queserser のすべての投稿

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月18日 月曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,262号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログからの続き。

 

 

 

 

 

 

 

 

「他人に興味がない人」は

 

 

 

コミュニケーション能力を高めることが

 

 

 

絶対に出来ないのかってことを

 

 

 

紐解いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人に興味がナイならナイで

 

 

 

無いなりの接し方というか

 

 

 

戦い方とはあると思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言うか、今現在

 

 

 

コミュニケーション能力が高い人も

 

 

 

物心付いてから、ずっと

 

 

 

「他人に興味をもてる素養」が備わってた

 

 

 

訳じゃないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、努力によって克服した人と

 

 

 

これらの戦い方をマスターしてきた人が

 

 

 

かなりの割合で含まれているように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人に興味がある人、

 

 

 

自然に興味を持つことが出来る人にとって

 

 

 

コミュニケーション術というのは

 

 

 

”自分が既に持っている興味”を

 

 

 

どこまで、どんな風に相手に伝えるか

 

 

 

ってのがスタート地点になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、他人に興味がない人にとって

 

 

 

コミュニケーション能力を高める為の

 

 

 

最初のアプローチは、大きく2つに分かれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは何かというと、

 

 

 

 

1.無い興味を頑張って沸かせる

 

 

 

 

2.興味があるように見せる術を身に着ける

 

 

 

 

 

 

この2つじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ、ざっくり解説すると、

 

 

 

まず①は、読んで字の如く

 

 

 

意識するように頑張る訳だから

 

 

 

要は意識改革。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「他人に興味がない人」には

 

 

 

大筋二種類に分類されてて

 

 

 

「本当に、自分以外のほとんどの人に全く興味がない」

 

 

 

場合と、

 

 

 

「興味がある相手と興味がない相手との差が激しい」

 

 

 

場合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし前者の場合、正直言って

 

 

 

ちょっと改善は難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『何とか頑張ってください』と励まし、

 

 

 

その人の得意な分野があるとすれば

 

 

 

そこを徹底的に伸ばすしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従って、この手の人に

 

 

 

管理職を任せるのは難しいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、この人の下に付く人が

 

 

 

不幸だからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後者の人の場合、とにかく

 

 

 

相手が誰であろうとフラットに

 

 

 

”相手の情報を集めよう”と意識するだけで

 

 

 

現状が一変するように思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、持つ意識自体が

 

 

 

相手に対してある種の関心表明

 

 

 

になる場合があって、それが伝わるだけでも

 

 

 

コミュニケーションは取り易くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②番については、単純に

 

 

 

『個を出す』ってことが

 

 

 

最も大きいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

この”個”って、自分自身という

 

 

 

意味もあれば、プライベート感って

 

 

 

ニュアンスもあって、多少プライベートを

 

 

 

さらけ出すことで、上手に会話が廻ったり

 

 

 

『自分にここまでオープンにしてくれるんだ』

 

 

 

みたいな親近感を出すことができると思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、世間話し的に天気に触れたとします。

 

 

 

 

 

 

「昨日は寒かったね」

 

 

 

「あんまり寒かったんで、一度片づけた

 

 

 

ヒーターを出しちゃったよ」

 

 

 

みたいな感じかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この差、伝わります?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まぁ、本当はまだお伝えしたいことは

 

 

 

沢山あるんですが、文章にすると

 

 

 

長くなるし、伝わりにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク自身、他人に興味は

 

 

 

結構持てるようになった方だと思ってて

 

 

 

でも昔からそうかっていうと

 

 

 

そんなことありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、若い頃の圧倒的な人との

 

 

 

”出会い”とその人からの”教え”によって

 

 

 

学び、学ばされ、成長できたと言っていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、今興味がなくても

 

 

 

努力で確実に克服できる問題。

 

 

 

(ある程度若ければ尚良)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長々と書いてしまいましたが、

 

 

 

何事も”向上心”があってはじめて

 

 

 

行動も意識も変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがないと始まらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊かで彩ある人生をイメージし

 

 

 

教育も実践もしていきたいなと思う

 

 

 

今日この頃。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月17日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,261号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、コミュニケーション能力に

 

 

 

著しく乏しい人が増えて来てるように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、若い子に限ったことじゃなく

