「今想うこと」カテゴリーアーカイブ

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月18日 月曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,262号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログからの続き。

 

 

 

 

 

 

 

 

「他人に興味がない人」は

 

 

 

コミュニケーション能力を高めることが

 

 

 

絶対に出来ないのかってことを

 

 

 

紐解いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人に興味がナイならナイで

 

 

 

無いなりの接し方というか

 

 

 

戦い方とはあると思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って言うか、今現在

 

 

 

コミュニケーション能力が高い人も

 

 

 

物心付いてから、ずっと

 

 

 

「他人に興味をもてる素養」が備わってた

 

 

 

訳じゃないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、努力によって克服した人と

 

 

 

これらの戦い方をマスターしてきた人が

 

 

 

かなりの割合で含まれているように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人に興味がある人、

 

 

 

自然に興味を持つことが出来る人にとって

 

 

 

コミュニケーション術というのは

 

 

 

”自分が既に持っている興味”を

 

 

 

どこまで、どんな風に相手に伝えるか

 

 

 

ってのがスタート地点になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、他人に興味がない人にとって

 

 

 

コミュニケーション能力を高める為の

 

 

 

最初のアプローチは、大きく2つに分かれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは何かというと、

 

 

 

 

1.無い興味を頑張って沸かせる

 

 

 

 

2.興味があるように見せる術を身に着ける

 

 

 

 

 

 

この2つじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ、ざっくり解説すると、

 

 

 

まず①は、読んで字の如く

 

 

 

意識するように頑張る訳だから

 

 

 

要は意識改革。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「他人に興味がない人」には

 

 

 

大筋二種類に分類されてて

 

 

 

「本当に、自分以外のほとんどの人に全く興味がない」

 

 

 

場合と、

 

 

 

「興味がある相手と興味がない相手との差が激しい」

 

 

 

場合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし前者の場合、正直言って

 

 

 

ちょっと改善は難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『何とか頑張ってください』と励まし、

 

 

 

その人の得意な分野があるとすれば

 

 

 

そこを徹底的に伸ばすしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従って、この手の人に

 

 

 

管理職を任せるのは難しいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、この人の下に付く人が

 

 

 

不幸だからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後者の人の場合、とにかく

 

 

 

相手が誰であろうとフラットに

 

 

 

”相手の情報を集めよう”と意識するだけで

 

 

 

現状が一変するように思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、持つ意識自体が

 

 

 

相手に対してある種の関心表明

 

 

 

になる場合があって、それが伝わるだけでも

 

 

 

コミュニケーションは取り易くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②番については、単純に

 

 

 

『個を出す』ってことが

 

 

 

最も大きいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

この”個”って、自分自身という

 

 

 

意味もあれば、プライベート感って

 

 

 

ニュアンスもあって、多少プライベートを

 

 

 

さらけ出すことで、上手に会話が廻ったり

 

 

 

『自分にここまでオープンにしてくれるんだ』

 

 

 

みたいな親近感を出すことができると思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、世間話し的に天気に触れたとします。

 

 

 

 

 

 

「昨日は寒かったね」

 

 

 

「あんまり寒かったんで、一度片づけた

 

 

 

ヒーターを出しちゃったよ」

 

 

 

みたいな感じかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この差、伝わります?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まぁ、本当はまだお伝えしたいことは

 

 

 

沢山あるんですが、文章にすると

 

 

 

長くなるし、伝わりにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク自身、他人に興味は

 

 

 

結構持てるようになった方だと思ってて

 

 

 

でも昔からそうかっていうと

 

 

 

そんなことありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、若い頃の圧倒的な人との

 

 

 

”出会い”とその人からの”教え”によって

 

 

 

学び、学ばされ、成長できたと言っていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、今興味がなくても

 

 

 

努力で確実に克服できる問題。

 

 

 

(ある程度若ければ尚良)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長々と書いてしまいましたが、

 

 

 

何事も”向上心”があってはじめて

 

 

 

行動も意識も変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがないと始まらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊かで彩ある人生をイメージし

