カテゴリー別アーカイブ: 今想うこと

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

9月18日 火曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,104号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週、某アイドルグループの元メンバーの

 

 

 

飲酒ひき逃げ事故について書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日が経つにつれ、事件の悪質性が

 

 

 

浮き彫りになってきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメだこりゃ(@_@

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、一言で飲酒運転って言っても

 

 

 

どの位のアルコールを体内に保有してると

 

 


違反になるのかとか、中々不透明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に、違反規定の数値が

 

 

 

出る出ないや、酒量に関係なく

 

 

 

飲んだら少なくとも、一晩寝て起きるまで

 

 

 

運転しちゃダメだと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


でも、目安はどのくらいなのか

 

 

 

知っておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考える人もいると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、どの位の量で

 

 

 

違反の程度が変わってくるのか

 

 

 

調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、そもそも

 

 


”アルコール基準値”
 

 

 

というものから知る必要があるよね。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


体内のアルコールの量は、
 

 

 

”吐き出した空気(呼気)1ℓの中に

 

 

 

含まれるアルコールの量”

 

 

 

で決まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そして、その気になる量ですが
 

 

 

呼気1ℓ中のアルコール量が
 

 

 

【0.15ミ㎎未満】の場合
 

 

 

酒気帯び運転ではあるけど

 

 

 

違反にはなりません

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


違反になるのが、【0.15mg以上】から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに…

 

 

 

0.15mg~0.25mg未満≒違反点数13点

 

 


0.25mg以上≒違反点数 25点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな規定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、この0.15mgって数字が

 

 

 

どの位の酒量に対して出る数字なのか?

 

 

 

 

 

 

 


これは知っておいて損はないよね。
 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他に、このくらい飲むと

 

 

 

このくらいの数値になる

 

 

 


とかも知りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”飲酒運転撲滅のために”

 

 

 

 

見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、お酒の種類で

 

 

 

アルコール度数も違うから

 

 


ビール、日本酒、焼酎のアルコール量で

 

 

 

血中アルコール濃度を同じに図る目安が

 

 

 

あるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”ビール中びん1本(500ml)”
 

 

 

”日本酒1合(180ml)”
 

 

 

”焼酎0.6合(108ml)”
 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらを1単位とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この1単位のアルコールを飲んだ場合

 

 


血中アルコール濃度は、
 

 

 

0.02~0.04%になるようです。

 

(当然個人差はありますが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この時、呼気1ℓ当たりの

 

 

 

アルコール量に換算すると
 

 

 

0.1~0.2mgに相当するらしい。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

違反規定が0.15㎎でしょ。

 

 

 

 

 

 

 

何か、違反になるのかならないのか

 

 

 

かなり微妙なラインですね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もうちょっと具体的に

 

 

 

見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<種類/度数/容量/血中濃度/呼気1ℓあたり>
 

 

 

 

 


ビール

 

 

 

度数5%で350mg≒0.014% / 0.07mg

 

 

 

度数5%で500mg≒0.040% / 0.2mg

 

 

 

 

 

 

 

 

チューハイ

 

 

 

度数5%で350mg≒0.014% / 0.07mg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストロング系

 

 

 

度数9%で350mg≒0.050% / 0.25mg
 

 

 

 

 

 

 

 


日本酒

 

 

度数20%で180mg≒0.057% / 0.29mg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ワイン

 

 

度数14%で200mg≒0.044% / 0.22mg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、ビールだと

 

 


500缶1本でアウトやな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チューハイも度数は色々あるけど

 

 

 

一般的な缶チューハイは大体5%くらい。

 

 

 

 

 

 

 

となると、これもビールと同じ度数だから

 

 


500mlでアウト!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしストロング酎ハイだったら

 

 

 

350ml缶でも基準値に達しますな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本酒だと1合、ワインだと

 

 

 

グラス1杯で基準値越え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、一口でも飲めば

 

 

 

個人差や体調によっては

 

 

 

出ちまうってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ひき逃げ事件を起こした

 

 

 

元アイドルの呼気検査での数値は

 

 

 

基準値約4倍の【0.58mg】
 

 

 

 

 

 

 

 

単純に数値だけみると、
 

 

 

缶ビール500缶の3本分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、事故を起こしたのが朝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間が経てば当然アルコールは

 

 

 

抜けていくことを考えると

 

 

 

未明までかなりの度数のものを

 

 

 

相当量飲んでたんじゃ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思われても仕方ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうなんだろうね(・_・;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、嘘もばれるし

 

 

 

やったことは自分に返ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲酒運転、ダメ!

