月別アーカイブ: 2019年2月

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月28日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,245号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、コーヒーって好きですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは結構好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎朝、自分で選んだ豆を

 

 

 

ゴリゴリ×2、手動のコーヒーミルで挽き

 

 

 

ドリップして淹れるのが日課です。

 

 

 

 

 

 

 

ミル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの挽きたての香りが

 

 

 

何かホッとさせてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今日は、最近知った

 

 

 

画期的だと思われる商品を

 

 

 

ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、”INIC・coffee(イニック・コーヒー)”

 

 

 

っていう商品で、インスタントコーヒーみたいな

 

 

 

粉末だけど、インスタントコーヒーじゃなくて

 

 

 

けど、ドリップしなくても

 

 

 

ドリップコーヒーの味が楽しめる、

 

 

 

“ドリップド・コーヒーパウダー”。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、淹れ方は簡単で

 

 

 

スティックに入ったパウダーを1本

 

 

 

カップに入れて、お湯もしくは水を注ぐだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それって、インスタントでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクもそう思うんですが、そもそも

 

 

 

製造方法が違うみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通のインスタントコーヒーは

 

 

 

超高熱で抽出するので、多少

 

 

 

コーヒー豆がダメージを受けて

 

 

 

大事な香りが飛んだり、雑味やえぐみも

 

 

 

あったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けど、このイニックコーヒーは

 

 

 

豆ごとの特性によって、最適な抽出温度と

 

 

 

抽出時間を厳密に管理し、

 

 

 

霧状にしたコーヒー抽出液を

 

 

 

瞬間的に乾燥させる特殊な製法で

 

 

 

作られるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも一度飲んでみましたが

 

 

 

インスタントよりは確かにウマい。

 

 

 

 

 

 

 

忙しい時なんかには

 

 

 

イイかもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お値段は、大体カップ1杯あたり

 

 

 

100円ちょっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁそんなもんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、割とオシャレなパッケージだし

 

 

 

着色料や香料、合成添加物も不使用。

 

 

 

 

 

 

 

コーヒー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギフトなんかにもいいかもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になる方は、こちらをご覧ください。

 

https://www.inic-market.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもボクはやっぱり

 

 

 

ドリップ派かなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの豆を挽くプロセスが

 

 

 

好きだから♥ヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

2月26日 火曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,244号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この春、博多エリアに

 

 

 

リニューアルオープンするホテルがあるんですが

 

 

 

ボク達、チームマリノアが、そのホテルの

 

 

 

レストラン部門を請け負い、運営することに

 

 

 

なりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細はもう少ししてからご案内できると

 

 

 

思いますが、今回

 

 

 

そのレストランの最終的な

 

 

 

メニュー構築の為のミーティングと

 

 

 

お料理の試作、試食の大事な場に

 

 

 

ボクも同席することになり

 

 

 

いざ、東京へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで、まだまだイメージですが

 

 

 

これまでにない、”新しいお料理展開”の

 

 

 

レストランが出来そうですヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとだけ、メニュー開発会議の

 

 

 

ワンシーンをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3085

 

 

 

 

 

糸島のトマトを使ったサラダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3086

 

 

 

 

体にイイケールとレモンのサラダ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3096

 

 

 

 

見た目も豪快なチキンドリア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3098

 

 

 

 

IMG_3099

 

 

 

 

 

和牛のロースを塊のまま

 

 

 

贅沢にローストします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3105

 

 

 

 

 

 

可愛らしい

 

 

 

ミニハンバーガーとホットドッグ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんの一部ですが、これらを

 

 

 

どんなプレゼンテーションで

 

 

 

お客様に楽しんでいただけるかを

 

 

 

協議します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくお伝えできないのが

 

 

 

少し残念ですが、かなりイイ物が

 

 

 

できあがりそうです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ホテルのレストランとして

 

 

 

やはり朝食は外せません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、日本一のホテルの朝食も視察。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも何度も訪れた

 

 

 

帝国ホテルのブッフェレストラン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイキング発祥の地でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、朝食は初体験。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3076

