皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月8日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,252号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市内でもかなり大きい

 

 

 

”タクシーグループ”

 

 

 

『三五会タクシー』って

 

 

 

ご存じでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白とオレンジ色のタクシーで

 

 

 

福岡市内、全11社のグループで

 

 

 

保有台数は約400台を超えてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく街中、走ってるアレです。

 

 

 

 

 

 

 

タクシー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その三五会タクシーには

 

 

 

全車両の助手席の後ろに

 

 

 

【ゆっくりボタン】ってのが

 

 

 

付いてて、利用者が意図的に

 

 

 

”車のスピードを抑えて欲しい”時に押すと

 

 

 

音が鳴り、運転手さんが

 

 

 

安全運転を意識するものらしい。

 

 

 

 

 

 

 

yjimageM5S2O4K3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはあまりタクシーを使うことがないので

 

 

 

実際に押したことありませんが、

 

 

 

全国的にもタクシーの激戦区として名高い

 

 

 

福岡において、他社との差別化の

 

 

 

ひとつとして、今から約2年前に

 

 

 

始まったサービスらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、ご高齢の方や体調が優れない人、

 

 

 

妊婦さんにウケてるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このサービスを始めてから

 

 

 

グループが取った統計では

 

 

 

お客様の乗り心地が向上したって

 

 

 

意見だけじゃなく、事故率や

 

 

 

交通違反率が減る、

 

 

 

前向きな効果もあったみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの業界でも

 

 

 

色んなコトを考え、ゲスト目線に立つことで

 

 

 

競争力を高めてるんだなって

 

 

 

感心します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達、ウェディング業界でも

 

 

 

日々色んな知恵を絞り

 

 

 

ゲストに選んでもらうためには、

 

 

 

ゲストに喜んで貰うためには

 

 

 

そんな事を考えてますが

 

 

 

何か斬新なアイデア、ないですかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラッシュですが

 

 

 

例えば、会場選びでご来館された方には

 

 

 

各会場に”押し売りヤメテ”ボタンがあり

 

 

 

じっくり検討したいゲストには

 

 

 

それを押してもらうとか

 

 

 

ウェディングプランナーさんとの

 

 

 

相性があまり合わない場合、

 

 

 

”担当変えて”ボタンがあるとか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤ 

 

 

 

全部後ろ向きだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本、口では言いにくい事を

 

 

 

相手に伝える用途の

 

 

 

ボタンなっちゃってるから

 

 

 

言葉で伝えられる環境が整えられれば

 

 

 

そんなボタン、必要ないよな<(`^´)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンからは一旦離れよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に、あの手この手の

 

 

 

知恵を絞り、少しでも

 

 

 

ご利用いただくゲストの利便性を

 

 

 

高めたいなって思う次第です。

 

 

 

 

 

Page Top