カテゴリー別アーカイブ: 今想うこと

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月21日 日曜日

 

 

 

”なおくんブログ”895号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年始まっての大相撲初場所

 

 

 

昨年からの暴力沙汰や

 

 

 

相撲協会の役員人事のごたごたもあり

 

 

 

本業である相撲の取り組み自体

 

 

 

かなり注目度も高かった。

 

 

 

(と思う)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、渦中の白鵬に続き

 

 

 

稀勢の里の両横綱が

 

 

 

休場という事態に追いやられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、原因は”怪我”によるもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク、ガキの頃、

 

 

 

 

 

『どうして横綱って、負けが込むと

 

 

 

 何やら理由を付けて休場するんだろう。

 

 

 

 試合から逃げてるみたいで、

 

 

 

 全然男らしくないよね』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真剣にそう思ってた。

 

 

 

 

 

 

 

休場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15日間の場所中、

 

 

 

8勝すれば勝ち越しで、

 

 

 

逆に8敗すれば負け越しですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相撲の場所での勝敗は

 

 

 

この勝ち越しか負け越しかが

 

 

 

スゴク大きく出世と印象に

 

 

 

左右される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言ってしまえば、

 

 

 

”横綱に負け越しはあり得ない”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言っても過言ではないくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、横綱で負け越すって

 

 

 

あまり前例がなく、15日間

 

 

 

皆勤して負け越す位なら、

 

 

 

しっかり休んで次の場所で勝つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが横綱に課せられた

 

 

 

使命的なものもあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、先日休場した横綱稀勢の里関、

 

 

 

そもそも体調は万全ではなかったようですが

 

 

 

”観戦に来てくださるお客様のために”

 

 

 

そんな想いが強かったように感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴタゴタした、こんな時だからこそ

 

 

 

なおさらそう思ってたんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、相撲界で言う横綱の

 

 

 

優先順位としては

 

 

 

①出場して勝つこと

 

 

 

②勝てないなら休むこと

 

 

 

③負けること

 

 

 

 

 

 

いずれにせよ、横綱が良いところなく

 

 

 

完敗する位なら休んだ方がいい。

 

 

 

それが伝統文化なんだし

 

 

 

負ける横綱は見たくないという

 

 

 

観衆の心理でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、判るような判らんような・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにしても、

 

 

 

出るも休むも地獄なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、それだけ

 

 

 

”横綱”という立場が強大で

 

 

 

確立されてなければ

 

 

 

ならないんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、日本人が誇れる

 

 

 

相撲界であって欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思えてならない

 

 

 

ちょっとさびしい

 

 

 

初場所の雑感です。

 

 

 

 

 

 

 

相撲

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月18日 木曜日

 

 

 

”なおくんブログ”892号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存じの方も多いと思いますが、

 

 

 

先週の1月13日の土曜日、

 

 

 

早朝から南の楽園、ハワイは

 

 

 

大パニックに襲われた。

 

 

 

 

 

 

 

ハワイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かっていうと、朝8時頃

 

 

 

「弾道ミサイルがハワイに向けて飛来中。

 

 

 

直ちに安全な場所に避難してください。

 

 

 

これは訓練ではありません」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな一斉メールが発信されたから。

 

 

 

 

 

 

 

パニック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにはさすがに、ハワイの地元住民も

 

 

 

観光客もひっくり返りそうになっただろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、この世界情勢ですから

 

 

 

”アジアの某国からのミサイル攻撃だ”

 

 

 

そう瞬時に判断したはず。

 

 

 

 

 

 

 

ミサイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホノルルで開催されてた

 

 

 

ゴルフのメジャー大会も

 

 

 

一時中断したらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁここんとこ、連日のように

 

 

 

某国のミサイル問題がメディアを賑わせ

 

 

 

よく知らないケド、きっとハワイでも

 

 

 

日本と同じレベルの扱いで

 

 

 

危険性は認識されてたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを証拠に、中心部では

 

 

 

大勢の人々がビルの地下などの

 

 

 

避難場所に移動した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも実際、そんな素早い行動を取れた人って

 

 

 

かなりの少数派。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街ゆく大半の人々は

 

 

 

それこそ茫然とその場に

 

 

 

立ちすくんでしまったんだって。

 

 

 

 

 

 

 

茫然

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それもそのはず、

 

 

 

「ミサイルがハワイに到達するのは

 

 

 

発射から約15分後」って言われてて

 