 

 

 

教育も実践もしていきたいなと思う

 

 

 

今日この頃。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月17日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,261号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、コミュニケーション能力に

 

 

 

著しく乏しい人が増えて来てるように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、若い子に限ったことじゃなく

 

 

 

ある程度年齢を重ねた人にも

 

 

 

同様に言えること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮にそんな人が会社に居たとして

 

 

 

そんな後輩や部下を育てなくてはいけない場合

 

 

 

この問題って結構難儀です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反復を繰り返し、技術を高めるのとは異なり

 

 

 

メンタルに作用することだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもコミュニケーションって

 

 

 

一人じゃ当然できなくて、相対する

 

 

 

他人に対して興味を抱いているかどうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手がしてること、関心を持っていること

 

 

 

相手が好きなことに関心があるかどうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションって、基本

 

 

 

そこから全てが始まると思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションが上手な人って

 

 

 

要は相手に「私はあなたに興味があるよ」

 

 

 

ってことを伝えるのが上手いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”コミュニケーション能力”が高い人と

 

 

 

話してると、本当に絶妙なタイミングで

 

 

 

程よい話題に「食いついて」くる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、自分の相手に対する興味を

 

 

 

自然に提示出来てるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「相手が自分に興味を持ってる」って

 

 

 

感じられると、話す側としても

 

 

 

「それに応えたいな」って気になったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に人間って

 

 

 

「興味を持たれる」ことに

 

 

 

好感を持つ生き物だと思ってて

 

 

 

これは多分、今流行の”承認欲求”とかが

 

 

 

満たされる部分があるからだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に言うと、

 

 

 

「この人は自分に対して関心がある」って

 

 

 

感じられると、人は

 

 

 

「自分は尊重されている」って

 

 

 

勝手に昇華して認識したりもする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして自分が尊重されてると感じると

 

 

 

こっちサイドも好意を持って

 

 

 

話したり聞けたりするよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言ってみれば、相手に対する興味って

 

 

 

コミュニケーションという扉をこじ開ける

 

 

 

一番最初の鍵だと思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、ただ興味を持ちさえすれば

 

 

 

コミュニケーション能力が高まるかっていうと

 

 

 

そういう訳でもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコミュニケーション能力って

 

 

 

そもそも備わってる素養的な部分が

 

 

 

かなり強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いうなれば、”性格”が大きく作用する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その性格を含む人間性を形成するのは

 

 

 

その人の持つ個性だったり、

 

 

 

育ってきた環境だったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、一部は

 

 

 

”外的要因”によるものも

 

 

 

関連します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、裕福な家庭で育ったかとか

 

 

 

親の愛情を沢山受け育てられたかとか

 

 

 

人生を変えうるだけの影響力を持つ

 

 

 

先輩や上司と出会えたかどうかとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、自分ではどうしようもない

 

 

 

”運”的な要素ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして本題に戻ると

 

 

 

「他人に興味がない人」は

 

 

 

コミュニケーション能力を高めることが

 

 

 

ずっと出来ないのかっていうと

 

 

 

そういう訳でもないとボクは思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと長くなりましたので

 

 

 

この続きは次回、また触れたいと

 

 

 

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまたヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月16日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,260号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大物芸能人が薬物使用で

 

 

 

逮捕された話題で持ちきりの昨今、

 

 

 

こんな報道が飛び交う度

 

 

 

何か残念でいたたまれない気持ちになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、自分が直接知り合いな訳でも

 

 

 

何でもないのですが、何故

 

 

 

こうなっちゃったんだとか

 

 

 

異常とも言える加熱報道の現状や、

 

 

 

そんなに人の薬物使用が興味あんのかとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かにボクも、クスリとかを使ったら

 

 

 

どうなっちゃうんだろうとか

 

 

 

そんな変な感情はありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、怖くて怖くて、

 

 

 

興味とか好奇心とか、

 

 

 

その先への意識へは全く行かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、あまりにも代償がデカいし、

 

 

 

