今想うこと

最近のCMを見て感じたこと

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

5月10日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,312号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つい最近、TVを見てて

 

 

 

 

あるCMが流れてるのを観ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若者が

 

 

 

 

『会社の為に働きたくない。

 

 

 

 

 社会の為に働きたい』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを言っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何のCMだったかな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この言葉、けっこうカッコイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくよく考えれば、割と深い表現

 

 

 

 

なのかも知れないしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、

 

 

 

 

「好きなことをして自由に生きていく」

 

 

 

こんなワードもよく目にする昨今、

 

 

 

 

好きなことをして生きて行って、

 

 

 

 

そして起業する。

 

 

 

 

自由な発想で働き、合わなきゃ転職。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んなニュースポータルサイトを見ても

 

 

 

 

また実際に売れている本なんかを見ても

 

 

 

 

こんなテーマやキーワードを

 

 

 

 

よく目にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年は”働き方改革”とか

 

 

 

 

”人生100年時代”なんかも叫ばれてて

 

 

 

 

既存の会社員人生からの脱却が

 

 

 

 

各方面でもてはやされてる感もありますが、

 

 

 

 

果たして本当に

 

 

 

 

誰もが好きなことをして

 

 

 

 

自由に生きていけるんだろうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことも思ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際ボクも、過去

 

 

 

 

これらの言葉に誘惑された一人かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企業に入社すれば、

 

 

 

 

定年まである程度安定した

 

 

 

 

会社員生活を送り、定年退職後に

 

 

 

 

自分の好きなことをして

 

 

 

 

余生を過ごして行ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでに、結婚して、家庭も持ち

 

 

 

 

それなりのしあわせな人生を

 

 

 

 

手に入れることができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若気の至りとは怖いもんで、

 

 

 

 

当時は、本気でそう考えてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな平凡と思える人生が

 

 

 

 

格好悪いと思えば、

 

 

 

 

アウトローな道を行けばいいとかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、待っていた現実は

 

 

 

 

それとはまったく異なり

 

 

 

 

バブルが弾けて、ボーナスも無くなり

 

 

 

 

ベースアップも無かったり

 

 

 

 

普通に、何もしなくても

 

 

 

 

自動的にあるものと思い込んでたものが

 

 

 

 

当たり前じゃなかった、そんな現実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、少しずつ成長し、

 

 

 

 

ある程度の年齢になると

 

 

 

 

雲の上の存在だと思ってた

 

 

 

 

過去の上司たちが、会社から

 

 

 

 

不遇の扱いを受け、去っていく話しを

 

 

 

 

聞いたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ成長過程である今、思うのは

 

 

 

 

現在、世間で言われている

 

 

 

 

『好きなことをして自由に生きていく』

 

 

 

 

為には、自分自身に、どこでも通用する

 

 

 

 

市場価値が あることが

 

 

 

 

最低必須条件だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的言うと、自身のスキルや経験、

 

 

 

 

例えば語学力なんかが、

 

 

 

 

本当にどこでも通用するのか

 

 

 

 

見極めなくちゃならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは大企業出身だからとか

 

 

 

 

所属している会社の規模とは

 

 

 

 

まったくと言っていい程、関係ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ今の時代は大企業って、

 

 

 

 

ある程度仕組みが整って

 

 

 

 

役割分担が明確化された会社で

 

 

 

 

働いている人の方が、

 

 

 

 

自社内でしか通用しないスキルしか

 

 

 

 

持ってなかったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな市場価値が、もし

 

 

 

現在の自分自身に

 

 

 

 

備わってないのであれば

 

 

 

 

まずは、自身の市場価値が

 

 

 

 

今いる場所以外で必要としている人が

 

 

 

 

本当にいるのかどうか

 

 

 

 

会社を辞める前に冷静に

 

 

 

 

見定める必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、”自由に生きる”なんて

 

 

 

 

言葉に惑わされ、むやみに

 

 

 

 

会社を辞めてしまっては

 

 

 

 

中々マズイんじゃないかとも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勤めてる会社が倒産する

 

 

 

 

ってリスクもあるけど、起業して

 

 

 

 

その自分の会社が倒産するリスクもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ては自らの選択に委ねられるけど

 

 

 

 

どちらの道に行くにせよ

 

 

 

 

リスクがゼロなんてことはあり得ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このことが何故か忘れられ、

 

 

 

 

会社員であること=不自由みたいな

 

 

 

 

レッテルを貼りカッコイイ言葉で

 

 

 

 

無責任に世間を煽るのは

 

 

 

 

どうかとも思ったりするけど、

 

 

 

 

最終的な責任者は紛れもなく自分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにしても

 

 

 

自分は本当に市場価値のある人間なのか

 

 

 

しっかりと見極めなければいけないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、会社という小さなコミュニティで

 

 

 

仮に成果を上げられず

 

 

 

 

だからそこから逃げ出し

 

 

 

 

自由な発想さえ持てれば

 

 

 

 

更にデカい社会というコミュニティで

 

 

 

 

成果があげられるのか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えなんか、言わずもがなだと

 

 

 

 

思うのはボクだけでしょうか・・・

Page Top