 

 

地元メディアによれば、

 

 

 

この警告メールを受信した人々は

 

 

 

「もはや手遅れ」って思い、

 

 

 

親しい家族や友人に

 

 

 

”別れのメール”を送るのが精一杯で

 

 

 

とても地下や安全な避難場所に

 

 

 

たどり着けないだろうって

 

 

 

諦めた人も多かったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、これが日本で(福岡で)の

 

 

 

有事だったら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えただけでゾッとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクならどうするか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、諦めるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

諦める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイでのインタヴューでは、

 

 

 

車を運転して逃げようと思ったけど

 

 

 

震えてハンドルが思うように

 

 

 

操れなかったって人もいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと大多数の人は

 

 

 

”自分はそんな危機的状況に

 

 

 

遭遇しないだろう”って、

 

 

 

勝手に思い込んでて、

 

 

 

本物の危機に直面すると

 

 

 

手足すら思うように動かせないって

 

 

 

ことなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、よくよく考えると

 

 

 

この問題、ボク達日本人にとっても

 

 

 

大きな教訓なんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年は、Jアラートの誤作動が

 

 

 

報道されてて、誤作動かどうかも

 

 

 

分からない中で、住民に切迫感を

 

 

 

感じなかった。

 

 

 

 

 

 

 

アラート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時思ったのは、ボクも含め

 

 

 

多くの人が根拠もなく

 

 

 

危機的状況を楽観視してるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな状況で、多分

 

 

 

迅速な対応は難しいよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ハワイでの緊急警報、

 

 

 

結局誤報だったんだけど、

 

 

 

地元のテレビ局は通常放送を中断して

 

 

 

緊急速報を流したり、本当に一時

 

 

 

パニック状態に陥った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが日本なら、

 

 

 

そりゃ問題にはなるとは思うけど

 

 

 

結果的に『誤報でよかった』って

 

 

 

安堵して治まり、今後の対策の

 

 

 

検討に移ると思うんですが、

 

 

 

やはりアメリカ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”誤報により精神的被害を受けた”

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな理由で州政府を訴えてやるって

 

 

 

息巻いている人がかなり多いんだって。

 

 

 

 

 

 

 

訴訟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも国民性なんかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今はいつなんどき

 

 

 

何が起こるか判らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからって、ボク達に何ができるかって

 

 

 

それもよくわかんない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただせめて、”自分だけは大丈夫”

 

 

 

そんな無根拠な認識だけは

 

 

 

持つべきではない時代に

 

 

 

なったんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100%安全なところなんて

 

 

 

どこにもないってことですね。

 

 

 

 

 

 

 

安全

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月17日 水曜日

 

 

 

”なおくんブログ”891号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23年前の今日、

 

 

 

ボク達年代の人なら誰しも記憶してる

 

 


阪神淡路大震災が発生しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地震が起きたのは、朝の5:46分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その当日の朝の報道番組で

 

 

 

首都高速道路が倒壊した映像を見て

 

 

 

ショックを受けたのを今でも覚えてます。

 

 

 

 

 

 

 

阪神

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6,434人という多くの人が犠牲になった震災、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時神戸に住んでた友人に話を聞くと

 

 

 

大きな揺れで飛び起き、

 

 

 

頭の真横すれすれにタンスが倒れて来て

 

 

 

死んでてもおかしくないって体験談を

 

 

 

思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国各地でも追悼イベントが行われ、

 

 

 

震災の記憶を風化させないように

 

 

 

多くの人が祈りをささげているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この日本、

 

 

 

いつどこで大きな地震が起きても

 

 

 

おかしくないと論説する専門家もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな環境に生きるボク達に

 

 

 

今できることって

 

 

 

きっと語り継ぐことが目的じゃなく

 

 

 

その教訓を生かし、もしもの時の

 

 

 

被害を最大限に防ぐことができる

 

 

 

日々の心掛けを持つことなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのために、この日を年に一度でも

 

 

 

悲しみを思い返し、前を向く日だって

 

 

 

思わなきゃいけない。

 

 

 

 

 

 

 

追悼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は全国の一部を除き

 

 

 

久し振りに雨に見舞われた日本列島。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山の人の想いを込めた

 

 

 

涙雨なのかも知れない。。。

 

 

 

 

 

 

 

涙雨

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月14 日曜日

 

 

 

”なおくんブログ”888号です。

 

 

 

 

 

 

 

888

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日今日までの2日に渡り

 

