「今想うこと」カテゴリーアーカイブ

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

5月23日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,325号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、春の叙勲(じょくん)

 

 

 

 

褒章(ほうしょう)の受章者が

 

 

 

 

決まったなんてニュースが

 

 

 

 

テレビでも流れてて、新聞にも

 

 

 

 

デカデカと載ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日だったかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで皆さん、

 

 

 

この叙勲・褒章って

 

 

 

 

そもそも何なのかってご存知でしょうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に言うと、国や公共のために

 

 

 

 

功労があった人を、国として表彰して

 

 

 

 

勲章(くんしょう)を授与するもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会や多くの人のために

 

 

 

 

重要な仕事をして貢献したり

 

 

 

 

あんまり目立たなくても

 

 

 

 

大切な仕事をコツコツと長年続けた人とか、

 

 

 

 

誰かを救うために力を尽くした人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人や仕事ぶりに、

 

 

 

 

光を当てようって仕組みがあって

 

 

 

 

明治時代の文明開化の頃から

 

 

 

 

はじまった制度のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなことをすれば貰えるのかとか

 

 

 

 

叙勲にも褒章にもかなり事細かい

 

 

 

 

制度があって、ここで書くのは割愛するけど

 

 

 

 

まぁ、お国から表彰される

 

 

 

 

スゴイことで、一般人はそう簡単に

 

 

 

 

貰えないものってことだけは間違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、位の高い勲章だと

 

 

 

 

天皇陛下から直接貰ったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春はいつも、4月29日の昭和の日に

 

 

 

 

発表されてたけど、今年は

 

 

 

 

天皇陛下の即位が5月1日にあったので

 

 

 

 

少しずれこんだようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今回気になる人が

 

 

 

 

褒章を受章してました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫才師コンビの

 

 

 

 

オール阪神・巨人さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この勲章って、個人や団体に向けて

 

 

 

 

贈られることが多いけど、

 

 

 

 

この漫才コンビのような”コンビ”の場合

 

 

 

 

貰える勲章は、1個なのか2個なのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

団体の場合、そこの団体の長が

 

 

 

 

代表して受ければいいだろうなって

 

 

 

 

何となくイメージが付く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、コンビの場合・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリンピックの団体競技とかであれば

 

 

 

 

全員がメダルを貰える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この場合どうなるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと気になるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの生活に何の関係も

 

 

 

 

影響もありませんが、

 

 

 

 

ご存じの方がいらっしゃったら

 

 

 

 

是非教えてくださいm(__)m

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

5月19日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,321号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーのレジ袋が

 

 

 

 

有料化されて久しい昨今、

 

 

 

 

これまで無料だったお店も

 

 

 

 

続々有料化に踏み切ってる感が否めない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、これも時代の流れなんですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そもそも日本って

 

 

 

 

色んなものが無料だったり

 

 

 

 

サービスだったり、どこか

 

 

 

 

至れり尽くせりな部分もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それも手伝って、一昔前では

 

 

 

 

海外諸国から見ても、若干

 

 

 

 

異常に見えてた部分があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、”水”と”安全”はタダとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でこそ、ミネラルウォーターが

 

 

 

 

ペットボトルで普通に売られてるけど

 

 

 

 

以前は、水をお金出して買うなんて

 

 

 

 

考えられなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、安全は自動的に

 

 

 

 

警察なんかが守ってくれて

 

 

 

 

自助努力で安全対策をするなんて

 

 

 

 

あり得なかった。

 

 

 

 

 

 

 

実際に以前は、犯罪も少なかったしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、時と共に安全対策に

 

 

 

 

コストをかけてでも、命や財産を

 

 

 

 

守る意識は、少しずつ養われてきてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうやって、色んなことに

 

 

 

 

価値を見出すべき時代に

 

 

 

 

未だに無料提供が続いてるものもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

救急車とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、国民の命を守る為の

 

 

 

 

国が定めた制度なので、

 

 

 

 

これがあるだけで安心して生活できるけど

 

 

 

 

 

最近では、救急車をタクシー代わりに

 

 

 

 

使う心無い人が居たり、

 

 

 

 

月に何度も、大したことない理由で

 

 

 

 

常連さんのように呼ぶ輩もいたり

 

 

 

 

あれ、全部税金だと思うと

 

 

 

 

もう少しちゃんと使ってほしいし

 

 

 

 

そんな変な理由で無償サービスを使ったら

 

 

 

 

後日請求されるみたいな措置を

 

 

 

 

取った方がいいんじゃないかなとも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達は日本国憲法で

 

 

 

 

文化的な最低限度の生活を営む権利を

 

 

 

 

保障されてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな最低限度の生活を送る上で

 

 

 

 

不自由がほとんどないのは、

 

 

 

 

普段意識していない数々の

 

 

 

 

無償のサービスが、ボク達を

 

 

 

 

支えてくれてるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことにも

 

 

 

 

いちいち感謝しつつ

 

 

 

 

タダなものは何でも使い放題みたいな

 

 

 

 

下世話な感覚は捨てた方がイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く違う、無償コンテンツですが

 

 

 

 

youtubeとかツイッターの

 

 

 

 

動画投稿がもし有料だったら、

 

 

 

 

変なバイトテロ動画とか、

 

 

 

 

フェイク動画とか、他人を傷つける

 

 

 

 

しょうもない投稿が

 

 

 

 

減るんじゃないのかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうなんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

5月18日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,320号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月に入って、日本の経済を動かす

 

 

 

 

重鎮の人達が、今後の日本経済について

 

 

 

 

幾つか触れるコメントを出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で、あの世界のトヨタ自動車の

 

 

 

 

豊田章男社長ですら、

 

 

 

 

『今後の終身雇用の維持は難しい』

 

 

 

 

そう発言してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのトヨタがですよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数年前なんて、営業利益が

 

 

 

 

”億”単位じゃなく”兆”単位だった

 

 

 

 

あの企業ですら、この制度の維持は

 

 

 

 

難しいって言っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高度経済成長を支えた

 

 

 

 

モノ作り大国日本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達のお爺ちゃんやお父さん世代は

 

 

 

 

昭和の時代、休日は日曜日のみで

 

 

 

 

勤勉に働き、日本を大きく成長させました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その下支えになってたのは

 

 

 

 

いわゆる、終身雇用制度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は当たり前だった制度ですが

 

 

 

 

今は時代の変化と共に

 

 

 

 

何か違和感しか覚えないものに

 

 

 

 

なっちゃいましたが、この制度のおかげで

 

 

 

 

ボク達の親世代は安心して

 

 

 

 

子育てができたのかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、昨日のツイッターで

 

 

 

サッカー元日本代表の本田選手も

 

 

 

 

この終身雇用について

 

 

 

 

モノ申してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、こんなツイート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”今後の日本のことを考えると

 

 

 

 

終身雇用を支持する考えには反対やね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる守りの制度なわけやけど

 

 

 

 

少子高齢化に向かう日本は

 

 

 

 

安定を求めて守りに入って

 

 

 

 

安定を得れる状況ではないのは

 

 

 

 

誰もが分かりきってることやのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安定という錯覚など

 

 

 

 

この世に存在しないことを受け入れて

 

 

 

 

行動に移らないと。”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、どう思います?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、この終身雇用制度は

 

 

 

 

ある意味、守りなのかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度就職すれば、自ら退職しない限り

 

 

 

 

定年まで雇用が守られるってヤツですが

 

 

 

 

そもそも、定着性を高めたり、熟練した

 

 

 

 

労働力の確保と養成が目的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノ作り大国の時代は

 

 

 

 

必然だったのかもしれないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、”安定”を求めたい気持ちも

 

 

 

 

判らなくもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクだって、そりゃ家族もあるから

 

 

 

 

不安定より安定したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、何の苦労もなく

 

 

 

 

安定が得られるなんて

 

 

 

 

これっぽっちも思ってないけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、この安定は

 

 

 

 

その辺に落っこちてないってことを

 

 

 

 

理解してない人は、今の時代でも

 

 

 

 

少なからず居るように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからボクは、制度うんぬんより

 

 

 

 

それをまずは、理解させなきゃいけなくて

 

 

 

 

【気付いた時には遅い】んだよって

 

 

 

 

伝えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社や誰かが

 

 

 

 

何かしてくれるのを期待するより

 

 

 

 

自分が会社や誰かの役に立ち

 

 

 

 

感謝されたほうが100倍気持ちいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い頃はある程度良くても

 

 

 

 

歳を重ねて、思考や体力その他が

 

 

 

 

衰えた時、そんな前向きな人しか

 

 

 

 

必要とされない時代が来るって

 

 

 

 

ただ、それだけのことなんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然の摂理だよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

5月10日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,312号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つい最近、TVを見てて

 

 

 

 

あるCMが流れてるのを観ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若者が

 

 

 

 

『会社の為に働きたくない。

 

 

 

 

 社会の為に働きたい』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを言っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何のCMだったかな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この言葉、けっこうカッコイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくよく考えれば、割と深い表現

 

 

 

 

なのかも知れないしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で、

 

 

 

 

「好きなことをして自由に生きていく」

 

 

 

こんなワードもよく目にする昨今、

 

 

 

 

好きなことをして生きて行って、

 

 

 

 

そして起業する。

 

 

 

 

自由な発想で働き、合わなきゃ転職。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んなニュースポータルサイトを見ても

 

 

 

 

また実際に売れている本なんかを見ても

 

 

 

 

こんなテーマやキーワードを

 

 

 

 

よく目にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年は”働き方改革”とか

 

 

 

 

