「結婚式」カテゴリーアーカイブ

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

2月24日 月曜日のなおくんブログ

 

 

 

 

1,474号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の秋、結婚式をお手伝いさせていただいた

 

 

 

 

超仲良しカップルさんが、

 

 

 

 

連休を利用して昨日

 

 

 

 

泊りに来てくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィルス問題が落ち着かない昨今

 

 

 

 

何だかホッとするし、

 

 

 

 

お越しいただけるだけで嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、”プロポーズ記念”って

 

 

 

 

素敵な名目でのお泊り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワイくないですか?

 

 

 

 

プロポーズしたことをちゃんと記念に想ってて

 

 

 

 

プロポーズしたのも、ここマリノアだから

 

 

 

 

想い出の場所って思ってくれてて

 

 

 

 

その記念日を二人で祝おうって

 

 

 

 

その気持ち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、ご夫婦がそれぞれ

 

 

 

 

宿泊日以前に別々にホテルに連絡くれて

 

 

 

 

それぞれに、サプライズの仕込みを

 

 

 

 

相談してくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて素敵なカップルさんなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達スタッフみんなが

 

 

 

 

彼らの末永い幸せを

 

 

 

 

願わずにはいられなくなる

 

 

 

 

そんなお二人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内で過ごされてる際にバッタリ会うと

 

 

 

 

弾けるような笑顔で近寄ってきてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『マリノアシティ、行ってきま~す!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルから見送ると、仲良く手を繋ぎ

 

 

 

 

スキップしながら弾むような足取りも

 

 

 

 

ほほえましい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見てるだけで癒されるな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はいつお目にかかれるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい家族も一緒だったりしたら

 

 

 

 

メチャクチャ嬉しいけど、授かりものだしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月の3連休、久しぶりに

 

 

 

 

雲一つない晴天に恵まれ

 

 

 

 

マリノアから眺める海も

 

 

 

 

最高に綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日からまた、お仕事の方も多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張りましょうね。

 

 

 

 

お互い。!(^^)!

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人のなおくんこと、山下  直

 

 

 

 

1月9日 木曜日のなおくんブログ

 

 

 

 

1,458号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年のご挨拶を色々な人と交わす中で

 

 

 

 

ウェディング業界にやけに詳しく

 

 

 

 

顔が広い方とお話ししてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『あんたのとこ、面白い婚礼プランとか ないとね?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『そーですねー  ホテル1棟丸々

 

 

 

 

貸し切りプランなんてありますよー』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『なにィ????』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『何でそなの、もっと早く言わんとか!!

 

 

 

 

いくらでも紹介できる人

 

 

 

 

おったとに!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『マジで?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなワンシーンがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何を隠そう

 

 

 

 

もう4年前くらいに考えついてたプラン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格は、いい夫婦にちなんで

 

 

 

 

11,220,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ!!??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高いって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいや、そんなことないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、ホテルを1棟、

 

 

 

 

丸々貸し切れるってこと自体

 

 

 

 

ほぼ不可能に近いこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡のホテルの中で

 

 

 

 

多分、マリノアリゾートでしか

 

 

 

 

できないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮にできたとしても

 

 

 

 

1,000万円台では、まずムリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのに、この商品には

 

 

 

 

150名様分の披露宴にかかるものすべてと

 

 

 

 

超豪華、一人20,000円のお料理に

 

 

 

 

乾杯はあの、ドン・ペリニオンにはじまり

 

 

 

 

二次会、三次会、宿泊のお部屋全室

 

 

 

 

ボク達スタッフが、丸一日

 

 

 

 

バトラーとなり、ゲストをおもてなしする

 

 

 

 

スペシャルパッケージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮に、200人の結婚式を普通に挙げれば

 

 

 

 

普通に700万円くらいかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

場合によってはもっとかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、自己負担は

 

 

 

 

そんなに驚く金額じゃなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100人位宿泊できて、2次会、3次会まで

 

 

 

 

全部面倒みるとなると

 

 

 

 

1,000万円くらいかかる場合もあるからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『こんなの、誰も知らんよ。

 

 

 

 

発信が足りない!!

