未分類

違法建築の話し

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月11日 火曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,340号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペインを代表する観光地として有名な

 

 

 

 

バルセロナにあるサグラダファミリア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中から観光客が押し寄せる

 

 

 

 

世界遺産の中でも最も有名なものの

 

 

 

 

ひとつと言える建造物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存じの方も多いと思うんですが

 

 

 

 

1882年に建築がスタートし今年で137年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ未完成で、2026年の完成を目指し

 

 

 

 

今も工事中である珍しい建物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも死ぬ前に一度

 

 

 

 

見てみたいなと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな世界的建造物が

 

 

 

 

 

これまでの100数十年に渡り

 

 

 

 

建築許可を取らずに

 

 

 

 

ずっと勝手に工事をしてた

 

 

 

 

違法建築”だったらしく、

 

 

 

 

最近やっと建築許可が下りたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、許可を得る為の費用として

 

 

 

 

バルセロナ市に対して支払ったのが、

 

 

 

 

約5億6千万円(+_+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、べらぼうな金額に感じるけど

 

 

 

 

130年も違法建築をほったらかしに

 

 

 

 

してきたことを考えると

 

 

 

 

仕方ないのかもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで気になるのは

 

 

 

 

このサグラダファミリアの年間収入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝手に計算してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人の入場料が約32ユーロ。

 

 

 

 

日本円で、1ユーロは122円くらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと安い、一部見学のみのチケットや

 

 

 

 

子供料金を勘案すると

 

 

 

 

多分平均が25ユーロ位か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことは、日本円で一人単価約2,500円

 

 

 

 

年間入場者数が300万人≒

 

 

 

 

 

7,500,000,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すげー・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半分くらいが建築費に廻って、

 

 

 

 

観光維持管理や人件費を見たとしても

 

 

 

 

中々の観光収入じゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この建物、一応教会だから

 

 

 

 

昔は、信徒さん達の寄付だけで

 

 

 

 

建築を続けてたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一時期、継続も危ぶまれるほど

 

 

 

 

財政難に陥ったらしいけど

 

 

 

 

観光収入で一気に好景気になり

 

 

 

 

当初300年かかるって言われてたものが

 

 

 

 

約半分に縮んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2026年の完成かぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

あと約7年後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐすぐ、スペインに行く用事は

 

 

 

 

今のボクにはなさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わざわざ行くには、きっと

 

 

 

 

完成以降になるんだろうなぁ。。。。

 

 

 

 

 

 

 

Page Top