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サール

 

 

 

 

 

 

 

サール1

 

 

 

目移りするパン

 

 

 

 

 

サール2

 

 

 

 

和食もご飯にあうちょっとしたお惣菜が

 

 

 

沢山並んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

サール4

 

 

 

 

 

 

 

サール3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日、最低でも400名様の朝食を

 

 

 

ご提供しているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり東京は桁違いですが

 

 

 

スゴク勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月に入ると

 

 

 

色んな情報が解禁される予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンまで、このなおくんブログでも

 

 

 

その模様を追っかけ、レポートします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

2月23日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,243号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

急なお話ですが、

 

 

 

新規プロジェクト立ち上げの準備で

 

 

 

福岡を離れ、出張することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月曜日の夜遅くに戻る予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次のブログは、26日火曜日に

 

 

 

更新いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か新しい情報を

 

 

 

お届けできるように

 

 

 

頑張ってきますヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

2月22日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,242号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、ある大手コンビニエンスストアの

 

 

 

オーナーさんとフランチャイズ本部が

 

 

 

”24時間営業”を巡って激しく対立してるって

 

 

 

全国的に話題になりました。

 

 

 

 

 

ご覧になった方も多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやらこのオーナーさん、

 

 

 

奥様と2人でお店を切り盛りしてたけど

 

 

 

昨年奥様が他界され、アルバイトの募集も

 

 

 

かけてはいるけど、中々人が集まらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のチカラで何とかしようとしたけど

 

 

 

肉体的にも精神的にも追いつめられ

 

 

 

泣く泣く、午前1時から午前6時の間

 

 

 

店を閉める「19時間営業」にしたってもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何となくイメージつきます?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このオーナーさん、奥様が亡くなられてからは

 

 

 

8か月間の間で、たった3日しか

 

 

 

休めてないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥様自身、お亡くなりになる

 

 

 

1ヶ月前ですら、1日数時間は

 

 

 

お店に出ないと廻らない程

 

 

 

忙しい店舗だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時短営業をしている今ですら

 

 

 

朝5時から夕方6時まで13時間働いてて

 

 

 

もし24時間営業を継続するとすれば

 

 

 

一日16時間は働かないと

 

 

 

店が回らないという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、聞くも涙、語るも涙って

 

 

 

悲壮感が漂ってくる、嘘のような

 

 

 

本当のハナシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニだけじゃないけど、

 

 

 

今、色んな業界で人手不足と言われてて

 

 

 

特にコンビニ業界は、接客、品出し

 

 

 

棚卸しまで、かなり広範な仕事を

 

 

 

余儀なくされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

その割には時給も然程高くないから

 

 

 

学生さんやパート志望者からは

 

 

 

敬遠されがちなんだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、コンビニのフランチャイズ本部は

 

 

 

いかなる理由があろうとも

 

 

 

店舗の勝手な都合で時短営業することは

 

 

 

認められないってことで

 

 

 

改善しないのであれば、違約金の請求と

 

 

 

契約の強制解除に踏み切るって

 

 

 

強気の姿勢を見せたことで

 

 

 

問題が表面化しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも、解らんでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニの存在意義って、

 

 

 

地域住民からすると

 

 

 

治安維持にもつながるし、何より

 

 

 

24時間営業の利便性は

 

 

 

そこにニーズがあり、これまで発展してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、色んなリスクを

 

 

 

双方で回避しつつ、納得した上で

 

 

 

結ぶのが”契約”だから

 

 

 

そこが前面に出てくることも

 

 

 

当然と言えば当然。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、何とかなりませんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクなんて本当に関係ないけど

 

 

 

このオーナーさんの気持ち

 

 

 

痛い程判る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達ホテル業界も

 

 

 

人の繋がりで成り立ってるし

 

 

 

ボク独りじゃ、何ひとつできやしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、人が居ないって苦しみは

 

 

 

本当に判るんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、会社側とオーナーさんサイドで

 

 

 

期限付きで人的サポートに入るなど

 

 

 

