皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月10日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,207号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒大好きなボクですが

 

 

 

最近少し危惧することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲酒による健康被害は然ることながら

 

 

 

国産のウィスキーの品薄と

 

 

 

価格高騰です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは意外とウィスキー好きで

 

 

 

以前はワイン同様、色んな銘柄の

 

 

 

シングルモルトを中心に

 

 

 

ストックしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、皆様もご存じ、

 

 

 

NHKの朝の連ドラ”マッサン”効果で

 

 

 

たちまち国産ウィスキー需要が

 

 

 

加速します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マッサンは、大正時代が背景で

 

 

 

日本のウィスキー作りに情熱を燃やす

 

 

 

酒屋の跡取り息子が、

 

 

 

単身スコットランドに渡り

 

 

 

そこで出会う、スコットランド女性と

 

 

 

ほぼ駆け落ち状態で国際結婚し

 

 

 

その女性が慣れない日本で

 

 

 

奮闘するって物語。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルになったのは、

 

 

 

ニッカウィスキーの創業者

 

 

 

竹鶴政孝さんとその奥様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのドラマのおかげで

 

 

 

創業者の名を冠する”竹鶴”は

 

 

 

飛ぶように売れ、今や品薄状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと同時に国内でも

 

 

 

”ハイボール”人気にも火が付いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、年明けに香港で行われた

 

 

 

オークションで、ウィスキー1本が

 

 

 

スゴイ金額で落札されたって

 

 

 

話題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、サントリーが出す

 

 

 

『山崎50年』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお酒、2011年にリリースされ

 

 

 

当時もかなり話題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクとしても垂涎の商品でしたが

 

 

 

何せ値段が値段。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

150本限定のリリースで

 

 

 

1本100万円!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや、酒の値段じゃねーな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然買える訳もなく

 

 

 

指をくわえて売れ行きを見てましたら

 

 

 

あっという間に完売。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるところにはあるし

 

 

 

そんな需要はあるんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

その”山崎50年”が

 

 

 

発売から7年経ち、

 

 

 

何と、3,250万円で落札された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションの値段じゃねーか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカーの人曰く、

 

 

 

「飲まれずに投資目的の人の手に

 

 

 

渡るのは複雑な思い」

 

 

 

 

 

 

 

ってコメントしてて、この想いは

 

 

 

作り手からするともっと

 

 

 

顕著なんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今となっては

 

 

 

人気ブランドのウイスキーは

 

 

 

世界中の富裕層から

 

 

 

投資目的で重宝されて

 

 

 

 

彼らにとってウイスキーはもはや

 

 

 

飲み物じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、限定品とか終売品は

 

 

 

希少性が高いし、そもそもの値段が高く

 

 

 

一般人が手に入れるのは困難。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、7年前

 

 

 

100万円が3,000万円を超えるなんて

 

 

 

ボクも思わなかったし、

 

 

 

そんなことなら無理してでも

 

 

 

買っときゃよかった(・_・;)

 

 

 

 

 

 

 

だって、32倍だぜ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、ボクがこのお酒を

 

 

 

本当に手にしてたら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの琥珀色の誘惑に

 

 

 

果たして勝てただろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前に無いだけに

 

 

 

値上がり幅同様

 

 

 

誰にもわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの性格的に

 

 

 

多分無理だろうな(+o+)

 

 

 

 

Page Top