 

 

 

 

福岡だけじゃなく、日本全国を見れば

 

 

 

 

ニーズは絶対あるから

 

 

 

 

もっと発信しなさい!!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒られてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、そう簡単には

 

 

 

 

これをやる人、いないかもしれませんが

 

 

 

 

ホテルを貸し切れるって価値を

 

 

 

 

価値だと感じてくれる人は

 

 

 

 

居るかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに価値ある商品を作っても

 

 

 

 

知ってもらわなければ、価値はゼロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反省するとともに

 

 

 

 

折角ある商品だから

 

 

 

 

今年、何とか1件

 

 

 

 

やりたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、ご興味があるかたが居たら

 

 

 

 

ご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.marinoawedding.jp/archives/plan/ホテルマリノアリゾート福岡しかできない結婚式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクが直々に

 

 

 

 

担当させていただきます(;・∀・)

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

9月6日 金曜日の”なおくんブログ

 

 

 

 

”1,397号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、映画やドラマなんかで

 

 

 

 

よく見るシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教会で結婚の誓いを交わそうとする

 

 

 

 

とあるカップル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その刹那、教会の扉が勢いよく開き、

 

 

 

 

入ってきた男が花嫁への愛を呼ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

廻りが騒然とする中、男は花嫁の手を引き

 

 

 

 

式場から花嫁を奪い去る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は古いかも知れないし

 

 

 

 

流行らないかも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、こんなシーンに

 

 

 

 

”キュンキュン”した人は

 

 

 

 

少なからず居たし、

 

 

 

 

物語としては面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもよくよく現実を考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの立場から言わせてもらうと

 

 

 

 

こんなことが、ボクの身の廻りで起きたら

 

 

 

 

そりゃもう、一大事ですぜ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挙式の途中のことだろうから

 

 

 

 

そのあと、新郎やご両家

 

 

 

 

列席のゲストをどうフォローすればいい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えるだけでゾッとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、そんな輩を何故

 

 

 

 

挙式会場に入れてしまったのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝手に入ってきちゃうとは言え

 

 

 

 

式場側のスタッフが”無人”な訳ないし

 

 

 

 

そういうリスクに対応し得る施設で

 

 

 

 

なくてはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこを指摘される可能性もあるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして披露宴、どうなっちゃうんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「まぁ折角お越しになったんだし

 

 

 

 

 お食事だけでも・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、そんな風には

 

 

 

 

とてもならないだろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージできるのは

 

 

 

 

 

感動的且つドラマティックな

 

 

 

 

ハッピーエンドには程遠く

 

 

 

 

泥沼の裁判劇。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクもこの業界で色んなイレギュラーを

 

 

 

 

乗り越えてきましたが、流石にこの類の経験は

 

 

 

 

ありませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、法的見地から見て

 

 

 

 

罪に問われるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解りました。

 

 

 

 

お調べしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”結婚目的で人を従来の生活環境から離脱させ

 

 

 

 

自己または第三者の支配下に移す行為は

 

 

 

 

結婚目的拐取(かいしゅ)罪

 

 

 

 

成立する可能性がある”

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、結婚目的拐取罪は

 

 

 

 

花嫁が同意している場合には

 

 

 

 

成立しないようで、映画やドラマの場合

 

 

 

 

花嫁が心のどこかで

 

 

 

 

それを望んでいた的な描かれ方だったりするから

 

 

 

 

法的にも問題はないという認識

 

 

 

 

なのかもしないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかーし!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花嫁を奪い去る目的で

 

 

 

 

結婚式場に侵入した行為については

 

 

 

 

式場の管理者の意思に反する立ち入りとして

 

 

 

 

建造物侵入罪が成立する可能性があって

 

 

 

 

結婚式場に無理矢理押し入って

 

 

 

 

花嫁を奪い去った行為については

 

 

 

 

式場の婚礼業務を妨害したとして

 

 

 

 