 

 

 

ある程度年齢を重ねた人にも

 

 

 

同様に言えること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮にそんな人が会社に居たとして

 

 

 

そんな後輩や部下を育てなくてはいけない場合

 

 

 

この問題って結構難儀です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反復を繰り返し、技術を高めるのとは異なり

 

 

 

メンタルに作用することだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもコミュニケーションって

 

 

 

一人じゃ当然できなくて、相対する

 

 

 

他人に対して興味を抱いているかどうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手がしてること、関心を持っていること

 

 

 

相手が好きなことに関心があるかどうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションって、基本

 

 

 

そこから全てが始まると思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションが上手な人って

 

 

 

要は相手に「私はあなたに興味があるよ」

 

 

 

ってことを伝えるのが上手いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”コミュニケーション能力”が高い人と

 

 

 

話してると、本当に絶妙なタイミングで

 

 

 

程よい話題に「食いついて」くる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、自分の相手に対する興味を

 

 

 

自然に提示出来てるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「相手が自分に興味を持ってる」って

 

 

 

感じられると、話す側としても

 

 

 

「それに応えたいな」って気になったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に人間って

 

 

 

「興味を持たれる」ことに

 

 

 

好感を持つ生き物だと思ってて

 

 

 

これは多分、今流行の”承認欲求”とかが

 

 

 

満たされる部分があるからだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に言うと、

 

 

 

「この人は自分に対して関心がある」って

 

 

 

感じられると、人は

 

 

 

「自分は尊重されている」って

 

 

 

勝手に昇華して認識したりもする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして自分が尊重されてると感じると

 

 

 

こっちサイドも好意を持って

 

 

 

話したり聞けたりするよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言ってみれば、相手に対する興味って

 

 

 

コミュニケーションという扉をこじ開ける

 

 

 

一番最初の鍵だと思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、ただ興味を持ちさえすれば

 

 

 

コミュニケーション能力が高まるかっていうと

 

 

 

そういう訳でもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコミュニケーション能力って

 

 

 

そもそも備わってる素養的な部分が

 

 

 

かなり強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いうなれば、”性格”が大きく作用する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その性格を含む人間性を形成するのは

 

 

 

その人の持つ個性だったり、

 

 

 

育ってきた環境だったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、一部は

 

 

 

”外的要因”によるものも

 

 

 

関連します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、裕福な家庭で育ったかとか

 

 

 

親の愛情を沢山受け育てられたかとか

 

 

 

人生を変えうるだけの影響力を持つ

 

 

 

先輩や上司と出会えたかどうかとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、自分ではどうしようもない

 

 

 

”運”的な要素ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして本題に戻ると

 

 

 

「他人に興味がない人」は

 

 

 

コミュニケーション能力を高めることが

 

 

 

ずっと出来ないのかっていうと

 

 

 

そういう訳でもないとボクは思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと長くなりましたので

 

 

 

この続きは次回、また触れたいと

 

 

 

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまたヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月16日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,260号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大物芸能人が薬物使用で

 

 

 

逮捕された話題で持ちきりの昨今、

 

 

 

こんな報道が飛び交う度

 

 

 

何か残念でいたたまれない気持ちになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、自分が直接知り合いな訳でも

 

 

 

何でもないのですが、何故

 

 

 

こうなっちゃったんだとか

 

 

 

異常とも言える加熱報道の現状や、

 

 

 

そんなに人の薬物使用が興味あんのかとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かにボクも、クスリとかを使ったら

 

 

 

どうなっちゃうんだろうとか

 

 

 

そんな変な感情はありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、怖くて怖くて、

 

 

 

興味とか好奇心とか、

 

 

 

その先への意識へは全く行かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、あまりにも代償がデカいし、

 

 

 

何かイイコトがあるならまだしも

 

 

 

まずそんなのゼロでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、単純に

 

 

 

カネがもったいなくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、実際に使っちゃった人って

 

 

 

ボクには想像もできない位

 

 

 

悩みや苦悩があって、その闇を

 

 

 

何かで紛らわせたかったんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その気持ちに寄り添える訳ではありませんが

 

 

 

こんな事件、ボクは放っておくことが一番だと

 

 

 

思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、実害を含めて報道することで

 