双方が歩み寄れる協議を進めてるようですが

 

 

 

平行線をたどってるようようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”特例を認めると、契約がなし崩しになる”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この危険性も解るけど、何とか

 

 

 

会社側に譲歩してもらえたら

 

 

 

個人的に嬉しいなと思う

 

 

 

社会問題です。

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月20日 水曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,241号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには結婚生活や

 

 

 

夫婦生活にちなんだ話でも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは、”亭主関白”と聞くと

 

 

 

どんなことをイメージされるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和とか

 

 

 

古いとか

 

 

 

星 一徹とか?(わかんねーか・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、亭主関白な男性って

 

 

 

やはり年々減少傾向にあって、

 

 

 

ボク自身、流石に今の時代には

 

 

 

合っない考え方の部分もあるって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

亭主関白って一言でいっても、

 

 

 

じゃあ具体的にどんなタイプが

 

 

 

亭主関白だと言えるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと一部、例を挙げてみますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・家事全般を一切しない

 

 

 

・自分が帰ってくるまで寝させない

 

 

 

・自分の考えを曲げない

 

 

 

・自分が間違っていても謝らない

 

 

 

・子育てを手伝わない

 

 

 

・「おい、お前」などの言い方で呼ぶ

 

 

 

・プライドが無駄に高い

 

 

 

・相談しない

 

 

 

・でも、イザという時に頼りになる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、亭主関白な男性は

 

 

 

「女性とはこうあるべき」みたいな

 

 

 

固定観念が強い場合も多くて

 

 

 

しかも、女性蔑視と取られがちな人も

 

 

 

まぁまぁいるようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、どんなタイプの人が

 

 

 

亭主関白率が高いかって言うと

 

 

 

・父親が亭主関白

 

 

 

・母親が専業主婦

 

 

 

の場合が多いんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、自分の父親を見て育つので

 

 

 

知らない間にそれが当たり前だと考えてて

 

 

 

そういう父親は、「女性は家に居るべき」

 

 

 

なんて思っている人が多いから

 

 

 

”母親が専業主婦=父親が亭主関白”という

 

 

 

あくまで確率論ですが、そんなことが

 

 

 

言えるみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、中にはそんな男性に

 

 

 

憧れる女性も居たりするから

 

 

 

イイとか悪いとか、一概には

 

 

 

言えないんだろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、優しいけど

 

 

 

イザって時に頼りがいが無いのも問題で

 

 

 

やはり今の時代、バランス感覚が

 

 

 

大事だと思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに、これもあくまで統計ですが

 

 

 

亭主関白が多いエリアは

 

 

 

四国、中国、東海地方の順らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外。

 

 

 

 

 

 

九州って、結構亭主関白率

 

 

 

高いと思ってたから(+o+)

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月19日 火曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,240号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝ラジオで、『若者の〇〇離れ』

 

 

 

についてDJさんがコメントしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、若者にとっては

 

 

 

ある意味必要なんじゃ?

 

 

 

と思われる”スナック菓子”までも

 

 

 

離れて行ってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その理由はどうやら

 

 

 

スマホに関係してて、スマホを使うのに

 

 

 

必要な【手が汚れるから】という理由で

 

 

 

スナック菓子を食べないらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん…

 

 

 

 

 

 

そうですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

であれば、

 

 

 

食べなくてよろしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に言うと、

 

 

 

食べてから手を洗って

 

 

 

それから触れ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝思ったのは以上です。

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月18日 月曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,239号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めでたくもありませんが

 

 

 

今日はボクのお誕生日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

facebookとかメールでも

 

 

 

沢山の方からお祝いのコメントを

 

 

 

いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この場をお借りして

 

 

 

御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より、毎年自分の誕生日には

 

 

 

親に感謝しなきゃなって

 

 

 

ある年齢を境に思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年一年、充実して過ごせるように

 

 

 

自分のチカラも最大限に発揮し

 

 

 

努力したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、自分独りじゃ何もできないってことも

 

 

 

理解できる年齢です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幾つになろうが

 

 

 

