カテゴリー別アーカイブ: 今想うこと

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月18日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,213号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唯一の日本人横綱

 

 

 

稀勢の里関、引退しちゃいましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはお相撲にそんなに詳しくありませんが

 

 

 

遅咲きと言われた稀勢の里関が

 

 

 

苦難の末、力士であれば

 

 

 

誰もが必ず目指す最高峰に到達したこと自体

 

 

 

本当にスゴイことだと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、横綱の重圧ってのも

 

 

 

多分かなりのものだろうし、

 

 

 

そのプレッシャーは

 

 

 

ボク達凡人には想像もつかない

 

 

 

ほどだったろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、相撲道において

 

 

 

横綱って、ご神体。

 

 

 

つまり神様ってことだからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稀勢の里関、一生懸命

 

 

 

横綱の重圧に耐えながら

 

 

 

努力を重ねたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間の期待にも応えるべく

 

 

 

無理にムリを重ねた結果、

 

 

 

身体を壊し、結果

 

 

 

思わぬ短命での引退劇となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その、期待に応えようとした

 

 

 

世間の声は

 

 

 

『無理に横綱にしたのがまずかった』とか

 

 

 

『引退が遅すぎた』とか『無様だ』とか

 

 

 

『潔くない』とか、

 

 

色んなコトを言っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ、”見られる”という

 

 

 

過酷な条件と過度な期待は

 

 

 

横綱だから仕方ないって見方も

 

 

 

あるんでしょうが、昔とは違い

 

 

 

 

雑音が聞こえてきやすい昨今

 

 

 

本人にとっては 苦痛以外の

 

 

 

何者でもなかったんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稀勢の里関は、土俵人生に

 

 

 

悔いはないという発言を残しました。

 

 

 

 

 

 

でも、悔いがないんじゃなく

 

 

 

その重圧からの解放に

 

 

 

ホッとしているんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今場所が始まって、連日

 

 

 

うるさすぎる進退報道を見て

 

 

 

思うことはではありますが、

 

 

 

とにかくお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな気持ちです。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月11日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,208号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、よく地元福岡では

 

 

 

”天神ビッグバン”なる

 

 

 

何ともワクワクしたワードが

 

 

 

ニュースや新聞を賑わせます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存じの方も多いと思うのですが

 

 

 

これは、天神中心部のビルの老朽化や

 

 

 

日本一都心に近い空港を有するが故

 

 

 

飛行機離発着に伴う、建物の高さ制限が

 

 

 

緩和されることをにらみ、

 

 

 

大規模な天神地区の再開発を

 

 

 

総称して”ビッグバン”と呼んでる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その一旦として、

 

 

 

天神の商業ビル”イムズ”

 

 

 

建て替えられることになったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このイムズ、平成元年に開業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ30年しか経ってないので

 

 

 

普通に建物の寿命を考えたら

 

 

 

まだ建て替える程でもないのにって

 

 

 

単純に思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと古い建物、幾らでもあるからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い起こせば、ボクが

 

 

 

鹿児島の田舎から福岡に出てきたのが

 

 

 

平成4年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて暮らした福岡での生活は

 

 

 

田舎者のボクを即魅了した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休みのたんびに天神に出てきて

 

 

 

それこそ、イムズに初めて行ったとき

 

 

 

『何てオシャレなデパートなんや』

 

 

 

そんなことを思い、刺激を受けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、あのシースルーエレベーターは

 

 

 

エスカレータを避けて、わざわざ

 

 

 

待って乗ったくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの吹き抜けも、当時斬新だった。

 

 

 

 

 

 

 

イムズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デートでも行ったな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな甘酸っぱい青春時代が

 

 

 

想い出されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、激動の時代の中で

 

 

 

建て替えを決断したオーナー側も

 

 

 

ある意味勝負をかけてくるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんの少し寂しさもある中で

 

 

 

オリンピック後の”天神ビックバン”で

 

 

 

福岡の街がどう変わるのか

 

 

 

楽しみでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業は2021年を持ち終了し

 

 

 

2022年の工事着工。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024年の開業を目指すようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ5年くらいで

 

 

 

目まぐるしく変わる地元に

 

 

 

大いに期待したい思いと

 

 

 

