月別アーカイブ: 2019年1月

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月31日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,223号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手のことを真剣に考え

 

 

 

相手が多少耳が痛いことでも

 

 

 

相手を想うからこそ伝えてあげる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様もご存じの通り

 

 

 

文字にするのは簡単ですが

 

 

 

これってかなり難しいこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、仕事でも勉強でも

 

 

 

「君ならできる」とか

 

 

 

「がんばろう」とかっていう言葉を

 

 

 

相手にかけたとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながらこの言葉、

 

 

 

裏を返せば

 

 

 

「努力すればきっとできるはず」

 

 

 

ってことにならないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大体、人の能力って千差万別。

 

 

 

当然個人差はピンキリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

努力でカバーできることもあるだろうけど

 

 

 

場合によっては、早々に諦めた方が

 

 

 

本人の為だったり、伸びる可能性が

 

 

 

ほぼ感じられないなんてことも

 

 

 

実際ありうる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも人は、

 

 

 

「君だって頑張ればできるはず」と

 

 

 

言いがちだし、言われがち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近思うのは、その人が

 

 

 

発揮できる能力以上のことを

 

 

 

「きっとできる!」って言って

 

 

 

必要以上の期待を持たせたり、

 

 

 

能力以上のチャンスを与えて

 

 

 

「努力すればできる」=

 

 

 

「できないのは努力不足」って構図、

 

 

 

もしかしたらある意味

 

 

 

残酷なんじゃないかなってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも一方で、単純に

 

 

 

『あんたじゃムリ!』って言いにくいし

 

 

 

言われれば多少傷ついたりもする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時には、そんな逆境をバネにし

 

 

 

努力する人もいるんだろうけど

 

 

 

そもそも無理なことを無理してやって

 

 

 

大成するのは極めて稀かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君にもできる」って言った方が

 

 

 

相手の心象もいいし、

 

 

 

内心「キビシしかもな」って思ってても

 

 

 

そうは伝えずに適当な理由をつけて

 

 

 

違う道に誘導することだってできる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、不必要な期待とチャンス与えて

 

 

 

足りてない力を認識させずに

 

 

 

ごまかすことが、本当の意味での

 

 

 

優しさなんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事でも勉強でも、生きて行くうえで

 

 

 

ハッキリと「あんたの能力では現状ムリ!」

 

 

 

って言うのも、

 

 

 

またひとつの優しさ

 

 

 

なんじゃないだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、ただ単に

 

 

 

”ダメ出し”すればいいって訳じゃなし

 

 

 

言い方や時と場合にもよりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優しく聞こえる適当な言葉より

 

 

 

厳しく聞こえる誠実な言葉が

 

 

 

必要な時もあるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優しい言葉をかけてくれる人は

 

 

 

勿論大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそれだけじゃ足りなくて

 

 

 

残酷な現実を教えてくれる

 

 

 

誠実な人もまた必要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう人の言葉を

 

 

 

受け入れるのは精神的には

 

 

 

確かにキツイけど、

 

 

 

そんな言葉をもらうのは

 

 

 

悪いことだけじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

誠実なダメ出しは

 

 

 

相手に新たな可能性を示し

 

 

 

未来に起こりうる不幸の

 

 

 

予防にもなるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前向きな言葉で励まし

 

 

 

努力して能力を高める。

 

 

 

 

 

 

 

それができれば一番いい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、キャパ以上の期待を

 

 

 

背負わされることが多い中で

 

 

 

こんな一見冷たくも思える誠意もまた

 

 

 

大切にしていくべき誠実さ

 

 

 

なんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ寒さ厳しき折

 

 

 

ほんの少しだけ、春の足音が

 

 

 

聞こえてきそうな日に考えたのは

 

 

 

大体そんなことです。

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月30日 水曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,222号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近Twitterに投稿された

 

 

 

『本質は細部に現れる』ってタイトルの

 

 

 

“格言”的な言葉が

 

 

 

ネット上で話題になってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出勤中のラジオを流し聞きしてたら

 

 

 

そんなフレーズが耳に入ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

その「細部」ってこんなもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.    性格は「顔」に出る

 

 

 

2.    生活は「体型」に出る

 

 

 

3.    本音は「仕草」に出る

 

 

 

4.    美意識は「爪」に出る

 

 

 

5.    清潔感は「髪」に出る

 

 

 

6.    気配りは「食べ方」に出る

 

 

 