”人生100年時代”なんかも叫ばれてて

 

 

 

 

既存の会社員人生からの脱却が

 

 

 

 

各方面でもてはやされてる感もありますが、

 

 

 

 

果たして本当に

 

 

 

 

誰もが好きなことをして

 

 

 

 

自由に生きていけるんだろうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことも思ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際ボクも、過去

 

 

 

 

これらの言葉に誘惑された一人かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企業に入社すれば、

 

 

 

 

定年まである程度安定した

 

 

 

 

会社員生活を送り、定年退職後に

 

 

 

 

自分の好きなことをして

 

 

 

 

余生を過ごして行ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでに、結婚して、家庭も持ち

 

 

 

 

それなりのしあわせな人生を

 

 

 

 

手に入れることができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若気の至りとは怖いもんで、

 

 

 

 

当時は、本気でそう考えてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな平凡と思える人生が

 

 

 

 

格好悪いと思えば、

 

 

 

 

アウトローな道を行けばいいとかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、待っていた現実は

 

 

 

 

それとはまったく異なり

 

 

 

 

バブルが弾けて、ボーナスも無くなり

 

 

 

 

ベースアップも無かったり

 

 

 

 

普通に、何もしなくても

 

 

 

 

自動的にあるものと思い込んでたものが

 

 

 

 

当たり前じゃなかった、そんな現実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、少しずつ成長し、

 

 

 

 

ある程度の年齢になると

 

 

 

 

雲の上の存在だと思ってた

 

 

 

 

過去の上司たちが、会社から

 

 

 

 

不遇の扱いを受け、去っていく話しを

 

 

 

 

聞いたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ成長過程である今、思うのは

 

 

 

 

現在、世間で言われている

 

 

 

 

『好きなことをして自由に生きていく』

 

 

 

 

為には、自分自身に、どこでも通用する

 

 

 

 

市場価値が あることが

 

 

 

 

最低必須条件だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的言うと、自身のスキルや経験、

 

 

 

 

例えば語学力なんかが、

 

 

 

 

本当にどこでも通用するのか

 

 

 

 

見極めなくちゃならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは大企業出身だからとか

 

 

 

 

所属している会社の規模とは

 

 

 

 

まったくと言っていい程、関係ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろ今の時代は大企業って、

 

 

 

 

ある程度仕組みが整って

 

 

 

 

役割分担が明確化された会社で

 

 

 

 

働いている人の方が、

 

 

 

 

自社内でしか通用しないスキルしか

 

 

 

 

持ってなかったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな市場価値が、もし

 

 

 

現在の自分自身に

 

 

 

 

備わってないのであれば

 

 

 

 

まずは、自身の市場価値が

 

 

 

 

今いる場所以外で必要としている人が

 

 

 

 

本当にいるのかどうか

 

 

 

 

会社を辞める前に冷静に

 

 

 

 

見定める必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、”自由に生きる”なんて

 

 

 

 

言葉に惑わされ、むやみに

 

 

 

 

会社を辞めてしまっては

 

 

 

 

中々マズイんじゃないかとも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勤めてる会社が倒産する

 

 

 

 

ってリスクもあるけど、起業して

 

 

 

 

その自分の会社が倒産するリスクもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ては自らの選択に委ねられるけど

 

 

 

 

どちらの道に行くにせよ

 

 

 

 

リスクがゼロなんてことはあり得ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このことが何故か忘れられ、

 

 

 

 

会社員であること=不自由みたいな

 

 

 

 

レッテルを貼りカッコイイ言葉で

 

 

 

 

無責任に世間を煽るのは

 

 

 

 

どうかとも思ったりするけど、

 

 

 

 

最終的な責任者は紛れもなく自分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにしても

 

 

 

自分は本当に市場価値のある人間なのか

 

 

 

しっかりと見極めなければいけないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、会社という小さなコミュニティで

 

 

 

仮に成果を上げられず

 

 

 

 

だからそこから逃げ出し

 

 

 

 

自由な発想さえ持てれば

 

 

 

 

更にデカい社会というコミュニティで

 

 

 

 

成果があげられるのか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えなんか、言わずもがなだと

 

 

 

 

思うのはボクだけでしょうか・・・

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

5月3日 金曜日、GW10連休

 

 

 

 

7日目の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,306号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連休前、縁あって

 

 

 

 

某ヘッドハンティング会社の人と

 

 

 

 

仕事上で”転職”について

 

 

 

 

議論する機会がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その人がこんな事を言ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『いくら学歴が良くても、どんな有名企業に

 

 

 

 

 勤めた経歴がある人でも、

 

 

 

 

 これまできっちり成果を求められて

 

 

 

 

 こなかった人は、その後全く

 

 

 

 

 使いものにならない。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳しい言葉だけど、

 

 

 

 

ボク自身、そりゃそうだとも思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『そうかも知れませんね。。。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『そうです。言うなれば、成果を出したとか

