皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

7月1日 月曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,355号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元ライブドアの社長で

 

 

 

 

有名な実業家 ホリエモンこと

 

 

 

 

堀江 貴文さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯に衣着せぬ物言いは、

 

 

 

 

やはり賛否両論あって、

 

 

 

 

でも、ボクは結構好きな人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メディア露出も多い中で

 

 

 

 

極端な表現を使うこともあったりするけど

 

 

 

 

割とわざと言ってるように感じる時もあり

 

 

 

 

『この人、聡明だなー』って思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何より、行動力がハンパない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのホリエモンさん、

 

 

 

 

これまで色んな明言を残してますが

 

 

 

 

ボクも『それ、ボクも意識してる・・・』

 

 

 

 

ってのが最近ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ、どんなことかっていうと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”すべての物事を、できるを前提に

 

 

 

 

できる理由だけを考えて、走りだせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ無理と思わず、「俺はできる!」

 

 

 

 

と確信して、動こう。

 

 

 

 

 

 

 

 

うまくいく方法は、動いているうちに見つかる。”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どう思います?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”できる”と思い込む、いわゆる

 

 

 

 

自己暗示的なもんだと思いますが

 

 

 

 

 

この自己暗示って、経験上

 

 

 

 

ボクは絶大な効果があると

 

 

 

 

思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、ボクの仕事上、

 

 

 

 

レストランとかでやるサービスのひとつに

 

 

 

 

 

 

 

”デクパージュ”と呼ばれる

 

 

 

 

お客様の目の前で、肉や魚を

 

 

 

 

切ったり捌いたりして、カッコよく

 

 

 

 

お皿に盛りつけるサービス技法がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遥か昔の若い頃、先輩の所作を

 

 

 

 

何度もなんども見て、やはり

 

 

 

 

”カッコイイな。自分もああなりたいな”

 

 

 

 

そう思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、お客様からお金を頂戴して造る

 

 

 

 

かけがえのないお料理。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗は許されないから、不慣れな若造は

 

 

 

 

そうそうやらせてもらえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと修行を積んでから

 

 

 

 

できるようになるもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしあるとき、

 

 

 

 

自分にもそれをやるチャンスが訪れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実践する予定だった先輩が

 

 

 

 

別のお客様の質問に捕まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、料理はそこまで来てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶏を一羽丸々

 

 

 

 

ローストしたものだったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注文されたお客様は、

 

 

 

 

きれいに捌かれ、自分のところに

 

 

 

 

料理が届くのを待ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”やるしかない”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったのと同時に、

 

 

 

お客様の前で、ビクビクしながら

 

 

 

 

不慣れ感全開でサービスするのは

 

 

 

 

”格好悪い”って思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、実践するのは初めてだったけど

 

 

 

 

『オレはできる!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の根拠もありませんが、

 

 

 

 

自分にそう言い聞かせ、

 

 

 

 

目の前の鶏に立ち向かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『格好よく見えるように、

 

 

 

 

わざとオーバーアクションで

 

 

 

 

余裕があるように、お客様と会話しながら

 

 

 

 

やってやろう』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことも思いながら

 

 

 

 

一心不乱にやってみたら

 

 

 

 

意外とイケる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの、『自分はできる』って自己暗示

 

 

 

 

意外とスゲーなって思った瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とかお客様も喜んでくださり

 

 

 

 

事なきは得ましたが、その後先輩からは

 

 

 

 

『勝手な事すんじゃねー』って

 

 

 

 

叱られましたけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホリエモンさん、今はロケットビジネス

 

 

 

 

なんかも手掛け、初めは

 

 

 

 

『ホリエモンなんかにできる訳ない』って

 

 

 

周囲からもかなり批判もされたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、『え? できますけど?』って

 

 

 

 

当たり前の気持ちで突き進めた。

 

 

 

 

 

 

結果、何度かの失敗を経て

 

 

 

 

今年の5月4日、観測ロケットの

 

 

 

 

打ち上げに成功したのは周知のとおり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分にできるかな……

 