 

 

 

絶対。

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

9月17日 月曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,103号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の三連休最終日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本を代表するアーティストと言って

 

 

 

過言ではない、安室奈美恵さん、

 

 

 

昨日で引退しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィナーレを飾るのは、

 

 

 

地元沖縄でのライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの知り合いも、目的は違うけど

 

 

 

15日から沖縄入りしてて、

 

 

 

随分前から予定してたので、

 

 

 

飛行機やホテルの取りっぱぐれは

 

 

 

無かったようですが、

 

 

 

搭乗便を変更しようとしたら

 

 

 

一切変更なんて利かない状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄は、安室ちゃん一色だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女も、もう40歳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一切そんな風には見えない、

 

 

 

今でも若々しくパワフルなパフォーマンスが

 

 

 

定評だっただけに、

 

 

 

残念に思うファンも多いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ずっと現役で歌い続けるって

 

 

 

やっぱり大変なんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デビューして25年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その四半世紀にわたり

 

 

 

ずっと続けてきた音楽活動を

 

 

 

思い切って辞めるってことは

 

 

 

きっと想像を絶する位の苦悩と

 

 

 

覚悟があったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『平成の歌姫』は

 

 

 

平成の終わりとともに

 

 

 

表舞台を降りる決断をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはファンではありませんでしたが

 

 

 

一人の同年代の人間として

 

 

 

”お疲れ様”という気持ちで

 

 

 

敬意を表したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

9月15日 土曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,101号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の新聞に

 

 

 

毎年8月1日に開催されてる

 

 

 

”大濠花火大会”が、去る

 

 

 

2018年をもって最後になることが

 

 

 

報じられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わっちゃってから

 

 

 

『実は前回で最後だったんですよね~』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなるのはちょっとさびしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大会を主催してたのは

 

 

 

西日本新聞社で、

 

 

 

九州を代表する地場企業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主催者曰く、

 

 

 

『安全を確保することが難しくなった』

 

 

 

ことが、今後の開催に難色を示した

 

 

 

きっかけのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の花火大会の来場者が

 

 

 

約43万人との報告です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市の人口が、最新情報で

 

 

 

約157万人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この花火大会に、福岡市の人口の

 

 

 

約3割の人が、ここに集結する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも43万人って、博多区と中央区の

 

 

 

両区の総人口に匹敵するんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに安全確保は

 

 

 

容易じゃないだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この報道を知った福岡市民は

 

 

 

さぞ残念に思うだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、主催者側の苦渋の決断は

 

 

 

もっとしんどかったと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡の夏の風物詩が

 

 

 

ひとつ消えてしまうのは忍びないですが

 

 

 

【安全と安心は

 

 

 

何よりも優先されなければならない】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはこの考え方には賛同します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝統は、受け継いでいくことだけが

 

 

 

全てじゃない。

 

 

 

創ることも大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市民で、大濠花火大会に

 

 

 

匹敵するようなイベントを

 

 

 

安全に創っていければいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、何年かに一度でいいから

 

 

 

大濠公園で花火、やって欲しいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思った

 

 

 

夏の終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

9月11日 火曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,097号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2001年の今日、皆様ご存じの

 

 

 

アメリカで起きた同時多発テロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれからもう17年が経ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一言で17年って言っても

 

 

 

当時生まれた子が、もう高校3年生に

 

 

 

なるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホント、早いなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカの同時多発テロそのものについては

 

 

 

とても残念だし、その後のアメリカの取った

 

 

 

”目には目を”と言わんばかりの

 

 

 

報復作戦についても

 

 

 

色々思うことはある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かにアメリカは被害国で

 

 