時代の流れに乗らないとイカン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて思う、ボクなのでした。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月9日 水曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,206号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20年後、世界がどう変わってるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何となく、車は自動運転が

 

 

 

主流になってるとか

 

 

 

旅行代理店のような

 

 

 

カウンターセールスは

 

 

 

Web一本で完結されて

 

 

 

姿を消してるんじゃないかとか

 

 

 

そんなイメージはできるけど

 

 

 

実際、どうなってるかなんて

 

 

 

ハッキリわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から20年前、

 

 

 

ボクが20代そこそこだった頃

 

 

 

ほぼパソコンと変わらない機能を持つ

 

 

 

”スマホ”がこんなに台頭するなんて

 

 

 

想像してませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オマケに、異なる鉄道会社であっても

 

 

 

全国どこでも使える電子マネー

 

 

 

”Suika”とか”Sugoka”とか

 

 

 

鉄道を使うほぼ全員の人が

 

 

 

そんなものを持つようになるなんて

 

 

 

考えが及ばなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんどん便利な世の中になっていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、中国にあるIT企業の経営者が

 

 

 

『20年以内にスマホはこの世から消える』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを言っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の時代、確かに何が起きるか

 

 

 

判らないとはいえ、そんなことって

 

 

 

ホントにあるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その人が言うには

 

 

 

「21世紀最初の20年は

 

 

 

 携帯電話への依存度が強まった20年。

 

 

 

 

 しかしこれからは、

 

 

 

 依存度が低下していく20年になる」

 

 

 

 

 

 

 

そうらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは何でかって言うと、

 

 

 

今、スマホがやってくれてることの多くを

 

 

 

家電なんかに搭載されたAI

 

 

 

全部やってくれるような時代に

 

 

 

なるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、スマホは言語で

 

 

 

人のニーズを認識するとすれば、

 

 

 

家電に搭載されたAIは

 

 

 

センサーでそれを”感知”する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすれば、もう手元に

 

 

 

スマホを置く必要は

 

 

 

なくなるってことのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンと来ないでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクもそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、そんな現実が

 

 

 

目の前で起きないと

 

 

 

人はどうしても懐疑的になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大体、家電がセンサーで

 

 

 

”感知する”って言ったって

 

 

 

何を感知すんのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達が脳で考えたことを

 

 

 

AIが感知して動くってこと?

 

 

 

 

 

 

 

AI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとよく解らないけど

 

 

 

多分、そんな感じに

 

 

 

なるんでしょうね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少なくとも、外部デバイスを

 

 

 

持ち歩くんじゃなく

 

 

 

ボク達ヒトの体内に

 

 

 

何かが内臓されてて、

 

 

 

人と機械が一体化する

 

 

 

そんな時代の到来を

 

 

 

予言してるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ちょっと怖くないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれ、ターミネーターみたいな

 

 

 

機械が人類を滅ぼそうとす時代が

 

 

 

やってくるのかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

ターミネーター

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月8日 火曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,205号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、何が正しくて

 

 

 

何が間違ってるのかを考えたとき

 

 

 

大体答えが出ないことって

 

 

 

結構多くないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、”暴力はよくない”って

 

 

 

誰しもわかってること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、もし自分の大切な人が

 

 

 

危険にさらされてたとすれば

 

 

 

ボクは間違いなく、”暴力も辞さない”って

 

 

 

選択肢も含めて判断すると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらには、危害を加えられた後だったら

 

 

 

仕返しをしないとも言い切れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

『暴力を振るうのは許されない』

 

 

 

これは判ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、100%間違ってるかって

 

 

 

言われると、認めにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


正しいかどうかだけを判断するなら

 

 

 

暴力に暴力を返す行為は

 

 

 

当然正しくないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそれはあくまで建て前であって

 

 

 

現実は感情が入り込むから

 

 

 

そう簡単にはいかない。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争なんかの争い事を見ても

 

 

 

多分、両者どっちも自分達が正しいと

 

 

 

思って争ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分達は間違ってるって確信して

 

 

 

世の中を破滅に追い込むような人も

 

 

 

そうそういないだろう。

 

 

 

 

 

 

 


そんなことを考えていると

 

 

 

自身を律するための「正しさ」は

 

 

 

根底にあっていいけど

 

 

 

他人に対する「正しさ」の尺度は

 