威力業務妨害罪が成立する可能性が

 

 

 

 

あるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにしても、

 

 

 

 

完全アウトですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場の支配人であり、

 

 

 

 

まずは男としてアドバイスするとすれば

 

 

 

 

 

結婚式に乗り込んで

 

 

 

 

奪い去りたいくらい好きなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなる前に手を打ちな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式って、二人の問題だけじゃなく

 

 

 

 

 

色んな人が関わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

列席ゲストは、何カ月も前から予定を空け

 

 

 

 

式場までわざわざ来てくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出席する為に衣裳を設えたり

 

 

 

 

朝早くからヘアセットしたり。

 

 

 

 

そして何より、お祝いに駆けつけてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな想いを完全に踏みにじるし

 

 

 

 

それだけメチャクチャ惚れて

 

 

 

 

 

奪いたくなるくらい好きな人の

 

 

 

 

関係性を崩壊させる行為だって

 

 

 

 

気付かないようなアホな男に

 

 

 

 

付いて行って、恐らく幸せにはなれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現実に起きる可能性って

 

 

 

 

限りなくゼロに近いけど

 

 

 

 

 

こんなこと、お願いだから

 

 

 

 

絶対ヤメテね!(+_+)

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

8月15日 木曜日 終戦記念日の

 

 

 

 

”なおくんブログ”1,384号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終戦記念日とは全く関係ないけど

 

 

 

 

数日前、令和婚の話題を

 

 

 

 

ブログに書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国会議員の、小泉進次郎議員と

 

 

 

 

滝川 クリステルさんの結婚、

 

 

 

 

近年では一番びっくりした

 

 

 

 

カップル誕生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに、このお二人

 

 

 

 

「結婚披露宴はしない」って

 

 

 

 

ある番組で、滝川さんが言っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠5か月ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、お互い忙しい身であることは

 

 

 

 

解ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、結婚披露宴、

 

 

 

絶対やった方がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国民の代表でもある人だし

 

 

 

 

今後の日本をある意味背負って立つ人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人が、披露宴をするかしないかで

 

 

 

 

右往左往してはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の文化だし、どこかやって当然

 

 

 

 

みたいに思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし順当にやったら、業界としては

 

 

 

 

市場の活性化になるし、

 

 

 

 

国民も、それはそれで

 

 

 

 

お祝いムードに包まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準備する当人は大変だとは思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けど、自分達の動向が、どれほど

 

 

 

 

影響力があるのかって、わからない訳

 

 

 

 

なかでしょうもん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに”やらない”って・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対、ダメ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクには、540度関係ないけど

 

 

 

 

結婚式業界に生きるものとしては

 

 

 

 

こんなビッグカップルの結婚披露宴は

 

 

 

 

是非してもらいたいし、してもらわなくては

 

 

 

 

 

 

 

 

 

困ると言いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、一生に一度、

 

 

 

 

お世話になった人への

 

 

 

 

感謝を伝え、今後の決意表明が

 

 

 

 

出来る場だし、なにより

 

 

 

 

想い出に絶対残る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小泉元首相に、仕事以外で

 

 

 

 

モーニング着せてあげましょうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、ね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこと言わず、やりましょうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰か、お二人を説得して

 

 

 

 

頂けませんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お願いしますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

7月12日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,363号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ数日、東北地方の結婚式場で起きた

 

 

 

 

とっても残念な事故というか事件が

 

 

 

 

全国ネットで取立たされてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネットでも

 

 

 

 

何かスゴイことになってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その式場のホームページも

 

 

 

 

見に行きましたが、どうやら

 

 

 

 

アクセス集中し過ぎなのか

 

 

 

繋がりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式当日、打ち合わせと内容が

 

 

 

 

ことごとく違ってたとか

 

 

 

 

【やらないで!】と言ったことを

 

 

 

 

わざわざやっちゃったり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ、本当に

 

 

 

 

本当のハナシなんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロ目線で見てても、100%本当とは

 

 

 

 

