付いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”嫌われることを恐れないことと、

 

 

 

嫌われてしまうことは、似ているようで

 

 

 

実はまったく別物なんだ”って。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンと来ます?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司って、部下に好かれる必要はないけど、

 

 

 

嫌われちゃいけない。

 

 

 

ただ、マネジメントが未熟な上司って

 

 

 

「部下に嫌われちゃダメ」って言われると、

 

 

 

部下に媚びたり、必要以上に

 

 

 

甘やかしたりする人もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうじゃなくって、本当に必要なのは、

 

 

 

厳しくても、部下に対する

 

 

 

愛情なんだよね。

 

 

 

 

 

 

愛情

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部署の成果をあげることと同じくらい、

 

 

 

みんなの成長に責任を感じ、

 

 

 

仕事をどうしたら楽しめるかを

 

 

 

真剣に考えること。

 

 

 

 

 

これがマネジメントなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・部下が言うことを聞かない

 

 

 

・思い通りに動かない

 

 

 

・育たない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に思い悩むのって、全て

 

 

 

 

 

 

・部下は言うことを聞き

 

 

 

・思い通りに動くもので

 

 

 

・俺の理想通りに育つもの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな傲慢な考え方が前提だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部下だって人間。

 

 

 

そんな訳、ないじゃんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、上司から愛情を受けられてるって

 

 

 

知れば、多少の厳しい意見を受け入れることも

 

 

 

できると思うけど、そうじゃなきゃ

 

 

 

部下は上司を信用しなくなり、

 

 

 

ただ離れていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、厳しくしたら部下が離れていくってのは、

 

 

 

上司の利己的な部分が見ぬかれている

 

 

 

ってことなんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では、恐怖や権力を使って

 

 

 

部下を思い通りに動かそうとするのは

 

 

 

完全に論外で、とは言っても、

 

 

 

向かうべき方向へと「部下を動かす」のは

 

 

 

必要な仕事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、相手を操作するんじゃなく、

 

 

 

正しい方向へ”結果的に”部下が動く。

 

 

 

そんなマネジメントをしていきたいなって

 

 

 

思えるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだできてないけど・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーター・ドラッガーさんは、

 

 

 

 

 

 

・部下に脅威を感じさせるものを

 

 

 

昇進させてはならない。

 

 

 

そのような者は人間として弱い。

 

 

 

 

 

とまで言っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時のボクは、名誉が欲しいとまでは

 

 

 

言わないけど、自分の満足の為に

 

 

 

人に厳しくしていた。

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ発展途上のボクですが、

 

 

 

休日に再び本を手に取ったのは

 

 

 

きっと必然で、たまにはこんな風に、

 

 

 

昔触れた本に向き合ってみるのも

 

 

 

いいもんだなって

 

 

 

思えた一瞬でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合No1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

4月18 火曜日

 

 

 

なおくんブログ”621です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”嫁ブロック”

 

 

 

 

 

 

yjimageZYBAXP3D

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな言葉をよく、転職サイトとかで

 

 

 

見かけるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職を考える夫の意見も

 

 

 

妻のツルのひと声でご破算になるって

 

 

 

様子を指す表現。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、中途採用で折角内定が出ても

 

 

 

男性候補者が「妻が反対してる」って

 

 

 

理由で辞退したり、転職活動自体を

 

 

 

あきらめたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは転職だけじゃなく、

 

 

 

起業するとかでも同じで、中高年が

 

 

 

「嫁に反対されて」って理由で、

 

 

 

起業自体を断念したなんて話も

 

 

 

よくある。

 

 

 

 

 

 

yjimageSBIN6N4P

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、家庭毎に背景も異なれば

 

 

 

経済環境も違うし、考え方も

 

 

 

全然違うからこの”嫁ブロック”が

 

 

 

イイとか悪いとかをとやかく思うことは

 

 

 

ないんだけど、個人的に

 

 

 

この表現があんまり好きじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、言葉だけが先行すると

 

 

 

単に『理解の無い嫁』とそ尻に敷かれる

 

 

 

『情けない夫』って構図が見えるから。

 

 

 

 

 

 

yjimage0ZJSQV9C

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、実際に”転職”とか”起業”

 

 

 

といった試みには、ある程度のリスクが

 

 

 

伴うのは当然だろうし、特に異なる業界への

 

 

 

チャレンジだったり、経験のない分野への

 

 

 

移籍だった場合は、自分のキャリアを

 

 

 

激変させ、向上できる可能性もあるん

 

 

 

だろうけど、その道は厳しく、険しいことが

 

 

 

ほとんどだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、逆に「反対されなかった」場合、

 

 

 

その時点で既にそのチャレンジは

 

 

 

大したリスクを伴わないと考えられる

 