 

 

自分と同じってことも限らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことは、他人に対しては

 

 

 

自分が思うより少し優しめに

 

 

 

寛容に受け入れる心の余裕を

 

 

 

持つ必要があるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何で突然こんなことを

 

 

 

書いてるかっていうと

 

 

 

子供に物事を教える時に

 

 

 

いつも悩み、迷うことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪いことをしたらダメ、

 

 

 

正しいことをしなさいと

 

 

 

大人に教えられ、

 

 

 

そして教えてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、よくよく考えたら、

 

 

 

何が正しく、何が間違ってるかって

 

 

 

絶対的な基準なんか存在してなくて

 

 

 

各個人がそれぞれの物差しを

 

 

 

身に着けていくしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最近、お正月にお年玉をもらった

 

 

 

ウチの娘ちゃんが

 

 

 

お金の使い方で奥様ともめてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傍から見たら、どう考えても

 

 

 

娘ちゃんが悪いのですが

 

 

 

その基準を

 

 

 

ちゃんと教えてきただろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はたまた、その基準が

 

 

 

自分のみの尺度に収まってて

 

 

 

今の時代に受け入れられる

 

 

 

ものなんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことも考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金の価値が

 

 

 

イマイチわかってない年代に

 

 

 

”自分が自由に使えるお金”

 

 

 

としての金銭感覚や

 

 

 

遣えば無くなることは、

 

 

 

身を持って体験させなければ

 

 

 

外野が色々言ったところで

 

 

 

本当の意味での腹落ちは

 

 

 

しないんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも今は

 

 

 

キャッシュレス時代に

 

 

 

突き進もうとしてて

 

 

 

お金の価値ひとつ見ても

 

 

 

今と昔じゃ話にならない位

 

 

 

雲泥の差。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、子供の教育や子育てって

 

 

 

メチャクチャ難解で、繊細だなって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ情報が氾濫している時代に

 

 

 

ボク達が育ってきた子供の頃の価値観を

 

 

 

押し付けた教育だけでは

 

 

 

今の子育てはキビシイだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代の流れと共に、抜本的に

 

 

 

教育とボク達大人の柔軟さにも

 

 

 

変革が必要なんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子育てだけじゃなく

 

 

 

職場で後輩や部下を育てる意味でも。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月6日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,203号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年が明けて、もう1週間経とうとしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

メチャクチャ早くないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間初詣に行ったばかりなのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年々、一日の速さを実感する

 

 

 

今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて政府が、平成に次ぐ新元号を

 

 

 

今年の4月1日に

 

 

 

即位に前倒して発表することを

 

 

 

正式に決めましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巷では、新元号が何になるのかとか

 

 

 

使われる漢字は、これじゃないかなんて

 

 

 

憶測も飛び交ってるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクとしては

 

 

 

予想したところで、あくまで予想に過ぎず

 

 

 

どうせ当たりゃしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静かな心で、天皇陛下の公表を

 

 

 

待ちたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、どんな一年になるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即位の礼が行われる

 

 

 

GW周辺の10連休も、

 

 

 

秋の消費税増税も

 

 

 

大きな選挙も決まってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京オリンピックを目前に

 

 

 

そのほか、どんなことが起きるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何だかワクワクします。

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、穏やかな生活が

 

 

 

送れるように、ボクは目の前のことを

 

 

 

精一杯頑張りたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目標ばかり立ててるようですが

 

 

 

何も考えない、惰性の生活よりは

 

 

 

100倍マシだと信じ、一日一日を

 

 

 

大切に生きたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月5日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,202号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週明けから、本格的に

 

 

 

新たな年のいつもの生活というか

 

 

 

いつものリズムが稼動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年、自分自身の中でだけ

 

 

 

小さな目標と言うものを掲げるんですが、

 

 

 

年末、『来年の目標、何にしようかな』って

 

 

 

いつもどうり考えてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、ボクが大好きなアスリート

 

 

 

”イチロー選手”が、アメリカから帰国してて

 

 

 

自分の名前が冠になった野球大会

 

 

 

”イチロー杯争奪野球大会”の

 

 

 

閉会式でスピーチするシーンが

 

 

 

報じられてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでイチロー選手が子供達に

 

 

 

伝えたことは…

 

 

 

