日常のこと

年齢を本気で感じた件

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月15日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,259号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、夜の出事が続き

 

 

 

つい先日は、かなり久し振りに

 

 

 

遅くまでお酒を飲む機会がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしても必要な場で、

 

 

 

『そろそろ終電なんで…』

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこと、言うべきではないと

 

 

 

判断されたし、ボク自身

 

 

 

本気でその場に居続ける必要性を

 

 

 

感じてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、本気で飲んだってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前なら、少々の深酒くらい

 

 

 

翌日の午後には復活できたはずですが、

 

 

 

最近は二日後まで、その不摂生が

 

 

 

たたるようになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前様の帰り道、繁華街から

 

 

 

自宅までタクシーに乗り

 

 

 

家の近所で降ろしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車中では完全に寝落ちし、

 

 

 

降りる直前まで一切の記憶がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクシーを降りて辺りを見回すと

 

 

 

全く見覚えのない場所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ありゃー…しまった

 

 

 

やっちまったな・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思っても後の祭り、

 

 

 

タクシーのドライバーさん

 

 

 

沢山声かけてくれただろうし

 

 

 

どこに連れて行けばいいか

 

 

 

中途半端な説明で解り辛かっただろうし

 

 

 

迷惑かけたんじゃないかな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで、こんなことも無かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いながら、仕方なく歩き始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

方角も解らない、ぶっちゃけ

 

 

 

山の中で降ろされたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく歩くと、見覚えのある場所に出て

 

 

 

かれこれ40分程で家路につきましたが

 

 

 

若くないわけですし、いくら必要と言えど

 

 

 

程々にしないとイカンなって

 

 

 

反省しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、歩いて帰る道すがら

 

 

 

スゴク星がキレイで、少し肌寒くて

 

 

 

ちょっとだけ気持ちよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

星空を眺めたのも

 

 

 

何か久し振りな気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『忙しいだけじゃだめだな。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思い、それでもまた

 

 

 

明日から頑張ろうと思った

 

 

 

今日この頃。

 

 

 

 

Page Top