 

 

 

そんな不安は多少あるかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、『やれる!』って気持は

 

 

 

 

時に意外なパワーを発揮することもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも後輩には

 

 

 

 

『自分はやれると思って胸を張れ』

 

 

 

 

そう指導してますが、ある意味

 

 

 

 

自分にも言い聞かせてる部分はある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも、自分を信じて

 

 

 

 

挑戦し続けたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思います。ヽ(^。^)ノ

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月30日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,354号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月も終わりですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月って聞くと、本格的な夏到来を

 

 

 

思わせる時期です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏はお祭りや花火大会など

 

 

 

子供には楽しみな季節。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチの娘ちゃんも

 

 

 

 

高校生ではありますが、一丁前に

 

 

 

 

毎年浴衣なんかを着て、お祭りとか

 

 

 

 

行きたがってますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、そんな夏を前に

 

 

 

 

昨夜娘ちゃんから

 

 

 

 

ある事実を告げられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『好きな人がいるんだよねー』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話しを聞くと、ボクに言うのは恥ずかしいので

 

 

 

 

黙っていたんだけど、別に悪い事してないし

 

 

 

 

これから先の事を考えて

 

 

 

変な心配もかけたくないし

 

 

 

ちゃんと話しておこうと

 

 

 

 

思ったんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、いいことなんじゃない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『その彼、どんな子なのさ?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、見たわけじゃありませんが

 

 

 

 

誠実でちゃんとした子らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お勉強もできて、自分の学校とは違う

 

 

 

 

進学校に通ってるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に彼からも、

 

 

 

”親にはちゃんと話した方が良い”と

 

 

 

 

言われてたんだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『最近のガキにしちゃ、まともな感じやな・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にそう思いましたし、

 

 

 

 

応援する気持ちも伝えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、ちゃんとお勉強とか部活とか

 

 

 

 

やるべきことをやったうえで

 

 

 

 

いい想い出作りな!ってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に、そうでしょうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い返せばボクも

 

 

 

 

高校生の頃、恋もしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな経験した時期だったし、

 

 

 

 

男ってことで、親もあまり

 

 

 

 

心配はしなかったけど

 

 

 

 

冷や冷やはさせてたと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のことを棚に上げ

 

 

 

 

娘ちゃんにとやかく言えるような

 

 

 

 

高校生活を送ってた訳じゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、何でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この、快晴ではない

 

 

 

 

何となくどんより気味な気持ちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨のせいかな。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、まだまだガキなので

 

 

 

 

お嫁に行く時とは

 

 

 

 

違う気持ちなんでしょうが

 

 

 

 

ちょっとは似てんじゃないのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思う次第。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、子供はいつか必ず

 

 

 

 

親元を巣立っていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時期が少しずつ近づいているのは

 

 

 

 

間違いないんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘を持つ男親って

 

 

 

 

多分娘の嫁入りに対し、

 

 

 

 

嬉しさと寂しさが入り混じる

 

 

 

 

独特の感情になると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから先体感する子の成長を踏まえ

 

 

 

 

親の気持ちを知り、より素敵な

 

 

 

 

結婚式を創れるようになりたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことも考える。

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月29日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,353号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近ふと思ったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”怒る”ことに

 

 

 

 

ほとんど生産性向上は無いって事実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔は”怒られて学ぶ”

 

 

 

 

そんな時代だったことは確か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、ボクが子供の頃

 

 

 

 

部活なんかで怒鳴り散らして教える

 

 

 

鬼コーチを『おかしい』って言う人は

 

 

 

 

ほとんどいなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、巨人の星とかの

 

 

 

 

”スポ根”全盛の時代だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫画やドラマの世界にも

 

 

 

 

 

「怒鳴られ、時には殴られながら

 

 

 

 

選手たちは成長していく」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなストーリーが多くあったし、

 

 

 

 

現実にもそういう逸話が語られ、

 

 

 

 

非難されるどころかむしろ

 

 

 

 