 

 

 

 

 出していないよりも、”成果を出せ”と

 

 

 

 

 求められてきて、それと必死に

 

 

 

 

 向き合ってきた人が強い。

 

 

 

 

 だから一般的に”ブラック企業”って

 

 

 

 

 言われる所で生き残った人って、

 

 

 

 

 意外と人気あるんですよ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『なるほど…』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな話しの中で

 

 

 

 

以前テレビで聞いた

 

 

 

 

こんな情報を思い出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和の高度経済成長を経て

 

 

 

 

令和の今の日本は

 

 

 

 

確実に貧しくなってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界的に見て、GDPは

 

 

 

 

アメリカに次いで、日本でなく中国が続き

 

 

 

 

一人当たりのGDPでは、シンガポールや

 

 

 

 

香港にも抜かれ、世界第20位。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノ作り大国”日本”が

 

 

 

 

スゴかった時代はもう遥か昔。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそのしわ寄せが来るのは

 

 

 

 

何かに”依存”している人達。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”国”に依存する人、

 

 

 

 

 

”会社”に依存する人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

税収が減れば、”国に依存”

 

 

 

 

する人は貧しくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社が傾けば、”会社に依存”

 

 

 

 

する人も貧しくなる。

 

 

 

 

 

 

 

お金がなければ、福祉や雇用を

 

 

 

 

充実させることは難しいからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話しを戻すと、その某ヘッドハンターは

 

 

 

 

こんなことも言ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『だいたいね、学校を卒業してから

 

 

 

 

 何十年もチャレンジせず、

 

 

 

 

 のらりくらりと仕事してたら、

 

 

 

 

 そりゃヤバいですよ。

 

 

 

 

 会社が突然リストラはじめたり、

 

 

 

 

 会社から突然、マルチタスクと言う名の

 

 

 

 

 

 これまで経験のない

 

 

 

 

 

 無理難題を課せられたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな人は基本的に、

 

 

 

 

 イレギュラーに対応できない。

 

 

 

 

 そうなってからじゃもう、遅いんですよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞けば聞く程、厳しい意見(+_+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、どうすればいいのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはあくまで私見ですが

 

 

 

 

ボクはやはり、自分が会社に

 

 

 

 

何をどう貢献できるかってコトを

 

 

 

 

常に考えられるような人じゃないと

 

 

 

 

必要とされにくい世の中に

 

 

 

 

なるんじゃないかと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも、中途採用の面接とかでは

 

 

 

 

『あなたと縁があった場合、

 

 

 

 

 ボク達のホテルにどんなイイ事があり

 

 

 

 

 あなたにはどんなイイ事がありますか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見ちょっと意地悪かもしれませんが

 

 

 

 

そんな質問をすることが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この質問にちゃんと答えられる人って

 

 

 

 

大体の場合、必要と思われる苦労を

 

 

 

 

少なからず積んでて、どういう訳か

 

 

 

 

大企業出身ではなかったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、一概には言えませんが

 

 

 

 

 

安定した大企業が悪い訳じゃなく

 

 

 

 

それに”依存”してた人は

 

 

 

 

転職も上手くいかないんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮に就職できても

 

 

 

 

大成はしにくかったりね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重ねて言いますが、大企業や

 

 

 

 

そこでの安定が悪いって

 

 

 

 

言いたいわけじゃありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクだって、過去転職を4回程しましたが

 

 

 

 

大体、従業員が300人を超える

 

 

 

 

大企業だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大企業を経験して

 

 

 

 

 

どちらかと言えばベンチャーな

 

 

 

 

今の会社に転職組として席を置いてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、腰掛なんて思ってなくて

 

 

 

 

本気でこの会社とホテルを

 

 

 

 

良くしたいって思ってるし、

 

 

 

 

ボクの頑張りで、それが実現できる

 

 

 

 

可能性を秘めた、スゴクいい会社に

 

 

 

 

居られてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、そんな会社のイチ従業員であり

 

 

 

 

サラリーマンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、安定してない分

 

 

 

 

サバイバル的な感覚や

 

 

 

 

経営者目線は確実に養われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お給料を払う側の気持ちや

 

 

 

 

売上じゃなく”利益”というものが

 

 

 

 

如何に大事なのかとか、

 

 

 

 

社員やスタッフの生活を守っていくことが

 

 

 

 

どんなに重要で大変かとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、某ヘッドハンティング会社の人の

 

 

 

 

話をきいてても、

 

 

 

 

『やべーな、大変な時代になったな』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という危機感はあまり感じず、

 

 

 

 

逆にサラリーマンとして、

 

 

 

 

経営に貢献できるように

 

 

 

 

これからも頑張ろうと思えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは恐らく、転職を考えることは

 

 

 

 

無いと思いますが、もしお考えの方は

 

 

 

 

既述のような”覚悟”持てるかどうか

 