 

 

薬物使用の抑止力になる部分は

 

 

 

あるんでしょうが、そもそも

 

 

 

情報がなければ興味も沸きにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現に、芸能人の薬物使用のニュースの後、

 

 

 

ネットでの薬物を検索する率が

 

 

 

跳ねあがるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は興味をそそってるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心に何かしら闇を持ってる人は

 

 

 

沢山居ると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに付け入る隙や

 

 

 

逃避情報を与えることは

 

 

 

ボクは逆効果だと

 

 

 

個人的に思うのであります。

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月15日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,259号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、夜の出事が続き

 

 

 

つい先日は、かなり久し振りに

 

 

 

遅くまでお酒を飲む機会がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしても必要な場で、

 

 

 

『そろそろ終電なんで…』

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこと、言うべきではないと

 

 

 

判断されたし、ボク自身

 

 

 

本気でその場に居続ける必要性を

 

 

 

感じてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、本気で飲んだってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前なら、少々の深酒くらい

 

 

 

翌日の午後には復活できたはずですが、

 

 

 

最近は二日後まで、その不摂生が

 

 

 

たたるようになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前様の帰り道、繁華街から

 

 

 

自宅までタクシーに乗り

 

 

 

家の近所で降ろしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車中では完全に寝落ちし、

 

 

 

降りる直前まで一切の記憶がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクシーを降りて辺りを見回すと

 

 

 

全く見覚えのない場所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ありゃー…しまった

 

 

 

やっちまったな・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思っても後の祭り、

 

 

 

タクシーのドライバーさん

 

 

 

沢山声かけてくれただろうし

 

 

 

どこに連れて行けばいいか

 

 

 

中途半端な説明で解り辛かっただろうし

 

 

 

迷惑かけたんじゃないかな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで、こんなことも無かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いながら、仕方なく歩き始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

方角も解らない、ぶっちゃけ

 

 

 

山の中で降ろされたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく歩くと、見覚えのある場所に出て

 

 

 

かれこれ40分程で家路につきましたが

 

 

 

若くないわけですし、いくら必要と言えど

 

 

 

程々にしないとイカンなって

 

 

 

反省しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、歩いて帰る道すがら

 

 

 

スゴク星がキレイで、少し肌寒くて

 

 

 

ちょっとだけ気持ちよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

星空を眺めたのも

 

 

 

何か久し振りな気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『忙しいだけじゃだめだな。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思い、それでもまた

 

 

 

明日から頑張ろうと思った

 

 

 

今日この頃。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月14日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,258号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日の3月12日、

 

 

 

定食チェーン大手の「大戸屋」が

 

 

 

店員による悪ふざけの不適切動画が

 

 

 

ネットで拡散したことを受け、

 

 

 

全国の店舗を一斉休業しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日、ニュースでもメチャクチャ出てたので

 

 

 

皆さんもご存じかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この一斉休業、全国350店舗のうち

 

 

 

約8割にあたる、280店舗で行われてて

 

 

 

休業を遣い、店内の大掃除や食品管理、

 

 

 

身だしなみ、スマホの持ち込み禁止を含む

 

 

 

社内教育が行われたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも賛否両論あって、

 

 

 

『パフォーマンスだ』とか否定的な意見を

 

 

 

言う人も居るようですが、ボクは

 

 

 

”素早い対応だな”って感心します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃこんな事件、起きない方が

 

 

 

いいに決まってますが、

 

 

 

コトが起きた後、【今後どうするか】って

 

 

 

やっぱりとても大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題が起きないためのルールや

 

 

 

システム構築、解決策を講じることは

 

 

 

再発防止を促す上で、

 

 

 

なくてはならないものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、ボクもお世話になったことがる

 

 

 

隣りのマリノアシティ店さんを覗いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3146

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3145

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開いてます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、ショッピングモールとかに

 

 

 

入るテナント店舗は、そうやすやすと

 

 

 

自社の都合の身で休めないんだろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、しっかり研修するって

 

 

 

書いてあるので、ボクは個人的に

 

 

 

応援したいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の休業で、会社自体は

 

 

 

約1億円の損害を被るらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たかが1店舗の

 

 

 

アルバイトさんが引き起こしたこととはいえ

 

 

 

