今想うこと, 未分類

昔からキャッチャーが好きだった件

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

10月8日 月曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,121号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”何事にも責任を持って取り組む”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い頃、先輩に教わり、

 

 

 

今では後輩にそう教え、時には

 

 

 

娘ちゃんにも同じことを言ったりする。

 

 

 

 

 

 

 

多分、そんな風に教わった人は多いはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、このフレーズは

 

 

 

基本的に正しいフレーズで、

 

 

 

学生だろうが社会人だろうが

 

 

 

そんな気持ちを持つべきだって思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて話は変わり、少し前に

 

 

 

「自己責任」なんて言葉が

 

 

 

ちょこっと流行った気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、外務省が渡航に際し

 

 

 

危険だって認定した国に日本人が出かけ

 

 

 

拉致された時とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

報道番組とかで、コメンテーターさんが

 

 

 

『自己責任』ってよく言ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは個人的に、この言葉

 

 

 

ちょっと違和感を感じてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、『他者責任』なんて言葉

 

 

 

ないじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『責任』って、そもそも自己が負うべき

 

 

 

ものであって、その自己が

 

 

 

当然負うべき責任を

 

 

 

わざわざ”自己責任”って表現するのは

 

 

 

他人が、その人の責任だと

 

 

 

相手を追及する時によく

 

 

 

使われてるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解りやすく説明すると、

 

 

 

上の人が下の人に対して

 

 

 

「それは自己責任だ」って相手に言う時に

 

 

 

使われるんじゃないかってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、会社組織とかで

 

 

 

役職を持つ管理職の人は

 

 

 

後輩や部下の行動に対して

 

 

 

”責任を負うべき”だって思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


よく聞くハナシみたいに

 

 

 

部下が失敗したから、責任を取り

 

 

 

簡単に辞職(辞任)するなんて風潮は

 

 

 

あまり良いとは思わないけど

 

 

 

何らかの責任は負わなきゃいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰よりも率先してその問題に向き合ったり

 

 

 

時には一番頭を下げたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今ボクは、ウェディングプランナーのみんなに

 

 

 

『お客様のためにと思って行動することは

 

 

 

安全安心が担保できてて

 

 

 

法律に違反してなければ

 

 

 

基本、何をやってもいいよ。

 

 

 

もし失敗したら、ボクが責任取るから」

 

 

 

そう言ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、言葉を平たくすると

 

 

 

お客様のためになることなら

 

 

 

自分の思うようにやっていいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもその代わり、それ以外で

 

 

 

勝手なことは認めないよって

 

 

 

意味でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


無論、もしスタッフがやってしまった失敗は

 

 

 

全て責任を取るつもり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたいかっていうと、

 

 

 

上席の立場の人が

 

 

 

後輩や部下に対して仕事上で

 

 

 

”自己責任だ!”なんて言うことは

 

 

 

あり得ないんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけどその代り、

 

 

 

問題が起こり、その問題を解決するために

 

 

 

こちらから打診したことについては

 

 

 

『言う事を聞け』とまでは言いませんが

 

 

 

”理解する努力”はして欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に責任ついでに、

 

 

 

ボクはガキの頃、みんなで

 

 

 

野球やサッカーをするとき

 

 

 

どういう訳か、野球ならキャッチャー、

 

 

 

サッカーならキーパーをするのが好きだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり動かなくていいって

 

 

 

理由だったかもだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今なら理解できますが、

 

 

 

よくプロの世界では

 

 

 

「打たれたらキャッチャーの責任、

 

 

 

 抑えたらピッチャーの手柄」

 

 

 

みたいなことを言われたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、キャッチャーは

 

 

 

損するポジションですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカーはもうちょっと

 

 

 

解りやすいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファインセーブすれば、

 

 

 

キーパーもちゃんと手柄を取れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッチャーは実に面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打たれてしまった場合、

 

 

 

自分の責任と思ってしっかりと

 

 

 

反省することができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッターを抑えた場合、皆に称えられ

 

 

 

喜ぶピッチャーの姿を見ることができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくよく考えると

 

 

 

上司と部下のような関係に似てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


世の中は確かに

 

 

 

ピッチャーがスポットライトを浴びて

 

 

 

称賛を得ることがほとんど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、こんなキャッチャーというポジションも

 

 

 

面白いと思うけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、元ヤクルトの

 

 

 

古田選手兼監督みたいな

 

 

 

存在でいたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いますが、古いでしょうか(@_@。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top