未分類

令和最初の世界遺産

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

5月16日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,318号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教科書でしか見たことありませんが

 

 

 

 

日本最大の前方後円墳

 

 

 

 

『仁徳天皇陵』を含む

 

 

 

 

大阪府の南部にある古墳群が

 

 

 

 

国連教育科学文化機関

 

 

 

 

”ユネスコ”の認定で、世界遺産に

 

 

 

 

登録されるみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔から、一度見てみたいなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

って思ってたとこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この仁徳天皇陵は、

 

 

 

 

エジプトのクフ王のピラミッド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国の秦の始皇帝陵と並ぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界3大墳墓の一つといわれてて

 

 

 

 

5世紀の中ごろに約20年をかけて

 

 

 

 

築造されたと”推定”されてるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで”推定”という表現が

 

 

 

 

何故使われてるかというと

 

 

 

 

まぁ、『本当のところ、よくわかんない』

 

 

 

 

ってことのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に、仁徳天皇のお墓なのかも

 

 

 

 

定かではないらしく、

 

 

 

 

『なんじゃそれ…』

 

 

 

 

 

と思ってしまいがちですが

 

 

 

 

そんな未知なる背景もまた

 

 

 

 

ロマンですなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ネットなんかでは

 

 

 

 

『実際に行くとがっかりする』という声も

 

 

 

意外に多く寄せられてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その理由は

 

 

 

 

”デカ過ぎて、近くで見たらただの森”

 

 

 

 

 

 

 

だからだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、正式に世界遺産に認定されれば

 

 

 

日本国内で、文化遺産が19か所

 

 

 

 

自然遺産が4か所の

 

 

 

 

計23か所となるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光客、増えるだろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正式に決まるのは

 

 

 

 

6月末から7月10日ま開かれる

 

 

 

 

ユネスコ世界遺産委員会で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉報を待ちましょう!!

 

 

 

 

Page Top