思えない、ちょっとあり得ない内容もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、ただ、胸が痛くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念な想いをした新郎新婦様が

 

 

 

 

いらっしゃるのは事実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式の価値を高めたいって思い

 

 

 

 

日々仕事をしてるボクにとっても

 

 

 

 

とても残念だし、他人事とは思えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちよく、無いしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、外野の異常なる過熱ぶりには

 

 

 

 

舌を巻いてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『それだけのことしたんだから』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなご指摘はあるかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、事実はこの当事者と

 

 

 

 

式場しかわからないし、

 

 

 

 

認識の違いだってきっとあると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのに、100%関係ない人達が

 

 

 

 

こぞって”悪”とされる何かを

 

 

 

 

サンドバック状態にしてる様は

 

 

 

 

おぞましさすら感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの東方九地方の結婚式場、

 

 

 

 

あそこで、今回の件とは関係なく

 

 

 

 

一生懸命働いてる人だっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その人には子供がいて、親の仕事を

 

 

 

 

誇りに思ってたかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去、そこで式を挙げ

 

 

 

 

ステキな想い出を胸に刻んでる人も

 

 

 

 

いるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットでむやみに叩くことで

 

 

 

 

そんな悪くない人や子供まで

 

 

 

 

傷つけるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうは思えないんだろうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起こったことは、当然由々しき問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それとこれとは別だって

 

 

 

 

誰も気が付かない今の時代が

 

 

 

 

何より残念でならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日以降も、もう少し

 

 

 

 

この話題、触れてみようかな。

 

 

 

 

 

 

 

同業界人として、本来

 

 

 

 

踏み込みにくいところですが

 

 

 

 

敢えて書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月30日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,354号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月も終わりですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月って聞くと、本格的な夏到来を

 

 

 

思わせる時期です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏はお祭りや花火大会など

 

 

 

子供には楽しみな季節。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチの娘ちゃんも

 

 

 

 

高校生ではありますが、一丁前に

 

 

 

 

毎年浴衣なんかを着て、お祭りとか

 

 

 

 

行きたがってますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんな夏を前に

 

 

 

 

昨夜娘ちゃんから

 

 

 

 

ある事実を告げられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『好きな人がいるんだよねー』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話しを聞くと、ボクに言うのは恥ずかしいので

 

 

 

 

黙っていたんだけど、別に悪い事してないし

 

 

 

 

これから先の事を考えて

 

 

 

変な心配もかけたくないし

 

 

 

ちゃんと話しておこうと

 

 

 

 

思ったんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、いいことなんじゃない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『その彼、どんな子なのさ?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、見たわけじゃありませんが

 

 

 

 

誠実でちゃんとした子らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お勉強もできて、自分の学校とは違う

 

 

 

 

進学校に通ってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に彼からも、

 

 

 

”親にはちゃんと話した方が良い”と

 

 

 

 

言われてたんだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『最近のガキにしちゃ、まともな感じやな・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にそう思いましたし、

 

 

 

 

応援する気持ちも伝えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ちゃんとお勉強とか部活とか

 

 

 

 

やるべきことをやったうえで

 

 

 

 

いい想い出作りな!ってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に、そうでしょうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い返せばボクも

 

 

 

 

高校生の頃、恋もしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな経験した時期だったし、

 

 

 

 

男ってことで、親もあまり

 

 

 

 

心配はしなかったけど

 

 

 

 

冷や冷やはさせてたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のことを棚に上げ

 

 

 

 

娘ちゃんにとやかく言えるような

 

 

 

 

高校生活を送ってた訳じゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、何でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この、快晴ではない

 

 

 

 

何となくどんより気味な気持ちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨のせいかな。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、まだまだガキなので

 

 

 

 

お嫁に行く時とは

 

 

 

 

違う気持ちなんでしょうが

 

 

 

 

ちょっとは似てんじゃないのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思う次第。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、子供はいつか必ず

 

 

 

 

親元を巣立っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時期が少しずつ近づいているのは

 

 

 

 

間違いないんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘を持つ男親って

 

