カテゴリー別アーカイブ: 今想うこと

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

4月20 金曜日

 

 

 

”なおくんブログ”984号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日、ボクがイイなって思った

 

 

 

とあるマンガをご紹介したら

 

 

 

中々反響がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反響って言っても、

 

 

 

『どこでこんなの見つけるの?』って

 

 

 

何人かに聞かれたくらいですが

 

 

 

もしSNSに投稿したら

 

 

 

イイね!がいくつか付いたのかも。

 

 

 

(人が描いたマンガですが…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、それに気をよくして

 

 

 

もうひとつマンガをご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出会いと別れが交差するこの時期、

 

 

 

特にこの年頃の子を持つ親は

 

 

 

感じることも多いんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1086dc7b6655cafebe6ca40bbf53dcf1_content

 

 

 

娘の卒園式で涙が止まらないお母さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7f7e25b2d2f0b23475308e1c40a0ab4d_content

 

 

 

それに気付いた娘ちゃんは

 

 

 

ママの元に駆け寄ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

72471e46579bf3b20f5e78c67f5d7cac_content

 

 

 

以前ハンカチを持って行きたがらない

 

 

 

娘ちゃんに話したもうひとつの理由。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25c59f6815f166baa9839c9cebc8dcb5_content

 

 

 

 

お友達や大切な人達や、誰かが

 

 

 

涙を流していた時、

 

 

 

そっとハンカチを渡せるように

 

 

 

その人の気持ちに

 

 

 

そっと寄り添えるように

 

 

 

そんな優しい子に育って欲しいと願う

 

 

 

ママの願いでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの娘ちゃんも

 

 

 

年齢は大きく違うけど

 

 

 

今年中学を卒業し、この4月から高校生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは卒業式や入学式には

 

 

 

行けておりませんが、

 

 

 

親として娘の成長を

 

 

 

嬉しくも思いつつ、

 

 

 

そんなに遠くない親元からの卒業に

 

 

 

かすかな寂しさを覚えた今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中々手を焼いた反抗期を経て

 

 

 

最近、少しづつ大人になっていく様子を

 

 

 

黙って見届ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男親だからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、思わずぐっとくるこのマンガ。

 

 

 

どうお感じになられますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログに書くネタに困って

 

 

 

マンガ紹介2連発なのかって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ち、違いますよ~(-_-;)

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

4月19日 木曜日

 

 

 

”なおくんブログ”983号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の新聞の1面に

 

 

 

デカデカと、福岡県の県立高校で

 

 

 

事実上、必修化されてきた

 

 

 

いわゆる、

 

 

 

「朝課外」とか「ゼロ時限」って呼ばれる

 

 

 

補習が、強制されてるって問題の記事が

 

 

 

掲載されてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、何が問題かっていうと

 

 

 

基本的に生徒の意志の基

 

 

 

補習を名目に自由参加ってことには

 

 

 

なってるけど、実態としては事実上の強制で

 

 

 

場合によっては、補習であるはずなのに

 

 

 

”正規の授業”がそこで行われてるってことと

 

 

 

今の”強制”というやり方が

 

 

 

時代にそぐわないんじゃ

 

 

 

ないかってこと。

 

 

 

 

 

 

 

ゼロ時限

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡県の教育委員会も

 

 

 

多少問題視してて、今後は

 

 

 

自由参加を徹底させる方針のようですが

 

 

 

中々難しいみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、今やってることを

 

 

 

辞めるってことで、今後の大学受験に

 

 

 

影響が出るんじゃないかとか

 

 

 

単純に勉強をしなくなる生徒が

 

 

 

増えるんじゃないかとか

 

 

 

学校や教員が、それらリスクを

 

 

 

懸念するからで、ボクとしては

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『先生って仕事、ただでさえ大変なのに

 

 

 

スゴク熱心だな』

 

 

 

 

 

 

そう思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチの娘ちゃんも

 

 

 

この4月から高校生になり、

 

 

 