 

 

センター試験が行われております。

 

 

 

 

 

 

 

センター試験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに、ボクが学生の頃は

 

 

 

【共通一次】って呼ばれてて

 

 

 

今でも約50万人を超える方が受験する

 

 

 

国公立大学に一般入試で入るためには

 

 

 

必ず受験しなければならない

 

 

 

最初のハードル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも毎年この時期

 

 

 

大雪とか色んなことで

 

 

 

ニュースになるよね。

 

 

 

 

 

 

 

雪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ、人生を左右される

 

 

 

問題でもあるって注目度も高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、よくテレビなんかでも

 

 

 

受験を控えた学生や予備校?とかの

 

 

 

関連の人が、

 

 

 

「大学受験で人生の7割が決まる。

 

 

 

 そして、センター試験が大学受験の

 

 

 

 7割を決めるから、センター試験は

 

 

 

 人生のほぼ半分を決める」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな類いのコメントを見聞きする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあボク、共通一次

 

 

 

受けてすらいないけど

 

 

 

人生失敗したんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは家庭の事情もあったし

 

 

 

そもそも国立大学を目指せるような

 

 

 

お勉強ができる高校には行ってない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツ校で、3年間ほぼ

 

 

 

剣道漬けの生活でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かといって、剣道を生業とした

 

 

 

人生を送ってるかっていうと

 

 

 

ご存じの通りそんなことない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、もしボクが共通一次を受けて

 

 

 

仮に成功して、国立大学なんて行ってたら

 

 

 

どうなってたんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって誰にもわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、高校を卒業してホテルに就職して

 

 

 

社会で学ぶことの全てが新鮮で

 

 

 

大変なことも沢山あったけど

 

 

 

毎日ホントに楽しくて、充実してて

 

 

 

最高の仲間、先輩たちと出会うことができ、

 

 

 

色んな経験を積むことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時ホテルに勤めてたおかげで

 

 

 

奥様との出会いにも繋がってると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに受験生にとっては、今は

 

 

 

大学受験こそが全てかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それってあくまで

 

 

 

短期的なもので、良くも悪くも

 

 

 

入学、卒業大学の優劣だけで生きていける程

 

 

 

人生甘かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクもまだ人生の折り返し地点も

 

 

 

過ぎてないと思える40歳そこそこだし

 

 

 

大学も行ってない中で

 

 

 

エラそうなことは言えませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも確実に充実してるし、今の段階で

 

 

 

人生失敗だったななんて思わない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ては考え方次第だと

 

 

 

思う訳であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあとにかく

 

 

 

努力の成果を発揮できるように

 

 

 

受験生のみなさんが

 

 

 

悔いなく受験できることを祈念し

 

 

 

エールを送ります!!

 

 

 

 

 

 

 

エール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんばってくださいね!

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月12 金曜日

 

 

 

”なおくんブログ”886号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュースで、カヌーの日本代表で

 

 

 

超有力選手が、ライバル選手の飲み物に

 

 

 

禁止薬物を混入するって

 

 

 

前代未聞の不祥事が話題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

ドーピング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この被害を受けた選手、

 

 

 

当然ドーピング検査に引っ掛かり

 

 

 

2年後に控えた東京オリンピックはおろか

 

 

 

もう二度と、選手として脚光を浴びることも

 

 

 

ないであろうレベルにまで追い込まれてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはアスリートではないので

 

 

 

よく解りませんが、このドーピング検査って

 

 

 

年々厳しくなってる傾向、ないですか?

 

 

 

 

 

 

 

検査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、あの手この手で

 

 

 

その包囲網をかいくぐる人もいるんだろうし

 

 

 

世界的な競技の場では、

 

 

 

勝つか負けるかで人生が大きく左右される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人だけじゃなく、国としても

 

 

 

その差は歴然。

 

 

 

 

 

 

 

優劣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ横行するんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも今回の事件、海外でも

 

 

 

あまり前例のない事例なんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手達が自身の国々でレクチャーされる

 

 

 

ドーピングについての講習で、

 

 

 

『そういうこともあり得る』って

 

 

 

ハナシだけは聞くらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アスリートたちの間では

 

 

 

『現実に本当にあるとは…

 

 

 

 でも、考えてみれば

 

 

 

 やろうと思えばできるよね』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな話になってるみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、正々堂々と戦う

 

 

 

スポーツマンシップを根本に考えると

 

 

 

他の選手の足を引っ張るような

 