 

 

 

多分娘の嫁入りに対し、

 

 

 

 

嬉しさと寂しさが入り混じる

 

 

 

 

独特の感情になると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから先体感する子の成長を踏まえ

 

 

 

 

親の気持ちを知り、より素敵な

 

 

 

 

結婚式を創れるようになりたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことも考える。

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月12日 水曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,341号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は美容師さんを持ちこんだ

 

 

 

 

場合のことに少し触れたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も言いますが、ボクは

 

 

 

 

当日のオペレーションに関わる部分の

 

 

 

 

お持ち込みについては反対ですと

 

 

 

 

申し上げております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、ご参列のゲストの

 

 

 

 

満足度に比例する確率がかなり高いから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスライクに、商売のみで

 

 

 

 

モノを申しているのでは毛頭ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、子供の頃から家族ぐるみで

 

 

 

 

お付き合いがある、近所の美容師の

 

 

 

 

おばちゃんがいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『〇〇ちゃんがお嫁に行く時は

 

 

 

 

 おばちゃんが綺麗に支度してあげるからね!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな話をしながら、成人式の時の

 

 

 

 

セットも気着けも

 

 

 

 

このおばちゃんがしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしいじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも是非、この近所のおばちゃんに

 

 

 

 

お手伝いしてもらい、双方満足して

 

 

 

 

ステキな想い出を創って欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただこのおばちゃんの”クオリティ”

 

 

 

 

ボク達は知らないし、保障できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容師にも得手不得手があり

 

 

 

 

結婚式のセット、気着けって

 

 

 

 

かなり特殊技術を必要とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、トレンドだってあるから

 

 

 

 

美容師さんは日々是精進が必要なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイクも、やり方ひとつで

 

 

 

 

めちゃくちゃ古臭いものになっちゃうし

 

 

 

 

関係性があればこそ、

 

 

 

 

『色々言いにくい』場合だってある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何となくイメージできません?

 

 

 

 

この絵面。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばちゃんも、新婦の幸せを願えばこそ

 

 

 

 

ひと肌脱ごうと頑張ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、一生に一度の結婚式だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったら、前撮りの時の

 

 

 

 

支度をお手伝いしてもらいましょうとか

 

 

 

 

披露宴には是非来賓として出席していただき

 

 

 

 

お色直しの最期の仕上げを

 

 

 

 

この方にしていただき、司会者から

 

 

 

 

そんなコメントをいただくような

 

 

 

 

演出を取り入れれば、

 

 

 

 

日頃の感謝も伝えられるし

 

 

 

 

お顔も立てられる(かも知れない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな関わり方がボクは

 

 

 

 

ベストだと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万が一、不慣れな場所で

 

 

 

不慣れなことをした場合、

 

 

 

新郎新婦様のお支度が

 

 

 

 

時間通りに上がらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参列のゲストはみんなお揃いの状態で

 

 

 

 

新郎新婦の入場を今か今かと待ちわびる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10分経過。

 

 

 

和やかな会場にやや

 

 

 

冷ややかな空気が流れだす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20分経過。

 

 

 

明らかに”段取りが悪い式場だな”なんて

 

 

 

 

不満げな雰囲気に変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30分経過。

 

 

 

会場の雰囲気は完全にクールダウン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、ウソみたいな本当のハナシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな状況、誰がハッピーなんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新郎新婦も、このおばちゃんに

 

 

 

 

文句言いたくても言えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔のよしみで、良かれと思って

 

 

 

 

懸命にやってくれてるからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

額には玉のような汗を浮かべ

 

 

 

 

方や新婦は、”おてもやん”風の

 

 

 

 

昭和な仕上がりに、苦笑いするしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

式場側も、この身内に等しいおばちゃんに

 

 

 

 

『何やってんですか? 早くしてくださいよ!』

 

 

 

 

なんて、とてもとても言える訳ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新郎新婦も言えないのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達式場側は

 

 

 

 

チームで仕事をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームワークを大切にして、

 

 

 

 

