日常のこと, 未分類

ライフライン事業のこと

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月5日 水曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,173号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、水道事業への

 

 

 

民間企業参入が可能になるっていう

 

 

 

水道法改正案が可決された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけを活字で見て切り取ると

 

 

 

『ふーん…』って思うだけかもしれませんが

 

 

 

ボクは個人的に結構なオオゴトだと

 

 

 

思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の水道は世界的にも

 

 

 

最も安心安全で安価だって言われてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かにそうだと、ボクも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、これが仮に民営化された場合

 

 

 

どんなことが起きるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純に”水道料金の高騰”は

 

 

 

間違いなく実施されると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全な水道を確保するためには

 

 

 

莫大な費用がかかってて

 

 

 

これが民営化されるってことは

 

 

 

人が生きる為に必要な水の確保が

 

 

 

ある意味ビジネスになるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ボク、お水要らないから買わない』

 

 

 

そんな人はいないわけだから

 

 

 

言うなれば、確実に売れる商品を

 

 

 

手にした事業が展開できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、ビジネスとなる以上

 

 

 

ボランティアではないので

 

 

 

利益も出さないといけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると当然、クオリティを

 

 

 

維持するための値上げは確実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、民営化されて

 

 

 

本当に安全面が担保されるのかって

 

 

 

何となくだけど、心配になってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、世界的に

 

 

 

水道の民営化を実施してる国は

 

 

 

結構ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそのほとんどは

 

 

 

水道水が高騰してるし、

 

 

 

結果的にウマく行かず

 

 

 

再公営化された国もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気、ガズもなくてはならない

 

 

 

ライフラインですが、水だけは

 

 

 

国民の「命」に直接関わる

 

 

 

最も重要なインフラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなものを、本当に民営化して

 

 

 

大丈夫なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、民営化で高騰した料金は

 

 

 

特に貧困層と言われる人々に

 

 

 

大打撃を与えることに

 

 

 

なるんじゃないのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのいい例として

 

 

 

南アフリカで行われた

 

 

 

水道民営化は、貧困層を中心に

 

 

 

1000万人もの人が水道を止めらる

 

 

 

事態を引き起こした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水を止められた人々は

 

 

 

汚染された川から汲んだ水で

 

 

 

活せざるを得なくなり、伝染病が蔓延。

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山の人が命を落としている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、例えは極端化もしれませんが

 

 

 

本当に多面的な検討をして

 

 

 

最善策を取って欲しいと

 

 

 

願うばかりです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Page Top