queserser のすべての投稿

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月24日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,216号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日前、福岡市は博多区にある

 

 

 

ボウリング場”博多スターレーン”が

 

 

 

施設の老朽化に伴い、3月末で

 

 

 

営業を終了するってニュースが

 

 

 

出ておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は初めて知ったんですが、

 

 

 

このボーリング場、西日本最大級の

 

 

 

規模だったみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで数々の国際大会や

 

 

 

全国大会の会場にもなってきて

 

 

 

良く知るのは、併設されたイベントホールでの

 

 

 

特にプロレス興行が盛んだったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロレスファンの中では

 

 

 

『西の聖地』なんて言われてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク自身、生まれて初めて

 

 

 

ボーリングというものをやったのも

 

 

 

この”博多スターレーン”でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い起こせば今から約30年前

 

 

 

社会人になりたてのころ

 

 

 

同期の仲間で出かけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中には、好きだった子も

 

 

 

居たとかいないとか(+o+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、女の子でも

 

 

 

そこそこのスコアを出せる

 

 

 

このスポーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは周りを驚愕させる

 

 

 

超ハイスコアを出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忘れもしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全10フレーム投げて【40】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テニスじゃねーんだから…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でも思うのは

 

 

 

どうやったらあんな底辺スコアを

 

 

 

出せるのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に不思議でならない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからと言うのも

 

 

 

ボーリングに誘われても

 

 

 

当然気が向かないし

 

 

 

ついて行っても、「見てるだけ」

 

 

 

ってこともまぁまぁあったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、何故に『靴代』が

 

 

 

別にかかるのか、

 

 

 

それが納得いなかい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、そんな負け犬の遠吠さておき

 

 

 

この博多スターレーンは解体され

 

 

 

今後再開発されるみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーリングがどちらかと言えば

 

 

 

苦手というか、むしろキライである

 

 

 

ボクとしては、無くなっちゃうことに

 

 

 

基本弊害はありませんが、それでも

 

 

 

今でも鮮明に覚えてる”大事な想い出”

 

 

 

を創った場所であることは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、少し寂しいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいビルが建ち

 

 

 

暮らしやすさや近代化が

 

 

 

追及されるのもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それと共にひとつの時代も

 

 

 

終わりを告げ、忘れ去られていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこかで懐かしむ機会でも

 

 

 

あればまた別なのだろうけど。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月23日 水曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,215号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の19日から昨日まで

 

 

 

ちょっと訳あって、ブログを更新

 

 

 

できませんでした。

 

 

(インフルじゃないよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、

 

 

 

『ブログ3日間お休みしてました』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というお詫びと共に

 

 

 

また今日から、出来るだけ毎日

 

 

 

更新したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今ホットな話題としては

 

 

 

テニスの全豪オープン、

 

 

 

大阪ナオミちゃんが躍進中!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も勝って、伊達公子選手以来

 

 

 

25年ぶりの4強に進出。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、世界ランクは3位以内が

 

 

 

確定したらしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後は、錦織選手が

 

 

 

今日の夕方から、世界ランク1位の

 

 

 

ジョコビッチ選手に挑む準決勝が

 

 

 

見ものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今現在、14連敗。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連勝も連敗も、何時かは途絶える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、頑張って欲しいと思います!

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月19日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,214号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私ごとですが、

 

 

 

今日は娘ちゃんのお誕生日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言っても、今日のボクは忙しいので

 

 

 

お誕生会は後日、マリノアでやろうと

 

 

 

思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間では、明日明後日が

 

 

 

センター試験。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃんも2年後、受けてんのかな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな人生を進むんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

そんな事を考えさせられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、人手不足がささやかれる昨今、

 

 

 

北海道で新たに、『職場付き賃貸マンション』

 

 

 

と言われる、労働力を生かす

 

 

 

新しい取り組みが始まるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、60歳以上の女性が

 

 

 

入居対象で7階建ての39戸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物2階にパン工場を併設し

 

 

 

入居者を中心に製造担当の

 

 

 

50人程度を雇用。

 

 

 

 

 

 

 

 

1階にあるドラックストアなどで

 

 

 

パンを販売し、店舗でもレジ担当などに

 

 

 

20人程度を雇用する予定なんだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いずれもフレックス制勤務で

 

 

 

入居者が好きな時間に働けるようにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更には、ビルの3階4階は

 

 

 

病院やリハビリセンターなどが入り、

 

 

 

女性医師が運営する病院は

 

 

 

日中は外来患者の診察もするけど

 

 

 

入居者の健康管理にもあたるんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、このシステム

 

 

 

斬新でスゴくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

全国で取った統計では

 

 

 

65歳以上の女性の就業率は

 

 

 

男性と比べかなり低いらしい。

 

 

 

 