 

 

妨害自体ありえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

前にも書いたけど、ドーピングって

 

 

 

選手の過去の栄光や名誉をも葬り去り

 

 

 

競技人生を終わらせてしまう

 

 

 

この世界での”大罪”として扱われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからボクも、「そこまでするか?」

 

 

 

って思ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、加害者からすると

 

 

 

五輪に出られるか出られないかで

 

 

 

自分の今後も左右されるだろうから

 

 

 

切羽詰まってたのかな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事件についてのインタヴューに応じた

 

 

 

別競技の選手は

 

 

 

ペットボトルとかの飲み物は

 

 

 

1回でも自分の手から離れると

 

 

 

何があろうと飲まない人もいるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常に新しいものを開けてて、

 

 

 

1度飲んだものが仮に大半

 

 

 

残ってても口にしない。

 

 

 

 

 

 

 

水

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこまでシビアに

 

 

 

自己管理をするんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こりゃ、タイヘンやな(・_・;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間に気軽に、『これ飲む?』

 

 

 

なんて言えないし、

 

 

 

言ったとしても疑われちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名誉をかけて戦い、勝ち取るものは

 

 

 

大きいかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも一方でアスリートたちは、

 

 

 

その他沢山のものを

 

 

 

犠牲にしてるんだな。

 

 

 

 

 

 

 

ドーピング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九州地域も

 

 

 

厳しい寒波に見舞われてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群青色に荒れる海を見ながら

 

 

 

そんな切なさも感じたニュースでした。

 

 

 

 

 

 

 

冬

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月11 木曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”885号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま、”3高”って言葉、

 

 

 

ご存じでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、以前は一般的にいわれていた

 

 

 

『結婚相手に求める条件』のことで

 

 

 

 

 

 

 

1、高身長

 

 

 

2、高学歴

 

 

 

3、高収入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この3つの【高】で”3高”ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔って言っても

 

 

 

ボクがまだ社会に出たての頃も

 

 

 

若干言われてたような気がするね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、時代の流れともに

 

 

 

この価値観って変化しているみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、ネットのランキングコラムを見てて

 

 

 

『今は正直、どうでもいいと思う

 

 

 

 結婚相手の条件』

 

 

 

 

 

 

 

こんな変わったアンケートの結果が

 

 

 

出てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに、アンケートの対象は

 

 

 

20代から30代の女性250人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第10位: 実家の経済力

 

 

 

 

 

 

 

裕福

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9位: 育った環境の一致

 

 

 

 

 

 

 

環境

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同率7位: 身長の高さ

 

 

 

 

 

 

 

身長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同率7位: 家柄のよさ

 

 

 

 

 

 

 

家柄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6位: 年齢の若さ

 

 

 

 

 

 

 

年齢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5位: 運動神経のよさ

 

 

 

 

 

 

 

運動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4位:  実家の所在地

 

 

 

 

 

 

 

場所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前は気にしてた3高のひとつ

 

 

 

”身長の高さ”が

 

 

 

今ではどうでもいいコトに

 

 

 

なってるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、実家の経済力や家柄と言った

 

 

 

本人の個性とはあまり関係ない部分も

 

 

 

今は気にしない人が多いみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3位: 学歴の高さ

 

 

 

 

 

 

 

 

学歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、昔は高学歴=≒一流企業への就職

 

 

 

≒高収入・・・

 

 

 

そんなことが当たり前だった時代のハナシで

 

 

 

今の世の中、高学歴だとしても、必ずしも

 

 

 

安定した高収入を得られる保証は無い。

 

 

 

そんな背景から、ここにランクイン

 

 

 

してるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2位: 長男かどうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長男

 

 

 

 

 

 

 

これも昔の「家を継ぐ」って考えが

 

 

 

重要視された時代と、今の

 

 

 

割と自由な家族環境の変化で

 

 

 

気にならなくなってきたものなんだろう。

 

 

 

 

 

 

長男との結婚≒「家族と同居」みたいな

 

 

 

女性からするとプレッシャーを感じることも

 

 

 

もはや過去のハナシ。

 

 

 

まぁ、これに限らないところも

 

 

 

あるんでしょうが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1位: 出身地

 

 

 

 

 

 

 

出身

 

 

 

 

 

 

 

 

盆正月に、「どっちの実家に帰省するか」

 

 

 

昔はそんなことを気にしなければならない時代が

 

 

 