高すぎる代償。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そんな逆風に負けず、

 

 

 

信頼回復に向け頑張って欲しいと

 

 

 

思います。

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月13日 水曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,257号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週、最近話題のTVドラマのことを

 

 

 

ブログに書きました。

 

 

 

こちら⇒http://ur0.work/OHcW

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その人気TVドラマは、この前の日曜日で

 

 

 

最終回だったんですが、ボクはブログの中で

 

 

 

”最終回では完結しない”と書いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして更に、人気なだけに映画化され

 

 

 

そこまで物語は引っ張られるとも書いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この話は、今ドキ女子高生

 

 

 

ウチの娘ちゃんからの情報。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校でも、お友達同志

 

 

 

そんな話題になってたんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、先日の最終回、

 

 

 

ボクも家で娘ちゃんと一緒に

 

 

 

TVを見ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物語も佳境にさしかかり

 

 

 

ボクが気になってたのは、

 

 

 

あまりに展開が順調すぎること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ねぇ、これって、ガッツリ終わらない?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐る恐る、娘ちゃんに聞いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『うん、それっぽいね!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽く流す娘ちゃんに、

 

 

 

 

『えー!! あんた

 

 

 

映画化されるって言ったやん!!

 

 

 

しかも、ブログに書いちゃったし!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『マジで!?

 

 

 

それ消せばいいじゃん!

 

 

 

って言うか、フェイクニュースに

 

 

 

ダマされたと?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のドラマは、フェイク動画やニュースが

 

 

 

題材だっただけに、ボクがまんまと

 

 

 

”フェイクニュース”にだまされ

 

 

 

間違った情報をブログに

 

 

 

書き込んでしまったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早とちりして、申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、続編の映画化というのは

 

 

 

今のところ無いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以後、確かな情報発信を

 

 

 

心掛けて参ります<(`^´)>。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様も、フェイクニュースに

 

 

 

ご注意くださいm(__)m

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月12日 火曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,256号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年の就職活動が解禁され

 

 

 

街中にもチラホラ、リクルートスーツを

 

 

 

身に纏う学生さん達を見かけるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな姿を眺めていると以前、

 

 

 

ボクが専門学校の授業を受け持ったとき

 

 

 

学生さんから受けた直球な質問を思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問の内容は、

 

 

 

「大企業とベンチャー企業、

 

 

 

どっちに行ったほうが良いと思うか」

 

 

 

そんなこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、心の中では

 

 

 

『あんたの人生です。

 

 

 

 好きにしたらいいじゃん』

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったと記憶しますが、多分

 

 

 

何を持って大企業で、何がベンチャーなのか

 

 

 

その定義も判っていない背景からの

 

 

 

質問だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まぁ学生さんにとって、悩むのも当然。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔みたいな終身雇用の時代ほど

 

 

 

「最初の一社」が持つ意味合いは

 

 

 

大きくないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、就職先って専門性や

 

 

 

キャリアの方向性を大きく決めるし

 

 

 

ある意味人生が変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、返答には

 

 

 

メチャクチャ苦慮したことを覚えてる。

 

 

 

 

 

 

 

それに、個々の解釈によって

 

 

 

この”大企業”と”ベンチャー”の定義も

 

 

 

変わると思ってるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンと来ませんよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かい違いは色々あるし、

 

 

 

一言で言い表すのは難しいけど

 

 

 

ボクは、企業の性質の差は

 

 

 

企業規模や売り上げだけで決めるのは

 

 

 

難しいと思ってて、

 

 

 

「次の成功が会社にもたらす影響の大きさ」

 

 

 

にあるんじゃないかと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大企業って、単純に

 

 

 

既に何かで成功してる企業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、既に成功してるから、

 

 

 

人も、資金も豊富にある。

 

 

(違う場合もあるけどね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、「次の成功」の影響は

 

 

 

それほど大きくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、資金が不足して倒産することも

 

 

 

新規プロジェクトが成功しないからといって

 

 

 

組織が崩壊することも、大勢の社員が

 

 

 

負荷に耐えきれずに離職して

 

 

 

稼動不能になることも、そして

 

 

 

業態が大きく変わってしまうことも少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ベンチャー違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベンチャーは本質的に大企業とは逆なので