 

 

今一度、振り返られることをおススメします。

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

5月2日 木曜日、GW10連休

 

 

 

 

6日目の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,305号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先月末に起きた

 

 

 

 

皇族が通う学校へ何者かが侵入し

 

 

 

 

刃物を置いて立ち去るっていう

 

 

 

 

ちょっと奇妙な事件。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犯人も逮捕され、まずは一安心って

 

 

 

 

ところなんでしょうが、あの事件が起きた時

 

 

 

 

ボクが真っ先に思ったことは

 

 

 

 

不審者の侵入を許してしまった

 

 

 

 

警備担当の人、大丈夫だろうかってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、大変な事件だと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

万が一のことがあれば

 

 

 

 

場合によっては人命に関わる可能性もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為に、学校は警備を配置し

 

 

 

 

誰でも自由に出入りできない環境を

 

 

 

 

整備してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、工事関係者を名乗り

 

 

 

 

侵入したんでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その警備を配置する”目的”が

 

 

 

 

日々の平穏な日常の中で

 

 

 

 

希薄になってた可能性があると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『警備員を配置すること』

 

 

 

 

目的になってて

 

 

 

 

『安心安全な環境を保つ為』

 

 

 

 

から乖離してたってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達も、仕事をする上で

 

 

 

 

当初の目的から逸脱しがちなことって

 

 

 

 

実は山ほどほある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、ホテルマリノアリゾート福岡が

 

 

 

 

お客様をお迎えする目的は

 

 

 

 

日頃の喧噪から離れ

 

 

 

 

ホテルに足を踏み入れた時

 

 

 

 

癒され、明日への活力を養える場所を

 

 

 

 

提供したいってことがスタートであり

 

 

 

 

ボク達が働く目的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、時折オペレーションが先に立ち

 

 

 

 

”ボク達の都合”が前面に出てしまう時

 

 

 

 

これは目的からの逸脱と言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【忙しかったから、通常の工程を端折った】とかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、この『目的の共有』は

 

 

 

 

常に、何度も繰り返し繰り返し

 

 

 

 

行わなきゃならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間は忘れる生き物だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回事件が起きるきっかけとなった

 

 

 

 

犯人の侵入を許した時の警備員さん、

 

 

 

 

多分、大目玉どころの騒ぎではなく

 

 

 

 

警備会社も業務委託だと思うので

 

 

 

 

契約解除になるとか、そんなオオゴトに

 

 

 

 

発展してもおかしくない

 

 

 

 

内容なんじゃないかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、警備会社だから

 

 

 

 

警備に不備があり、その責任を

 

 

 

 

追及されるのは已む無しとは思うけど

 

 

 

 

学校側にも危機管理についての

 

 

 

 

認識の低さは問題で、責任はあり

 

 

 

 

今回大事にならなかっただけ救いであり

 

 

 

 

『今後どうするか』が一番大事で、

 

 

 

 

誰かが何らかの責任を取るしかない

 

 

 

 

ってのはナンセンスだと思うけど

 

 

 

 

 

どうなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警備員さん、大丈夫かなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

報道ではそこまで

 

 

 

 

明るみに出ることはありませんが

 

 

 

 

勝手に心配してしまう

 

 

 

 

ボクなのでした。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

4月30日 火曜日、GW10連休

 

 

 

 

4日目で、平成最後の日

 

 

 

 

”なおくんブログ”1,303号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうしたら文章力をつけることができますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立場柄、ビジネス文章を書いたり

 

 

 

 

企画書を書いたり、このブログもそうだけど

 

 

 

 

文章を書くことが割と多いボクは

 

 

 

 

こんな質問を受けることもしばしば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、実は自分がそこまで

 

 

 

 

文章が上手だなんて思ってなくて

 

 

 

 

じゃあ、何を基準に書いてるかというと

 

 

 

 

どうすればより、”伝わる”だろうか

 

 

 

 

ってことだけを考えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、メールでもブログでも

 

 

 

 

一番大事なのはビジュアル”

 

 

 

 

なんじゃなかろうかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジュアルって言われても

 

 

 

 

ピンと来ませんよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は、見え方ってことで

 

 

 

 

より簡単に言うと、読みやすさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に文章を書くのが苦手だって人は

 

 

 

 

大体、自分の”文章力がイマイチだから”

 

 

 

 

うまくいかないって思ってる節がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、上手な文章なら

 

 

 

 

何をどんな風に書いても

 

 

 

 

読んでもらえるかって、

 

 

 

 

必ずしもそうじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人って大体、「読みたいな」って

 

 

 

 

感じるかどうかは、

 

 

 

 

1行の文字数とかスペースなどの

 

 

 

 

”視覚的要素”に大きく影響されるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク自身、活字を読むこと自体は

 

 

 

 

そんなに苦じゃないけど、

 

 

 

 

パッと見て

 