チームとしてのクオリティを上げるように

 

 

 

 

毎週努力している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのチームにその時だけ

 

 

 

 

他人が入ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

式場側もベストは尽くしますが、

 

 

 

 

持ち込みが及ぼす影響は、

 

 

 

 

皆さんが想像している以上に

 

 

 

 

デカい。(場合がある)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表現は乱暴ですが、他人の家に

 

 

 

 

土足で上がるようなもの(そんな場合がある)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで一例ですが、

 

 

 

 

ここに書いたこと、全て事実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新郎新婦にとっても、ゲストとっても

 

 

 

 

不幸以外の何物でもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一生に一度だからこそ

 

 

 

 

信じた会場にトータル的に任せるって

 

 

 

 

決断も大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回例に挙げたのは

 

 

 

 

それでもイイ方の持ち込み話し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ単純に、”安いから”で

 

 

 

 

持ちこみをすることだけは

 

 

 

 

避けた方がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんまり言いたくないケド、

 

 

 

 

 

この道で何年も生きてきた

 

 

 

 

ボクだから伝えられることだと

 

 

 

 

思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回はまた別のカテゴリーを

 

 

 

 

ご紹介します。

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月9日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,338号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリーズ化になりそうな

 

 

 

 

結婚式のアイテムの『持ちこみ』について

 

 

 

 

書いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、結婚式にまつわる

 

 

 

 

色んなアイテムの内、

 

 

 

 

当日のオペレーションに

 

 

 

 

大きく関わるものの持ち込みは

 

 

 

 

基本的に”NG”ではなく”反対”

 

 

 

 

意見を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは昨日書いた通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、まだ少し抽象的だと思うんですが

 

 

 

 

セリエAのスーパースター揃いのチームに

 

 

 

 

一人だけ、サッカー少年を

 

 

 

 

入れるみたいなもんだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもし、つまらない試合に

 

 

 

 

なったとしても、会場側が責任を

 

 

 

 

問われかねない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っていうか、責任を問われたくないから

 

 

 

 

という問題じゃなく、総合的に見て

 

 

 

 

来て下さる方の満足度が

 

 

 

 

下がる危険性が非常に

 

 

 

 

高くなると思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一生に一度の結婚式にまつわる

 

 

 

 

各種商品って、単に”モノ”ってだけじゃなく、

 

 

 

 

それを造る人や会社の

 

 

 

 

トータル的な商品価値があると思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純に想いのこもってない

 

 

 

 

持ち込み商品とはわけがちがう。

 

 

 

 

そもそもの価値が違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのくらいの気概で取り組んでる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、式場側も

 

 

 

 

お客様のご意向に寄り添いつつ

 

 

 

 

充分に議論しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に持ち込みで良いのか否か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、ボクが前職場での経験談です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新婦様から

 

 

 

 

「ウエディングドレスは既に購入済み。

 

 

 

 

 自前のものがあるんです」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言われ、何の疑いも持たずに

 

 

 

 

了承したことから、ドレスの持込となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
基本的に自前のドレスの持込って

 

 

 

 

前日までに新婦様が自分自身で持ってきて

 

 

 

 

ブライズルームに準備する。

 

 

 

 

はず。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、蓋を開けると

 

 

 

 

 

新婦様宛の荷物が宅急便で届く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中身は、提携外のお衣装店から

 

 

 

 

送られてきたドレス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然ながら、勝手に開ける訳には

 

 

 

 

いかないから

 

 

 

 

当日までそのままキープし

 

 

 

 

新婦様のお支度開始と共に

 

 

 

 

宅急便が開封される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時、不思議とどことなく

 

 

 

 

不穏な空気が流れてて

 

 

 

 

箱の中身が、自分のイメージしてた

 

 

 

 

商品である確率、実は極めて

 

 

 

 

低かったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去色んなことがあったけど

 

 

 

 

実際にあった事例は、

 

 

 

 

別の新婦様の衣装と間違えて届き

 

 

 

 

衣装が間に合わないとか

 

 

 

