日常のこと

福岡が世界に誇る件

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月10日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,254号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のニュースで、福岡市在住の女性が

 

 

 

男女を通じた「存命中の世界最高齢」に

 

 

 

ギネスワールドレコーズ社から

 

 

 

公式認定されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回認定されたのは、東区に住む

 

 

 

田中さんっておばあちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実に116歳なんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スゴイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、高島市長もお祝いに訪れたりして

 

 

 

田中のおばあちゃんも

 

 

 

”これからも元気で頑張る”って

 

 

 

とても喜んだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今、生存世界最高齢が

 

 

 

3人続けて日本人になり、これも

 

 

 

歴代初の快挙なんだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は世界的に見ても平均寿命は

 

 

 

年々1位を更新中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ、健康な人が多いことと

 

 

 

医療の発展が目覚ましいということ

 

 

 

なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、116歳か。

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんが生まれた当時、

 

 

 

世の中では何が起きてたかを

 

 

 

ちょっと調べてみましたが

 

 

 

当然ながら、明治時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西暦は1903年で明治36年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京の新橋~品川間で

 

 

 

チンチン電車が開通してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし世界では、あの”ライト兄弟”が

 

 

 

世界初の動力飛行に成功してる。

 

 

 

 

 

 

そして、1歳の時に日露戦争勃発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや教科書レベルを実体験してきた

 

 

 

田中のおばあちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも、健康で長生きして

 

 

 

幸せに暮らして欲しいなって思う

 

 

 

ほのぼのした話題でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、日本における最高寿命は

 

 

 

117歳と260日まで頑張られた

 

 

 

おばあちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界ではフランス人のこれまたおばあちゃんで

 

 

 

122歳と164日だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

スゲー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このフランス人のおばあちゃん、

 

 

 

生前、あの”ゴッホ”に会ったことがある

 

 

 

唯一の人って話題になったらしいよ。

 

 

 

 

 

Page Top