 

 

 

『うわー、読みたくねー・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ってしまう、文字だらけの文を

 

 

 

 

時々見かけたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると、実際に読んでみても

 

 

 

 

無駄に時間が掛かったり、

 

 

 

 

内容が全然入ってこなかったり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと同じことが

 

 

 

 

メールにもブログにも起こるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは、ビジネスメールに絞って

 

 

 

 

説明しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、「読みづらいメール」って

 

 

 

 

どんなものかと言うと、

 

 

 

 

専門家が言うには

 

 

 

 

 

 

 

 

①、1行の文字数が多い

 

 

 

 

②、行間が詰まって、空白の行が無い

 

 

 

 

③、改行が無い

 

 

 

 

④、文章が5行以上続く

 

 

 

 

⑤、箇条書きにすべきことが文章で書かれてる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな特徴があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

判る気、しません?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「読みにくい」って判断された場合、

 

 

 

 

メールを開いたとき、即座に

 

 

 

 

相手の読む気を失せさせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなると、余程特別な相手からじゃなきゃ

 

 

 

 

後廻しにされる可能性は高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、それがビジネスメールだった場合

 

 

 

 

受け手は我慢して目を通す。

 

 

 

 

仕方なくね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただこの時点で、受け手の

 

 

 

 

送り手に対する印象は

 

 

 

 

決していいもんじゃないし

 

 

 

 

伝えたいことも半減するかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と、誰もハッピーじゃ

 

 

 

 

なくなるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクもこのブログを書くとき、

 

 

 

 

”一行の長さ”は

 

 

 

 

スマホで見た時、できるだけ

 

 

 

 

1行で見える文字数に制限してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、フォントの大きさにも

 

 

 

 

 

一応こだわりがあって、

 

 

 

 

 

スマホで見た時、見易い文字の大きさに

 

 

 

 

毎回いちいち変換してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行間も、必ず4行空けてるし、

 

 

 

 

話しの内容が変わる場合

 

 

 

 

10行くらい空けたりして、

 

 

 

 

読み手に読んでもらいやすい工夫を

 

 

 

 

少なからずしてるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、ブログって

 

 

 

 

書くことが目的じゃなくて

 

 

 

 

 

読んでもらうことが目的といっても

 

 

 

 

過言じゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に言うと、伝えたいことが

 

 

 

 

相手に伝わればもっといい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、みなさまも

 

 

 

 

ほんのちょっとした気遣いで

 

 

 

 

読み手に優しい文章が

 

 

 

格段に上手に書けると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トライしてみてくださいヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~あとがき~

 

 

 

 

 

 

あと、文章の”ビジュアル”って観点では

 

 

 

 

「漢字」の使い方にも

 

 

 

注意したほうが良かったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひらがなばかりで書くと、稚拙に見えるけど

 

 

 

 

だからって、必要以上に漢字が多用されると

 

 

 

 

一気に読みづらくなり、見た瞬間に

 

 

 

 

全体が〝黒っぽく〟なる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人によっては、それだけで

 

 

 

 

読みたくなくなっちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひらがなと漢字をバランスよく使って

 

 

 

 

これも見た目の読みやすさを

 

 

 

 

意識するといいようです。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

4月28日 日曜日、GW10連休

 

 

 

 

2日目の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,301号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月末、ボク達のホテルに

 

 

 

 

この4月に入社した新入社員さん達に

 

 

 

 

初めてのお給料、”初任給”が

 

 

 

 

支給されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然ながらこの令和になろうとしてるご時世、

 

 

 

お給料の現金支給をやってる会社は

 

 

 

 

本当に少なくなってるというか

 

 

 

 

現存してるのかどうかも解らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ボクがガキの頃

 

 

 

 

オヤジが給料袋を

 

 

 

 

お袋に渡してるシーンは今で覚えてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和はそんな時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達の会社では、給与の明細が入った

 

 

 

 

封書が個々に配布されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達のような管理職に

 

 

 

 

セクション毎に封筒が渡され

 

 

 

 

それを各現場に持ち帰って

 

 

 

 

メールボックスに入れたり

 

 

 

 

デスクの引き出しに届けたり

 

 

 

 

顔を合わせれば直接渡したり、

 

 

 

 

人によっては色々な渡され方が

 

 

 

 

あるようですが、ボクが管理職になって以来

 

 

 

 

勝手なポリシーがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この明細は、基本何があっても

 

 

 

 

ボクが個々に手渡しをする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何でそうしてるのか

 

 

 

 

よく覚えてないんですが、

 

 

 

 

多分過去、メールボックスにポーンと

 

 

 

 

無造作に入れられてた経験から

 

 

 

 

”これ、何か味気ないな”って

 

 

 

 

思ったからかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、皆が一か月間

 

 

 

 

一生懸命働いてくれたことに

 

 

 

 