 

サイズが全然違うとか、

 

 

 

 

ドレスがほつれてたり

 

 

 

 

必要な小物が入ってなかったり

 

 

 

 

左右の靴のサイズが違うとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウソみたいなホントの話し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、これまで何カ月もかけて

 

 

 

 

打ち合わせしてきた新婦様の

 

 

 

 

泣きそうな顔を見た担当プランナーは

 

 

 

 

何とかしてあげたいと思い

 

 

 

 

あの手この手を駆使する為に

 

 

 

 

必死で奔走することになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その姿を見た新婦様は初めて

 

 

 

 

ドレスを持ち込んだ事を後悔する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

提携店以外のドレスが

 

 

 

 

全てこんな感じになるってことじゃ

 

 

 

 

ありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも随分前のお話なので

 

 

 

 

今ではかなり改善されてるとは思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、問題発覚したときは

 

 

 

 

大体時既に遅し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドレスショップに問い合わせても

 

 

 

 

開店前で電話も通じない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自力で何とかするしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮に持ち込みじゃなければ

 

 

 

 

あっちゃならないけど、万が一の時は

 

 

 

 

緊急対応できるような体制を取ってるし

 

 

 

 

スタッフ全員が責任をもって対応する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新婦様がこだわって決めたはずの

 

 

 

 

”夢のウエディングドレス”。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箱に詰めて送っただけの衣装店に

 

 

 

 

新婦様の気持ちが、果たして本当に

 

 

 

 

分かるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、『持ち込みが悪』って事を

 

 

 

 

言いたいわけじゃなく、ただ

 

 

 

 

こんな不幸な新婦様を

 

 

 

 

もう見たくないし、こんなことで

 

 

 

 

 

結婚式の価値自体を下げたくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イレギュラーの対応を迫られれば

 

 

 

 

 

確実に円滑な流れは阻害され

 

 

 

 

ご招待された大切なゲストは

 

 

 

 

少なからず待たされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忙しい中、お祝いを持って

 

 

 

 

駆け付けてくださったゲストです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満足してお帰りいただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのために、ボク達式場と協力会社は

 

 

 

 

運命共同体としてゲストに向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万全なチームワークで、

 

 

 

 

ゲスト満足度の向上を目指す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただそれだけなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お解りいただけますでしょうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて次回は、

 

 

 

 

ビデオ撮影や、カメラマン

 

 

 

 

美容師の持ち込みについて

 

 

 

 

考えてみたいと思います。

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月8日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,337号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日から数回に分けて

 

 

 

結婚式のアイテムをお持込する事について

 

 

 

 

少し触れたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、そもそも論です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは基本的に、結婚式に関わるアイテムを

 

 

 

 

お持込されることについての是非は

 

 

 

 

『大反対』です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それにはちゃんと理由もあるし

 

 

 

 

全てにおいて大反対かというと

 

 

 

 

そうじゃあない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日書いた通り

 

 

 

 

そこに意味があったり

 

 

 

 

何かしらの想いがある場合って

 

 

 

 

あるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想いと想いの掛け算で創り上げる

 

 

 

 

結婚式だからこそ、そんな想いには応えたいし

 

 

 

 

内容次第では何とかカタチにすべきだって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは過去実際にあった一例ですが

 

 

 

 

新婦様の実家が写真館を営んでいました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新婦様のお父様は、手塩にかけて育てた

 

 

 

 

自分の娘の晴れ姿は

 

 

 

 

是非自分の手で写真に残したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思っていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこだけ聞けば、そりゃそうだって

 

 

 

 

誰しも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、もしカメラマンの持ち込みが

 

 

 

 

100%NGの式場だったら

 

 

 

 

どうするんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは喰い気味にOKを出した。

 

 

 

 

 

 

 

『そういうことでしたら、

 

 

 

 

是非お父様に撮っていただきましょう!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断る理由、あります?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると新郎新婦様は恐る恐る

 

 

 

 

『あの、持ち込み料は・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『えっ? カメラマンさんを持ちこまれるんですか?