 

 

 

でも、ある程度歳を重ねても

 

 

 

働きたいって考える女性はちゃんといる。

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、医・職・住を隣接させて

 

 

 

仕事の場を提供すると共に

 

 

 

自立を支え、生きがいも提供する

 

 

 

まさに一石二鳥の

 

 

 

本当にいい仕組みだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代の流れと共に

 

 

 

新たなビジネスモデルやシステムが

 

 

 

どんどん生まれてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達も色んなニーズを取り入れ

 

 

 

”具体的”に人に受け入れられる

 

 

 

商品提供をしなきゃならないよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなニュースを見るたび

 

 

 

考える次第です。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月18日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,213号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唯一の日本人横綱

 

 

 

稀勢の里関、引退しちゃいましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはお相撲にそんなに詳しくありませんが

 

 

 

遅咲きと言われた稀勢の里関が

 

 

 

苦難の末、力士であれば

 

 

 

誰もが必ず目指す最高峰に到達したこと自体

 

 

 

本当にスゴイことだと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、横綱の重圧ってのも

 

 

 

多分かなりのものだろうし、

 

 

 

そのプレッシャーは

 

 

 

ボク達凡人には想像もつかない

 

 

 

ほどだったろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、相撲道において

 

 

 

横綱って、ご神体。

 

 

 

つまり神様ってことだからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稀勢の里関、一生懸命

 

 

 

横綱の重圧に耐えながら

 

 

 

努力を重ねたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間の期待にも応えるべく

 

 

 

無理にムリを重ねた結果、

 

 

 

身体を壊し、結果

 

 

 

思わぬ短命での引退劇となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その、期待に応えようとした

 

 

 

世間の声は

 

 

 

『無理に横綱にしたのがまずかった』とか

 

 

 

『引退が遅すぎた』とか『無様だ』とか

 

 

 

『潔くない』とか、

 

 

色んなコトを言っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ、”見られる”という

 

 

 

過酷な条件と過度な期待は

 

 

 

横綱だから仕方ないって見方も

 

 

 

あるんでしょうが、昔とは違い

 

 

 

 

雑音が聞こえてきやすい昨今

 

 

 

本人にとっては 苦痛以外の

 

 

 

何者でもなかったんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稀勢の里関は、土俵人生に

 

 

 

悔いはないという発言を残しました。

 

 

 

 

 

 

でも、悔いがないんじゃなく

 

 

 

その重圧からの解放に

 

 

 

ホッとしているんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今場所が始まって、連日

 

 

 

うるさすぎる進退報道を見て

 

 

 

思うことはではありますが、

 

 

 

とにかくお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな気持ちです。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月17日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,212号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近猛威を振るっている

 

 

 

インフルエンザ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの廻りでも

 

 

 

バッタバッタと感染が拡大し

 

 

 

広がりを見せてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、ネット上で

 

 

 

”無暗やたらとインフル検査に

 

 

 

病院に行くのは逆効果だ”

 

 

 

そんなトピックが立ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、インフルエンザの疑いがある人が

 

 

 

多少の発熱で病院に沢山来る。

 

 

 

 

 

 

 

でも、大した症状がないのに

 

 

 

インフルエンザ患者で溢れる

 

 

 

病院に行ったら、逆に移されるだけってもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、そう言われれば

 

 

 

そうかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

でも、罹患してるかどうかも

 

 

 

判らない状態で、

 

 

 

いたずらにウィルスをまき散らすのも

 

 

 

どうかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お医者様曰く

 

 

 

本当に重症化して、”ヤバい”と思うまでは

 

 

 

基本的にゆっくり休み、外出しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしないと、治らないだけじゃなく

 

 

 

人に感染させるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状があるのに病院に行くな

 

 

 

とは言わないけど、

 

 

 

もっと賢くなりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうおっしゃっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今後の提案としては

 

 

 

 

1 ワクチンをうつ

 

 

 

(今病院に言ってうつのはもう遅い。

 

 

 

今行くと返って感染する)
 

 

 

 

 

 

 

 

2 人がいっぱいのとこに行くなら

 

 

 

マスク、手洗いをしっかりする。
 

 

 

 

 

 

 

3 大きな症状が出るまで

 

 

 

(38度以上の熱)病院には寄り付かない
 

 

 

 

 

 

 

4 投薬受けたら基本家でじっとしている
 

 

 

 

 

5 水分さえ取れれば点滴はいらない!
 