 

沢山の国と地域の方々が犠牲になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、だからと言って

 

 

 

イラクやアフガニスタンへ進攻したことが

 

 

 

本当に正しかったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100兆円を超える戦費を投じた

 

 

 

なんて報道もあったけど、もし仮に

 

 

 

平和的活動に100兆円を使えたとしたら、

 

 

 

少なからずアメリカと比べ

 

 

 

貧しい人が多い国である中東に

 

 

 

学校や病院、ライフラインを整備し、

 

 

 

報復ではなく、徳をもって

 

 

 

親切と思いやりの行動を取ることができたら

 

 

 

イスラム原理主義者の過激な行動は

 

 

 

国全体から支持されなくなったり

 

 

 

しないのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、そんな簡単な話しじゃ

 

 

 

ないんだろうけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自由を守る為にテロには屈しない。

 

 

 

自国に利益をもたらす戦争は

 

 

 

「正義の戦争」だと

 

 

 

誰かが言いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争に、正義も悪もないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少なからず、何の罪も無い

 

 

 

普通に暮らす人たちも犠牲になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年”9.11”は、このテロで

 

 

 

犠牲になった人を偲びつつ、

 

 

 

平和願う日になればいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

あめりか

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

9月8日 土曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,094号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドルグループの元メンバーが

 

 

 

飲酒運転で人身事故を起こし

 

 

 

挙句の果てに、ひき逃げで

 

 

 

被害者を救護することもなく

 

 

 

一時その場を立ち去ったって

 

 

 

事件がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か飲酒運転って、男性に多い

 

 

 

イメージがあるし、まだまだ若い

 

 

 

年頃の女の子で、しかもアイドル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人がやるなんて

 

 

 

そのギャップに

 

 

 

正直ドン引きしてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ボク達が住む福岡も

 

 

 

飲酒運転撲滅運動を盛んにしながら

 

 

 

一向になくならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアイドルさんも

 

 

 

日頃のストレスもかなりなものだろうし

 

 

 

お酒が飲みたくなるのも解る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ボクだって多少なりとも

 

 

 

ストレスくらいありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、飲酒運転だけは

 

 

 

絶対にしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もはや時代は変わり

 

 

 

『あれをやったら全てが終わる』

 

 

 

レベルの犯罪に昇華した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに、犯罪者にはなりたくないし

 

 

 

身の回りの人や家族を

 

 

 

悲しませる以外、何も残んない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲酒運転する人ってみんな

 

 

 

多分その罪の重さを

 

 

 

軽く見てるからなんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言ってみれば、重い軽いの差はあれど

 

 

 

罪は罪で、殺人だろうが

 

 

 

薬物関連だろうが、これも罪は罪。

 

 

 

 

何にも変わんない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故それが解んないんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この元アイドル、残念ながら

 

 

 

”終わったな”って思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の7時の事故で、

 

 

 

お仕事にギリギリ間に合うかどうかで

 

 

 

急いでたみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真実は解りませんが、

 

 

 

お酒飲んだのは前日の夜

 

 

 

だったのかも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、本人に

 

 

 

飲酒運転の意識はなかったかも

 

 

 

知れません。

 

 

 

 

 

(イヤ、百歩譲ってですよ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、彼女は逃げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一時的とはいえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが全てを物語るし

 

 

 

台無しにしちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで、たまたま見つからなかった

 

 

 

だけの常習者かも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな下世話な印象を

 

 

 

世間に与えてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全て自分のやったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受け止めるしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女が今後、どう反省するのか

 

 

 

解りませんが、まずは被害者もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのことは真摯にお詫びする気持ちが

 

 

 

大切だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして社会的制裁の大小はあるけど

 

 

 

どっちにしろ本当に全てを失います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしこの事件を受け

 

 

 

飲酒運転が無くなれば

 

 

 

彼女がバッシングを受ける意義も

 

 

 

あるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなることを切に願います。

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

9月7日 金曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,093号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の朝方に発生した

 

 

 

北海道での震度7を計測した地震。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりの被害が報告されてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日は台風21号も直撃し

 

 

 