少なからず感謝したいし、労いの言葉の

 

 

 

 

一言でもかけたいなって思うから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に特段コメントする訳でもないんですが

 

 

 

 

『一か月、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 来月もよろしくね!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなレベル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、個人的にはその些細なことが

 

 

 

 

メチャクチャ大事だって思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝わるかどうか解んないけど

 

 

 

 

細々と続けて行こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、新入社員さんの初任給に

 

 

 

 

話しを戻すと、この4月

 

 

 

 

ウェディングプランナーを夢見る

 

 

 

 

新入社員さんが1名、

 

 

 

 

婚礼部門に配属されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの直属の部下になるから、

 

 

 

 

お給料日、ボクがその子に

 

 

 

 

明細を手渡します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『初任給、おめでとう!』

 

 

 

 

そう言うと、

 

 

 

 

瞳をキラキラ輝かせ

 

 

 

 

本当に嬉しそうに

 

 

 

 

『ありがとうございます!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気に受け取ってくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『何に遣うの?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下世話ですが、お決まりの事を聞くと

 

 

 

 

『親に何か贈り物をしたいです!!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おー!

 

 

 

 

そうかそうか。

 

 

 

 

ええ子や・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも27年前、お袋に

 

 

 

 

初任給で香水を買って贈ったなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初任給って、一生に一度しかない

 

 

 

ある意味、特別なものかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、今の気持ちを忘れず

 

 

 

 

永く頑張って欲しいなと願った

 

 

 

 

ひとときでした。

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

4月24日 水曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,297号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末からのGWに向け

 

 

 

 

ある飲食店経営の人かな?

 

 

 

 

 

 

 

その人がツイートした内容が

 

 

 

 

今反響を呼んでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”お願いがあります。

 

 

 

 

GW10連休では外食する方も多いでしょう。

 

 

 

 

店はずっと営業しますが、

 

 

 

 

材料の納品先は休みです。

 

 

 

 

すると、発注量の計算がずれて

 

 

 

 

品切れになることもあります。

 

 

 

 

 

 

そんな時は「クソがぁ」ではなく

 

 

 

 

「がんばって!」と温かい目で

 

 

 

 

見守っていただきたいのです。

 

 

 

 

 

 

真心もって営業しますから。”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このツイートに対して

 

 

 

 

一定の理解を示人も居れば

 

 

 

 

そんな、店の都合を

 

 

 

 

金を払う客に押し付けるな的な

 

 

 

 

賛否両論あるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの個人的見解ですが

 

 

 

 

『判るなぁー・・・』ってとこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと、いつも以上に混雑するであろう

 

 

 

 

大型連休の飲食店、てんてこ舞いだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お店だって、当然かき入れ時だから

 

 

 

 

それを見越して色んな準備をすると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、お客様が来るってことは

 

 

 

 

普段と比較し、何倍も読みやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、この飲食店経営の人が

 

 

 

 

言ってることって、その準備をした上で

 

 

 

 

想定を超えてしまう可能性もあって

 

 

 

 

その時はご容赦下さいってことだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現実問題、材料の仕入れ先は

 

 

 

 

大体食材の卸問屋さんだったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼお休みだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、問屋さんの立場で考えると

 

 

 

 

仕入れる更に先のメーカーさんとか、

 

 

 

 

畜産、漁業関係者も、農家さんだって

 

 

 

 

きっと稼動しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、お店のもう一つの問題として

 

 

 

 

人員を確保できていないまま

 

 

 

 

営業をせざるを得ない場合も

 

 

 

 

あるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな休みたいだろうからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてユーザー側としては

 

 

 

 

お父さんも折角の休みだから

 

 

 

 

家族サービスしなくちゃとかで

 

 

 

 

大渋滞の中、ハンドルを握ったりする。

 

 

 

 

普段、仕事で疲れてんのに。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行楽地も混雑し、食事も長時間並び

 

 

 

 

やっとの思いでありつけると思った途端

 

 

 

 

イメージ通りの食卓にならなかったり

 

 

 

 

それを受けた家族からの苦情に直面すると

 

 

 

 

そりゃイライラすると思う。

 

 

 

 

人間だもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そんな時だからこそ

 

 

 

 

【お互い様】って気持ちと、

 

 

 

 

時間ともゆとりを持ち

 

 

 

 

あたたかく見守ってあげて欲しいと

 

 

 

 

心から思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクもサービスを提供する側だから

 

 

 

 

自分サイドのことを甘くは言いにくいけど

 

 

 

寛大な気持ちで過ごす方が

 

 

 

 

どっちにとっても絶対にイイ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけは間違いなく言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、お店側の最大限の

 

 

 

 

努力があっての話しですが、

 

 

 

 

ボクもGW、必死に頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んなサービス提供において

 

 

 

 

ベストを尽くしますので、是非お気軽に

 

 

 

 