 

 

 

 

 

 

 

ということらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前ボクも、スタッフに

 

 

 

風邪の症状が出てたから

 

 

 

『すぐ病院に行って検査してきて』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時と場合って

 

 

 

きっとあるだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、用心しましょうね<(`^´)>

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月14日 月曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,211号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月に入り、ホテルマリノアリゾート福岡では

 

 

 

結婚式をどこで挙げるのか、

 

 

 

ご検討されるカップルさんの来館が

 

 

 

ラッシュ状態になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、1月2月は

 

 

 

式場検討に適してるシーズンなんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始を使い、

 

 

 

それぞれのご両家にご挨拶に行かれる

 

 

 

カップルが増える時期だからって

 

 

 

業界では言われてますが、

 

 

 

新たな年になり、気持ち的にも

 

 

 

前に向くってことも多少あるんだろうなと

 

 

 

個人的に思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、忙しくなることは

 

 

 

とっても嬉しいこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に今年は、消費税増税の影響もあり

 

 


3月までは、検討カップルさんの熱は

 

 

 

高いんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

得に週末は込み合っておりますので

 

 

 

お早目のご来館予約を

 

 

 

おススメしますヽ(^。^)ノ

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月13日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,210号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3連休中日、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は成人の日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の”晴れの日事件”から

 

 

 

もう一年ですか…

 

 

 

 

 

 

 

 

早いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、年末前位から

 

 

 

結構流行ってたインフルエンザ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年が明け、ボクの廻りでも

 

 

 

ちらほら出て参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中には、ボクと一緒に

 

 

 

予防接種を受けたスタッフまで

 

 

 

罹患してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、そのスタッフとは

 

 

 

ボクも割と接触が多かった。

 

 

 

 

 

 

 

移ってないといいけど…

 

 

 

 

 

 

 

ナンテ思いながら、

 

 

 

3日は経つから多分

 

 

 

大丈夫なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今のところ、インフルエンザA型が

 

 

 

流行しているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、予防接種を受けても

 

 

 

万全ではないってことなので

 

 

 

皆様も充分ご注意くださいね。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月12日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,209号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年ってことで

 

 

 

未来に向けた前向きな話しが

 

 

 

続いてるなおくんブログ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から20年とちょっと前

 

 

 

”タイタニック”という映画が

 

 

 

全世界で話題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク位の年頃の人は、

 

 

 

多分かなりの確率で観てるんじゃ

 

 

 

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時はまだ若手だった

 

 

 

レオナルド・ディカプリオが

 

 

 

一躍人気俳優となった名作。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その当時、ボクも青春まっただ中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここだけのハナシ、

 

 

 

ボクも劇場に観に行きましたよ。

 

 

 

何度かね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2回目以降、初めて観るフリを

 

 

 

しなきゃならなかったのが

 

 

 

結構キツかった、

 

 

 

バカで苦い思い出があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、若気の至りってことでm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも感動して、男のくせに

 

 

 

涙した感動の超大作でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢と希望に満ち溢れた

 

 

 

豪華客船を舞台にしたお話で

 

 

 

今から100年以上前の実話をもとに

 

 

 

そのお話は進んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

船

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対に沈まないと言われた

 

 

 

当時の超大型船は、不慮の事故で

 

 

 

1500名の命と共に沈みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その船を、現代のテクノロジーを搭載させ

 

 

 

復活させようって動きがあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストラリアの資産家の方が

 

 

 

今尚このプロジェクトを進めてて

 

 

 

順調に行けば、2022年に処女航海に

 

 

 

就航できるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに、建造費はおよそ480億円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中々ピンと来ズライお値段です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

航路も、約100年前と同じ

 

 

 

大西洋航路を辿るらしいんだけど

 

 

 

世間の反応は「ロマンチック」って声と

 

 

 

「縁起が悪い」の賛否両論あるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時としては最悪の事故だったから

 

 

 

同じような船で、同じ航路ってとこに

 

 

 

縁起の悪さを感じちゃうんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にこれが実現すれば

 

 

 

日本にも寄港する日が

 

 

 

来るかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

船に乗った時、先端に立ち

 

 

 

”タイタニックポーズ”

 

 

 

真似したことのある人も

 

 

 

 

 

 

 

タイタニック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100年の時を超えて実現できるかも?

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月11日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,208号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、よく地元福岡では

 

 

 

”天神ビッグバン”なる

 

 

 

何ともワクワクしたワードが

 

 

 

ニュースや新聞を賑わせます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存じの方も多いと思うのですが

 

 

 

これは、天神中心部のビルの老朽化や

 

 

 

日本一都心に近い空港を有するが故

 

 

 

飛行機離発着に伴う、建物の高さ制限が

 

 

 

緩和されることをにらみ、

 

 

 

大規模な天神地区の再開発を

 

 

 

総称して”ビッグバン”と呼んでる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一旦として、

 

 

 

天神の商業ビル”イムズ”

 

 

 

建て替えられることになったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイムズ、平成元年に開業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ30年しか経ってないので

 

 

 

普通に建物の寿命を考えたら

 

 

 

