皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月12日 火曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,256号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年の就職活動が解禁され

 

 

 

街中にもチラホラ、リクルートスーツを

 

 

 

身に纏う学生さん達を見かけるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな姿を眺めていると以前、

 

 

 

ボクが専門学校の授業を受け持ったとき

 

 

 

学生さんから受けた直球な質問を思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問の内容は、

 

 

 

「大企業とベンチャー企業、

 

 

 

どっちに行ったほうが良いと思うか」

 

 

 

そんなこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、心の中では

 

 

 

『あんたの人生です。

 

 

 

 好きにしたらいいじゃん』

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったと記憶しますが、多分

 

 

 

何を持って大企業で、何がベンチャーなのか

 

 

 

その定義も判っていない背景からの

 

 

 

質問だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まぁ学生さんにとって、悩むのも当然。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔みたいな終身雇用の時代ほど

 

 

 

「最初の一社」が持つ意味合いは

 

 

 

大きくないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、就職先って専門性や

 

 

 

キャリアの方向性を大きく決めるし

 

 

 

ある意味人生が変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、返答には

 

 

 

メチャクチャ苦慮したことを覚えてる。

 

 

 

 

 

 

 

それに、個々の解釈によって

 

 

 

この”大企業”と”ベンチャー”の定義も

 

 

 

変わると思ってるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンと来ませんよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かい違いは色々あるし、

 

 

 

一言で言い表すのは難しいけど

 

 

 

ボクは、企業の性質の差は

 

 

 

企業規模や売り上げだけで決めるのは

 

 

 

難しいと思ってて、

 

 

 

「次の成功が会社にもたらす影響の大きさ」

 

 

 

にあるんじゃないかと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大企業って、単純に

 

 

 

既に何かで成功してる企業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、既に成功してるから、

 

 

 

人も、資金も豊富にある。

 

 

(違う場合もあるけどね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、「次の成功」の影響は

 

 

 

それほど大きくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、資金が不足して倒産することも

 

 

 

新規プロジェクトが成功しないからといって

 

 

 

組織が崩壊することも、大勢の社員が

 

 

 

負荷に耐えきれずに離職して

 

 

 

稼動不能になることも、そして

 

 

 

業態が大きく変わってしまうことも少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ベンチャー違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベンチャーは本質的に大企業とは逆なので

 

 

 

「次の成功」が会社に大きな変化をもたらす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資金が不足し、いきなりオーナーが変わったり

 

 

 

事業拡大で社員が急に増えれば

 

 

 

人事制度が機能しなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事量がいきなり増えれば、処理できずに

 

 

 

お客様からのクレームも増える。

 

 

 

 

 

 

挙句の果てには、ちょっとした

 

 

 

市場の変化で、会社の業態まで

 

 

 

変わってしまい、人も顧客も離れたり

 

 

 

入れ替わったりする可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

表現は極端ですが、そんなことが

 

 

 

常に起こり得るのが”ベンチャー”。

 

 

 

 

 

 

 

 

したがって、この定義で考えれば

 

 

 

ベンチャーって「普通じゃない会社」

 

 

 

って表現される組織かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、普通の人から見れば、

 

 

 

経営者が”ぶっ飛んで”たり、

 

 

 

場合によっては、経営者が自分の会社を

 

 

 

ぶっ壊そうとしているように見えたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、もし自分が”ベンチャーに行きたい”

 

 

 

って思う人は、「やりたいこと」が確立されてて

 

 

 

「自分が望む風土」が強すぎると

 

 

 

うまくいかない場合があると思う。

 

 

 

 

 

 

 

それは、常に変化するから。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

「入社当時、すごく居心地が良かった。

 

 

 

 でも、気が付くと、全く違う会社になってた」

 

 

 

こんなこともあったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、言い変えれば

 

 

 

”ベンチャー”は新たな領域に

 

 

 

常に挑戦する企業だとも言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の失敗は分析しつつも

 

 

 

前進することが正とされるし、

 

 

 

未来に対する興味度合いが高いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、一番重要なのが

 

 

 

”自分が将来どうなりたいか”って

 

 

 

成長意欲の高さが自分の将来や

 

 

 

会社の将来を左右する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社に貢献したい。

 

 

 

会社に必要とされたい。

 

 

 

会社と共に成長したい。

 

 

 

でも、楽で居心地がいい環境にいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな考えは当然通らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自ら学んで失敗も成功も経験し、

 

 

 

鍛われて成長の実感を得る。

 

 

 

 

 

 

このサイクルが大切なんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、いわゆる大企業も

 

 


ベンチャーも、両方経験しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己分析では、自分は確実に

 

 

 

ベンチャー向きかなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

大企業は大企業で、そりゃ

 

 

 

”安定”という莫大なメリットもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを否定するつもりも

 

 

 

毛頭ありませんが、ボクは

 

 

 

安定より変化を求めたし、

 

 

 

その変化に対応する力を付けたいと

 

 

 

真に思い、”次の成功”を夢見て

 

 

 

今の会社にいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクに質問してくれた学生さんには

 

 

 

ここまでの話しはしませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、本当に伝えたかったことは

 

 

 

やはり

 

 

 

あなたがどうしたいか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを本気で考えろということだと

 

 

 

改めて思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

Page Top