 

 

 

 

違うと思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然ご列席されるお父様が

 

 

 

 

息子と娘の写真を撮る。

 

 

 

 

 

ただそれだけのお話です。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感謝されたことは当然ながら

 

 

 

 

ボクが気にしてた集合写真では、

 

 

 

 

お父様がシャッターを切った

 

 

 

 

お父様が写ってない写真に加え

 

 

 

 

お父様がピントを合わせた後、

 

 

 

 

ボクがシャッターを切った写真と

 

 

 

 

2枚の集合写真が仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日、記念にとお父様から

 

 

 

 

いただいた2枚の集合写真には、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『あんたが撮った写真の方が

 

 

 

 

息子と娘の表情がいいから悔しい』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな一言が添えられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『喜んでくれたんだ・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう感じたシーンだったし

 

 

 

 

持ち込みの全てがダメだってことでは

 

 

 

 

ないって思えるパターンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクが基本的に持ち込みに反対なのは

 

 

 

 

『結婚式当日の、オペレーションに関わもの』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その理由は、一言でいうと

 

 

 

 

”ボク達は失敗できないから”です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式を、サッカーワールドカップの

 

 

 

 

試合だと仮定してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクタチは、常勝のカナリア軍団

 

 

 

 

チームブラジルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝つ(成功し、喜んでいただく)為に

 

 

 

 

日々、プランナーやサービスチーム

 

 

 

 

調理チームと打ち合わせをし、

 

 

 

 

色んなタイミングを図っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容師や衣装室、カメラマン

 

 

 

 

フローリストとも密な連携を取り

 

 

 

 

ベストなチームで臨む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがあるべき姿だとすれば

 

 

 

 

その日だけ、ポッと入ってきた

 

 

 

 

その辺のサッカー少年が居て

 

 

 

 

本当にチームが機能するでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな話しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しピンと来ますでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いの他、長くなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは次回。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月7日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,336号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の”なおくんブログ”を見た総支配人が

 

 

 

 

『ねぇなおくん、もっとさ

 

 

 

 

結婚式のこと、積極的に書きなよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

本当は、もっとお客様に伝えたいこと

 

 

 

 

あるんでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直接誰かに言ってる訳じゃないんだし

 

 

 

 

仮に言いにくい内容でも

 

 

 

 

伝えた方がゲストの為になるような

 

 

 

 

業界のこと、伝えた方がいいと思うよ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ ごもっとも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この指摘は、そもそも

 

 

 

 

ボクがブログを始めた理由そのもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚を控えたカップルさんに

 

 

 

 

何か少しでも

 

 

 

 

役に立てる情報をお届けしたいと思い

 

 

 

 

でも、あまりダイレクトに言っちゃうと

 

 

 

 

場合によって、他社や他業種の批判

 

 

 

 

悪口になっちゃう可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったら、読んだ人、読んでない人

 

 

 

 

それぞれの捉え方にも委ねられる

 

 

 

 

活字で伝えよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん・・・

 

 

 

 

 

 

何から伝えようかな。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お伝えしたいことは沢山あるのですが、

 

 

 

 

まずは、次回から数回に分けて

 

 

 

 

結婚式アイテムの”持ち込み”について

 

 

 

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式を検討するとき、よく

 

 

 

 

アイテムの”持ち込み料”ってフレーズが

 

 

 

 

出てくるでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク、以前は中々のバカ正直で

 

 

 

 

新郎新婦様から、〇〇を持ち込みたい

 

 

 

 

って相談を受けた場合、

 

 

 

 

そこに、想いと意味さえあれば

 

 

 

 

大抵の事はお受けしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり厳しいオーダーでも

 

 

 

 

ダメって言うのは簡単だから

 

 

 

 

どうすればできるかとか、

 

 

 

 

何ならできるかを考えてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回の内容は

 

 

 

 

ドレスを持ちこみたいって

 

 

 

 

相談を受けた時の実態を

 

 

 

 

お伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

Page Top