7.    心の強さは「声」に出る

 

 

 

8.    ストレスは「肌」に出る

 

 

 

9.    落ち着きのなさは「足」に出る

 

 

 

10.   人間性は「弱者への態度」に出る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、言われたら解らんでもない。

 

 

 

 

 

 

でも率直に思うのは

 

 

 

ここに挙げられた事柄って

 

 

 

全然細かいことでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク自身に例えれば、

 

 

 

ボクもイライラした時とかは

 

 

 

多分しかめっ面になってるだろうし

 

 

 

体型だって、普通の人より

 

 

 

気にしなきゃいけないレベルだと

 

 

 

認識してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

調子が悪い時、確かに肌に

 

 

 

テキメンに出るし、時々

 

 

 

貧乏揺すりも出るから

 

 

 

直したいと思ってるし、

 

 

 

常に人に優しくできてるかって言うと

 

 

 

全然そんなことない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り返ると、まだまだ全然ダメな人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この格言はきっと

 

 

 

人間性を磨く時こんな一つ一つの全てを

 

 

 

少しずつでもいいので

 

 

 

意識していかなきゃ

 

 

 

いけないんだよって事なんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の仕事でも

 

 

 

『このくらい、まぁいいか』って

 

 

 

妥協すること、沢山あると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、”このくらい”を妥協せず

 

 

 

突き詰めることで、

 

 

 

よりいい仕事になったり

 

 

 

お客様が感動するレベルの

 

 

 

満足に繋がったりするんだろうな。

 

 

 

 

 

でも、それが難しいよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、人だから…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いながらも

 

 

 

もっと成長しなきゃと思う

 

 

 

今日この頃。

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月29日 火曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,221号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社勤めをしていると

 

 

 

今も昔も『”生産性”を上げて働こう』

 

 

 

なんて話を良く耳にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本政府も、2000年当初に

 

 

 

生産性向上の啓蒙に力を入れ

 

 

 

「IT活用で生産性を向上させよう!」

 

 

 

なんてキャッチでCMとかも

 

 

 

やってたような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

覚えてます?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもよくよく考えると

 

 

 

ITの導入で、生産性って

 

 

 

本当に上がるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達の業界にも色んなシステムがあって、

 

 

 

例えば宿泊ゲストのチェックインを円滑に進め

 

 

 

会計も同時に管理する宿泊システムもあれば

 

 

 

結婚式場の会場の空きや

 

 

 

お客様のリクエストを管理し

 

 

 

お花屋さんや引き出物会社と

 

 

 

それらを共有するシステムなど

 

 

 

本当に色んなものが

 

 

 

ここ20年で世に放たれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと数か月で終わる平成は

 

 

 

まさにIT革命の年だったと言っても

 

 

 

過言ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと生産性に話を戻すと

 

 

 

そんなITやテクノロジーの活用は

 

 

 

本当に重要だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

使えるものは勿論使ったほうがいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、本当は大体の人が

 

 

 

気づいてるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生産性」はITの導入だけじゃ

 

 

 

上がらないってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ITの活用はあくまで「手段」であって

 

 

 

目的じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達もシステムを使うことで

 

 

 

”情報共有が円滑になった”とか

 

 

 

”ミスが少なくなった”とか

 

 

 

”情報収集が楽になった”っていう

 

 

 

イイコトはあると思うけど

 

 

 

生産性の本質には

 

 

 

アプローチできてないように思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝わります?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、真の生産性向上って

 

 

 

「資源の効果的な活用」って

 

 

 

もうちょっと違う次元のハナシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、会社組織とかで

 

 

 

最も重要な資源は何かっていうと

 

 

 

それは確実に「人材」だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テクノロジーをどう活用するかも

 

 

 

それを使う”人”が必要な訳で

 

 

 

今の時代、人材こそが

 

 

 

最も気を遣ってマネジメントしなきゃ

 

 

 

ならない対象なんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、今よりも

 

 

 

 

「もっと良いアイデアが出せそう」

 

 

 

「もっとチャレンジできそう」

 

 

 

「もっと人に、チームに優しくなれそう」

 

 

 

 

 

 

こんな環境をまず整えることが

 

 

 

生産性向上の原理原則だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも時々、『人』によって

 

 

 

理解力も処理能力も力量も違うから

 

 

 

そんな能力の高い人が居ないことを理由に

 

 

 

チームがうまく行かないなんて話を

 