今は然程気にならないってことの表れのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね、盆正月にかなり遠方への帰省を

 

 

 

余儀なくされると、一家族の移動だけで

 

 

 

10万20万なんてザラにかかったりする。

 

 

 

 

 

 

 

帰省

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに

 

 

 

「結婚相手を決定する上でのハードル」

 

 

 

にはならないと思うけど

 

 

 

後々のしかかる現実であるのは

 

 

 

間違いないと思うけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代の変化と共に異なる

 

 

 

相手に求める結婚の条件。

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな条件に拘るのかはおいといて

 

 

 

お互いに、一生支え合おうって思える

 

 

 

パートナーを見つけられることって

 

 

 

スゴク素敵なこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的には

 

 

 

これら条件を事前に挙げて

 

 

 

それに見合う人を選ぶってこと自体

 

 

 

ナンセンスだと思ってて

 

 

 

打算抜きで、今は条件に見合わなくても

 

 

 

お互いに成長し合えるカップルでいられれば

 

 

 

それでいいんじゃないかなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

条件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、理想と現実って

 

 

 

やっぱりかけ離れてるモン

 

 

 

なんですかねー・・・(-_-)

 

 

 

 

 

 

 

理想

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月8 月曜日 成人の日の

 

 

 

”なおくんブログ”882号です。

 

 

 

 

 

 

 

成人式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は成人式かぁ~

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、あいにくのお天気ですね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも早20数年前

 

 

 

会社で成人式してもらったなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地元に帰っての成人式には

 

 

 

出れなかったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思い出しながら、

 

 

 

若い頃のことを考えてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクがまだ学生の頃、先生や大人たちから

 

 

 

「目立ったことは控えろ」

 

 

 

「人と違うことをするな」

 

 

 

「みんなと同じ行動しろ」

 

 

 

そんな教えがほとんだった気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸いボクのお袋は、

 

 

 

当時にしてはちょっと変わった人で

 

 

 

あんまりそういうことは言わなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、先生とかその他の周りの大人には

 

 

 

そんな感じで教育されてたような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


個性的であることが、

 

 

 

あまりイイコトではないって

 

 

 

そんな思想が当たり前だった時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、そんな世の中だったから

 

 

 

それはそれでしょうがないけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつての日本の教育って

 

 

 

「人と同じ」であることが「良いこと」って

 

 

 

教えてた。

 

 

 

 

 

 

 


大量生産の規格品を沢山世に送り

 

 

 

世界中に低価格で売りまくる。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和の時代は、そういうビジネスモデルが

 

 

 

ほとんどだった。

 

 

 

 

 

 

 


そういうビジネスだったら

 

 

 

人と違うことして、欠陥品扱いされたら

 

 

 

たまったもんじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 


だから、若い人のほとんどが

 

 

 

良い大学に進み、

 

 

 

大きな会社に入り、

 

 

 

そして出世する。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

あたかもそれが、

 

 

 

人生の目標みたいになってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、最近は随分と価値観も変わり

 

 

 

自由な発想で物事を捉える風潮も

 

 

 

広がってきたように見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど一方で、ただ単に

 

 

 

型にもはまれず

 

 

 

意志すら持たず

 

 

 

自ら考えることもしなくなった、

 

 

 

そんな若者が増えてるのも確かかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも今思うのは、

 

 

 

”若いって素晴らしい”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可能性に満ち溢れてるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクだって、まだまだ若い部類に入るし

 

 

 

気持ちは若い人たちにも

 

 

 

負けない自負はあるけど

 

 

 

現実は認識してて、現に今

 

 

 

二十歳の人達と比較して可能性を考えた時

 

 

 

ボクに与えられた選択肢は、断然狭いからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、新成人の人が

 

 

 

もしこのブログを読んでてくれたとしたら

 

 

 

是非、他人の基準で

 

 

 

自分の生き方を決められる生き方じゃなく

 

 

 

自分で自分の人生を生きてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなははなむけの言葉を

 

 

 

贈りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おめでとうございますヽ(^。^)ノ

 

 

 

ステキな大人に

 

 

 

なってくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

祝

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月5 金曜日

 

 

 

”なおくんブログ”879号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年読んだ本に、

 

 

 

”リーダーのあるべき姿”的な

 

 

 

コラムがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもリーダーの仕事とは

 

 

 

「部下のポテンシャルを最大限に引き出し、

 

 

 

部下の力を借りて、(ここポイント)

 

 

 

