今想うこと, 日常のこと

小学校の制服が”アルマーニ”?

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月9日 金曜日

 

 

 

”なおくんブログ”914号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ、年度初めの新学期に向け

 

 

 

進学や入学を控えた子供の制服の

 

 

 

注文や支払いが本格化するシーズン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチも、どこに行くかまだ判らないけど

 

 

 

高校入学を控えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてそんな中、東京の公立小学校の

 

 

 

来年度入学から新しくなる制服が

 

 

 

大きな物議を醸してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何と、公立小学校の制服が

 

 

 

イタリアが生んだ、世界的な高級ブランド

 

 

 

”アルマーニ”のデザイン監修による

 

 

 

高級制服になるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてその価格ですが

 

 

 

洗い替えのシャツまで含めると

 

 

 

〆て10万円弱もする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、制服が変更される前は

 

 

 

男子で約1万7千円で、女子で1万9千円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約5倍じゃねーか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これには当然、子を持つ親も

 

 

 

反発を隠せない様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしボクに、この学校に入学予定の

 

 

 

子どもがいたとしたら、多分

 

 

 

大暴れすると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だってさ、私立小学校なら

 

 

 

まだ理解できるけど、公立でしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、この時期子供って

 

 

 

かなり育ち盛りで、1年生の時に揃えた制服が

 

 

 

6年生まで着れるかっていったら

 

 

 

まず不可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクがガキの頃と比較しても

 

 

 

食生活の変化から、体格も欧米化してるし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもガキんちょって、どこでもかしこでも

 

 

 

すぐ座ったり汚したりするでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクがそうだったから

 

 

 

間違いないし、子供って

 

 

 

そうやって大きくなっていくもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪我だってするし、服を汚すだけなら

 

 

 

まだマシで、ボクなんか

 

 

 

何着破いたか解んない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、歩くボロ雑巾みたいな

 

 

 

わんぱく盛りの子供に

 

 

 

高級ブランドの服を日常的に着せて

 

 

 

何をさせたいというのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある父兄さんは、身長120㎝に満たない

 

 

 

我が子に、上着は130㎝、下は140㎝の

 

 

 

大き目のサイズを買ったみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ぶかぶかで可愛そうだと思ったが、

 

 

 

 高いので少しでも買い替えの回数を

 

 

 

 減らしたい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう嘆いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この問題、価格の事もそうだけど

 

 

 

もっと大事なのは、一部の大人の価値観を

 

 

 

子供に押し付けてる感が否めないってとこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この学校の校長先生は、

 

 

 

”学校とは、学問だけでなく、

 

 

 

倫理的な考え方や、集団生活でのあり方も

 

 

 

同時に学ぶ場であると考えている。

 

 

 

『服育』という考えに基づき、

 

 

 

装うものからも学びの機会を

 

 

 

得てもらいたい”

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言い放ち、苦しい導入理由を説明してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『はぁ?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの親はそう思うだろう。

 

 

 

 

 

 

 

説明になってないもんね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、『服育』ってこと自体を

 

 

 

否定はしませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、各家庭の環境の違いはありとて

 

 

 

親戚の結婚式とか、家庭毎の

 

 

 

イベントなんかでその”服育”とやらは

 

 

 

したらいいし、日々の学校の中では

 

 

 

子供がその年代に経験した方が良いこと

 

 

 

積極的にやれる環境を創ってあげることの方が

 

 

 

大事なんじゃないかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、あんまり色々言っても

 

 

 

ボクの娘ちゃんが行く訳じゃないから

 

 

 

ここまでにしておくとして、

 

 

 

でも、『何でアルマーニなのか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体型上、ボクは既成品のスーツは

 

 

 

あんまり合わなくて、

 

 

 

それを理由に毎回仕立てておりますが

 

 

 

それでも、小学生が着るアルマーニと比べたら

 

 

 

3着は買えますな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かろうじて、アルマーニブランドの

 

 

 

ネクタイを1本だけ持ってて、

 

 

 

遣えずに大事に取ってあるボクの

 

 

 

最近びっくりしたニュースでした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top