近畿エリアを中心に暴風雨や高潮による

 

 

 

甚大な被害が発生したけど、

 

 

 

今年の6月以降、日本列島は

 

 

 

自然災害が異常発生してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年のオリンピックに沸く中

 

 

 

世界的に見て”安全な場所”と

 

 

 

言えなくなってるような気がするのは

 

 

 

ボクだけでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、北海道全域で

 

 

 

かなりのライフラインも

 

 

 

ダメージを受けてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがもとで、交通網の

 

 

 

混乱も見られ、落ち着いてなんて

 

 

 

いられない状況だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけに、今日からは雨予報。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地盤のゆるみなんかから来る

 

 

 

さらなる災害が心配だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余震や土砂災害

 

 

 

倒壊などに、くれぐれも

 

 

 

お気を付け下さい。m(__)m

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

9月2日 日曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,088号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頻発するスポーツ界での

 

 

 

諸問題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここんとこも

 

 

 

女子体操で、選手、コーチ、協会間で

 

 

 

様々なハラスメン騒動が

 

 

 

マスコミを賑わせてますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく言われる、ハラスメントの定義って

 

 

 

”本人の取り方次第”ってことのようですが

 

 

 

本当にそうなのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中々難しい問題だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加害者になり得る人と

 

 

 

被害者になり得る人、

 

 

 

それぞれいるとして、個々の言動が

 

 

 

ハラスメントに当たるか否かって

 

 

 

単に言動を受けた人の

 

 

 

主観的なもので全て判断されちゃったら

 

 

 

多分世の中、セクハラ、パワハラの

 

 

 

オンパレードになると思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、色んな諸条件を

 

 

 

客観的に考慮して判断されるべきだと思うし

 

 

 

特に被害者と言われる個々の状況に

 

 

 

配慮を尽くした行為であったかどうか

 

 

 

なんかが重要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パワハラも同じで、

 

 

 

勿論本人の気持ちは大切だけど

 

 

 

じゃあ、それが全てかって言われたら

 

 

 

そうでもない気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、多くの選手や色んな人が

 

 

 

学校や職場、スポーツであれば

 

 

 

その競技環境の中で、

 

 

 

体罰やハラスメントで

 

 

 

苦しんでるのも事実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のオリンピック委員会による

 

 

 

”暴力行為を含む

 

 

 

パワハラ、セクハラについての調査”

 

 

 

によると、選手達の約11.5%が

 

 

 

「パワハラなどを受けた経験がある」

 

 

 

って回答してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、少なからず

 

 

 

そんな現実はあって、

 

 

 

被害を受けた選手たちは

 

 

 

やっぱり辛い思いをしてるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで個人的な意見ですが

 

 

 

ボクはこの、【本人の取り方次第】って

 

 

 

ところは、”相互の関係性”が

 

 

 

何より大きく作用されると思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手のことを本気で思い

 

 

 

それが伝わっていれば

 

 

 

ハラスメント的認識はされにくいだろうし

 

 

 

逆であれば、ほんの些細なことでも

 

 

 

ハラスメントだと認識されてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな時代だからこそ

 

 

 

以前よりも、より親密な

 

 

 

コミュニケーションは必要になってると

 

 

 

言えるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、スマホの普及やSNSの台頭で

 

 

 

そのコミュニケーションは

 

 

 

リアルなものから仮装的なものへと

 

 

 

シフトしてるのも事実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、矛盾してるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その時代の流れに

 

 

 

ちゃんと乗らないと

 

 

 

今の時代では生きていけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々考えねばならない

 

 

 

棲みにくい世の中になったな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、ボクも

 

 

 

管理職と言われるポジションにいる以上

 

 

 

色んな配慮を欠かさず、

 

 

 

常にバランス感覚を持ちながら

 

 

 

人と接しなきゃいけないなと

 

 

 

感じる次第です。

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

9月1日 土曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,087号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクもこのブログで時折触れる

 

 

 

児童虐待問題。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つい先日も、1歳の女の子が

 

 

 

頭に強い衝撃を受け、実の母が

 

 

 