今週から、”ゼロ時限”が

 

 

 

スタートした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々非常に朝が弱く、

 

 

 

ほっとけば毎朝確実に

 

 

 

遅刻するであろう、

 

 

 

超寝ぼすけ娘です。

 

 

 

 

 

 

 

補習

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月曜日から必死に起きて、

 

 

 

今日で4日目ですが、

 

 

 

元気に行ってますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、入学の際学校から

 

 

 

朝課外に対して、同意を求める

 

 

 

同意書の提出を促されたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、既に出来上がった

 

 

 

ひとつの文化だと思ってたので

 

 

 

何の疑問もなく同意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、色々あるんだなって

 

 

 

感じてる程度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも確かに、娘ちゃん

 

 

 

少しだけ勉強、大変そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校から帰って来て、

 

 

 

塾に行き22時過ぎに帰宅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから学校の宿題や

 

 

 

予習復習をして、寝るのは0時過ぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで翌朝は7:30から

 

 

 

朝補習が始まることを考えると

 

 

 

ちょっとハードかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、学校の授業が進むスピードも

 

 

 

中学校とは桁違いみたいで

 

 

 

『(-_-;) 追いつかないー (-_-;)』

 

 

 

って嘆いてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチの娘ちゃん、

 

 

 

自主性を尊重したら、

 

 

 

まずやり切れない性格で

 

 

 

ある程度強制力を持たないと

 

 

 

頑張れないタイプ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからボクは心の中で、

 

 

 

『そのくらい、丁度いいや(ニヤリ)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から少しずつでも

 

 

 

社会の厳しさは学ばなアカン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただこの朝課題、

 

 

 

”全部強制”ってのは

 

 

 

確かに良くないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時代、家庭により

 

 

 

考え方も全く異なるだろうし、

 

 

 

良し悪しはあるけど、今の子達も

 

 

 

自分の意志をちゃんと持ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤだと思うことはさせなければ良いし、

 

 

 

何を選択するかも自分次第。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将来の受験も自己責任であれば

 

 

 

思い切って、任意参加に

 

 

 

すればいいのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、娘ちゃんの将来を見せた時

 

 

 

必要だとの家庭の方針として

 

 

 

行かせますけどね。

 

 

 

 

 

 

 

する勉強

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国的に見たら珍しい、

 

 

 

福岡の高校生事情。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後どうなるんでしょうね~・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代の流れは

 

 

 

早いからねー

 

 

 

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

4月15日 日曜日

 

 

 

”なおくんブログ”979号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、熊本を襲った大きな震災から

 

 

 

丸2年を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か最近、バタバタしてて

 

 

 

昨日の昨日まで、正直思い出しも

 

 

 

できてなくて、テレビを見てて

 

 

 

『えっ!? もう2年経ったの?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう感じてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

震災当時、ゴールデンウィーク

 

 

 

前ってこともあり、その後の温泉地や

 

 

 

観光地が大規模なキャンセルで

 

 

 

あおりを受けたり、被害もなく

 

 

 

余震の心配があまりない近隣にまで

 

 

 

影響が出たり、知人も被災したり

 

 

 

ボクも支援物資を送ったり、

 

 

 

微々たるものだけど、今自分が

 

 

 

やれることをやり、復興を願った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも2年が経ち、それが報道されないと

 

 

 

多分、現地に行かない限り

 

 

 

思い出すこともない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は『忘れる生き物』だと言え

 

 

 

それが現実なんだよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しずつ復興も進んではいるけど

 

 

 

未だ、仮設住宅暮らしを余儀なくされる

 

 

 

被災者の方もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の悲惨な姿は変わっても

 

 

 

被災した人や、大事な人を失くした

 

 

 

心の傷は癒えることなく、

 

 

 

前に進めない人だっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを、”報道”により

 

 

 

思い出させてもらえたとき

 

 

 

その都度、心で手を合わせるとか

 

 

 

今自分がやれることを、

 

 

 