引き続きご支援とご鞭撻の程

 

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御礼とお願いで、お誕生日のブログと

 

 

 

させていただきます♪♪

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月17日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,238号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、なんだかんだで

 

 

 

ブログ更新、できませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴメンナサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

婚礼支配人が書くブログだから

 

 

 

基本、ハッピーなことを書きたいのですが

 

 

 

今日はご勘弁を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、以前お世話になった方が

 

 

 

天国へ旅立たれたという

 

 

 

訃報が入ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ60歳とちょっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

人生、これからだったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方には、若い頃

 

 

 

結構色んなコトを教わり

 

 

 

そして、沢山怒られたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中々クセの強いところがあったけど

 

 

 

どういう訳か、ボクは

 

 

 

可愛がってもらってたように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の年末に差し掛かる頃

 

 

 

その方から携帯に着信が残ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、3年振り位の電話だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『あっ! 気付かなかった。

 

 

 

あとで掛け直そう』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思って、実は

 

 

 

折り返しの電話を失念してしまってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな矢先の訃報。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

癌だったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、余命いくばくもないことを

 

 

 

知らせてくれようとした電話に違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何も言えねー・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクのコトを思い出し、

 

 

 

電話してくれたんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのに、ボクの怠慢のせいで

 

 

 

叶わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病に伏したのは運命だったかもしれないけど

 

 

 

後悔してもしきれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな自責の念を抱き

 

 

 

今夜、お別れに行って参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月15日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,237号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中には100%なんて

 

 

 

そうそう存在しないってことは

 

 

 

誰しも判ってることだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で、そこそこ長いこと

 

 

 

管理職をやってて、「叱られて伸びる人」を

 

 

 

あまり見たことがないように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、あくまでボクの感覚値だから

 

 

 

この世に「叱られて伸びる人」は

 

 

 

ゼロだって言っている訳ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場合によって、叱られたことや

 

 

 

叱られた内容を糧にして、

 

 

 

自分の能力を大きく伸ばす人だって

 

 

 

沢山居るかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、それでも

 

 

 

”叱られてもあまり気にしない人”

 

 

 

こそいるものの、大多数は

 

 

 

”叱られたら基本的に委縮してしまい、

 

 

 

立ち直るまでパフォーマンスが低下する人”

 

 

 

なんじゃないかなって感じてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもその場合、立ち直った後でも

 

 

 

別段能力が開花したりせず、

 

 

 

総合的なステータスは

 

 

 

叱られる前と大差ないように思える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、”叱る意義”って

 

 

 

何なんでしょうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、何かしら失敗やミスが起きた場合

 

 

 

それを繰り返して欲しくないし、

 

 

 

再発させたくないって考えるのは

 

 

 

本人に然り、上司や管理職の人なら

 

 

 

当然のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、その為に必要なのは

 

 

 

「失敗した原因の明確化」だったり

 

 

 

 

再発防止策の構築」だったり、更に言うと

 

 

 

「人的ミスが発生する余地をなくす為に、

 

 

 

システム化する」とかが重要で、

 

 

 

「失敗した人を大声で怒鳴る」

 

 

 

ことじゃないんだよなって思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、ミスした当人って大抵

 

 

 

「やっちまったぜ…」って自覚してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗を自覚している人に対して

 

 

 

それ以上に輪をかけて

 

 

 

「お前は失敗したんだ!!」

 

 

 

って煽る必要って多分

 

 

 

あんまり無いよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一方で、そもそも

 

 

 

失敗を自覚できない人も居たりする。

 

 

 

 

 

 

 

自覚すらできてないのに

 

 

 

その人を怒鳴り散らして

 

 

 

改善させようとする行為もまた

 

 

 

多分無意味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に、「褒められて伸びる人」が

 

 

 

いるかというと、これも

 

 

 

感覚値で大変恐縮なんですが

 

 

 

ボクの認識する限りでは割といると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、ボクもその類いだと思うし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し掘り下げて書くと

 

 

 

「きちんと考えて褒めることによって、

 

 

 