美化されてたように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクがやってた剣道の世界でも

 

 

 

 

そうだったしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな昔の部活動と同じようなこと

 

 

 

 

日本の社会で、実は今も見聞きする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事ができない部下を

 

 

 

 

必要以上に叱責する上司が居たり

 

 

 

 

接客が不十分な店員を叱る

 

 

 

 

お客様や店側だったり

 

 

 

 

駅の混雑で、駅員に文句を言う

 

 

 

 

乗客とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、時代は変わってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒ったり怒鳴ったりすることに

 

 

 

 

何の意味がある?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、殴るなんて

 

 

 

 

もってのほか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな意見に耳を傾け

 

 

 

 

賛同する人が今はかなりの大多数。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと、具体例を挙げようと思うけど

 

 

 

 

ボクがたまに行く、

 

 

 

 

料理もそこそこウマい居酒屋があって

 

 

 

 

ある日、新しい店員さんが入ってきてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一生懸命頑張ってるように見えるけど

 

 

 

 

まだ不慣れなので、当然

 

 

 

 

接客もサービスもうまくいかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ仕事をするにしても

 

 

 

 

ベテランに比べて時間がかかるし

 

 

 

 

ミスも多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと不器用なのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らないこともたくさんあるから

 

 

 

 

いちいち店長に尋ねながらやってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然だよな。仕方ないな。

 

 

 

 

ガンバレ、ガンバレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いながら見守ってたけど

 

 

 

 

そこへ店長の罵声が飛ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何もそんな言い方しなくても……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思い、いたたまれず

 

 

 

 

基本的に居辛い雰囲気になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、折角リラックスしに来てるのに

 

 

 

 

見てるだけで気分が悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからというもの

 

 

 

 

その店に足が遠のくようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また誰かが

 

 

 

 

罵倒されているのを見るかと思うと

 

 

 

 

どうしても行く気にならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その店長にも

 

 

 

悪気はなかったとは思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早く仕事を覚えてもらおうと

 

 

 

 

必死だったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

覚えてもらわないと自分も困るし

 

 

 

 

お客様にも迷惑がかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その新人さんの為にって

 

 

 

思ってたかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからつい、

 

 

 

 

大声を上げて叱ってしまった、

 

 

 

 

そういうことだったんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に自分より立場の弱い人を

 

 

 

 

罵倒して楽しんでいた訳じゃないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごく稀にそんな人もいるけど

 

 

 

 

多分そうじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そのせいで店は

 

 

 

 

確実に食事のしにくい場所になり

 

 

 

 

たまにしか使わないし、たいして

 

 

 

 

お金を落とすわけじゃないけど

 

 

 

 

ボクという一人のお客さんを

 

 

 

 

失った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし店長が、若い店員を

 

 

 

 

ひとりの人間として尊重し

 

 

 

 

例えば同じ注意をするにしても

 

 

 

 

丁寧な言葉を使うとか、

 

 

 

人の見ていないところで注意するとか

 

 

 

 

そんな配慮があったなら

 

 

 

 

 

 

結果は大きく違ったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、うちの近所の実話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな経験した人、

 

 

 

 

意外と多いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、生産性がいい筈なくて

 

 

 

 

特にこれからの時代、

 

 

 

 

怒られ慣れてない若い人と

 

 

 

 

イヤでも一緒に

 

 

 

 

やって行かなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、”怒る”ことに

 

 

 

 

基本、意味はないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必要な場合もあるけど

 

 

 

 

あとはやり方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついこの前、娘ちゃんに

 

 

 

 

『あの店でご飯食べたい!』ってせがまれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行きたくねーな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って思っちゃったから

 

 

 

 

書いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月28日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,352号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ数日の間に起きた事件。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学校の担任の先生が

 

 

 

教え子に好意を持ち

 

 

 

 

家に行き、拉致監禁したって話し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にわかに信じられないけど

 

 

 

 

そんな、よく訳のわからない事件が起きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクの娘ちゃんも高校生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回被害を受けた子とは