 

 

 

「次の成功」が会社に大きな変化をもたらす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資金が不足し、いきなりオーナーが変わったり

 

 

 

事業拡大で社員が急に増えれば

 

 

 

人事制度が機能しなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事量がいきなり増えれば、処理できずに

 

 

 

お客様からのクレームも増える。

 

 

 

 

 

 

挙句の果てには、ちょっとした

 

 

 

市場の変化で、会社の業態まで

 

 

 

変わってしまい、人も顧客も離れたり

 

 

 

入れ替わったりする可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

表現は極端ですが、そんなことが

 

 

 

常に起こり得るのが”ベンチャー”。

 

 

 

 

 

 

 

 

したがって、この定義で考えれば

 

 

 

ベンチャーって「普通じゃない会社」

 

 

 

って表現される組織かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、普通の人から見れば、

 

 

 

経営者が”ぶっ飛んで”たり、

 

 

 

場合によっては、経営者が自分の会社を

 

 

 

ぶっ壊そうとしているように見えたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、もし自分が”ベンチャーに行きたい”

 

 

 

って思う人は、「やりたいこと」が確立されてて

 

 

 

「自分が望む風土」が強すぎると

 

 

 

うまくいかない場合があると思う。

 

 

 

 

 

 

 

それは、常に変化するから。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

「入社当時、すごく居心地が良かった。

 

 

 

 でも、気が付くと、全く違う会社になってた」

 

 

 

こんなこともあったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、言い変えれば

 

 

 

”ベンチャー”は新たな領域に

 

 

 

常に挑戦する企業だとも言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の失敗は分析しつつも

 

 

 

前進することが正とされるし、

 

 

 

未来に対する興味度合いが高いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、一番重要なのが

 

 

 

”自分が将来どうなりたいか”って

 

 

 

成長意欲の高さが自分の将来や

 

 

 

会社の将来を左右する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社に貢献したい。

 

 

 

会社に必要とされたい。

 

 

 

会社と共に成長したい。

 

 

 

でも、楽で居心地がいい環境にいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな考えは当然通らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自ら学んで失敗も成功も経験し、

 

 

 

鍛われて成長の実感を得る。

 

 

 

 

 

 

このサイクルが大切なんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、いわゆる大企業も

 

 


ベンチャーも、両方経験しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己分析では、自分は確実に

 

 

 

ベンチャー向きかなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

大企業は大企業で、そりゃ

 

 

 

”安定”という莫大なメリットもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを否定するつもりも

 

 

 

毛頭ありませんが、ボクは

 

 

 

安定より変化を求めたし、

 

 

 

その変化に対応する力を付けたいと

 

 

 

真に思い、”次の成功”を夢見て

 

 

 

今の会社にいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクに質問してくれた学生さんには

 

 

 

ここまでの話しはしませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、本当に伝えたかったことは

 

 

 

やはり

 

 

 

あなたがどうしたいか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを本気で考えろということだと

 

 

 

改めて思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月11日 月曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,255号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から8年前の今日

 

 

 

東日本大震災が起こり

 

 

 

沢山の人が犠牲になり

 

 

 

今尚、沢山の人が普通とはかけ離れた

 

 

 

生活を余儀なくされてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう8年なのか、まだ8年なのか

 

 

 

この8年で変わったこと、

 

 

 

何も変わらないこと、

 

 

 

それぞれ多々あると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いないのは、あのとき

 

 

 

報道される生々しい衝撃と感覚は

 

 

 

日々、年々薄れて行ってて、

 

 

 

あのとき「自分に何ができるんだろうか」って

 

 

 

自問自答した日々と比較すると、

 

 

 

日常の忙しさにかまけて

 

 

 

思い出すことが少なくなってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからではないけど、この時期

 

 

 

毎年、自分に言い訳しながらでも

 

 

 

3.11のことには必ず触れよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約3年前に起きた熊本の地震も含め

 

 

 

こんな自然災害で一様に言えることは、

 

 

 

一過性のものはまずなくて

 

 

 

ほとんどが起きた後、その被害や犠牲が

 

 

 

永く続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から振り返れば過去だけど

 

 

 

当事者からすると、現在進行系。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、忘れないために書く

 

 

 