効率的な仕事が出来るようになった人」

 

 

 

は居るってことかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで重要なのは

 

 

 

「きちんと褒める」ってことで、

 

 

 

バカの一つ覚えで、ただ褒めればいい

 

 

 

ってことじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司に褒められるって、意外と

 

 

 

デカい成功体験になったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成功体験はモチベーションに直結するから

 

 

 

「この動きを繰り返して欲しい」

 

 

 

「こういう働きを普段から意識して欲しい」

 

 

 

みたいな、具体的なポイントを

 

 

 

褒めることが出来れば、それは

 

 

 

パフォーマンス向上に直結すると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも個人的には、「叱る」より「褒める」方が

 

 

 

遥かに難しいとも思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリスマ性が高かったり

 

 

 

パフォーマンス性が高い管理職の人って

 

 

 

よく見てると、「褒めるボキャブラリー」が

 

 

 

物凄く豊富だったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見褒めて見えないケド

 

 

 

よくよく考えると、相手がモチベートされる

 

 

 

ポイントを、ぴったりの表現でくすぐったりしてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人からは、ボクも指導を受けてて

 

 

 

感心する機会が凄く多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に大げさに褒めるわけでもなく、

 

 

 

評価に一言付け加えただけなのに

 

 

 

受け取った側にはちゃんと

 

 

 

貴重な褒め言葉になってたり。

 

 

 

 

 

 

 

ホント、スゴイなって思います。

 

 

 

まんまと踊らされてますよ(^O^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク自身、そんな技術を身に着けたいし

 

 

 

身に着けようと試みてもいるけど

 

 

 

なかなか辿り着けない境地。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらをざっくりまとめると、

 

 

 

 

「叱られて伸びる」ってハナシは案外疑わしくて、

 

 

 

「褒められて伸びる」というのは実体験がある。

 

 

 

だけど、「適切に褒める」というのはとても難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、「叱り方」を考えるよりも

 

 

 

もっと「褒め方」を考えて

 

 

 

「褒め方」を磨いた方が恐らく

 

 

 

管理職として有益なんじゃないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論言うのは簡単で、

 

 

 

適切な褒め方の選択も

 

 

 

褒めるタイミングの取り方も

 

 

 

まだ全然未熟なボクですが

 

 

 

少しずつでも目指していきたいなぁ

 

 

と考える今日この頃。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

2月14日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,236号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はバレンタインデーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、スタッフやパートナー企業の方から

 

 

 

幾つかお気持ちをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクなんかにも気を遣っていただき

 

 

 

ありがとうございますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがたく、おいしく頂きますヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして一方で、

 

 

 

『何か申し訳ないなぁ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

そうも思うのですが、何に対して

 

 

 

そう思うかって、よくよく考えたら

 

 

 

お金と時間を遣わせちゃうって

 

 

 

ことだと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、あの人にはどうしようとか

 

 

 

この人には幾ら位で…とか

 

 

 

義理とは言え、少なからず

 

 

 

考える時間も、買いに行く手間も使う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近芸能人の人が、気持ちだけ伝えて

 

 

 

モノはあげたつもりになる”エアー義理チョコ”

 

 

 

があればイイのにって言ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、『あー、気を遣ってくれたんだな』

 

 

 

って思うと、決して悪い気はしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、経済的部分では『悪いな』って思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし義理チョコが、日頃の感謝を

 

 

 

伝えるのが目的であるなら

 

 

 

”エアー義理チョコ”で

 

 

 

『感謝の気持ちを持ってるよ』って

 

 

 

伝わればいいような気もする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、日本の中に少しずつ浸透し

 

 

 

今も受け入れられてるひとつの

 

 

 

文化とも言えるレベルに

 

 

 

成長したイベント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんはどう思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはあってもイイかな?

 

 

 

って、本心としては残ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今ドキ、バレンタインのチョコを渡して

 

 

 

告白するなんて時代じゃないのかも

 

 

 

しれませんが、そんな”♥ドキドキ♥”

 

 

 

あったっていいと思うから。

 

 

 

 

 

Page Top