何かイイコトがあるならまだしも

 

 

 

まずそんなのゼロでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、単純に

 

 

 

カネがもったいなくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、実際に使っちゃった人って

 

 

 

ボクには想像もできない位

 

 

 

悩みや苦悩があって、その闇を

 

 

 

何かで紛らわせたかったんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その気持ちに寄り添える訳ではありませんが

 

 

 

こんな事件、ボクは放っておくことが一番だと

 

 

 

思うんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、実害を含めて報道することで

 

 

 

薬物使用の抑止力になる部分は

 

 

 

あるんでしょうが、そもそも

 

 

 

情報がなければ興味も沸きにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現に、芸能人の薬物使用のニュースの後、

 

 

 

ネットでの薬物を検索する率が

 

 

 

跳ねあがるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は興味をそそってるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心に何かしら闇を持ってる人は

 

 

 

沢山居ると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに付け入る隙や

 

 

 

逃避情報を与えることは

 

 

 

ボクは逆効果だと

 

 

 

個人的に思うのであります。

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月14日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,258号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日の3月12日、

 

 

 

定食チェーン大手の「大戸屋」が

 

 

 

店員による悪ふざけの不適切動画が

 

 

 

ネットで拡散したことを受け、

 

 

 

全国の店舗を一斉休業しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日、ニュースでもメチャクチャ出てたので

 

 

 

皆さんもご存じかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この一斉休業、全国350店舗のうち

 

 

 

約8割にあたる、280店舗で行われてて

 

 

 

休業を遣い、店内の大掃除や食品管理、

 

 

 

身だしなみ、スマホの持ち込み禁止を含む

 

 

 

社内教育が行われたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも賛否両論あって、

 

 

 

『パフォーマンスだ』とか否定的な意見を

 

 

 

言う人も居るようですが、ボクは

 

 

 

”素早い対応だな”って感心します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃこんな事件、起きない方が

 

 

 

いいに決まってますが、

 

 

 

コトが起きた後、【今後どうするか】って

 

 

 

やっぱりとても大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題が起きないためのルールや

 

 

 

システム構築、解決策を講じることは

 

 

 

再発防止を促す上で、

 

 

 

なくてはならないものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、ボクもお世話になったことがる

 

 

 

隣りのマリノアシティ店さんを覗いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3146

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3145

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開いてます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、ショッピングモールとかに

 

 

 

入るテナント店舗は、そうやすやすと

 

 

 

自社の都合の身で休めないんだろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、しっかり研修するって

 

 

 

書いてあるので、ボクは個人的に

 

 

 

応援したいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の休業で、会社自体は

 

 

 

約1億円の損害を被るらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たかが1店舗の

 

 

 

アルバイトさんが引き起こしたこととはいえ

 

 

 

高すぎる代償。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そんな逆風に負けず、

 

 

 

信頼回復に向け頑張って欲しいと

 

 

 

思います。

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月12日 火曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,256号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年の就職活動が解禁され

 

 

 

街中にもチラホラ、リクルートスーツを

 

 

 

身に纏う学生さん達を見かけるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな姿を眺めていると以前、

 

 

 

ボクが専門学校の授業を受け持ったとき

 

 

 

学生さんから受けた直球な質問を思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問の内容は、

 

 

 

「大企業とベンチャー企業、

 

 

 

どっちに行ったほうが良いと思うか」

 

 

 

そんなこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、心の中では

 

 

 

『あんたの人生です。

 

 

 

 好きにしたらいいじゃん』

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったと記憶しますが、多分

 

 

 

何を持って大企業で、何がベンチャーなのか

 

 

 

その定義も判っていない背景からの

 

 

 

質問だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まぁ学生さんにとって、悩むのも当然。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔みたいな終身雇用の時代ほど

 

 

 

「最初の一社」が持つ意味合いは

 

 

 

大きくないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、就職先って専門性や

 

 

 

キャリアの方向性を大きく決めるし

 

 

 

ある意味人生が変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、返答には

 

 

 

メチャクチャ苦慮したことを覚えてる。

 