まだ建て替える程でもないのにって

 

 

 

単純に思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと古い建物、幾らでもあるからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い起こせば、ボクが

 

 

 

鹿児島の田舎から福岡に出てきたのが

 

 

 

平成4年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて暮らした福岡での生活は

 

 

 

田舎者のボクを即魅了した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休みのたんびに天神に出てきて

 

 

 

それこそ、イムズに初めて行ったとき

 

 

 

『何てオシャレなデパートなんや』

 

 

 

そんなことを思い、刺激を受けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、あのシースルーエレベーターは

 

 

 

エスカレータを避けて、わざわざ

 

 

 

待って乗ったくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの吹き抜けも、当時斬新だった。

 

 

 

 

 

 

 

イムズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デートでも行ったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな甘酸っぱい青春時代が

 

 

 

想い出されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、激動の時代の中で

 

 

 

建て替えを決断したオーナー側も

 

 

 

ある意味勝負をかけてくるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんの少し寂しさもある中で

 

 

 

オリンピック後の”天神ビックバン”で

 

 

 

福岡の街がどう変わるのか

 

 

 

楽しみでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業は2021年を持ち終了し

 

 

 

2022年の工事着工。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024年の開業を目指すようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ5年くらいで

 

 

 

目まぐるしく変わる地元に

 

 

 

大いに期待したい思いと

 

 

 

時代の流れに乗らないとイカン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて思う、ボクなのでした。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月10日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,207号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒大好きなボクですが

 

 

 

最近少し危惧することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲酒による健康被害は然ることながら

 

 

 

国産のウィスキーの品薄と

 

 

 

価格高騰です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは意外とウィスキー好きで

 

 

 

以前はワイン同様、色んな銘柄の

 

 

 

シングルモルトを中心に

 

 

 

ストックしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、皆様もご存じ、

 

 

 

NHKの朝の連ドラ”マッサン”効果で

 

 

 

たちまち国産ウィスキー需要が

 

 

 

加速します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マッサンは、大正時代が背景で

 

 

 

日本のウィスキー作りに情熱を燃やす

 

 

 

酒屋の跡取り息子が、

 

 

 

単身スコットランドに渡り

 

 

 

そこで出会う、スコットランド女性と

 

 

 

ほぼ駆け落ち状態で国際結婚し

 

 

 

その女性が慣れない日本で

 

 

 

奮闘するって物語。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルになったのは、

 

 

 

ニッカウィスキーの創業者

 

 

 

竹鶴政孝さんとその奥様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのドラマのおかげで

 

 

 

創業者の名を冠する”竹鶴”は

 

 

 

飛ぶように売れ、今や品薄状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと同時に国内でも

 

 

 

”ハイボール”人気にも火が付いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、年明けに香港で行われた

 

 

 

オークションで、ウィスキー1本が

 

 

 

スゴイ金額で落札されたって

 

 

 

話題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、サントリーが出す

 

 

 

『山崎50年』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお酒、2011年にリリースされ

 

 

 

当時もかなり話題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクとしても垂涎の商品でしたが

 

 

 

何せ値段が値段。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

150本限定のリリースで

 

 

 

1本100万円!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや、酒の値段じゃねーな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然買える訳もなく

 

 

 

指をくわえて売れ行きを見てましたら

 

 

 

あっという間に完売。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるところにはあるし

 

 

 

そんな需要はあるんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

その”山崎50年”が

 

 

 

発売から7年経ち、

 

 

 

何と、3,250万円で落札された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションの値段じゃねーか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メーカーの人曰く、

 

 

 

「飲まれずに投資目的の人の手に

 

 

 

渡るのは複雑な思い」

 

 

 

 

 

 

 

ってコメントしてて、この想いは

 

 

 

作り手からするともっと

 

 

 

顕著なんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今となっては

 

 

 

人気ブランドのウイスキーは

 

 

 

世界中の富裕層から

 

 

 

投資目的で重宝されて

 

 

 

 

彼らにとってウイスキーはもはや

 

 

 

飲み物じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、限定品とか終売品は

 

 

 

希少性が高いし、そもそもの値段が高く

 

 

 

一般人が手に入れるのは困難。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、7年前

 

 

 

100万円が3,000万円を超えるなんて

 

 

 

ボクも思わなかったし、

 

 

 

そんなことなら無理してでも

 

 

 

買っときゃよかった(・_・;)

 

 

 

 

 

 

 

だって、32倍だぜ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、ボクがこのお酒を

 

 

 

本当に手にしてたら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの琥珀色の誘惑に

 

 

 

果たして勝てただろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前に無いだけに

 

 

 

値上がり幅同様

 

 

 

誰にもわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの性格的に

 

 

 

多分無理だろうな(+o+)

 

 

 

 

Page Top