暴行の疑いで逮捕されるって事件もあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椅子から落ちたとか何とか

 

 

 

言い訳してるようですが

 

 

 

全身にもアザがあり、日常的な

 

 

 

虐待があったんじゃないかって

 

 

 

捜査してるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1歳って、場合によっては

 

 

 

やっと歩けるかどうかって頃でしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人の想い通りになんか

 

 

 

なるはずなくて、それを虐待なんて…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつ聞いても無性に怒りを覚える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、実の親の手によるものでしたが

 

 

 

後妻や後夫による虐待の割合が高く

 

 

 

これって、色んな事情はあるにせよ

 

 

 

幸せな結婚生活が長続きしなかった煽りを

 

 

 

何の罪もない子供が受けてしまう

 

 

 

悲しい現実がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式を通じて、幸せな結婚生活を

 

 

 

維持するお手伝いができないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクがこの仕事を生業だと思う

 

 

 

一つの理由でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、警察庁が来年度

 

 

 

児童虐待に関する情報を

 

 

 

全国の警察で共有するシステムを

 

 

 

導入するってニュースを見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今現在は、他の都道府県警が持つ

 

 

 

虐待情報とかが必要になった時

 

 

 

警察本部や警察署に態々電話などで

 

 

 

照会しなきゃならないシステムらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを、情報をデータベース化することで

 

 

 

迅速にアクセスし、全国で

 

 

 

リアルタイムに共有できる仕組みを

 

 

 

作るってことのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既にこの動きは始動してて

 

 

 

今後、各都道府県警が保有する

 

 

 

虐待情報を入力して、来年4月から

 

 

 

運用開始を始めるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この関連費用に、約4700万円の

 

 

 

予算を取ったらしいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この予算が高いのか安いのか

 

 

 

ちょっと解りませんが、

 

 

 

迅速な情報共有により、

 

 

 

被害を受ける子供達が

 

 

 

独りでも減るのであれば

 

 

 

ボクは大賛成。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろこの動き、遅いくらいだと思うし

 

 

 

こんな抑止力がないと

 

 

 

子供達を守れないってのも

 

 

 

少し残念な気はしますが

 

 

 

色んな視点で、未来の宝を

 

 

 

守って行かなきゃって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、予算、少ない気がするのは

 

 

 

ボクだけでしょうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

税金だしなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

8月31日 金曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,086号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日で8月も終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、8月が終わると

 

 

 

自動的に夏も終わるなって

 

 

 

そんな気になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際はまだまだ

 

 

 

バカみたいに暑いけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、平成最後の今年の夏

 

 

 

色んなことがありましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツでは、

 

 

 

サッカーのワールドカップに始まり

 

 

 

ウィンブルドンテニスに出場した

 

 

 

錦織選手の初のベスト8、

 

 

 

アマチュアボクシング協会の

 

 

 

会長解任問題や

 

 

 

高校野球の金足農業の躍進とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他では、

 

 

 

記録的な猛暑やその影響での

 

 

 

西日本を中心とした豪雨、

 

 

 

タイの洞窟遭難事件や

 

 

 

オウム関連事件の死刑執行とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々何かしらありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様は今年の夏、

 

 

 

如何でしたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステキな想い出は創れましたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の秋はいつもの秋より

 

 

 

また短く感じるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分年末も

 

 

 

あっという間やってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悔いが残らないように

 

 

 

一日一日を大切に

 

 

 

精一杯生きたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えた夏の終わり。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!!     

 

 

 

 

 

 

 

結婚式場のスタッフランキング

 

 

 

2016年福岡県総合NO1に輝いた

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

なおくんこと、山下  直 

 

 

 

8月25日 土曜日の 

 

 

 

”なおくんブログ”1,080号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、昔から感じてたことを

 

 

 

書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

別に何かあった訳じゃなく

 

 

 

ふと思い返したこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の飲食業界って、ナゼか

 

 

 

経営者とかホールの責任者とかより

 

 

 

職人さんの方がレベルが高かったり

 

 

 

偉いって勘違いされてるんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、気難しい職人堅気の

 

 

 

頑固親父がいる店で、

 