 

 

 

 

 

 

それに、個々の解釈によって

 

 

 

この”大企業”と”ベンチャー”の定義も

 

 

 

変わると思ってるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンと来ませんよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かい違いは色々あるし、

 

 

 

一言で言い表すのは難しいけど

 

 

 

ボクは、企業の性質の差は

 

 

 

企業規模や売り上げだけで決めるのは

 

 

 

難しいと思ってて、

 

 

 

「次の成功が会社にもたらす影響の大きさ」

 

 

 

にあるんじゃないかと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大企業って、単純に

 

 

 

既に何かで成功してる企業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、既に成功してるから、

 

 

 

人も、資金も豊富にある。

 

 

(違う場合もあるけどね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、「次の成功」の影響は

 

 

 

それほど大きくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、資金が不足して倒産することも

 

 

 

新規プロジェクトが成功しないからといって

 

 

 

組織が崩壊することも、大勢の社員が

 

 

 

負荷に耐えきれずに離職して

 

 

 

稼動不能になることも、そして

 

 

 

業態が大きく変わってしまうことも少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ベンチャー違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベンチャーは本質的に大企業とは逆なので

 

 

 

「次の成功」が会社に大きな変化をもたらす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資金が不足し、いきなりオーナーが変わったり

 

 

 

事業拡大で社員が急に増えれば

 

 

 

人事制度が機能しなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事量がいきなり増えれば、処理できずに

 

 

 

お客様からのクレームも増える。

 

 

 

 

 

 

挙句の果てには、ちょっとした

 

 

 

市場の変化で、会社の業態まで

 

 

 

変わってしまい、人も顧客も離れたり

 

 

 

入れ替わったりする可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

表現は極端ですが、そんなことが

 

 

 

常に起こり得るのが”ベンチャー”。

 

 

 

 

 

 

 

 

したがって、この定義で考えれば

 

 

 

ベンチャーって「普通じゃない会社」

 

 

 

って表現される組織かもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、普通の人から見れば、

 

 

 

経営者が”ぶっ飛んで”たり、

 

 

 

場合によっては、経営者が自分の会社を

 

 

 

ぶっ壊そうとしているように見えたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、もし自分が”ベンチャーに行きたい”

 

 

 

って思う人は、「やりたいこと」が確立されてて

 

 

 

「自分が望む風土」が強すぎると

 

 

 

うまくいかない場合があると思う。

 

 

 

 

 

 

 

それは、常に変化するから。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

「入社当時、すごく居心地が良かった。

 

 

 

 でも、気が付くと、全く違う会社になってた」

 

 

 

こんなこともあったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、言い変えれば

 

 

 

”ベンチャー”は新たな領域に

 

 

 

常に挑戦する企業だとも言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の失敗は分析しつつも

 

 

 

前進することが正とされるし、

 

 

 

未来に対する興味度合いが高いかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、一番重要なのが

 

 

 

”自分が将来どうなりたいか”って

 

 

 

成長意欲の高さが自分の将来や

 

 

 

会社の将来を左右する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社に貢献したい。

 

 

 

会社に必要とされたい。

 

 

 

会社と共に成長したい。

 

 

 

でも、楽で居心地がいい環境にいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな考えは当然通らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自ら学んで失敗も成功も経験し、

 

 

 

鍛われて成長の実感を得る。

 

 

 

 

 

 

このサイクルが大切なんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、いわゆる大企業も

 

 


ベンチャーも、両方経験しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己分析では、自分は確実に

 

 

 

ベンチャー向きかなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

大企業は大企業で、そりゃ

 

 

 

”安定”という莫大なメリットもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを否定するつもりも

 

 

 

毛頭ありませんが、ボクは

 

 

 

安定より変化を求めたし、

 

 

 

その変化に対応する力を付けたいと

 

 

 

真に思い、”次の成功”を夢見て

 

 

 

今の会社にいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクに質問してくれた学生さんには

 

 

 

ここまでの話しはしませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、本当に伝えたかったことは

 

