皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月4日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,201号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お正月の風物詩”箱根駅伝”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、ご覧になりましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはライブでは観れなかったけど

 

 

 

今年もスゴかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、何でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

あの大会、何でこんなに

 

 

 

見てる人の心を熱くするんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、青山学院大学が

 

 

 

多分5連覇するだろうって

 

 

 

正直思ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、やはり何が起きるか

 

 

 

解りませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

往路では6位に甘んじ

 

 

 

復路で怒涛の追い上げ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2位でのフィニッシュは

 

 

 

それはそれで、見る人に

 

 

 

ワクワク感と感動を与えた

 

 

 

今大会だったし、

 

 

 

東海大学の悲願の初優勝も

 

 

 

スゴク感動的だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その箱根駅伝、正式名称は

 

 

 

「東京箱根間往復大学駅伝競走」

 

 

 

関東学生陸上競技連盟が主催してる大会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然出場校資格は、その連加盟校って

 

 

 

縛りがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもこれだけ全国的に

 

 

 

人気の大会だから、全国の陸上選手は

 

 

 

この箱根駅伝に出たいって思いで

 

 

 

関東の大学に進学する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを証拠に、大会出場校の

 

 

 

エントリー選手の出身高校をみると

 

 

 

全国津々浦々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今年何気に気付いたのは

 

 

 

西日本の高校出身選手が

 

 

 

かなり多いってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、九州出身の選手が

 

 

 

感覚的に多い気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでちょっと調べてみると

 

 

 

エントリー選手の中で関東出身以外では

 

 

 

熊本出身の選手が最も多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他、長崎や大分、宮崎

 

 

 

福岡出身の選手も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、逆に言えば

 

 

 

関東以外の大学は、有望選手を

 

 

 

ほぼ関東の有名大学に

 

 

 

取られちゃうってことですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ全国的なイベントに

 

 

 

発展した大会だから、全国規模で

 

 

 

やればいいのに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純にそう思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、どうやらボクと同じ考えの人は

 

 

 

居るらしく、今年95回大会だったのが

 

 

 

2024年の100回記念大会では、

 

 

 

”全国化”も検討されてるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、賛否両論あるようで

 

 

 

関東以外の学校は

 

 

 

もし箱根に出場すれば

 

 

 

知名度を高められる最高の舞台になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、全国の優秀選手が

 

 

 

関東一極化することへの

 

 

 

歯止めにもなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、全国化することにより

 

 

 

主催である関東学生連盟から

 

 

 

日本学生連盟に変える必要があって

 

 

 

基本的な運営を一から練り直したり

 

 

 

審判や補助員も全国化する為

 

 

 

地方大学の負担が増えるとか

 

 

 

 

代替え案として、今の箱根駅伝は

 

 

 

”関東箱根駅伝”として残し

 

 

 

”全国箱根駅伝”の2本立てに

 

 

 

したらどうかとか、そんな意見も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっちにしても、

 

 

 

中々一筋縄じゃいかないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、第100回記念大会を目処に

 

 

 

全国化する方に賛成。

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、もはや箱根駅伝が

 

 

 

関東の地方大会レベルじゃないって事実は

 

 

 

陸上関係者のみならず

 

 

 

世間が深く認識してること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間に受け入れられてこそ

 

 

 

更なる発展が望める訳で

 

 

 

是非議論を重ね、

 

 

 

全国的な大会になったらいいなと

 

 

 

望むところです。

 

 

 

 

 

 

 

Page Top