組織として最高のパフォーマンスを出すこと」

 

 

 

だってことだったような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

リーダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これにはボクも納得だし

 

 

 

リーダーになった人間の

 

 

 

責任だよなって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって仕事って

 

 

 

自分独りですべてが完遂できるものなんて

 

 

 

多分ひとつもないし、ボクの身の廻りの仕事も

 

 

 

必ずといっていい程、チームで取り組むものが

 

 

 

殆どです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達の生業でもある”結婚式”なんて

 

 

 

その最たるものだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新婦様を綺麗に仕上げる美容師さんや

 

 

 

ステキな衣装を見立ててコーディネートする

 

 

 

衣装室の方、会場にお花を飾り付ける

 

 

 

フローリスト、カメラマン、サービススタッフ

 

 

 

料理を担当する料理人など、

 

 

 

その道のプロが集団となり

 

 

 

一つの結婚式を創っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのリーダーってはやり

 

 

 

それぞれが担当する仕事で

 

 

 

最大限のパフォーマンスを発揮できるような

 

 

 

環境づくりが一番大事だってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、それには

 

 

 

リーダー自身のモチベーションも大事だけど

 

 

 

ボクはもっと大事なものがあると思ってて

 

 

 

それは、 ”リーダーの振る舞い”

 

 

 

だと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、結局周囲に影響を及ぼすのは

 

 

 

その人の振る舞いだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、常に機嫌よく振る舞える人もいれば

 

 

 

不機嫌を前面に出してしまう人もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モチベーションが高い人が、

 

 

 

常に皆、上機嫌って訳でもない。

 

 

 

モチベーションは高いけど

 

 

 

不機嫌だってこともある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、モチベーションは

 

 

 

然程高くないけど、常に上機嫌な人もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、できればモチベーションが高くて

 

 

 

感情の起伏もあまり無く、

 

 

 

上機嫌なバランスを維持できれば

 

 

 

それが何よりだって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100%じゃないけど、大体

 

 

 

ハイモチベーションな人は競争心も強く

 

 

 

どちらかと言えば出世意欲も

 

 

 

高い人が多かったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、本人の状況の良い時は

 

 

 

上機嫌に振る舞いもするけど

 

 

 

いったん状況が悪くなりだすと、

 

 

 

急に不機嫌になったりもする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、モチベーションの高いリーダーの中には

 

 

 

組織で出す成果を高めようとする一心で

 

 

 

他人に過度に厳しくなったりする人もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな職場の場合、

 

 

 

職場には雑談も許されな

 

 

 

ピリピリとしたムードが漂うことが多く、

 

 

 

そこで働く人に大きな影響を及ぼすよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな雰囲気の中で、本当に良い成果を

 

 

 

得られるかって言うと

 

 

 

多分マイナスでしかないような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

機嫌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、

 

 

 

リーダーの”機嫌が悪い”って

 

 

 

何の得もないんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国のある著名な数学者が

 

 

 

一つのネガティブな意見や行動の

 

 

 

悪影響を打ち消すのには

 

 

 

3倍の量のポジティブな意見や行動が

 

 

 

必要だって研究結果が出たと言ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だとすれば、仕事をするうえで

 

 

 

「上機嫌に振る舞う努力」って

 

 

 

スゴク大事なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、不機嫌な態度を取るってことは

 

 

 

自分の感情をそのまま出してしまうからで、

 

 

 

ある意味幼稚。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、ちびっこを見てると、

 

 

 

面白くない時には面白くないって

 

 

 

感情をそのまま出すし、

 

 

 

イライラした時はそのイライラを

 

 

 

そのまま表情に出す。

 

 

 

 

 

 

 

機嫌が悪い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大の大人が仕事場でそれをやっているようじゃ

 

 

 

社会人として失格と言われても

 

 

 

仕方ないかもしれないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、こんな傾向って

 

 

 

立場上のこともあるからか

 

 

 

やはり若い人より、中高年の人に

 

 

 

多く見られがちみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、そんなリーダーも

 

 

 

割と多いってことか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも中高年やん。

 

 

 

何かそんな話をイメージするだけで

 

 

 

ゲンナリしてしまう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも年々、だいぶ丸くなってきた

 

 

 

自負はある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、常に上機嫌かっていうと

 

 

 

そうじゃないかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐにはムリでも、少しずつ

 

 

 

もっと感情のコントロールができるように

 

 

 

バランス感覚を持ったリーダーにならねば。

 