 

 

聞いたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそもそも、「高い能力を持つ人」って

 

 

 

基本少数派で、ほんの一握りしかいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ沢山いる、「普通の能力の人」を

 

 

 

うまく活用できないチームに

 

 

 

問題がある。

 

 

 

 

 

 

そんな気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとした仕組みや環境を

 

 

 

整えてあげるだけで

 

 

 

もしかしたら、想像以上の効果を

 

 

 

発揮するかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ウチのチームはダメだ』とか

 

 

 

『あいつはダメなやつ」なんて、

 

 

 

切り捨ててしまう前に、

 

 

 

ルールや環境の見直し、

 

 

 

業務の割当の見直しなどで、

 

 

 

なんとか人材を上手に活用する

 

 

 

方法を考えることも、マネジメントの重要な

 

 

 

役割だと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがそんなに簡単じゃないから

 

 

 

苦労もするし、楽しい部分でも

 

 

 

あるんですが。。。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月28日 月曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,220号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャニーズ事務所の

 

 

 

国民的人気グループ”嵐”。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このグループが、2020年12月31日をもって

 

 

 

活動を休止するって報道が

 

 

 

昨日の夜、日本中を駆け巡りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会見もしたみたいですが

 

 

 

ボクは見てません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、仲がいいとか悪いとか

 

 

 

色んな説もあったみたいですが

 

 

 

ボクは基本的にとっても仲のいい

 

 

 

グループだと思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを証拠に、ボク達チームマリノアも

 

 

 

『みんなで仲良くやっていこうぜ!』って

 

 

 

ことを合言葉に、勝手に

 

 

 

”嵐大作戦”って呼んでた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年の年末までって

 

 

 

期日がしっかり定められてるから

 

 

 

何か安室ちゃんの引退の時みたいに

 

 

 

きっと日本中が見守るような

 

 

 

フィナーレになるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅白歌合戦が

 

 

 

最後になるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、メンバーも

 

 

 

悩みに悩んで下した結論だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気がハンパじゃないだけに、

 

 

 

単純に『辞めたい』って個人の意見が

 

 

 

通るような世界じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何があったか知りませんが

 

 

 

そこは大人の事情。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言っても、個々のメンバーが

 

 

 

ソロ活動で芸能界には残るんだろうから

 

 

 

チームとしてこれまで頑張ってきた

 

 

 

功績を讃えつつ、ファンの方は

 

 

 

残りの期間を精一杯サポートできたら

 

 

 

それでいいんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

でも、オドロキましたね(+o+)

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月27日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,219号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のブログは、当然

 

 

 

全豪オープン優勝の

 

 

 

大阪ナオミちゃんの話題でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純に、スゴクないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の「全米オープン」に続いて

 

 

 

グランドスラム2大会連続優勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テニスの4大大会を1回でも

 

 

 

勝つことって、多分

 

 

 

ものすごく難しいこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界のトッププレイヤーでも

 

 

 

勝てない試合を、連続で勝つなんて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、明日正式発表される

 

 

 

世界ランキングで1位が確定してるんでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人として初の

 

 

 

グランドスラム制覇に加え

 

 

 

初の世界ランク1位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なおみちゃんの快進撃は

 

 

 

まだまだ止まらないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当におめでとうございます!!!

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月26日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,218号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼過ぎ、ホテル内でミーティングしてたら

 

 

 

まずまずの揺れを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本が震源地で、震度5弱とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様のところはどうでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題ありませんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約3年前に起きた熊本地震の影響で

 

 

 

まだ仮設住宅住まいの方も

 

 

 

けっこういると聞いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以上の余震とか

 

 

 

なければいいけど…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今日は久しぶりに

 

 

 

大荒れの天気でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市内は積もりこそしませんが

 

 


風も強く、一時吹雪いておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから、夕方にかけ

 

 

 

ホテルには団体様のご到着予定があり

 

 

 

目下準備の真っ最中ですが

 

 

 

交通の影響なんかも

 

 

 

少し心配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな日は、不要不急の外出は避け

 

 

 

皆様も暖かくお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はお天気には恵まれそうですが

 

 

 

厳しい冷え込みが予想されてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの流行も

 

 

 

これからますます拡大傾向にあるみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうか、健やかにねヽ(^。^)ノ

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月25日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,217号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔と比べ、毎日の食事に

 

 

 

本当に労力がかからなくなった現代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクがまだガキの頃

 