 

 

やはり

 

 

 

あなたがどうしたいか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを本気で考えろということだと

 

 

 

改めて思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月11日 月曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,255号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から8年前の今日

 

 

 

東日本大震災が起こり

 

 

 

沢山の人が犠牲になり

 

 

 

今尚、沢山の人が普通とはかけ離れた

 

 

 

生活を余儀なくされてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう8年なのか、まだ8年なのか

 

 

 

この8年で変わったこと、

 

 

 

何も変わらないこと、

 

 

 

それぞれ多々あると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いないのは、あのとき

 

 

 

報道される生々しい衝撃と感覚は

 

 

 

日々、年々薄れて行ってて、

 

 

 

あのとき「自分に何ができるんだろうか」って

 

 

 

自問自答した日々と比較すると、

 

 

 

日常の忙しさにかまけて

 

 

 

思い出すことが少なくなってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからではないけど、この時期

 

 

 

毎年、自分に言い訳しながらでも

 

 

 

3.11のことには必ず触れよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約3年前に起きた熊本の地震も含め

 

 

 

こんな自然災害で一様に言えることは、

 

 

 

一過性のものはまずなくて

 

 

 

ほとんどが起きた後、その被害や犠牲が

 

 

 

永く続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から振り返れば過去だけど

 

 

 

当事者からすると、現在進行系。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、忘れないために書く

 

 

 

みたいな、メモリアルな記録も

 

 

 

いいのかも知れないけど

 

 

 

一応息をして暮らしてる以上、

 

 

 

自分自身も”この世の当事者”。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この震災についても、わずかばかりの

 

 

 

「当事者性」を持って、感情や思う事を

 

 

 

絞り出して書きたいなと思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月8日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,252号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市内でもかなり大きい

 

 

 

”タクシーグループ”

 

 

 

『三五会タクシー』って

 

 

 

ご存じでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白とオレンジ色のタクシーで

 

 

 

福岡市内、全11社のグループで

 

 

 

保有台数は約400台を超えてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく街中、走ってるアレです。

 

 

 

 

 

 

 

タクシー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その三五会タクシーには

 

 

 

全車両の助手席の後ろに

 

 

 

【ゆっくりボタン】ってのが

 

 

 

付いてて、利用者が意図的に

 

 

 

”車のスピードを抑えて欲しい”時に押すと

 

 

 

音が鳴り、運転手さんが

 

 

 

安全運転を意識するものらしい。

 

 

 

 

 

 

 

yjimageM5S2O4K3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはあまりタクシーを使うことがないので

 

 

 

実際に押したことありませんが、

 

 

 

全国的にもタクシーの激戦区として名高い

 

 

 

福岡において、他社との差別化の

 

 

 

ひとつとして、今から約2年前に

 

 

 

始まったサービスらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、ご高齢の方や体調が優れない人、

 

 

 

妊婦さんにウケてるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このサービスを始めてから

 

 

 

グループが取った統計では

 

 

 

お客様の乗り心地が向上したって

 

 

 

意見だけじゃなく、事故率や

 

 

 

交通違反率が減る、

 

 

 

前向きな効果もあったみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの業界でも

 

 

 

色んなコトを考え、ゲスト目線に立つことで

 

 

 

競争力を高めてるんだなって

 

 

 

感心します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達、ウェディング業界でも

 

 

 

日々色んな知恵を絞り

 

 

 

ゲストに選んでもらうためには、

 

 

 

ゲストに喜んで貰うためには

 

 

 

そんな事を考えてますが

 

 

 

何か斬新なアイデア、ないですかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラッシュですが

 

 

 

例えば、会場選びでご来館された方には

 

 

 

各会場に”押し売りヤメテ”ボタンがあり

 

 

 

じっくり検討したいゲストには

 

 

 

それを押してもらうとか

 

 

 

ウェディングプランナーさんとの

 

 

 

相性があまり合わない場合、

 

 

 

”担当変えて”ボタンがあるとか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤ 

 

 

 

