皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

10月9日 火曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,122号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネットとスマホの普及で、

 

 

 

急速にボク達の生活に浸透して行った

 

 

 

SNSや、掲示板、ブログといった

 

 

 

各種ツール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのネット上で最近では、

 

 

 

芸能人さんの投稿とかに

 

 

 

顕著に見られる、 ”炎上”という事案。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、皆様もご存じの通り

 

 

 

ブログ執筆者やSNS投稿者の

 

 

 

言動に反応し、不特定多数の

 

 

 

閲覧者がコメントとかを

 

 

 

集中的に寄せる状態のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、肯定的な意見の時は

 

 

 

炎上とは呼ばず、否定的な意見が

 

 

 

集中した場合にこの表現を使うことが

 

 

 

多いみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて最近、この”炎上”したときに

 

 

 

その出来事に祈りをささげ、弔う

 

 

 

「炎上供養」なる儀式が

 

 

 

密かに流行しようと

 

 

 

してるらしいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知ってました?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題化(炎上)した内容を

 

 

 

木の板に書き、それを火にくべ

 

 

 

住職とかがネットの安全利用を

 

 

 

祈願するというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネットって、使い方ひとつで

 

 

 

良くも悪くも作用する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、今は中高生の頃から

 

 

 

適正な使用方法を指導するケースが

 

 

 

多くなり、もしかしたら今の大人より

 

 

 

子供の方が上手に使うのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そのヘタな大人が

 

 

 

炎上してしまったことを悔い、

 

 

 

神様や仏様になんとか沈めてもらおうという

 

 

 

この動き自体、ちょっとどうかと

 

 

 

思うんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしそれだけ、ネット社会の影響力が

 

 

 

日に日に増してるってことなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だったら猶更、まずは大人に

 

 

 

ちゃんとした使い方や炎上しない方法を

 

 

 

きちんと教えることの方が先なんじゃ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに、この炎上供養も

 

 

 

ネット上に特設サイトを設けて

 

 

 

募集したようですが、わずかな期間で

 

 

 

個人や企業などから、500件弱の

 

 

 

供養の申し込みがあったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんだけ炎上しとんねん…(@_@。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top