 

 

街にはスーパーもあったけど

 

 

 

それぞれが独立して営業してる

 

 

 

肉屋、魚屋、八百屋が沢山あり

 

 

 

我が家にも贔屓の店が

 

 

 

いくつかあったように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、それぞれで買って来た食材は

 

 

 

調理という過程を経て

 

 

 

みんなの口に運ばれ

 

 

 

血となり肉となり、そして

 

 

 

一家団欒という重要な要素が絡む

 

 

 

食卓を飾ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では、コンビニに行けば

 

 

 

調理済みのお弁当やお惣菜

 

 

 

サンドイッチやおにぎりなど

 

 

 

金さえ払えばいつでも

 

 

 

空腹を満たすことができる

 

 

 

便利と言えば便利な時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その便利さと引き換えに

 

 

 

ボクも含め、現代に生きる人は

 

 

 

知らず知らずに、ものすごく

 

 

 

大事なものを失っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、”健康”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生70年と仮定して

 

 

 

人は生まれてから死ぬまでに

 

 

 

約7万6千回くらい食事をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのうち1回位が、仮に

 

 

 

不健康なものであったとしても

 

 

 

たいして影響はないかもしれないけど

 

 

 

昔と比べ今は、そのうちの半分くらいが

 

 

 

添加物バリバリのものを

 

 

 

ボク達は食べてるかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、それを証拠に

 

 

 

昔は、二人に一人が癌になるなんてこと

 

 

 

なかったからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えてると

 

 

 

やっぱりボク達が提供している

 

 

 

結婚式で出すお料理は

 

 

 

安心安全なものでいたいって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでお世話になってき方や

 

 

 

これからも宜しくって、感謝を伝える人を

 

 

 

おもてなしするのに、そこに拘らずして

 

 

 

何に拘るべきなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達がその価値を高めるために

 

 

 

3年越しで商品にした

 

 

 

『収穫ウェディング』

 

 

 

 

 

 

 

収穫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糸島の農家さんと新郎新婦が一緒に

 

 

 

来て下さる方の笑顔をイメージして

 

 

 

完全無農薬で野菜を育て

 

 

 

収穫までしてお料理へと昇華させる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このプロセスだけでもスゴイのに

 

 

 

やってる内容が

 

 

 

今の時代に足りないものの

 

 

 

本質をついてると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、ボクの尊敬する先輩のご家族が

 

 

 

重い病気を患い、

 

 

 

日々心身ともにご苦労されてて

 

 

 

その先輩が、

 

 

 

『なおくん、食い物は大事だよ。

 

 

 

口から入れるものは、本当に

 

 

 

注意せなイカン。

 

 

 

後で後悔しても遅いからね』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう話してくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先輩ご家族も

 

 

 

それだけが病気の原因で

 

 

 

ないかも知れないけど

 

 

 

やけにボクの心に刺さったので

 

 

 

書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、大切な人に

 

 

 

安心できないもの、食べさせたいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目だけで決めていい時と

 

 

 

そうじゃない時がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに結婚式は

 

 

 

当てはまらないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式を挙げる会場を下見するとき

 

 

 

だいたい試食もすると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食材の産地を聞いて

 

 

 

ちゃんと答えられる式場って

 

 

 

どのくらいあるんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、ボク達以外

 

 

 

ほとんど無いんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが自慢なんじゃなくて、

 

 

 

それでいいんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう不安に思う

 

 

 

今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月24日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,216号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日前、福岡市は博多区にある

 

 

 

ボウリング場”博多スターレーン”が

 

 

 

施設の老朽化に伴い、3月末で

 

 

 

営業を終了するってニュースが

 

 

 

出ておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は初めて知ったんですが、

 

 

 

このボーリング場、西日本最大級の

 

 

 

規模だったみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで数々の国際大会や

 

 

 

全国大会の会場にもなってきて

 

 

 

良く知るのは、併設されたイベントホールでの

 

 

 

特にプロレス興行が盛んだったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロレスファンの中では

 

 

 

『西の聖地』なんて言われてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク自身、生まれて初めて

 

 

 

ボーリングというものをやったのも

 

 

 

この”博多スターレーン”でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い起こせば今から約30年前

 

 

 

社会人になりたてのころ

 

 

 

同期の仲間で出かけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中には、好きだった子も

 

 

 

居たとかいないとか(+o+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、女の子でも

 

 

 