全部後ろ向きだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本、口では言いにくい事を

 

 

 

相手に伝える用途の

 

 

 

ボタンなっちゃってるから

 

 

 

言葉で伝えられる環境が整えられれば

 

 

 

そんなボタン、必要ないよな<(`^´)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンからは一旦離れよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に、あの手この手の

 

 

 

知恵を絞り、少しでも

 

 

 

ご利用いただくゲストの利便性を

 

 

 

高めたいなって思う次第です。

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月7日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,251号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、”3年A組”ってTVドラマ

 

 

 

知ってます?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最近人気のある俳優さん

 

 

 

管田 将暉さん主演で、

 

 

 

その他も、今日本を代表する

 

 

 

若手の女優さん俳優さんが

 

 

 

沢山出てる、高校を舞台にした

 

 

 

ドラマ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎週日曜日の夜に放送されてて

 

 

 

前回の放送は、全10回中9回目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来週の日曜日が最終回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク、そんなドラマをやってることは

 

 

 

存じておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁度年頃の娘ちゃんが居るし

 

 

 

そのドラマの中でやってる

 

 

 

”準備運動”なるダンスが

 

 

 

人気なんでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ドラマ自体一度も見たコト

 

 

 

なくて、先週の第9回を

 

 

 

たまたまリビングで

 

 

 

娘ちゃんが観てるのを

 

 

 

流し見してました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本、学園ドラマですから

 

 

 

ボク達世代は、”3年B組 金八先生”

 

 

 

が、すぐにイメージできる。

 

 

 

 

 

 

 

yjimage7UUZ0Z58

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそんなほのぼのとした

 

 

 

学園ドラマの風景はそこには皆無。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の時代、当然携帯や

 

 

 

SNSで閲覧できる動画なんかが軸に

 

 

 

物語が進んでいく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ右も左も解らないと言って

 

 

 

過言ではない若者が、そんな

 

 

 

現実社会とネット社会の狭間で

 

 

 

拡散される動画も、真実と

 

 

 

フェイク動画に翻弄され、

 

 

 

何が正しくて

 

 

 

何が間違いなのか

 

 

 

戸惑いながらも

 

 

 

自分と向き合い、生きている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな背景が感じられるドラマ構成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代は変わったんだな。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな所見でしたが、

 

 

 

ドラマの中で、主役の管田さん扮する

 

 

 

先生が、授業で生徒達に

 

 

 

自分の考えを伝えるシーンに

 

 

 

ボクはうかつにも手が止まり

 

 

 

見入ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確か、こんなこと言ってたかな。

 

 

 

 

 

違ってたらゴメンなさいm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”想像力をかきたててよく聞いて欲しい。

 

 

 

 

 

手にナイフを刺せば、当然血が出る。

 

 

 

痛みもともなう。

 

 

 

場合によっては命も奪う。

 

 

 

 

 


当たり前のことだ。
 

 

 

 

 

 

 

 

でも今の社会は、こんな当たり前のことに

 

 

 

気が付く暇もないぐらい

 

 

 

忙しく回り続けてる。

 

 

 

 

 

 


相手に何をしたら傷つくのか、

 

 

 

何をされたら痛むのか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お前達にはそれに気づかない

 

 

 

感情が麻痺した大人には

 

 

 

なって欲しくなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでボクは

 

 

 

『おっ! 中々的を得た

 

 

 

 イイ事言ってんな・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思い、洗い物をしてた手が止まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こんなことも言ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像力を働かさせて、

 

 

 

自分の言葉や行動に責任を持つ。

 

 


決断する前に、少しだけ踏みとどまって

 

 

 

これが本当に正しいのかを問いただす。

 

 

 

 

 


そんな、誰もが分かっているのにできてない

 

 

 

「考えることの大切さ」

 

 

 

みんなには伝えたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文字にしてしまえば

 

 

 

当たり前のことを書いてるに過ぎませんが

 

 

 

これにプロの演技が加われば

 

 

 

間の取り方や、言葉の強弱で

 

 

 

よりリアルな情景と、描写が

 

 

 

鮮明に入ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の若い俳優さんも

 

 

 

演技、上手だなって感心します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの言葉、ウチの娘ちゃんに

 

 

 

ちゃんと理解して欲しいなって

 

 

 

素直に感じたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒にリビングに居た娘ちゃんも

 

 

 

何か泣きながら見てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ所に共感したのかな?