 

 

 

 

『自分ができると思ったことは

 

 

 

 必ずできるとは限らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、自分ができないと思ってしまったら

 

 

 

 それは絶対にできない。

 

 

 

 

 ということを覚えておいて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 周りができないということは

 

 

 

 たくさんあるけれど、それでも

 

 

 

 自分が頑張っていたら、

 

 

 

 最後にはできることもたくさんある。

 

 

 

 

 

 

 

 できないことも、勿論たくさんあるんだろうけど

 

 

 

 自分の中で自分の可能性を決めないで欲しい』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真剣な眼差しでそう言っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

『その人がどんな人間かっていうのは

 

 

 

 人が見ているところで、見えてる姿ではなくて

 

 

 

 人に見えないところでどんな自分であれるか

 

 

 

 ということがその人であるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自分1人で頑張らないといけないときに

 

 

 

 頑張ることは、すごく力がいるし

 

 

 

 難しいこと。

 

 

 

 

 

 

 だからこそ、常に

 

 

 

 自分に自分はどうなんだ

 

 

 

 ということを問う、そんな人間であってほしい、

 

 

 

 そんな大人になってほしいと思います』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう続けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは子供達に向けて発した言葉ですが

 

 

 

大人のボクに、かなり響いてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人でも、自分にストイックになることって

 

 

 

超難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に、大人だから難しい部分も

 

 

 

あるかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで積んできた経験や

 

 

 

実績をある程度振り返り

 

 

 

自分の中で、やれること、やれないことを

 

 

 

決めつけてる自分が居る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できるかどうかわかんないけど

 

 

 

もう一度、子供の頃のように

 

 

 

『あきらめない』って目標は

 

 

 

どうだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチロー選手、昨年春

 

 

 

自分の移籍チームが決まらず

 

 

 

やっと古巣のマリナーズに

 

 

 

拾われた格好になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてGWの時期には、

 

 

 

現役のまま『会長付き特別補佐』に就き

 

 

 

試合からは遠ざかってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲームに出られなくても、ずっと

 

 

 

1人でトレーニングしてたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時を振り返り、

 

 

 

こんなことも言っています。

 

 

 

 

 

 

『自分でこれ(独りのトレーニング)を

 

 

 

 続けられる自信はあったんだけど、

 

 

 

 手を抜くことも簡単にできてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 でもそこで手を抜いてしまうと

 

 

 

 シーズンを終えた時に

 

 

 

 自分に負けてしまったような感覚が残る』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、誰も見てなくても

 

 

 

自分事として、努力を重ねられるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、パフォーマンス次第で

 

 

 

稼ぐお金が全然違う世界にいるから

 

 

 

ある意味必然なのかもしれないけど

 

 

 

ここまではボクにはムリかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、諦めたら絶対できない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな覚悟で、過ごせたらいいなー♪

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月4日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,201号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お正月の風物詩”箱根駅伝”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、ご覧になりましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはライブでは観れなかったけど

 

 

 

今年もスゴかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、何でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

あの大会、何でこんなに

 

 

 

見てる人の心を熱くするんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、青山学院大学が

 

 

 

多分5連覇するだろうって

 

 

 

正直思ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、やはり何が起きるか

 

 

 

解りませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

往路では6位に甘んじ

 

 

 

復路で怒涛の追い上げ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2位でのフィニッシュは

 

 

 

それはそれで、見る人に

 

 

 

ワクワク感と感動を与えた

 

 

 

今大会だったし、

 

 

 

東海大学の悲願の初優勝も

 

 

 

スゴク感動的だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その箱根駅伝、正式名称は

 

 

 

「東京箱根間往復大学駅伝競走」

 

 

 

関東学生陸上競技連盟が主催してる大会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然出場校資格は、その連加盟校って

 

 

 

縛りがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもこれだけ全国的に

 

 

 

人気の大会だから、全国の陸上選手は

 

 

 

この箱根駅伝に出たいって思いで

 

 

 

関東の大学に進学する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを証拠に、大会出場校の

 

 

 

エントリー選手の出身高校をみると

 

 

 

全国津々浦々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今年何気に気付いたのは

 

 

 

西日本の高校出身選手が

 

 

 

かなり多いってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、九州出身の選手が

 

 

 