 

 

 

 

少しだけ離れてはいますが、

 

 

 

 

同じ、女の子の子供を持つ親として

 

 

 

 

看過できない問題だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間、色んな嗜好はあると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、だからと言って

 

 

 

 

何でも個性って話しじゃないし

 

 

 

 

そもそも、やっていいことと

 

 

 

 

ダメなことってある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、分別を付けて

 

 

 

 

子の未来の成長を支えなければならない

 

 

 

 

いい歳した大人が、自分の趣向の為だけに

 

 

 

 

その子に手をかけるなんて

 

 

 

 

あっていいんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクが当事者の親なら

 

 

 

 

今後どう、ケアしていくのか

 

 

 

 

メチャクチャ悩み、心を痛めると思うし

 

 

 

 

絶対に犯人を許せないだろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと言うと、

 

 

 

 

殺さない程度に殺すかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分だけど、被害者にとっては

 

 

 

 

一生消えない傷を負わせた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時折、こんな類の事件が起こります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔、こんな事件ってありましたっけ?

 

 

 

 

 

 

 

ゼロではないにしろ、

 

 

 

 

あまり無かったように思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも時代なんだとすれば、

 

 

 

 

そんな輩が排出される時代、

 

 

 

 

どうなんだろうと思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前に比べ、瞬時に情報が得られる

 

 

 

 

便利な時代。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イイ、ワルイも置いといて

 

 

 

 

ネットの世界には、色んな情報

 

 

 

 

動画なんかも氾濫してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことの積み重ねで

 

 

 

 

個々の趣向嗜好に影響があるとすれば

 

 

 

 

足し引きを考えても、不便なままで

 

 

 

 

良かったんじゃないだろうかと

 

 

 

 

思ったりもする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本で起きた、ひとつの事件だと

 

 

 

 

時間と共に風化するのも仕方ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな事件だってそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この問題、ボク個人的に思うのは

 

 

 

 

かなり厄介で、異常且つ猟奇的な

 

 

 

 

事件だってこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お笑い芸人の闇営業問題を

 

 

 

 

ガンガン特集する暇があるなら

 

 

 

 

 

もっと真剣に、今回の事件を

 

 

 

 

深堀りするべきと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少子高齢化を深刻視するこの国が

 

 

 

 

貴重な子供の未来に影を落とす

 

 

 

 

それよりも、ゴシップに流れて

 

 

 

 

どうするんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この事件があったのは

 

 

 

 

群馬県高崎市だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週、たまたまボク

 

 

 

 

ここに居たんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都会と田舎が入り混じる

 

 

 

 

割と穏やかなベッドタウンって

 

 

 

 

印象でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこで何が起きるか

 

 

 

 

判らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも時代なんでしょうか。

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月27日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,351号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日近所のショッピングモールに行ったら

 

 

 

 

特設のお中元コーナーが

 

 

 

デカデカとかなりの場所を占拠してる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー

 

 

 

 

もうそんな時期かぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思いつつも、今年のボク

 

 

 

 

お中元の事より、初盆の事を

 

 

 

 

考える節がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな年齢に

 

 

 

 

なったってことなんだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年、ホント色々あったし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お中元に話を戻しますが

 

 

 

お中元で貰って嬉しいモノって

 

 

 

 

何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく売られてるのは

 

 

 

 

ビールとか、飲み物とか

 

 

 

 

ハム、ソーセージ、洗剤なんかかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクはガキの頃

 

 

 

 

お中元とかでしか絶対いただかない

 

 

 

 

特別な味のカルピスが

 

 

 

 

メチャクチャ嬉しかった記憶がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルピスって、基本乳白色のアレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなに安くないから、麦茶みたいに

 

 

 

 

ガンガン飲めるもんじゃない。

 

 

(のような記憶がある)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、このお中元の時期だけ

 

 

 

 

ぶどう味とかの、特別なカルピスが

 

 

 

 

お目見えする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、お袋は自宅用では

 

 

 

 

買ってこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなミラクルな

 

 

 

 

子供心をくすぐるモノが

 

 

 

 

嬉しかったなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的なランキングを見ると

 

 

 

 

1位:お菓子

 

 

 

 

2位:ハム・ソーセージ

 

 

 

 

3位:果物

 

 

 

 

 

 

 

なんだって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その理由は、保存がきくか

 

 

 

 

調理しやすいってことのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナルホド・・・・

 

 

 

 

 

 

 

判らんでもないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今のボクは

 

 

 

 

もっぱらビールなんかを頂けると

 

 

 

 

嬉しかったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、こんな時だけ

 

 

 

 

プレミアムビールだったり

 

 

 

 

するでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、何であろうと

 

 

 

 

”自分じゃわざわざ買わないもの”

 

 

 

 

が喜ばれるんじゃないのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の休み位に

 

 

 

 

選びに行きましょうかねェ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様が居るご家庭に贈る際は

 

 

 

 

絶対、カルピスがいいと

 

 

 

 

ボクは思いますよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月26日 水曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,350号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週、なぜか急にバタバタしてまして

 

 

 

 

3日ぶりの更新になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなコト、過去あんまりなかったので

 

 

 

 

もし心配されてる方がいらっしゃったら

 

 

 

 

ゴメンナサイm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、やっと梅雨入りしましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年、九州には梅雨が来ないんじゃないかと

 

 

 

 

思う位、過去例をみない

 

 

 

 

記録的に遅い梅雨入り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだそこまで水不足の心配は

 

 

 

 

ないようですが、どうせ

 

 

 

 

梅雨明け自体は例年通りだとして

 

 

 

 

今後が心配ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボク達としては、お料理に使うお野菜は

 

 

 

 

基本的に契約農家さんから入って来る

 

 

 

 

完全無農薬のもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし今後も雨量が極端に少なかったりしたら

 

 

 

 

テキメンに影響を受ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからと言って、あまりジャンジャン降って

 

 

 

 

災害級になるのも考えもんですが

 

 

 

 

程よく降って、恵を与えてくれたら

 

 

 

 

いいなって思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけに今日、令和初の

 

 

 

 

台風まで発生しましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西日本に上陸する恐れもあるとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるべく週末は避けてほしいとこだけど

 

 

 

 

皆様も、充分お気を付け下さい。

 

 

 

 

 

ではまた(-_-)/

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月23日 日曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,349号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私事で恐縮ですし、既にブログのタイトルでも

 

 

 

 

公言してるんですが、ボクが今

 

 

 

 

主に担うホテルマリノアでの役割は

 

 

 

 

婚礼部門の支配人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、これまでのホテルマン人生において

 

 

 

 

色んな職務を経験させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式やパーティーの会場設営から

 

 

 

 

サービス全般を担う部署や

 

 

 

 

その場でお酒や飲み物を

 

 

 

 

専属で準備し、提供まで行うバー業務

 

 

 

 

ベルボーイ、レストランのギャルソンや

 

 

 

 

酒蔵の番人(ソムリエ)

 

 

 

 

営業職、企画担当など

 

 

 

 

本当に多岐に渡る仕事があり、

 

 

 

 

勉強してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな経験もあって、今では

 

 

 

 

諸々を俯瞰して見れたりアドバイスしたり

 

 

 

 

滞りなく業務が進んでいるかを

 

 

 

 

管理監督することも

 

 

 

 

任されるようになったかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもその中で、レストラン業務は

 

 

 

 

今でも好きだし、楽しかったし

 

 

 

 

得意とする分野のひとつでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクもいい年齢になり、

 

 

 

 

若い頃は当然、今のボクみたいな

 

 

 

 

オジサン先輩から沢山の事を教わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、これからはボク達オジサン組が

 

 

 

 

若い世代を教育し、

 

 

 

 

育てていかなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな立場に立つと、

 

 

 

 

『あの時の先輩苦労したんだなぁ・・・』

 

 

 

 