 

 

 

 

 

 

論リーダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな働き方を

 

 

 

目標にしたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

優しい

 

 

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

1月4日 木曜日

 

 

 

”なおくんブログ”878号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お正月の風物詩のひとつ

 

 

 

箱根駅伝。

 

 

 

 

 

 

 

yjimageTCOTKKEF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは仕事なので、ライブで見ることは

 

 

 

できませんが、ウチの奥様が

 

 

 

大の箱根駅伝ファン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも仕事じゃなきゃ見るんだろうけど

 

 

 

ホント、毎年楽しみにしてて

 

 

 

大体感動して泣いてるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ大学生が長い距離を走って

 

 

 

競争しているだけなのに、何でこうも

 

 

 

人を引き付けるんだろうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


奥様は、チームや選手一人一人、

 

 

 

関係者それぞれの背景にある、

 

 

 

様々なドラマに痛く共感するからだって

 

 

 

言ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもテレビに向かって

 

 

 

『ガンバレ、ガンバレ』って

 

 

 

応援してる。

 

 

 

 

 

 

 

頑張れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもボクにとっては

 

 

 

お正月らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しかし、青山学院大学、

 

 

 

強かったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

史上6校目の4連覇ですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

往路では2位に甘んじ、

 

 

 

どうなるか解んなかったけど

 

 

 

復路では圧倒的な強さを露呈しました。

 

 

 

 

 

 

 

箱ね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4連覇の原監督率いる、青学の駅伝チーム。

 

 


当然、全国のチームの目標の的になってた。

 

 

 

 

 

 

 

 


どのチームも青学に勝つことを目標に

 

 

 

練習を重ね、研究し、強いチームを

 

 

 

育ててきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追われる立場って、キツイと思うんですよね。

 

 

 

勝って当然みたいなとこがあるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それがトップチームの

 

 

 

宿命でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その宿命を背負いながらも

 

 

 

最終的には圧倒的な強さで

 

 

 

優勝した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなが区ごとに研究され尽くしても

 

 

 

個々が役割を認識し、時には

 

 

 

チームとして支え合い、ライバルたちの

 

 

 

追随を許すことなく圧勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなチームって

 

 

 

スゴイと思うし、チームをまとめた

 

 

 

監督の手腕もスゴイと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達が推し進める

 

 

 

ホテルや結婚式の仕事は、決して

 

 

 

競争して、他の施設に勝つことが

 

 

 

目的ではないけど、

 

 

 

個々が個々の役割を認識し、

 

 

 

独自の価値を創造して、

 

 

 

同業他社の追従を許さないくらい、

 

 

 

”圧倒的に選ばれる存在”

 

 

 

になることは目標にしたいなって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、箱根駅伝の

 

 

 

連覇記録って、中央大学の

 

 


6連覇で、続いて日本体育大学の

 

 

 

5連覇なんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれも、ボクはまだ生まれてない

 

 


はるか昔のお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年は当然、青学の連覇が

 

 

 

どこまで続くかってのが

 

 

 

焦点になるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ面白くなりそうですヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

皆様、こんにちは!!

 

 

 

 

 

  

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

12月30日 土曜日の

 

 

 

”なおくんブログ”873号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もあと2日か・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はやいなぁ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この年末、2017年の自分のお仕事を中心に

 

 

 

振り返ってみてるけど、ここんとこ

 

 

 

世間を騒がせたニュースで

 

 

 

角界の話題は欠かせないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

報道され過ぎて、もうお腹一杯感は否めませんが

 

 

 

貴乃花親方に下った処分、

 

 

 

多少想定はできたとはいえ

 

 

 

かなり重たいものになりました。

 

 

 

 

 

 

 

貴乃花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクにとっても、関係ないっちゃ

 

 

 

無いんですが、みなさん

 

 

 

率直に納得できました?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の相撲界の問題って、

 

 

 

何となくボク個人的には、

 

 

 

古き悪しき我が国古来独特の、

 

 

 

”日本らしい組織”のあり方が

 

 

 

かなり浮き彫りになったように思えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相撲協会も、マスコミもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクだって、何が事実なのか

 

 

 

解りませんよ。

 

 

 

どっちが正しいなんてことも

 

 

 

考えてないし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、貴乃花親方が何も語らぬのをいいことに

 

 

 

「協会関係者」なる人物たちが

 

 

 

毎日にようにメディアにバンバン登場し

 

 

 

好き勝手に貴乃花親方をディスっては、

 