みたいな、メモリアルな記録も

 

 

 

いいのかも知れないけど

 

 

 

一応息をして暮らしてる以上、

 

 

 

自分自身も”この世の当事者”。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この震災についても、わずかばかりの

 

 

 

「当事者性」を持って、感情や思う事を

 

 

 

絞り出して書きたいなと思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月10日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,254号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のニュースで、福岡市在住の女性が

 

 

 

男女を通じた「存命中の世界最高齢」に

 

 

 

ギネスワールドレコーズ社から

 

 

 

公式認定されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回認定されたのは、東区に住む

 

 

 

田中さんっておばあちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実に116歳なんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スゴイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、高島市長もお祝いに訪れたりして

 

 

 

田中のおばあちゃんも

 

 

 

”これからも元気で頑張る”って

 

 

 

とても喜んだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今、生存世界最高齢が

 

 

 

3人続けて日本人になり、これも

 

 

 

歴代初の快挙なんだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本は世界的に見ても平均寿命は

 

 

 

年々1位を更新中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ、健康な人が多いことと

 

 

 

医療の発展が目覚ましいということ

 

 

 

なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、116歳か。

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんが生まれた当時、

 

 

 

世の中では何が起きてたかを

 

 

 

ちょっと調べてみましたが

 

 

 

当然ながら、明治時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西暦は1903年で明治36年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京の新橋~品川間で

 

 

 

チンチン電車が開通してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし世界では、あの”ライト兄弟”が

 

 

 

世界初の動力飛行に成功してる。

 

 

 

 

 

 

そして、1歳の時に日露戦争勃発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや教科書レベルを実体験してきた

 

 

 

田中のおばあちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも、健康で長生きして

 

 

 

幸せに暮らして欲しいなって思う

 

 

 

ほのぼのした話題でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、日本における最高寿命は

 

 

 

117歳と260日まで頑張られた

 

 

 

おばあちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界ではフランス人のこれまたおばあちゃんで

 

 

 

122歳と164日だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

スゲー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このフランス人のおばあちゃん、

 

 

 

生前、あの”ゴッホ”に会ったことがある

 

 

 

唯一の人って話題になったらしいよ。

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月9日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,253号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の10月、アメリカの宝くじで

 

 

 

史上最高額の当選が出たコトを書きました。

 

 

 

前回のブログはこちら⇒http://urx3.nu/vIiZ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで、その高額当選者から

 

 

 

何の音沙汰もなくて、

 

 

 

当選に気づいてないのか

 

 

 

言い出せないでいるのか

 

 

 

このまま名乗り出る人が

 

 

 

いないんじゃないかって

 

 

 

話題になってたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが最近、やっと当選者が現れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカの宝くじは、当選から交換まで

 

 

 

180日って決まりがあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、ボクがもし当選者でも

 

 

 

名乗り出るまでに悩むかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”確実に人生が変わる”

 

 

 

 

そう断言できると思うからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当選者はノースカロライナ州に

 

 

 

住む人で、やはり非公開。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、約15億ドル。

 

 

 

日本円にして

 

 

 

約1700億円の額だからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前にも書いたけど、1,700億円って

 

 

 

多分、余程じゃないと使い切れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、調べてみると

 

 

 

この1,700億円は、延べ30年に渡る

 

 

 

分割払いの場合の獲得額で

 

 

 

日本の宝くじは非課税ですが、

 

 

 

それに加え、多少税金がかかる。

 

 

 

 

 

 

 

そして、一括受け渡しの場合、

 

 

 

税金が多額になり、受け取り額は

 

 

 

半分になっちゃうらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30年分割だと、年間約56億円。

 

 

 

1ヶ月に約4億7千万か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、一括の場合

 

 

 

それでも850億…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっちがいいんでしょうかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純に、分割払いを選択してしまいそうですが

 

 

 

思い切った買い物をする場合

 

 

 

やはり一括受け取りなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、30年後なんて保障されてないから

 

 

 

そう考えれば受け取り額半分のリスクは

 

 

 

安いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁ、100%無関係なボクが

 

 

 

心配する事でもないんですが

 

 

 

何となく気になるニュースでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご当選者の方が

 

 

 

ステキな人生でありますように。

 

 

 

 

 

Page Top