って今更ながらに思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一部署に関わらず、スタッフの教育って

 

 

 

 

本当に難しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分がイメージするように、

 

 

 

人が育つなんてこと、

 

 

 

 

まずあり得無いと断言できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ面白みもあるんですが

 

 

 

 

最近の若い子は特に

 

 

 

 

お客様に何かをおススメするという、

 

 

 

 

いわゆる”セールス”が

 

 

 

 

非常に苦手なんじゃないかと感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様に商品をお薦めし、

 

 

 

 

それを買っていただくとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、結果的に

 

 

 

お店の売り上げが上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、若い子って

 

 

 

 

【勧めた以上、責任がある】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな風に、難しく考えてしまいがち

 

 

 

 

なんじゃないかと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喜んでくれるかどうか、

 

 

 

 

人には趣味嗜好もあり

 

 

 

 

喜ばれるとは限らないから

 

 

 

 

怖いとかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから今の時代は

 

 

 

 

『これはホテルが胸を張って

 

 

 

 

 商品化してるものだから

 

 

 

 

 心配せず、自信を持って

 

 

 

 

 おススメしていいんだよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうことから教えなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、当の若手スタッフは

 

 

 

 

”そんなこと言われても

 

 

 

 

 

自分が納得できないとちょっと不安。

 

 

 

 

仮に納得できたとしても

 

 

 

 

 

みんながそうとは限らない”

 

 

 

 

そんなネガティブに捉えたりするから

 

 

 

 

体験させたり試食させたりして

 

 

 

 

その価値を理解できる環境を整える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこまでして”腹に落ち”やっと

 

 

 

 

お客様に向かう準備ができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次に、テクニックの問題がある。

 

 

 

 

どんな風におススメすればよいのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲストのタイプや年齢、シチュエーション

 

 

 

 

タイミングや”間”なんかも
 

 

 

 

結構重要で、一夜にしてそう簡単に

 

 

 

 

出来るもんじゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは個人的に、この課題を

 

 

 

 

徹底的に研究してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おススメしたものを

 

 

 

オーダーしていただいた時の嬉しさや

 

 

 

 
それに喜んで頂いた時の

 

 

 

 

ゲストの笑顔が快感だったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランでの主な仕事って

 

 

 

 

お客様の注文された商品を

 

 

 

 

サービスすること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、出すだけだったら

 

 

 

 

極論、誰でもできる訳で

 

 

 

 

プロのサービスマンは、お客様の知らない

 

 

 

商品をおススメ(セールス)することも

 

 

 

 

大切な仕事だったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、どんな商品を

 

 

 

 

どんなセールストークで

 

 

 

 

おススメすればいいか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはみんなで考えなくちゃいけないし

 

 

 

 

教育していかなきゃならない部分でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『セールストークで得られる効果』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①ゲストとのコミュニケーションで、

 

 

 

 

 接客技術の向上に繋がり、成功体験は

 

 

 

 

 更なるプロ意識を芽生えさせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②これまで知り得なかった新たな出会い

 

 

 

 

 (食材やお酒)で、食事の楽しさを感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③売り上げがあがる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この教育と取り組みは

 

 

 

 

継続と意識の強化がないと

 

 

 

 

明確な指示があるときはできるけど

 

 

 

 

指示がないとやらない(やれない)

 

 

 

 

なんてことになったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【原因追究】

 

 

 

 

 

①そもそも、必要性を感じてない

 

 

 

 

②忙しくてセールスする余裕がない

 

 

 

 

③知識(自信)がない。

 

 

 

 

④人員不足

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その原因を踏まえ

 

 

 

 

どうすればいいのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、自分達で考え

 

 

 

 

改善策を練る必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

 

 

①旬を知る(勉強する)

 

 

 

 

②まずは高くないと思うものを薦めてみる

 

 

 

 

③自分が美味しいと思う商品を薦める

 

 

 

 

 

④お客様の好きそうな商品を予想する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【テクニックとして注意すること】

 

 

 

 