考える必要があると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばボクも2年前

 

 

 

熊本出身の新婦様と、

 

 

 

『熊本城で前撮りしましょう!』

 

 

 

って約束し、震災の為

 

 

 

断念せざるを得なかったことを想い出した。

 

 

 

 

 

 

 

熊本城

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの新婦様、小さい頃から

 

 

 

自分が結婚するときは

 

 

 

故郷の熊本城で写真を撮るってことが

 

 

 

夢だったって話してくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お元気にされてるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢を叶えられなかった分

 

 

 

思い出深い披露宴にできただろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この震災だけじゃなく

 

 

 

日々の暮らしの中で

 

 

 

ツライ想いをされている全ての人が

 

 

 

安らぎと笑顔に包まれる

 

 

 

世の中になりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな漠然としたことしか

 

 

 

願えないボクでした。

 

 

 

 

 

 

 

追悼

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

4月12日 木曜日

 

 

 

”なおくんブログ”976号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝早々、過去に例を見ない

 

 

 

スゴイ事件が起こりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警察官が警察官を

 

 

 

拳銃で撃ち殺したってやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から、何て物騒な・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで見てましたが、

 

 

 

時間が経つにつれ、事件の背景が

 

 

 

浮き彫りになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、新人の警察官が

 

 

 

指導担当の先輩警察官を

 

 

 

射殺したってもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、指導を巡り

 

 

 

トラブルがあったようですが、

 

 

 

もしかしたら、新人さんが

 

 

 

そもそも”キレやすい”性格だったのか

 

 

 

行き過ぎた指導があったのか

 

 

 

その辺は解りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、何かちょっと

 

 

 

歯車が狂ったことで起きたことだと

 

 

 

思ってて、ちょっとしたことで

 

 

 

回避できたんじゃないかって

 

 

 

思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達も、目下

 

 

 

新入社の研修中で

 

 

 

先日は、ボクが一日講師となり

 

 

 

マリノアウェディングや、最近の

 

 

 

トレンドなどについて

 

 

 

講義をしたばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな目を輝かせて話しを聞いてくれたし

 

 

 

”自分が結婚するならどんな式にしたいか”

 

 

 

なんてワークショップをして、

 

 

 

若々しいフレッシュで、夢いっぱいの

 

 

 

結婚式の話しに華が咲きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな新人さんが起こしたにしては

 

 

 

ちょっと衝撃的じゃないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな事件でもいつも思うのは

 

 

 

誰もハッピーじゃないよねってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ全容解明には至ってませんが

 

 

 

時期が時期なだけに

 

 

 

考えさせられる事件です。

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

4月10日 火曜日

 

 

 

”なおくんブログ”974号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の新聞に、福岡市に

 

 

 

2020年3月までの間に

 

 

 

新たなホテルが33棟も開業するって

 

 

 

ニュースが出てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

33棟のホテルで、

 

 

 

客室数は約5250室。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スゴイ数です。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今の外国人観光客急増の影響で

 

 

 

以前から福岡市内のホテルの客室が

 

 

 

時折枯渇する状況が懸念されてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡全体の観光の面からすると

 

 

 

これはいいことだと思うんですが、

 

 

 

でも、ホテル間で考えると

 

 

 

お客様争奪の競争は激化するともいえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達のホテルは、年間

 

 

 

大体8割はお客様にご利用いただけてる

 

 

 

まずまずの稼働です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、あと2年後、

 

 

 

やはり選ばれる”価値”を創造しないと

 

 

 

きっと利便性のよい都市圏に

 

 

 

負けてしまうだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝ち負けではないけど、

 

 

 

これを機にボク達も、

 

 

 

もっとお客様に喜んでいただけるような

 

 

 

宿泊プランを作らなくちゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうやって、市内のホテル全体の

 

 

 

サービスクオリティが上がれば

 

 

 

イイことだしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリンピックまであと二年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年後、アツい福岡に

 

 

 

なりそうな予感・・・・

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

4月9日 月曜日

 