ホテルマリノアに遊びに来て下さいねヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

4月23日 火曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,296号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成が終わろうとしている今、

 

 

 

 

昭和の時代に”経営の神様”と慕われた

 

 

 

現Panasonicで、当時の

 

 

 

 

松下電器産業の創設者

 

 

 

 

松下幸之助氏の名言や偉業は

 

 

 

 

枚挙にいとまがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、これからの社会を

 

 

 

 

支えて行くと言われてる、ボクも含め

 

 

 

 

30代や40代の人達からは

 

 

 

 

話しに聞いたり、本で知る位で

 

 

 

 

だいぶ遠い存在になってると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然ボクなんて会ったこともない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それもそのはず、ボクが生まれた頃

 

 

 

 

会社の役職を退き、後の

 

 

 

 

松下政経塾なる勉強会を

 

 

 

 

私財を投じて設立し、

 

 

 

 

社会貢献したことでも有名。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はその、松下幸之助氏の

 

 

 

 

ひとつのエピソードをご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日書いた、”人への関心”

 

 

 

 

少なからず付随しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるとき、松下氏が側近と雑談してた時のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある海外の著名人が来日し、滞在中に

 

 

 

 

松下氏と面会することになったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松下氏が突然、

 

 

 

 

「あんた、その人どういう人か知ってるか」

 

 

 

 

と聞いてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側近は、知り得る経歴のみを答えると、

 

 

 

 

松下氏は頷きながら、「そうか」と一言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが翌日も「その人はどういう人か」と

 

 

 

 

同じ質問をしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側近は、「また同じ質問?」と思いながら

 

 

 

 

 

全く同じ回答。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松下氏も前日と同様に

 

 

 

 

「そうか」とうなずく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その翌日もまた

 

 

 

 

全く同じ質問。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして同じ答え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側近は、何で同じことを連日

 

 

 

 

3回も聞くのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかして、ちょっと

 

 

 

 

ボケちゃったか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とも思ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして松下氏を見送りながら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『イヤ待てよ・・・

 

 

 

 

何回も同じことを聞かれてるってことは

 

 

 

 

 

もっと他の情報をよこせってことなんじゃないか』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と感じます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてすぐに本屋に行き、

 

 

 

 

面会予定の著名人の著書を買い

 

 

 

 

徹夜で読み、レポートを作り

 

 

 

 

その内容をカセットテープに

 

 

 

 

吹き込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして翌日、松下氏が

 

 

 

 

また同じ質問をしようとした時

 

 

 

 

調べたことを必死で報告し

 

 

 

 

レポートとカセットテープを渡しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松下氏は側近の報告を熱心に聞き

 

 

 

 

質問もしてくれたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その翌日・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝、車を迎え、ドアを開けると

 

 

 

 

降りてきた松下氏が側近の前に立ち

 

 

 

 

こんなことが起こったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側近の顔を、じっと見つめる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思わず、身体が硬直し、

 

 

 

直立不動していると、

 

 

 

 

松下氏は側近の顔を見つめながら、

 

 

 

 

 

 

 

 

「君、なかなかいい声、しとるなぁ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、その一言をかけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その瞬間、側近は体が震えるほどの

 

 

 

 

感動を覚え、

 

 

 

 

”この人の為なら死んでもいい”

 

 

 

 

とさえ、思ったと記されてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと大袈裟ですが、

 

 

 

 

何で、死んでもいいと思えたのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、松下氏の言葉が

 

 

 

 

”昨日渡してくれたテープ、聞いたよ”

 

 

 

 

ってだけじゃなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『よく気が付いたな、よく調べてくれたな、

 

 

 

内容もよかった、それに

 

 

 

 

わざわざテープに吹き込んでくれて

 

 

 

 

ありがとうな』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなすべての思いを込めた

 

 

 

 

一言だと心から感したからでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に、自らの思いを、相手が気づくまで

 

 

 

 

辛抱強く、何度も同じ質問を

 

 

 

 

重ねてくれたんだと思ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

如何でしょうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のブログのハナシに戻るけど

 

 

 

 

このエピソードは、上司と部下の

 

 

 

 

関係性の本質を表してると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側近は松下幸之助氏の

 

 

 

 

「自分へ対する関心」に

 

 

 

 

始終興味を持ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上司に興味を持ってもらえないときには動揺し

 

 

 

 

興味を示してもらえれば、心の底から感動する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど人間って、こんな単純な

 

 

 

 

生き物なんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっちも相手の想いを汲む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このことだけで、人の心を動かせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純だけど、”人に関心”がないと

 

 

 

 

できない事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなエピソード、昭和の時代の

 

 

 

 

話しではありますが、今も充分共感できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと、どんな時代であろうと

 

 

 

 

人と人とが関わり合う以上

 

 

 

 

関心を持ち続けることって

 

 

 

 

大事なことなんだと思うな。

 

 

 

 

Page Top