①お客様の予算を考える

 

 

 

②美味しそうに伝える

 

 

 

 

③今しかない限定感を出す

 

 

 

 

④声をかけるタイミングを考える

 

 

 

 

⑤シチュエーションを考える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって挙げると難しそうだけど

 

 

 

 

ちゃんと目標を持ち、それに向かい

 

 

 

 

どうだったかを検証すると

 

 

 

 

色んなものが見えて来て

 

 

 

 

楽しくなったりする。

 

 

 

 

そんなことを今後

 

 

 

 

ボクも先輩に教わったように

 

 

 

 

沢山後輩に教えて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、お客様におススメしたものは

 

 

 

 

売りっぱなしじゃなく

 

 

 

 

『どうでしたか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このご意見を聞くことを忘れてはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

そうすと大体のお客様は

 

 

 

 

『お薦めするだけ美味しかったよ!』

 

 

 

 

不思議と後ろ向きなご意見は

 

 

 

 

言わなかったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的には、売上を上げる為に

 

 

 

 

セールスするんじゃなく

 

 

 

 

喜んでもらおうという気持ちでおススメし

 

 

 

 

結果、売り上げが上がる。

 

 

 

 

こんな景色がいいんだろうなと

 

 

 

 

思う今日このごろ。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月22日 土曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,348号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと訳あって

 

 

 

 

昨日から東京に来ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜日にマリノアに居ないなんて

 

 

 

 

多分、過去1回あるか無いか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけ、大事な人に会いにきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京はどんより曇り空。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中越以北の地震の影響や

 

 

 

 

梅雨の雨に見舞われないか

 

 

 

 

多少心配しておりましたが

 

 

 

 

何とか持ってくれそうで

 

 

 

 

多分、帰る頃には降り出すかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んなことを考えさせられる上京でしたが

 

 

 

 

また明るく元気に、遊びに来たいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、やはりオリンピック前。

 

 

 

 

 

 

 

 

どこも工事ラッシュですなー・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに来るのはいいですが

 

 

 

 

住む所じゃねーなと

 

 

 

 

改めて思った東京。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月21日 金曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,347号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の春、家族で沖縄に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃんの中学卒業旅行。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族で宿泊したリゾートホテル、

 

 

 

 

春休みの卒業旅行や家族旅行で

 

 

 

 

思った以上の稼動に驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが沖縄、スゲーな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、館内で食事などをして過ごしてると

 

 

 

 

宿泊ゲストの会話が時折聞こえてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ~、帰りたくないなぁ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、ボクも

 

 

 

 

そう思った節はある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも必ず帰らなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リゾートに来て、日頃のストレスから解放され

 

 

 

 

一気に発散するから

 

 

 

 

きっとそんな思考になるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、南国の非日常空間で

 

 

 

 

過ごすわけだから、楽しいよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルのビーチも既に海開き済。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泳いでる人はそんなに多くないけど

 

 

 

 

プールでのんびりしてる人はそこそこ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは水着すら持って行ってなくて

 

 

 

 

プールサイドのBarでのんびり

 

 

 

 

寛いでました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時、次から次へと

 

 

 

 

家族連れや学生らしきグループがやって来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも30分もすると、次のスケジュールをこなす為に

 

 

 

 

場所を移動する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このリゾートホテル、

 

 

 

 

都会から来るお客様の為に、

 

 

 

 

とんでもない数のオプションが用意されてた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラセイリングや、サンセットクルーズとか

 

 

 

 

シュノーケリングとか、どれもこれも

 

 

 

 

そこそこ魅力的なものが多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、当然ながらやればやるほど

 

 

 

 

お金はかかり、観光客は

 

 

 

 

”折角だから”と財布の紐はゆるくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな仕組み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも一方で、最近リゾートには

 

 

 

 

何もしたくない客層というのも

 

 

 

 

一定数いる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都会の喧騒から離れ、たまには家族や

 

 

 

 

恋人と、のんびり過ごしたり

 

 

 

 

対話する時間を大切にしよう。

 