 

 

”なおくんブログ”973号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、市内の高校では

 

 

 

一斉に入学式が執り行われました。

 

 

 

 

 

 

 

式入学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチの娘ちゃんも

 

 

 

いつもより早起きして

 

 

 

元気に入学式に出かけていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か少し感慨深いものもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

義務教育も終わり、これからは

 

 

 

自ら学ぶ姿勢が必要とされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫かなぁ・・・

 

 

 

結構根性ないからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕べも、『明日からJKよ!』とか

 

 

 

アホなこと言ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

継続性を持ち

 

 

 

是非楽しい学校生活を

 

 

 

送って欲しいと願うばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他、ご入学された皆様も

 

 

 

おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステキな一年になりますようにヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

4月7日 土曜日

 

 

 

”なおくんブログ”971号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のニュースで話題になってた

 

 

 

日本の女子レスリング界での

 

 

 

パワハラ問題。

 

 

 

 

 

 

 

問題パワハラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初は、

 

 

 

『相撲界といい、レスリング界といい

 

 

 

 色んなとこで色々あるんだ・・・

 

 

 

 しかし、国民栄誉賞を受けたひとですら

 

 

 

 イジメの対象になったりするんだ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのくらいにしか捉えてなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、実際に

 

 

 

”パワハラがあった”って認定された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全身全霊で否定し、被害者に対し

 

 

 

攻撃姿勢すらみせていた

 

 

 

協会関係者やどこぞの女性学長、

 

 

 

そこんとこ、どう考えているんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも問題はここからで

 

 

 

日本のレスリング指導者の

 

 

 

第一人者である人が

 

 

 

この問題で、辞任に追い込まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指導において、問題発言や行動は

 

 

 

多少あったと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこの人、自ら競技に然り

 

 

 

後進の指導に然り、レスリングに

 

 

 

”人生を賭けてきた”人だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教え子や協会と、苦楽を共にし

 

 

 

”日本レスリング界の為に”

 

 

 

一つ一つ実績を積み

 

 

 

結果を出してきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に真剣に取り組んでたと

 

 

 

思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、一瞬にして

 

 

 

消え去ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなにやりたくても

 

 

 

檜舞台に立つ指導は

 

 

 

できなくなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなにいいことをしても

 

 

 

それを超える問題を起こせば

 

 

 

プラスマイナスで、

 

 

 

ゼロにはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただでさえ、マイナス査定の方が

 

 

 

大きく見られてしまう時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実績を積み、認められたことで

 

 

 

どこか調子に乗っちゃったのか

 

 

 

『もっと結果を』って思うがこそ

 

 

 

こんな問題を抱えちゃったのかは

 

 

 

解りませんが

 

 

 

やっぱり、人にしたことは

 

 

 

いずれどんな形でも

 

 

 

自分に返ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

ブーメラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にそう思う事例。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この問題、結果的に

 

 

 

誰もハッピーになりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々起こる、斯様な社会問題は

 

 

 

普段の自分の生き方にも照らし合わせ

 

 

 

見つめなおす機会を与えてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこでどう

 

 

 

歯車が狂っちゃったんだろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念な話題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

この問題を糧に

 

 

 

決して消えはしないけど

 

 

 

それを超える功績を

 

 

 

また積んでいくしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれだけの選手を育てたんだから

 

 

 

きっと再起できるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

4月6日 金曜日

 

 

 

”なおくんブログ”970号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと30回更新したら

 

 

 

ひとつの目標にしてた

 

 

 

ブログ1,000記事達成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良くも悪くも、1,000という節目を達成したら

 

 

 

今後のことも考えようかな。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、それはそれとして、

 

 

 

今から約20年後

 

 

 

ボクが丁度、普通の企業であれば

 

 

 

定年を迎える頃、この日本は

 

 

 

大きな問題を抱えてるって、

 

 

 

皆さん、ご認識があるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく耳にする、”少子高齢化”

 