 

 

お金を払うお客様が

 

 

 

何故かオヤジに気を遣いながら、

 

 

 

ありがたく料理をいただく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな店がもてはやされたり

 

 

 

リスペクトされてたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、ボク自身がどうかっていうと

 

 

 

リラックスできなかったり、

 

 

 

単純に楽しくなかったり、

 

 

 

基本的に店主が威張ってるようなお店って

 

 

 

多分リピートしないというか

 

 

 

二度と行かない。

 

 

 

 

 

 

 

 

仮にどんなにウマくても。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに美味しいと評判でも

 

 

 

料理だけじゃなく、置いてるお酒の好みや

 

 

 

お店自体の雰囲気、BGMや接客など

 

 

 

トータル的にバランスが取れてて

 

 

 

気持ち良く時間を過ごさせてくれるお店の方が

 

 

 

圧倒的に好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、基本的に

 

 

 

みんなそうなんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメン処の九州でも

 

 

 

頑固おやじのラーメン屋とかで

 

 

 

スープを先に飲まないと

 

 

 

怒られちゃう店とかが

 

 

 

あるって聞きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクに言わせりゃ、

 

 

 

どっちだってイイじゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガタガタ言われなくたって

 

 

 

大事に食べますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、

 

 

 

前者が職人気質だとすれば

 

 

 

後者は経営者マインドを持った

 

 

 

お店だと言えるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

材料や調理法なんかに

 

 

 

こだわりを持ち、マニアックに

 

 

 

突き詰めることは

 

 

 

ある意味大事だって思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その中で失くしちゃいけないのは

 

 

 

拘りつつも、常に顧客目線が必要だってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九州ではあまり見かけないけど

 

 

 

銀座のお鮨屋さんとかで

 

 

 

良い物さえ提供していれば、

 

 

 

おのずと客がついてくるなんてのは

 

 

 

ある意味、良くない職人の発想。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、イイ材料をそろえるのにも

 

 

 

かなりの苦労はあるし、

 

 

 

すぐに出来る事じゃないのも解る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そんな独りよがりな考え方で

 

 

 

一方的に提供されるより、

 

 

 

ニーズを柔軟に捉え

 

 

 

変化できる経営者の発想が

 

 

 

大事だって思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな料理でもお酒でも

 

 

 

時代の変化と共にお客様の嗜好も

 

 

 

変化していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝統的でどんなに素晴らしい

 

 

 

お料理でも、味付けや調理法、

 

 

 

盛り付けなどは変化していかないと

 

 

 

ただの独りよがりになったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変えるべきところと

 

 

 

変えちゃだめなとこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここをしっかり見極め、

 

 

 

自分の信念をブラさず

 

 

 

いいバランスが取れてるお店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなところが大事にされるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難しいけど…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年8月6日、

 

 

 

「世紀のシェフ」の異名を持つ

 

 

 

フランス料理の巨匠

 

 

 

ジョエル・ロブション氏が

 

 

 

天国に旅立ちました。

 

 

 

 

 

享年73歳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界で最も、ミシュランの星を持ち

 

 

 

日本でも食文化の振興に

 

 

 

多大な貢献をされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、東京は恵比寿の

 

 

 

”ガストロノミー・ジョエル・ロブション”に

 

 

 

一度だけ食事に行ったことがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それこそ、もしかしたら

 

 

 

『二度と行くことはないかも…』

 

 

 

そんなことを思い、

 

 

 

清水の舞台から飛び降りる覚悟で

 

 

 

出掛けたことを今でも覚えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、生涯これ程

 

 

 

一度の食事でお金を遣ったことはなかったし

 

 

 

後にも先にもこれ以上はないかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ひとつだけ言えることは

 

 

 

”高くなかった”ってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格に見合った、

 

 

 

素晴らしい食卓だったし、

 

 

 

スゴイ経験をさせてもらったし、

 

 

 

何より

 

 

 

楽しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この気持ちは

 

 

 

ロブション氏へのオマージュと共に

 

 

 

一生忘れられない想い出と

 

 

 

なっています。

 

 

 

 

 

Page Top