 

 

それをマスコミがノンフィルターで

 

 

 

右から左へ垂れ流すみたいな

 

 

 

見てて、あまり気持ちよくない

 

 

 

「印象操作」と言わざるを得ない

 

 

 

状況が続いてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスコミは、自身の影響力が大きいってことを

 

 

 

本当に判ってるのか。

 

 

 

今回の問題の論点をどこに見てるのかって

 

 

 

毎度ながらに思ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、こんな報道ばかりが世に溢れると

 

 

 

素直でピュアなボク達日本人は、

 

 

 

この騒動の元凶は、

 

 

 

甚だ非常識で、組織不適合人格を

 

 

 

持ち合わせる貴乃花親方だって

 

 

 

そんな気がしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事実、ワイドショーに出てる

 

 

 

相撲記者歴ウン十年みたいな

 

 

 

オッサンやオバはん、評論家さん達は

 

 

 

「こんなワガママは組織人として許されませんよ!」

 

 

 

とか

 

 

 

「これが普通の企業であればあり得ない!」って

 

 

 

声を張り上げている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ、そんな部分はあるかもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもさ、よく考えてみようよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これって完全に、相撲協会側の

 

 

 

「印象操作」がもたらした

 

 

 

ミスリードでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の騒動で本当に「問題」なのは、

 

 

 

貴乃花親方が

 

 

 

協会に報告しなかったってことじゃなくて、

 

 

 

白鵬という、この世界の絶対的権力者が、

 

 

 

日馬富士が貴ノ岩をボコボコに殴っていた間も

 

 

 

ずっとそれを見てたってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に言うと、現場にいた力士たちと

 

 

 

被害者である貴ノ岩の主張が

 

 

 

完全に食い違っているということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし貴ノ岩の主張が本当だとすれば

 

 

 

これは日馬富士による単なる”暴行事件”

 

 

 

なんて生易しいもんじゃなく、

 

 

 

大横綱白鵬の

 

 

 

「この生意気な奴には体で分からせてやれ」

 

 

 

みたいな思いを「忖度」した、

 

 

 

横綱や力士たちによる

 

 

 

「密室集団リンチ」なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

集団リンチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝わってます?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、「殴られる理由がない」って

 

 

 

言ってる貴ノ岩がボコボコにされる間

 

 

 

何故白鵬はカラオケのリモコンという

 

 

 

凶器を手にするまで止めなかったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「問題」の根っこは

 

 

 

ここにあるんじゃないのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、マスコミがこの辺を追求すべく

 

 

 

連日白鵬を追いかけ回すのなら分かるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも現実にはマスコミは

 

 

 

貴乃花親方を追いかけ回して、

 

 

 

やれ「非常識だ」

 

 

 

「マフィアか」

 

 

 

「ここまでくると異常」って大騒ぎする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局マスコミが問題視してることって、

 

 

 

大横綱が絡む「集団リンチ事件」の

 

 

 

真相究明じゃなく、”組織への報告がない”

 

 

 

ことの方が「大問題」だって言ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや、この考え方

 

 

 

完全に狂っているという以外

 

 

 

表現方法が見つかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、ある意味仕方ない部分は

 

 

 

否めない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本古来の組織って

 

 

 

閉鎖的な「ムラ社会」って言われてる。

 

 

 

 

 

 

 

村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ムラ社会」って基本的に、

 

 

 

貴乃花親方みたいな、云わば輪を乱す

 

 

 

タイプの人間を良しとしてこなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ムラ」の秩序を乱す者は、

 

 

 

組織の総力を挙げて

 

 

 

潰さなくちゃならないからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、まぁここまであからさまに出てる

 

 

 

今回の問題、どう思います?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年、日本を代表する

 

 

 

電気機器メーカ―や自動車メーカーの

 

 

 

偽装や隠ぺいなど、企業絡みの

 

 

 

不正や不祥事が沢山発覚しました。

 

 

 

 

 

 

 

東芝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらも、ボクは日本古来の

 

 

 

「ムラ社会」的な思想が抜け切れてない

 

 

 

日本らしい問題の表れなんじゃないかって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかしなことを「おかしい」って指摘して

 

 

 

行動を起こした者は「異常」であり、

 

 

 

「危険」な存在とされる、

 

 

 

そんな時代遅れの風潮が

 

 

 

年々薄まればいいのになって思う

 

 

 

今年の年末。

 

 

 

 

 

 

Page Top