 

 

 

 

 

少子化

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、今ボク達が暮らしてる

 

 

 

この日本において、『本当に?』って

 

 

 

信じられない位大きく影響するって

 

 

 

最近、専門家が具体的な数字を

 

 

 

たたき出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国の機関である、

 

 

 

”国立社会保障・人口問題研究所”

 

 

 

ってとこが、この3月に発表したもの

 

 

 

なんですが、地域ごとの人口予測が

 

 

 

かなり衝撃的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京をはじめとする、

 

 

 

大都市圏の人口は

 

 

 

しばらくは、ほぼ横ばいで

 

 

 

2030年以降、少しずつ減る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、福岡だって例外じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、九州全体で見ると

 

 

 

福岡はイイ方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、地方に至っては

 

 

 

軒並み減少傾向で、福岡だけ良くたって

 

 

 

九州全体に活気がないと、観光だって

 

 

 

発展しないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、当然と言えば当然でしょう。

 

 

 

年寄が次第に寿命となり、一方で

 

 

 

若い人が生まれてない訳だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、やはり問題なのは

 

 

 

地方都市。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも、最も減少するであろうと

 

 

 

予測されたのは、東北地方の秋田県で

 

 

 

今の人口から4割も減り、

 

 

 

現在102万人の秋田県の

 

 

 

総人口が60万人になるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、2045年には

 

 

 

秋田県の2人に1人は

 

 

 

65歳以上の高齢者になる。

 

 

 

 

 

 

 

少子高齢化

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンと来るでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、スゴイ数字だとボクは思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人口が減るってことは

 

 

 

生産性も、消費も同じように減るってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、高齢者が増えれば

 

 

 

それだけ活動性も乏しくなるわけだから

 

 

 

経済自体が縮小する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな地方都市が

 

 

 

今後ボコボコ出てくるって訳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、これは地方に限らず、

 

 

 

人口減少と高齢化の同時進行で

 

 

 

恐らく労働力の取り合いが起きる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今ボクがいる、飲食や宿泊業は

 

 

 

今でも人手不足が深刻だって言われてる中、

 

 

 

更に拍車がかかり、建設業や農業などでも

 

 

 

同じことが言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やりたくてもやる人が居ないって

 

 

 

構図が生まれ、それが次第に

 

 

 

民間だけじゃなく公的分野にも

 

 

 

人手不足の波が襲いかかることに

 

 

 

なるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると、警察や消防、

 

 

 

自衛官の人数も減る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治安自体、悪くなったり

 

 

 

するんじゃないのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、国が主導する

 

 

 

社会保障については、年々

 

 

 

由々しき問題としてたまにニュースでも

 

 

 

話題に上る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的には、医療や介護、年金などの

 

 

 

社会保障給付費は、

 

 

 

2016年度で116兆円だったのに対し、

 

 

 

2041年度には190兆円に

 

 

 

増えるって予測されてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな財源、あんの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

増税するしかないって言ったって

 

 

 

日本経済がこれ以上の増税に

 

 

 

耐えうるとも中々思えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや、国として破綻するんじゃ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな懸念すら出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、この問題って

 

 

 

今からもっと真剣に議論したほうが

 

 

 

よいと思ってて、森友問題とか

 

 

 

忖度とかって、

 

 

 

ちょっとどうでもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな暇があるなら

 

 

 

もっと若者が恋愛や結婚の

 

 

 

価値を感じるようなことを

 

 

 

国を挙げてしたほうがいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国に何かをして欲しいってことじゃ

 

 

 

ありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国ももっと真剣に、そこんとこを

 

 

 

考えた方がイイってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、結婚促進の為に

 

 

 

婚姻年齢が若くなることで差が出る

 

 

 

給付金を出したり、

 

 

 

出産給付や児童手当を見直したり

 

 

 

新婚初年度は税制が優遇されたり

 

 

 

結婚式費用は非課税だったり(・o・)

 

 

 

 

 

 

 