感覚的に多い気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでちょっと調べてみると

 

 

 

エントリー選手の中で関東出身以外では

 

 

 

熊本出身の選手が最も多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他、長崎や大分、宮崎

 

 

 

福岡出身の選手も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、逆に言えば

 

 

 

関東以外の大学は、有望選手を

 

 

 

ほぼ関東の有名大学に

 

 

 

取られちゃうってことですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけ全国的なイベントに

 

 

 

発展した大会だから、全国規模で

 

 

 

やればいいのに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純にそう思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、どうやらボクと同じ考えの人は

 

 

 

居るらしく、今年95回大会だったのが

 

 

 

2024年の100回記念大会では、

 

 

 

”全国化”も検討されてるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、賛否両論あるようで

 

 

 

関東以外の学校は

 

 

 

もし箱根に出場すれば

 

 

 

知名度を高められる最高の舞台になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、全国の優秀選手が

 

 

 

関東一極化することへの

 

 

 

歯止めにもなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、全国化することにより

 

 

 

主催である関東学生連盟から

 

 

 

日本学生連盟に変える必要があって

 

 

 

基本的な運営を一から練り直したり

 

 

 

審判や補助員も全国化する為

 

 

 

地方大学の負担が増えるとか

 

 

 

 

代替え案として、今の箱根駅伝は

 

 

 

”関東箱根駅伝”として残し

 

 

 

”全国箱根駅伝”の2本立てに

 

 

 

したらどうかとか、そんな意見も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっちにしても、

 

 

 

中々一筋縄じゃいかないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、第100回記念大会を目処に

 

 

 

全国化する方に賛成。

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、もはや箱根駅伝が

 

 

 

関東の地方大会レベルじゃないって事実は

 

 

 

陸上関係者のみならず

 

 

 

世間が深く認識してること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間に受け入れられてこそ

 

 

 

更なる発展が望める訳で

 

 

 

是非議論を重ね、

 

 

 

全国的な大会になったらいいなと

 

 

 

望むところです。

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月3日 木曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”1,200号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”生涯未婚率”

 

 

 

こんな言葉を聞くようになって久しい昨今、

 

 

 

現在、「50歳まで一度も結婚したことがない人」

 

 

 

割合が、男性で約23%

 

 

 

女性は約14%いるって言われてて

 

 

 

こんな数字が出るってことは

 

 

 

これまでで過去最高。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その未婚率は今後さらに

 

 

 

加速するなんて言われてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、そんなに

 

 

 

結婚したいと思わない人が

 

 

 

多いのかっていうそうでもなく、

 

 

 

「いずれは結婚したい」って思ってる人の割合は

 

 

 

男性で約86%、女性は約90%も居て

 

 

 

決して低い数字じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何で結婚はしたいのに

 

 

 

生涯未婚率だけが伸びて行くのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これには理由があって

 

 

 


『社会の仕組み』が大きく起因してるみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に言うと、ボク達の親世代によくあった

 

 

 

”お見合い結婚”

 

 

 

圧倒的に減ってることと

 

 

 

一番の出会いの場とも言える

 

 

 

”職場での恋愛”

 

 

 

減ってるからなんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

統計で見ると、昔は恋愛結婚3割、

 

 

 

お見合いなんかのお膳立て婚が

 

 

 

7割もあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが時代と共に、恋愛結婚が

 

 

 

主流になって7割あった

 

 

 

御膳立て婚が減れば、そりゃ

 

 

 

未婚率は上がって当然。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして職場恋愛では、今俗に言う

 

 

 

”ハラスメント”が恋愛を妨げる傾向を創ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも時代の流れなんだろう…

 

 

 

 

 

 

 

 

ある意味、仕方がないのかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、ボクがまだ若い頃

 

 

 

駅でよく見かける子を好きになり

 

 

 

告白するなんて、ドラマのワンシーンでも

 

 

 

あったし、実際したこともある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、今もしそれをやったら

 

 

 

ほぼストーカー扱いされちゃう。

 

(余程のイケメンじゃない限り)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、職場で気になる子を

 

 

 

デートに誘うこと自体

 

 

 

セクハラ”なんて言われかねない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、恋愛しにくく、

 

 

 

結婚しにくい時代になったってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってことはですね、

 

 

 