 

 

 

 

 

 

そんな目的でリゾートに訪れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大事な人と一緒に過ごすことが目的なので

 

 

 

 

もし何もしなかったとしても充分楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、何もしないで

 

 

 

 

ゆっくりと過ごしていると、

 

 

 

 

都会の生活が懐かしくなってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あー、明日帰らなきゃ・・・」から

 

 

 

 

「明日帰れるな。

 

 

 

 

頑張って、また来よう!」みたいに

 

 

 

 

考えが変わってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、よくよく考えると

 

 

 

 

確実に後者の方が、精神衛生上

 

 

 

 

いいような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人と外国人(欧米人)の

 

 

 

 

リゾートライフって、感覚が何か大きく違ってて

 

 

 

 

この何もしなくても楽しいというのは

 

 

 

 

どちらかというと、欧米的なような気がしてて

 

 

 

 

 

でも確実に今後、何もしなくても

 

 

 

 

寛げるリゾートが注目される時代が

 

 

 

 

来ると思うし、もはや

 

 

 

 

来てるかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクは、ホテルマリノアリゾートを

 

 

 

 

そんな何もしなくても、のんびりできて

 

 

 

 

美味しい食事と時間を楽しめる

 

 

 

 

 

ホテルにしたいと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、何かアクティブに楽しみたい人にも

 

 

 

 

選んでいただけるようななにかも必要だとは思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、何か準備するより

 

 

 

 

何もなくても楽しむことを創造することの方が

 

 

 

 

難しいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、難しい方を可能にして

 

 

 

 

割とやれそうな事も、並行して考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どう思います?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何もしなくても楽しいリゾートホテル

 

 

 

 

この場所にあれば、行き易くて

 

 

 

 

重宝すると思うんですよねー・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で、近々、

 

 

 

 

ちゃんと自分でおを金払い

 

 

 

楽しめるのかどうか、

 

 

 

 

また、もし楽しめないならどうすればいいか

 

 

 

 

自分のホテルに泊まって

 

 

 

 

研究してみたいと思います。

 

 

 

 

皆さま、こんにちは!

 

 

 

 

 

 

 

ホテルマリノアリゾート福岡

 

 

 

 

副総支配人兼婚礼支配人の

 

 

 

 

なおくんこと、山下  直

 

 

 

 

6月20日 木曜日の”なおくんブログ”

 

 

 

 

1,346号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日、オリンピックの観戦チケットの

 

 

 

 

第一次抽選結果発表の日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝の報道番組でも、著名人含め

 

 

 

 

『落選した』って口々に言ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボクも3セッションの申し込みをしてて

 

 

 

 

当たらないだろうなって思いながらも

 

 

 

 

もし全部当たったら、

 

 

 

 

結構なキャッシュアウトだぞって

 

 

 

 

ワクワク、冷や冷やしておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝一で、サイトに入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんじゃこりゃ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100万人待ちって、そんなに一気に

 

 

 

 

このサイトに入ってるんだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暫く放ったらかしにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとサイト入って、恐る恐る

 

 

 

 

結果を見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですよね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、申し込んだ競技の選択にも

 

 

 

問題があったと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらかと言えば、かなりの人気競技を

 

 

 

 

選んじゃってたからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、全部メダルが決まる

 

 

 

 

決勝戦ばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だって、土日はボクが動けないので

 

 

 

 

平日のメダルセッションを

 

 

 

 

狙うしかなかったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、サッカーの決勝は

 

 

 

 

そもそも当たるはずないと思って

 

 

 

 

第2希望で入れてただけだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、当たった人

 

 

 

 

本当にいるんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし当たってたら、なかなりの運を

 

 

 

 

ここで使っちゃう気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると、この先々困るから

 

 

 

 

まぁ、ヨシとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて、かなりの負け惜しみですが

 

 

 

 

まだチャンスは残ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やるだけやって、是非皆さんに

 

 

 

 

自慢したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チックショー!!!!

 

 

 

 

 

 

Page Top