老後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと適当に書き過ぎたけど

 

 

 

ボクはこの国が抱える問題は

 

 

 

かなり深刻だって思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達業界人にできることって

 

 

 

本当に小さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『結婚式挙げて本当に良かった』

 

 

 

『この幸せを胸に、夫婦で頑張ろう』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう感じていただける方を

 

 

 

少しでも増やせるよう

 

 

 

1組1組のカップルさんに

 

 

 

真剣に向き合うこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それしかないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その小さな積み重ねが

 

 

 

幸せにつながることを信じたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしね、ここには書いてませんが

 

 

 

本当にヤバいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興味のある方は

 

 

 

リンクからどうぞ。

 

 

http://www.ipss.go.jp/

 

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

4月5日 木曜日

 

 

 

”なおくんブログ”969号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前から時折触れる

 

 

 

若者の”○○離れ”の話題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒離れとか

 

 

 

車離れとか

 

 

 

結婚離れとか。

 

 

 

 

 

 

 

離れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少子高齢化とかの時代背景も手伝い

 

 

 

この〇〇離れは今後も

 

 

 

加速していくし、それが時代の流れとして

 

 

 

どう向き合うかがポイントになってくると

 

 

 

思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、自動車教習所で

 

 

 

昔、どこにでもいたと思われる

 

 

 

いわゆる”鬼教官”

 

 

 

姿を消しているなんてコラムを見た。

 

 

 

 

 

 

 

鬼教官

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背景を読み解くと

 

 

 

全国の自動車教習所の

 

 

 

年間卒業者数は2,008年に

 

 

 

164万人居たけど、2,017年には

 

 

 

155万人と、凡そ10年で

 

 

 

10万人も減少してるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあおりで、自動車教習所の数も

 

 

 

この間で1,408校から1,330校へ20%も

 

 

 

減少してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、ホテルマリノアがある

 

 

 

この近辺でも、自動車学校は

 

 

 

教習生の獲得に躍起になってるって

 

 

 

ハナシを聞くな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、全国には

 

 

 

指導方針を見直したことで、

 

 

 

生徒数を増加させた実績を持つ

 

 

 

教習所があって、その主な方針は

 

 

 

生徒を「ほめちぎる」

 

 

 

というものらしい。

 

 

 

 

 

 

 

教習所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな指導方かっていうと

 

 

 

まず、失敗を叱らない指導。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも経験あるけど

 

 

 

最初は失敗の連続だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクが免許を取った時の担当教官は

 

 

 

若くていい人ではありましたが

 

 

 

ハッキリ覚えてるのは、かなり

 

 

 

”クチは悪かった”な。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗すると、

 

 

 

 

 

 

 

『ケッ!  男のくせに

 

 

 

 そんなことも出来ねーのかよっ!!

 

 

 

 へたくそっ!』

 

 

 

 

 

 

 

って、叱られるというより

 

 

 

バカにされてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その当時はそれが悔しくて

 

 

 

『チックショー!!今に見ておれ!』

 

 

 

 

 

 

 

ちくしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と奮起して頑張った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その教官はそれが狙いだったんだと

 

 

 

思いますが、今それをやっちゃうと

 

 

 

多分泣いちゃう子もいるかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の時代、

 

 

 

「運転という新たなチャレンジをしてる」

 

 

 

ということから、まずそれを褒めるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そ、そうなの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、脱輪したら叱らず、

 

 

 

「おー、よくそこで止まれたね」

 

 

 

って、生徒さんのモチベーションを

 

 

 

上げていく。

 

 

 

 

 

 

 

脱輪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、教習を受ける側の心持ちを

 

 

 

「受動態」から「能動態」にと変化させ

 

 

 

「あれもやりたい、これもやりたい」と

 

 

 

思わせるように誘導するんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何じゃそれ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って思う部分もありますが

 

 

 

まぁ、理にかなってる節もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に、この教習所は

 

 

 

このご時世にこの指導法で

 

 