そこそこのスコアを出せる

 

 

 

このスポーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは周りを驚愕させる

 

 

 

超ハイスコアを出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れもしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全10フレーム投げて【40】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テニスじゃねーんだから…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でも思うのは

 

 

 

どうやったらあんな底辺スコアを

 

 

 

出せるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に不思議でならない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからと言うのも

 

 

 

ボーリングに誘われても

 

 

 

当然気が向かないし

 

 

 

ついて行っても、「見てるだけ」

 

 

 

ってこともまぁまぁあったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、何故に『靴代』が

 

 

 

別にかかるのか、

 

 

 

それが納得いなかい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、そんな負け犬の遠吠さておき

 

 

 

この博多スターレーンは解体され

 

 

 

今後再開発されるみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーリングがどちらかと言えば

 

 

 

苦手というか、むしろキライである

 

 

 

ボクとしては、無くなっちゃうことに

 

 

 

基本弊害はありませんが、それでも

 

 

 

今でも鮮明に覚えてる”大事な想い出”

 

 

 

を創った場所であることは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、少し寂しいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいビルが建ち

 

 

 

暮らしやすさや近代化が

 

 

 

追及されるのもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それと共にひとつの時代も

 

 

 

終わりを告げ、忘れ去られていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこかで懐かしむ機会でも

 

 

 

あればまた別なのだろうけど。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月23日 水曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,215号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の19日から昨日まで

 

 

 

ちょっと訳あって、ブログを更新

 

 

 

できませんでした。

 

 

(インフルじゃないよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、

 

 

 

『ブログ3日間お休みしてました』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というお詫びと共に

 

 

 

また今日から、出来るだけ毎日

 

 

 

更新したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今ホットな話題としては

 

 

 

テニスの全豪オープン、

 

 

 

大阪ナオミちゃんが躍進中!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も勝って、伊達公子選手以来

 

 

 

25年ぶりの4強に進出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、世界ランクは3位以内が

 

 

 

確定したらしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後は、錦織選手が

 

 

 

今日の夕方から、世界ランク1位の

 

 

 

ジョコビッチ選手に挑む準決勝が

 

 

 

見ものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今現在、14連敗。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連勝も連敗も、何時かは途絶える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、頑張って欲しいと思います!

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月19日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,214号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私ごとですが、

 

 

 

今日は娘ちゃんのお誕生日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言っても、今日のボクは忙しいので

 

 

 

お誕生会は後日、マリノアでやろうと

 

 

 

思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間では、明日明後日が

 

 

 

センター試験。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃんも2年後、受けてんのかな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな人生を進むんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

そんな事を考えさせられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、人手不足がささやかれる昨今、

 

 

 

北海道で新たに、『職場付き賃貸マンション』

 

 

 

と言われる、労働力を生かす

 

 

 

新しい取り組みが始まるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、60歳以上の女性が

 

 

 

入居対象で7階建ての39戸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物2階にパン工場を併設し

 

 

 

入居者を中心に製造担当の

 

 

 

50人程度を雇用。

 

 

 

 

 

 

 

 

1階にあるドラックストアなどで

 

 

 

パンを販売し、店舗でもレジ担当などに

 

 

 

20人程度を雇用する予定なんだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いずれもフレックス制勤務で

 

 

 

入居者が好きな時間に働けるようにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更には、ビルの3階4階は

 

 

 

病院やリハビリセンターなどが入り、

 

 

 

女性医師が運営する病院は

 

 

 

日中は外来患者の診察もするけど

 

 

 

入居者の健康管理にもあたるんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、このシステム

 

 

 

斬新でスゴくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

全国で取った統計では

 

 

 

65歳以上の女性の就業率は

 

 

 

男性と比べかなり低いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

でも、ある程度歳を重ねても

 

 

 

働きたいって考える女性はちゃんといる。

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、医・職・住を隣接させて

 

 

 

仕事の場を提供すると共に

 

 

 

自立を支え、生きがいも提供する

 

 

 

まさに一石二鳥の

 

 

 

本当にいい仕組みだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代の流れと共に

 

 

 

新たなビジネスモデルやシステムが

 

 

 

どんどん生まれてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達も色んなニーズを取り入れ

 

 

 

”具体的”に人に受け入れられる

 

 

 

商品提供をしなきゃならないよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなニュースを見るたび

 

 

 

考える次第です。

 

 

 

 

 

 

Page Top