今想うこと

自動車税改革のハナシ

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月2日 日曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,171号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、国が将来的な

 

 

 

自動車関連税制を見直す中で

 

 

 

走行距離に応じた課税を

 

 

 

検討してるなんて報道が出てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧になった方も多いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今現在、車の排気量に応じて

 

 

 

課税してるもを、走行距離に応じた

 

 

 

課税にしようってものなんですが

 

 

 

これ、賛否がかなり大きく分かれると

 

 

 

思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まず、自動車関連の税金を整理すると

 

 

 

購入時にかかる自動車所得税

 

 

 

車保有者が毎年納める自動車税

 

 

 

車検の時にかかる重量税なんかがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この保有者が毎年払う自動車税を

 

 

 

見直そうってコト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、相当かしこい官僚の人達が

 

 

 

色々考えて出した案なんだと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、基本的に燃費の違いはあれど

 

 

 

走行距離に応じて沢山ガソリンを買ってて

 

 

 

あの中にはガソリン税も含まれてる。

 

 

 

 

 

 

それに加え、消費税が含まれているのに

 

 

 

更に課税するってことだから

 

 

 

遣えば使う程、納税額も

 

 

 

上がる訳でしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今話題の”若者の車離れ”を

 

 

 

懸念する一方、そんな動きに

 

 

 

拍車がかかるんじゃないかと

 

 

 

素人のボクが思うんですが

 

 

 

どうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、地方に行くほど

 

 

 

車が必須な文化だから

 

 

 

これもどうなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運送業は課税額が上がるから

 

 

 

送料も値上がりしたり、

 

 

 

タクシーも多分値上げしないと

 

 

 

やってられなくなるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

観光業は、出控えなんかで

 

 

 

あおりを喰うなんてことに

 

 

 

ならないんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと調べた訳でもないので

 

 

 

良く解りませんが、単純にそんな疑問が

 

 

 

ポンポン出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと注視していきたいと

 

 

 

思います<(`^´)>

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top