 

 

ものであって、メリットもあまりないのかも。

 

 

 

(もしくは、配偶者や肉親が無関心か)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、配偶者や肉親は、

 

 

 

チャレンジが大きければ大きい程、

 

 

 

ほぼ100%反対するだろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、チャレンジ側には

 

 

 

2つの選択肢がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つ目は「挑戦をあきらめる」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二つ目は「配偶者や肉親を説得して、

 

 

 

 応援してもらうようにする」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし一つ目の選択肢を選んだ場合、

 

 

 

これは賢い大人の選択なんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大抵の場合、周りの人は

 

 

 

チャレンジする側の人よりも

 

 

 

冷静に物事を見れてること方が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、一番重要なのは、

 

 

 

本質的に「チャレンジ」に際して、

 

 

 

最も親しい人物である配偶者と肉親すら

 

 

 

説得できないのであれば、チャレンジは

 

 

 

ぼうまくいかないんじゃないかってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、二つ目の選択肢は

 

 

 

もしかしたら賢い選択じゃ

 

 

 

ないかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮にその試みが失敗して、

 

 

 

場合によっては借金を抱えたり、

 

 

 

それが基で、離婚の危機に

 

 

 

発展する可能性もあるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしそうなっても、自分の責任において

 

 

 

自分や周りの人生が少しでも良きものと

 

 

 

なるように、努力しなくちゃならない。

 

 

 

 

 

 

 

中々簡単じゃないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その覚悟があるならば、

 

 

 

配偶者や肉親を誠心誠意、説得するだろうし

 

 

 

周りの話も聞き、不安を鎮め、自分の覚悟を

 

 

 

知ってもらい、最後には共感を得ることができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、自分に「信頼」があれば、

 

 

 

そのチャレンジには間違いなく

 

 

 

協力してくれるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、ある意味チャレンジしたクチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼されてたかどうかは微妙だけど、

 

 

 

今、ホテルマリノアで頑張れてるのは、

 

 

 

前職から「チャレンジ」の意図が強い状況で

 

 

 

転職してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転居まで伴うチャレンジだったし、

 

 

 

子供も転校というリスクにさらされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為に、キリがいい年度まで

 

 

 

約1年間は単身赴任。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ちゃんと向き合い、話し合い

 

 

 

納得してもらって今があるし、

 

 

 

もはや、今では共にチャレンジする

 

 

 

パートナーだって思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ道半ばだけど、

 

 

 

個人的には、チャレンジして

 

 

 

よかったって思ってるし、これから先も

 

 

 

そうなるように、もっと頑張らなくちゃ

 

 

 

いけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、何でもかんでも

 

 

 

チャレンジすりゃいいってもんでも

 

 

 

ないけど、本当にやりたいと思う事は

 

 

 

自分の人生を掛ける強い気持ちで

 

 

 

簡単に諦めない方がいいって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配偶者や肉親は、大体友人や知人とは

 

 

 

比べものにならないくらい、真剣に、

 

 

 

チャレンジを査定してくれる。

 

 

 

自分にも降りかかってくることだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこまでやって、それでも

 

 

 

反対される場合は、もしかしたら

 

 

 

自分が気が付かないレベルで、

 

 

 

勝つ見込みのいない勝負を挑んでる

 

 

 

場合もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで初めて、諦めればいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな関係性とコミュニケーションが

 

 

 

日頃から取れてれば、

 

 

 

”嫁ブロック”なんて、

 

 

 

自分の意志を尊重してくれない

 

 

 

鬼嫁を掴んじゃったみたいな、

 

 

 

被害者的表現は

 

 

 

なくなるだろう。

 

 

 

 

 

 

鬼嫁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログを読んでる人に

 

 

 

今後チャレンジャーになる方が居たら、

 

 

 

是非、嫁のせいにしないで欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロックされたかもしれないけど

 

 

 

”諦める”って決断するのは

 

 

 

自分自身だからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しました!!

 

よかったらクリックしてください♪♪


結婚式・ブライダル ブログランキングへ  

 

 

 

 

 

★なおくんのfacebookアカウントはこちら

https://www.facebook.com/profile.php?id=100008918324091&fref=ts

 

海が見えるチャペル人気の結婚式場1位に選ばれたフェア予約はこちら

http://zexy.net/zhpd/wedding/c_7770072879/fair/master/

公式HP限定のおもしろウェディングフェアはこちら

https://www.marinoawedding.jp/fair

またはお電話でお申込みください。

092-895-5522

幸せいっぱいのパティーレポートで幸せのお裾分け

https://www.marinoawedding.jp/report/

http://marinoaresort.co.jp/marinoa_blog/eventinfo/#itoshimafes

Page Top