 

 

 

って思ってたんですが、

 

 

 

どうやら違うみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『このドラマ、毎回泣いてるの!

 

 

 

しかも、ちち君と今時の子は

 

 

 

感じるポイントも違うの!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だそうです(+o+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しかし、これだけ便利になった

 

 

 

今の時代、ボク達大人がよく言う

 

 

 

『イマドキノ ワカイモンは・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この台詞に何か、違和感を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに昔は、今と比べて

 

 

 

子供はもっと子供らしかったし

 

 

 

ピュアな目をした子が

 

 

 

多かったように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、時代が追求した便利さと

 

 

 

引き換えに何かを失くしているとすれば

 

 

 

それはボク達大人に

 

 

 

責任があると言っていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

であれば、子供達は

 

 

 

そんな時代で生き抜く術を

 

 

 

自分達で考え、創造し

 

 

 

独自の文化を創り上げていて

 

 

 

言わば時代の犠牲者なのかも

 

 

 

知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時代に、このドラマは

 

 

 

『考える事の重要性』を

 

 

 

ちゃんと伝えようとしてくれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう感じ、じゃあボクは職場で

 

 

 

自分より若い世代に

 

 

 

大事なことをちゃんと

 

 

 

伝えられているだろうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな強迫観念に駆られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、全然できてねーよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう反省するきっかけになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年甲斐も無く、次の最終回が

 

 

 

待ち遠しいボクなのですが、

 

 

 

娘ちゃん曰く、

 

 

 

”最終回でも完結しない”んですって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続編的に映画が制作されるようで

 

 

 

それを見なくちゃいけないように

 

 

 

上手く作られてるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チックショー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがお前らの

 

 

 

やり方かぁー!

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月5日 火曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,249号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、ボク達とお付き合いのある

 

 

 

専門学校の卒業式でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々と、授業のことや

 

 

 

進路指導も含め、関係性がありましたので

 

 

 

卒業式の来賓としてお呼ばれしたボク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクなんかがお伺いしても…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうお断りしようと思ってましたが

 

 

 

『是非』ってことで、出席して参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別、”来賓あいさつ”なんかも

 

 

 

頼まれてた訳でもないので

 

 

 

割と気軽に出かけていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できれば写メも沢山撮って

 

 

 

ブログにも載せよう♪

 

 

 

くらい考えてたしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、会場に着くや否や

 

 

 

別室に案内され、

 

 

 

見ず知らずのちょっとエラそうな方々と

 

 

 

同じくくりで扱われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『来賓控室か…

 

 

 

場違いやなぁ・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


何か、デッカイ胸章まで付けられ

 

 

 

身勝手に写メでも撮ろうもんなら

 

 

 

完全に浮いちゃう雰囲気。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間になり、いよいよ

 

 

 

卒業式が執り行われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏導線から会場に案内されると

 

 

 

どうみても、ここは舞台袖。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3131

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3130

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『壇上に上がりっぱなしなんか(+o+)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ仕方ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブザーの音と共に

 

 

 

幕が上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その前に、一瞬の隙をついた一枚。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3132

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約1時間半、壇上で微動だにできず

 

 

 

ただただ、卒業生みなさんの

 

 

 

様子をじっと眺めておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、卒業式って

 

 

 

いいもんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔や泣き顔、色んな表情が入り混じり

 

 

 

でも、幸せな雰囲気に包まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に皆さんが想い出の歌を合唱し

 

 

 

その姿に思わず、もらい泣き

 

 

 

しそうになったボク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必至にこらえ、何もしてないけど

 

 

 

無事、来賓を務めあげて参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業生の皆さんは

 

 

 