そんな時代の流れに乗れず

 

 

 

考え方やスタンスを

 

 

 

過去のままで暮らしてたら、

 

 

 

『したい』と思ってる結婚が

 

 

 

できない可能性は当然高くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本気で『したい』なら、

 

 

 

社会が悪いとか、時代のせいにしてないで

 

 

 

”どう適応するか”を考えた方がいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

適応能力も、単純に上がらないだろうし

 

 

 

具体的にどうすればいいかって

 

 

 

ピンと来ない人も多いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクもよく解んないけど、

 

 

 

例えば今、目の前にある

 

 

 

仕事や趣味を徹底的に極める努力をしたり

 

 

 

今まであまり積極的じゃなかった

 

 

 

人とのつながりを持つように

 

 

 

行動を変えてみれば、

 

 

 

自分の中の新しい自分も

 

 

 

見えてくるかも知れないし、結果的に

 

 

 

自然と自分を認められるように

 

 

 

なるかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に好かれるには

 

 

 

まず自分が人を好きになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔から言われる言葉でもあるけど

 

 

 

そんな意識が、恋愛や結婚に

 

 

 

つながるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、生涯未婚率は

 

 

 

是非減らしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”結婚”自体に携わる仕事してるし、

 

 

 

何より、結婚式も結婚も

 

 

 

大変なこともあるけど

 

 

 

スゴク素敵なものだって

 

 

 

知ってるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もそれを沢山の人に

 

 

 

伝えて行きたいと思いますヽ(^。^)ノ

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月31日 月曜日 大晦日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,197号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日で2018年も終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 


平成最後の大晦日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様にとって、

 

 

 

どんな一年でしたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しかったこと、楽しかったこと

 

 

 

色々あったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反省することも

 

 

 

本当に沢山ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年は、できるだけ

 

 

 

心を穏やかに、常に冷静で

 

 

 

物事を受け入れられる自分でいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすることで、現実に向き合い

 

 

 

どう乗り越え、解決するのかが

 

 

 

より、見えるんじゃないかなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてシンプルに文章にすると

 

 

 

簡単ですが、中々簡単じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、よりシンプルに

 

 

 

考えることを意識するだけで

 

 

 

何かが違ってくると思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この一年、読んで下さった方、

 

 

 

励ましてくださった方、

 

 

 

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年もよろしくお願いいたしますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よいお年をお迎えくださいヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月29日 土曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,195号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日が仕事納めで、今日から

 

 

 

年末年始の長期休暇だって人も

 

 

 

多いんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始、旅行や里帰り、

 

 

 

家でのんびり寝正月とか

 

 

 

それぞれがおのおの楽しんでる一方

 

 

 

当然、すべての人が休んでる訳じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大晦日や正月も働く人がいるおかげで

 

 

 

一般的な暮らしが成り立ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、一体どのくらいの人が

 

 

 

この時期に働いてるかっていうと

 

 

 

全体の凡そ4人に一人の、

 

 

 

約23%前後が労働してるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、医療の現場や

 

 

 

消防や警察などの官公庁をはじめ

 

 

 

電気、ガス、水道なんかのライフラインに

 

 

 

携わる人、ボク達のようなサービス業も

 

 

 

長期休暇は関係ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクとかは、もう慣れっこで

 

 

 

むしろ、他の大勢と重ならない方が

 

 

 

どこ行っても空いてるから

 

 

 

都合がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、”家族と休みが合わない”ってのは

 

 

 

唯一のネックかもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、家族もそこは理解してるし

 

 

 

過去全く合わなかった訳でもなく

 

 

 

お互いが少しずつ無理したり

 

 

 

調整することで、何とか

 

 

 

”成長過程に伴う節目”の想い出作りは

 

 

 

不自由なくできてきたんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えてると

 

 

 

気が付けば娘ちゃんも

 

 

 

あと2年そこらで高校を卒業する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名実ともに大人の仲間入りを果たし

 

 

 

一緒に何かしたり、家族で旅行したり

 

 

 

そんな機会もどんどん少なくなるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供には子供の人生があって

 

 

 

それぞれの世界で生きて行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末になり、毎年新たな年を祝う度

 

 

 

少しうら寂しい気持ちも覚える

 

 

 

今日この頃。

 

 

 

 

 

 

 

Page Top