今想うこと

自分の魂とどう生きるか

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

11月30日 金曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,169号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から12月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ年の瀬ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼちぼち市内の幹線道路が

 

 

 

異常な混雑を見せる頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月の街の雰囲気は好きですが

 

 

 

車通勤のボクとしては

 

 

 

ちょっと複雑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて先日、ある素敵な女性と

 

 

 

お目にかかる機会がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目も美人だし

 

 

 

話せば素直で、

 

 

 

笑顔がとってもかわいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、違う仕事をしてるけど

 

 

 

元々ウェディングプランナーをしてて

 

 

 

やっぱり、その仕事が好きで

 

 

 

もう一度、チャレンジしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのステージは、できれば

 

 

 

ボク達のいる『チームマリノアがいい』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、一度夢をあきらめた理由は

 

 

 

当時勤務してた式場が激務で

 

 

 

言うなれば中々のブラック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを心配した親御さんから

 

 

 

仕事継続を反対され

 

 

 

ウェディング業界を退いたってもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、もう一度

 

 

 

ウェディング業界に戻るってことが

 

 

 

果たして親御さんの理解を

 

 

 

得られるかどうか、悩んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お話を聞くにつれ

 

 

 

『イマドキ珍しい箱入り娘ちゃんだな』

 

 

 

って思う部分もありましたが

 

 

 

どうやら、育ってきた環境下から

 

 

 

”自分の意見(意志)を伝えられない”

(これまで聞き入れて貰えなかった)

 

 

 

そんな問題が垣間見えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親が子の幸せを願う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは当然のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクだってそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、何をもって

 

 

 

子の幸せとするか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこが重要だよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク、この親御さんの気持ち

 

 

 

少なくとも解るんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分を犠牲に、苦しい環境で働く

(ように見える)

 

 

 

我が子を見てて、穏やかな親はいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ世間知らずな我が子に

 

 

 

言って聞かせるのは親しかいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、この親御さんとは

 

 

 

当然人格が違うので

 

 

 

考え方も違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから全く否定するものでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その子に聞いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『前の仕事、本当は

 

 

 

辞めたくなかったんじゃないの?』

 

 

 

 

 

『ハイ…』

 

 

 

 

 

『じゃあ、何故そう決断したの?』

 

 

 

 

 

『波風立てるより…etc』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうか。

 

 

 

まぁ、そうだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、家庭の中で

 

 

 

風立てたくはないし

 

 

 

自分が我慢すればって

 

 

 

気持ちも解ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、幸せってなんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【自分を犠牲にして、

 

 

 

 廻りが穏やかなら幸せになれる】

 

 

 

 

 

そう思って苦しんでいる人と

 

 

 

 

【自分のやりたいことに

 

 

 

 夢中になっているのが幸せ】

 

 

 

 

 

 

 

同じ幸せでも、後者にシフトしていくとき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己犠牲を感じてた時と同じように

 

 

 

好きな事をやってても

 

 

 

どっちにしても多少の不安はあるもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感情って

 

 

 

そもそも感じたいし体験したくて

 

 

 

感情を持ってる訳だから、

 

 

 

体験というプロセスが無くならない限り

 

 

 

”不安”という感情が消えることもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、幸せの質が違うのと同じように

 

 

 

同じ不安でも、その中身は540度

 

 

 

違うと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『自分を押し殺して頑張る努力』と

 

 

 

『自分らしく生きて行くって決めて進む努力』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは言葉としては同じ

 

 

 

”努力”かも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、どっちが自分の魂が喜ぶか。

 

 

 

本当に自分が望むことって何かって言ったら

 

 

 

やっぱり、自分として生きて行くこと

 

 

 

なんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクとしては

 

 

 

折角知り合えたこのご縁

 

 

 

大切にしたいし、本人が望むなら

 

 

 

後押ししたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご縁がありますようにヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top