 

生徒数を3割も増加させた

 

 

 

実績を持ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、数字が物語ってると言われれば

 

 

 

説得力あるしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今、若者の車離れが進み

 

 

 

免許は「就職のために仕方なく取る」

 

 

 

なんて人が多くなってるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなスタンスもあって、

 

 

 

生徒のモチベーションも低いし

 

 

 

少子化の影響で、怒られた経験が

 

 

 

少ない人も増えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒ると簡単に心が折れ、

 

 

 

教習所に出てこなくなっちゃう

 

 

 

ケースもあるみたいだし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そんな背景から

 

 

 

時代の流れに乗り

 

 

 

他の教習所との差別化を計る為に

 

 

 

指導方を大きく変えるってことは

 

 

 

経営を成り立たせるために必要な事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この流れに乗らないと

 

 

 

淘汰される確率が

 

 

 

圧倒的にあがるだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後は個人的に

 

 

 

指導方の変化による

 

 

 

事故発生率がどうなのかが

 

 

 

気になるところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの時代にあった、

 

 

 

 

『仮免試験、あの教官にあたると

 

 

 

 まず落とされる』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて厳しい人は

 

 

 

もういない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イイのか、ワルイのか・・・・

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

4月4日 水曜日

 

 

 

”なおくんブログ”968号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し日は経っちゃったけど

 

 

 

ボクと同年代でなお

 

 


メジャーリーグで現役活躍中の

 

 

 

ボクも大好きなイチロー選手。

 

 

 

 

 

 

 

イチロー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本時間の3月30日の開幕戦で

 

 

 

6年振りの古巣であるマリナーズの

 

 

 

本拠地セーフコ・フィールドに

 

 

 

スタメンで出場しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一時期、移籍先が決まらず

 

 

 

どうなることかと心配したファンも

 

 

 

多かったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ただでさえ

 

 

 

レギュラー争いが熾烈と言われる

 

 

 

メジャーリーグで、

 

 

 

44歳で現役を続けてることだけで

 

 

 

多分奇跡に近いのかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日ボクがブログに書いた

 

 

 

娘とチャリに乗り、坂道をハアハア

 

 

 

駆け上ってたことを思い返すと

 

 

 

ちょっと情けなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、開幕戦こそ無安打

 

 

 

だったけど、翌日の2戦目では

 

 

 

相手のホームランを“強奪”する

 

 

 

超ファインプレーを見せ会場を沸かせ

 

 

 

 

 

 

 

ファインプレー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バットでも4打数2安打1得点と

 

 

 

存在感を見せた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてメジャー通算3,082安打として

 

 

 

メジャー歴代単独21位に浮上してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スゲー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一言に尽きるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に試合後のインタビューが

 

 

 

これまたスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その記録そのものを

 

 

 

「今の僕にとって、どうでもいいこと」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう振り返っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それは決して上から目線なんかじゃなく

 

 

 

謙虚そのものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今季初安打については、

 

 

 

「もちろん、僕にとっては重い1本。

 

 

 

 ……この1本があるかどうか、

 

 

 

 ずっとわからないまま

 

 

 

 この冬を過ごしてきたので

 

 

 

 その意味ですごく重い

 

 

 

 1本になりましたね」

 

 

 

 

 

そう表現した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、歴代安打数は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『今の僕にはどうでもいいこと』

 

 

 

というコメントになったんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

『毎日こうやって

 

 

 

 セーフコ・フィールドに来て

 

 

 

 プレーできることがもう、

 

 

 

 そのことがただ嬉しくて』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天才と言われた選手の

 

 

 

言う事だろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に野球が好きなんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな同年代の頑張りを見て

 

 

 

奮起せざるを得ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のイチロー選手の活躍は

 

 

 

本当に期待したいけど、

 

 

 

どこかで、

 

 

 

『お前が頑張れよ・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言われてる気がする

 

 

 

今日この頃(・_・;)

 

 

 

 

 

 

Page Top