日常のこと

若者には特有の時間軸がある件

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

10月30日 火曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,142号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホの台頭で、かなり多くの人が

 

 

 

使っているアプリ”LINE”。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも当然使ってて

 

 

 

データ上、”LINE”を使ってる

 

 

 

人数は、今現在日本の総人口の

 

 

 

半分以上で、7000万人を軽く超えるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総務省が発表した数字でも

 

 

 

個人のスマホ普及率が58%を超えてて

 

 

 

この数字から読み解くと

 

 

 

日本のスマホ所有者の

 

 

 

9割以上が”LINE”を使ってるって

 

 

 

ことになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや日本国内では立派な

 

 

 

コミュニケーションツールと言っていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそんな中、若者の間では

 

 

 

早くも「LINE離れ」が起きているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういうことかっていうと

 

 

 

過去、Eメール主体から

 

 

 

昨今の”Line”へと移った

 

 

 

コミュニケーション方法が

 

 

 

更に新たなSNSへと

 

 

 

移ってるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その主軸は、やはりツイッターや

 

 


インスタグラムが中心になってて

 

 

 

Line自体、若者は

 

 

 

『あまり親しくない不特定多数』

 

 

 

でのやりとりが中心となってて

 

 

 

以前のように、”既読スルー”とか

 

 

 

”未読スルー”はむしろ

 

 

 

当たり前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イジメや自殺の

 

 

 

原因だったリしてたのに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、LINE自体は

 

 

 

”グループLINE”のみで

 

 

 

個別にはその他SNSの

 

 

 

ダイレクトメッセージを使ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEにハマルのはむしろ

 

 

 

小中学生のスマホ初心者

 

 

 

くらいらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなもんなんかね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かよくわかんないけど

 

 

 

とにかく言えるのは、若者たちの間では

 

 

 

ボク達大人にはあまりない

 

 

 

”時間軸”が存在してて、

 

 

 

 

 

 

()とにかく【流行廃り】が

 

 

 

メチャクチャ早い時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクのように、割と若い世代に

 

 

 

結婚の情報なんかを

 

 

 

届けなきゃいけない仕事をしてると

 

 

 

その時代の流れに

 

 

 

ちゃんと乗っておかないと

 

 

 

どんなにいい商品を創り

 

 

 

提供する準備があったとしても

 

 

 

その価値は伝わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価値が伝わらないってことは

 

 

 

言ってしまえば、価値がゼロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうならないように、

 

 

 

『若い人にはついていけない』

 

 

 

そんな感覚を捨て、情報を取りに行くくらい

 

 

 

貪欲にならなきゃいけないってことだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変だなぁ…(-_-;)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top