今想うこと, 日常のこと

正しい事と間違ったこと

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月8日 火曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,205号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、何が正しくて

 

 

 

何が間違ってるのかを考えたとき

 

 

 

大体答えが出ないことって

 

 

 

結構多くないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、”暴力はよくない”って

 

 

 

誰しもわかってること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、もし自分の大切な人が

 

 

 

危険にさらされてたとすれば

 

 

 

ボクは間違いなく、”暴力も辞さない”って

 

 

 

選択肢も含めて判断すると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらには、危害を加えられた後だったら

 

 

 

仕返しをしないとも言い切れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

『暴力を振るうのは許されない』

 

 

 

これは判ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、100%間違ってるかって

 

 

 

言われると、認めにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


正しいかどうかだけを判断するなら

 

 

 

暴力に暴力を返す行為は

 

 

 

当然正しくないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそれはあくまで建て前であって

 

 

 

現実は感情が入り込むから

 

 

 

そう簡単にはいかない。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争なんかの争い事を見ても

 

 

 

多分、両者どっちも自分達が正しいと

 

 

 

思って争ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分達は間違ってるって確信して

 

 

 

世の中を破滅に追い込むような人も

 

 

 

そうそういないだろう。

 

 

 

 

 

 

 


そんなことを考えていると

 

 

 

自身を律するための「正しさ」は

 

 

 

根底にあっていいけど

 

 

 

他人に対する「正しさ」の尺度は

 

 

 

自分と同じってことも限らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことは、他人に対しては

 

 

 

自分が思うより少し優しめに

 

 

 

寛容に受け入れる心の余裕を

 

 

 

持つ必要があるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何で突然こんなことを

 

 

 

書いてるかっていうと

 

 

 

子供に物事を教える時に

 

 

 

いつも悩み、迷うことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪いことをしたらダメ、

 

 

 

正しいことをしなさいと

 

 

 

大人に教えられ、

 

 

 

そして教えてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、よくよく考えたら、

 

 

 

何が正しく、何が間違ってるかって

 

 

 

絶対的な基準なんか存在してなくて

 

 

 

各個人がそれぞれの物差しを

 

 

 

身に着けていくしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最近、お正月にお年玉をもらった

 

 

 

ウチの娘ちゃんが

 

 

 

お金の使い方で奥様ともめてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傍から見たら、どう考えても

 

 

 

娘ちゃんが悪いのですが

 

 

 

その基準を

 

 

 

ちゃんと教えてきただろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はたまた、その基準が

 

 

 

自分のみの尺度に収まってて

 

 

 

今の時代に受け入れられる

 

 

 

ものなんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことも考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金の価値が

 

 

 

イマイチわかってない年代に

 

 

 

”自分が自由に使えるお金”

 

 

 

としての金銭感覚や

 

 

 

遣えば無くなることは、

 

 

 

身を持って体験させなければ

 

 

 

外野が色々言ったところで

 

 

 

本当の意味での腹落ちは

 

 

 

しないんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも今は

 

 

 

キャッシュレス時代に

 

 

 

突き進もうとしてて

 

 

 

お金の価値ひとつ見ても

 

 

 

今と昔じゃ話にならない位

 

 

 

雲泥の差。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、子供の教育や子育てって

 

 

 

メチャクチャ難解で、繊細だなって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ情報が氾濫している時代に

 

 

 

ボク達が育ってきた子供の頃の価値観を

 

 

 

押し付けた教育だけでは

 

 

 

今の子育てはキビシイだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代の流れと共に、抜本的に

 

 

 

教育とボク達大人の柔軟さにも

 

 

 

変革が必要なんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子育てだけじゃなく

 

 

 

職場で後輩や部下を育てる意味でも。

 

 

 

 

Page Top