これからやっと、本格的に

 

 

 

社会に巣立っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の想いや、涙、

 

 

 

そして、学校に行かせてくれた

 

 

 

親や家族への感謝の想いを

 

 

 

忘れるなとは言いませんが

 

 

 

時々思い出して欲しいなって

 

 

 

壇上から見ながら思ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

輝かしい未来に

 

 

 

幸あれ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、壇上から一瞬だけ撮った

 

 

 

画像を紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3134

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来賓でこんな写メ撮ってたのは

 

 

 

勿論ボクだけです。ヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

3月4日 月曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

1,248号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚に向かうトキ

 

 

 

まず立ちはだかるハードルと言えば

 

 

 

”パートナー選び”に他ならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、相手が居ない事には

 

 

 

始まらないからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為の最初の人選ミスを失くす上で

 

 

 

どんな部分を判断基準にしたらいいのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにはある一定の特徴があると

 

 

 

ボクは思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな特徴を紹介するコラムがあって

 

 

 

ボクの考えとほぼ一致してたので

 

 

 

ちょっと紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言うなれば、ボクは男なので

 

 

 

男目線で「こんな男は選んじゃダメ」って

 

 

 

思われる項目を、自分に対する

 

 

 

戒めも含めて、挙げてみますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・自分の家族や友達に胸を張って紹介しずらい

 

 

 

 


・一緒にいて疑問を感じる時があっても

 

 

 

 それを話し合えないし、濁される
 

 

 

 

 

・同性の友達が極端に少ない

 

 

 

 

・友だちが大体ろくでなし
 

 

 

 

 

・すぐに人を見下し文句ばかり言う
 

 

 

 

 

・話題の大半が愚痴ばかり
 

 

 

 

 

・ゲームやギャンブルに使う時間やお金が

 

 

 

限度を超えている

 

 

 

 


・会話の内容が浅はか

 

 

 

 


・周りの人に大体人気がない
 

 

 

 

 

・自分と向き合えていない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

如何でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「イヤイヤ、こんなしょうもない人

 

 

 

 選ぶわけないじゃん!」

 

 

 

 

 

 

ナンテ人も

 

 

 

当然多いと思いますが、

 

 

 

人って自分が渦中にいると、

 

 

 

自分のことも、更には相手のことも

 

 

 

見失いがち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その自覚がなかったり、

 

 

 

「自分は大丈夫」って思っる人ほど

 

 

 

危なかったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


相手のルックスや雰囲気に惹かれ、

 

 

 

中身や本質をちゃんと見ようとせずに

 

 

 

追いかけてしまうってケースは

 

 

 

少なからずあると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして結局、自分を納得させるために

 

 

 

「でも、優しいときは優しいし…」とか

 

 

 

「でも、誠実なときは誠実だし…」

 

 

 

なんて言っちゃう人もいますが

 

 

 

そもそも、本当に優しくて誠実な人は

 

 

 

上記に当てはまりにくいですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、”選ぶべきタイプ”の人は

 

 

 

 

・誰に会わせても安心感がある

 

 

 

 

 

・聞きにくい事を聞いても、ちゃんと答えてくれる

 

 

 

 


・一緒にいて自然体でいれる

 

 

 

 


・まともな友達が1人以上周りにいる

 

 

 


・人のことを見下さず悪く言わない

 

 

 

 


・前向きで建設的な話題ができる

 

 

 

 


・将来の夢や目標に向かって頑張ってる

 

 

 

 


・人生観など深い話ができる

 

 

 

 


・周囲の人たちから人望があり人気がある

 

 

 

 


・自分としっかり向き合ってて自己受容できている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大体、ダメな場合の

 

 

 

逆説って訳ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、よくよく考えると

 

 

 

こんないいイメージの人って

 

 

 

中々世の中には少ないかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

ボクの場合、もはや今更な部分は

 

 

 

否めませんが、奥様から

 

 

 

”選んでよかった”と思ってもらえるように

 

 

 

今後も成長を続けたいなって思います。

 

 

 

 

Page Top