トップス

ユニクロ+Jのスーピマコットンシャツ(長袖)を買ってみた

スポンサーリンク

商品概要

概要

ユニクロとジルサンダーのコラボ企画「+J」の2021AWで登場した シャツシリーズ。
ユニクロ+J定番となったスーピマコットンを使用したシリーズで、こちらはオーソドックスなスタンダードカラータイプになります。
オーバーサイズ仕様のスタンドカラーシャツとは異なり、こちらは標準的なサイズ感のシャツになります。

シワになりやすいという欠点について多く指摘されているスーピマコットンシャツですが、今回の2021AWでは以前よりもシワになりにくい仕様にアップデートされているようです。

おろしたてで折り目が残ったままでシワシワですが・・・

素材

綿(スーピマコットン)100%

スーピマコットンとは?

「Superior Pima」を略した名称。
綿の中でも最高級ランクに分類され、ユニクロのほか高級ブランドでも多く取り入れられています。
ピマ(Pima)とはエジプト綿とアメリカ綿との異なる綿を交配して作られた、長い繊維のコットン品種で、スーピマ( Superior Pima )はそのピマの中でも最も高級な品種と言われてます。

普通のコットンとスーピマコットンとの違いは?

コットンの中には繊維が短いタイプ、長短がバラバラなタイプ、耐久性があるものや無いものなど様々なタイプがあります。
スーピマコットンは繊維が35mm以上でとても長く、またとても細いのが特徴です。
また、肌触りが良く、耐久性にも優れているといった点が挙げられます。

スーピマコットンのデメリット

スーピマコットンは、シワになりやすいというデメリットがありアイロンがけが面倒だという意見もよく耳にします。

カラー展開

カラーは下記の4色展開となっています。
特に04 GRAYと07 GRAYは、在庫が追加されてもすぐに売り切れてしまうほどの人気カラーとなっているようです。

  • 00 WHITE
  • 04 GRAY
  • 07 GRAY
  • 69 NAVY

サイズ展開

サイズ展開については、通常通りのラインナップとなっています。

XS、S、M、L、XL、XXL

※XS・XL・XXLサイズについては、オンラインショップのみ取扱い

着用レビュー

ジルサンダーと言えば、特にシャツのデザインは秀逸というイメージがあり、しかも3,990円という低価格なこともあって思わず即買いしてしまうアイテムです。

標準サイズのシャツのため、私の場合は身長177cm、体重70kgでマイサイズのLサイズ、カラーは 着回しのしやすいホワイト を購入。
ゆったりめに着ようかなとも思いましたが、オン・オフどちらでも着やすいように今回はマイサイズとしました。

サイズ感としては他のオーバーサイズのシャツとは異なり、スッキリしたシルエットといった印象。
私は腕が長めなのですが、Lサイズでも全く問題ありませんでした。

着心地はとてもサラっとした肌触りで快適の一言です。

襟については過去モデルでも好評だった「隠しボタンダウン」を採用しているので、見た目はとてもスッキリしていて好きなデザインです。

隠しボタンダウンを採用しています


胸ポケットは下部にマチがあり立体感が生まれ、こうした目立たない箇所にも配慮されているのがいかにもジルサンダーっぽいなと思いますね。

胸ポケットの下部にはマチがあります


タックイン、アウトどちらでも対応できるので、一緒に買ったセルビッジ スリムフィットストレートジーンズやウールブレンド タックパンツとも相性が良いです。

今回のモデルは以前よりもシワになりにくい仕様になっている模様で、見事にスーピマコットンの弱点を克服してくれたのは有難い点ですね!

ただ、シワになりにくい仕様にしたせいなのか、艶感は少し落ちたかなというのと、ボタンが安っぽいプラスチックのようなものに変更になっていたのが残念なところ。

人気色の04 GRAYと07 GRAYは既にオンライン、店舗ともにほぼ完売となっており再販を期待したいところですね。

-トップス